ガジェット

2019年発売、新型iPhoneに期待する3つのこと(あえてリークが出揃ったこのタイミングで書いてみる)

新型iPhoneの発表が近づいてきました。

予定では日本時間、9月11日(水曜)の深夜に発表されるとのことですが、今からワクワクが止まりません。

そこで今回は、個人的に私が新型iPhoneに期待する3つのことに関して書いていこうかと思います。

すでにiPhoneのスペックに関するリークは数多く出ていますが、この中の1つでも実現されれば、私はハッピーだなと感じています。

ではさっそく、内容を見ていきましょう。

 

Apple、iPhone発表会の日程決定。新型iPhoneの外観画像も多数流出(写真多め)Appleが商品発表会を9月11日(水)、午前2時(日本時間)から行うことがわかりました。 イベントの開催は、Appleの公式ホー...

 

カメラ性能

まず1つ目は、「カメラ性能」です。

「iPhoneで最も愛された機能は何か?」と聞かれたら、私は迷いなく「カメラ」と答えます。

初めて携帯電話にカメラが搭載された、J-PHONEの「J-SH04(シャープ製)」を使ったときから、携帯電話のメイン機能はカメラだと私は感じています。

実際に写真共有サイト「Flickr」で最も多く使用されたカメラは、iPhoneであったということがこれまでに何度もありましたし、

これからもiPhoneにとって、カメラが重要な機能であることは間違いないでしょう。

単純なスペックはもう十分洗練されてますしね。

では、一体どのようなカメラ性能がパワーアップして欲しいかというと、下記の3つです。

・暗所撮影

・デジタルズーム

・瞳オートフォーカス

 

暗所撮影

まず1つ目は、「暗いところで綺麗に撮影できる」、暗所撮影です。

すでにグーグルのPixel 3aを使ったことがある方は共感頂けると思うのですが、この端末、5万円前後と安価であるにも関わらず、カメラ性能が凄まじいです。

 

Pixel 3a XLを触ってみて、「スマホは贅沢品かも」と思った話し先日、友人の家でPixel 3a XLを触ってきました。 Pixel 3a XLはグーグルが発売しているスマートフォンの1つで、 ...

 

部屋を真っ暗にしてもわりと綺麗な写真が撮れてしまうので、10万円前後もするiPhoneには、当然「同等以上の暗所撮影」が可能になって欲しいと思います。

スマホは常に持ち歩くものですし、使い方も簡単です。

それに暗所撮影も加われば、動物や赤ちゃんを起こさずに写真が撮れたりするので、Appleはマジでこの機能を充実させて欲しいです。

デジタルズーム

2つ目は、「デジタルズーム」です。

例えばライバル企業の商品であるP30 Proは、「5倍の光学ズームと、50倍のデジタルズーム」が可能です。

50倍(1,343mm相当)というと、「お月さまもある程度の大きさまで撮影が可能」です。

完ぺきにコンデジキラーです。

iPhone XSは今の所、「2倍の光学ズームと、10倍のデジタルズーム」が可能になっているので、少しでも機能が向上されて欲しいです。

特にデジタルズームです。

暗所撮影と同じく、デジタルズームは中の処理によって向上する余地が残されているはずなので、ソフトウェア・アップデートでも構わないので後ほど機能をスペックアップさせて欲しいです。

瞳オートフォーカス

最後に、「瞳オートフォーカス」。

すでにiPhoneには顔検出機能が備わっていますが、

より性能をアップさせて、自動的に瞳にオートフォーカスされるようになってほしいです。

ミラーレスカメラやコンデジではすでに大人気の機能ですね。

最近は「動物の瞳にも自動的にピントが合う」ようになりましたので、iPhoneにもその世界が訪れて欲しいです。

・暗所撮影

・デジタルズーム

・瞳オートフォーカス

この3つが備われば、高級コンデジ市場もかなりiPhoneに食われてしまうように感じます。

 

端末の軽さ

2つ目は、「iPhoneの重量」に関するものです。

とにかく軽いiPhoneが、私は欲しいのです。

世の中にあるiPhoneは、重すぎて片手で使うには疲れすぎます。

参考までに、他社とスマートフォンの重量を比べてみましょう。

iPhone 8iPhone 8 PlusiPhone XRiPhone XSiPhone XS Max
インチ4.7インチ5.5インチ6.1インチ5.8インチ6.5インチ
高さ138.4mm158.4mm150.9mm143.6mm157,5mm
67.3mm78.1mm75.7mm70.9mm77.4mm
厚み7.3mm7.5mm8.3mm7.7mm7.7mm
重量148g202g194g177g208g
S10S10+Note10Note10+P30 Pro
インチ6.1インチ6.4インチ6.3インチ6.8インチ6.5インチ
高さ150mm158mm151mm162.3mm158mm
70mm74mm71.8mm77.2mm73mm
厚み7.8mm〜7.8mm〜7.9mm7.9mm8.6mm
重量158g175g168g196g192g

<出典:AppleSamsungHuawei

 

6.1インチのGalaxy S10が157グラムであるのに対し、

iPhone XSは5.8インチで177gグラムです。

サムスンの端末が軽すぎるというのもありますが、できればiPhone XSの後継機は150グラム前後にしてほしいです。

イメージとしては、

・iPhone XS後継機→iPhone 8相当の重さ(148グラム)

・iPhone XS Max後継機→iPhone XS相当の重さ(177g)

です。どのモデルも、1つ下のモデルに合わせて作る感じです。

 

iPhoneからヘッドフォンジャックを外す時、私は3つのことを期待しました。

・バッテリーの増加

・iPhoneの薄型化

・iPhoneの軽量化

ただ実際のところ、持続時間をパワーアップさせたiPhone XRはともかく、iPhoneの薄型化や軽量化には貢献してくれなかったと感じています。

理想はあくまでも「1枚の板」だと考えているので、

iPod TouchやiPad Pro 11インチのような、薄型で小型のiPhoneが発売されて欲しいのです。

Appleの理念からは少し外れますが、多少バッテリー時間が減っても私は構わないと考えています。

ヘビーユーザーは常にモバイルバッテリーを持ち歩いていますし、バッテリーを搭載したiPhoneケースもApple公式から発売しているのですから、より尖った製品が欲しいです。

・バッテリーとカラーバリエーションに優れた無印iPhone (iPhone XR 後継機)

・尖ったスペックとコンセプトのiPhone Pro (iPhone XS 後継機)

という感じです。

 

デザイン

2019年の新型iPhoneに期待する3つのこと。

ラストはデザイン。

もっというと、「色合い」ですね。

この招待状通りのカラーでiPhoneが発売されるかどうかはわかりませんが、

パープル、グリーンと淡い色合いの筐体をしたiPhoneが見てみたいです。

最近のiPhoneのカラーバリエーションは、中国を意識してかわかりませんが、以前中国国内で流通していたiPhoneケースの色をそのまま採用している印象があります。

スマホの販売ライフサイクルが長くなったのですから、スペックよりもデザインに力を入れて欲しいと感じています。

iPhone is インテリア

これ次のテストで出ますよ。記憶にとどめておいてください。

 

終わりに

以上で「2019年発売、新型iPhoneに期待する3つのこと」に関する記事を終わります。

私のメインスマホはiPhone 7でして、使い続けてもう3年になりました。

10万円出しても「欲しい」と思えるiPhoneが早く登場して、

「あ〜でもない、こ〜でもない」といろいろ悩ませて欲しいものです。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

発表会当日までは、Apple関連の記事を投稿していきます。

ではまた。

管理人、きむきむ。

 

Apple 2019年スペシャルイベント「iPhone 11 発表会」時系列まとめ日本時間9月11日、Appleは新型スマートフォン「iPhone 11」シリーズの発表を行いました。 この商品発表会は約1時間40...