MENU
ガジェット

【比較】ファーウェイ「HUAWEI Band 6」と「Band 4 Pro」の違い【コスパNo.1】

ファーウェイ「HUAWEI Band 6」と「HUAWEI Band 4 Pro」の画像

ファーウェイ「HUAWEI Band 6」と「Band 4 Pro」の違いを比較していきます。

どちらも機能に対して価格が安すぎるデバイスです。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

2021年、久々にファーウェイのスマートバンドの新製品が発売されました。

その名も「HUAWEI Band 6」です。

同じ1万円を切るモデルとしては、これまで「Band 4 Pro」がありましたが、

お値段を安くしながら健康管理機能を強化し、

またディスプレイ大型化で使いやすさも向上させた魅力的なデバイスとなっています。

そのため

・「Band 6」と「Band 4 Pro」、どちらを買うべきか?

・「Band 4 Pro」から「Band 6」へ、乗り換える価値はあるか?

などなど、気になるところをチェックして頂ければと思います。

それでは

ファーウェイ「HUAWEI Band 6」と「Band 4 Pro」の比較、

さっそく内容を見ていきましょう。

 

ファーウェイ「HUAWEI Band 6」と「Band 4 Pro」の違い

ファーウェイ「HUAWEI Band 6」の画像
ファーウェイ「HUAWEI Band 4 Pro」の画像
Band 6Band 4 Pro
サイズ1.47インチ0.95インチ
解像度368 × 194 (282PPI)240 × 120 (282PPI)
ディスプレイ有機EL (AMOLED)有機EL (AMOLED)
バッテリー容量180mAh100mAh
バッテリー持続日数10〜14日12日 (GPS時7時間)
充電時間5分で2日分チャージ
重量 (本体のみ)18グラム12グラム
43mm45mm
25.4mm19mm
厚み10.99mm11mm
素材ポリマーステンレス+プラスチック
Androidでの使用
iOSでの使用
主に「出来る」こと14個9個
スポーツモード96種類11種類
エクササイズ自動検知6種類×
文字盤のカスタマイズ100種類以上 (Android)100種類以上 (Android)
心拍モニタリング
睡眠モニタリング
ストレスモニタリング×
呼吸エクササイズ×
女性向けの健康追跡機能×
メッセージアラート
音楽の再生コントロール◯ (Androidのみ)◯ (Androidのみ)
リモート写真撮影△ (自社スマホのみ)△ (自社スマホのみ)
スマホのロック解除△ (自社スマホのみ)△ (自社スマホのみ)
血中酸素飽和度測定(SpO2)×
サイドボタン×
タッチキー×
センサー数3つ4つ
3軸加速度センサー
3軸ジャイロスコープ
PPG(光学式)心拍センサー
装着検知センサー×
環境光センセー××
防水性能5気圧 (水深50m)5気圧 (水深50m)
Bluetooth5.0 BLE4.2
充電端子磁気2PIN
リストバンドから外さず充電
急速充電×
GPS×
TruSeen (心拍)Version 4.0Version 3.5
TruSleep (睡眠)Version 2.0Version 2.0
TruRelax (ストレス)×
低血中酸素アラート×
本体の色金・灰色金・黒
バンドの色 4種類3種類
発売日2021年5月2020年1月
税込価格8,580円9,680円

<出典:ファーウェイ

「HUAWEI Band 6」と「Band 4 Pro」は、ファーウェイから発売されているウェアラブルバンドです。

ファーウェイのスマートバンドは正確なデータの取得と、それを元にしたアドバイスに定評があります

というのも、ファーウェイはどのようなテクノロジーを元にデータを測定しているかを公開しており、

・睡眠 →ハーバードメディカルスクールCDBセンター

・心拍数 →FIRSTBEAT社

が技術の元となっています。

睡眠に関しては、

4つの段階 (浅い、深い、レム睡眠、目覚めてる時間)を認識し、典型的な睡眠障害を識別。

200以上あるアドバイスの中から、個人にあった睡眠の調整・改善のサポートをしてくれます。

 

きむきむ。
きむきむ。
データも立体的でわかりやすいです。

 

一方心拍数に関しては、

これまで心拍データに関わる研究を20年以上行い、

世界1,000チーム、23,000人以上のスポーツ選手の間で採用されてきた「FIRSTBEAT社」のテクノロジーが使われています。

・心拍数

・VO2max (有酸素運動を測る上で重要な、体内に取り込まれる酸素の最大量)

正確に測定することができるので、

運動を行った後、

有酸素運動や無酸素運動を「それぞれ何分間行ったのか」

その時の「心拍数はどれ位か?」「消費カロリーや時速は?」「休息時間はどれくらい必要か?」

といったデータを計測し、アドバイスしてくれます。

 

きむきむ。
きむきむ。
健康ガチ勢にオススメです。

 

ちなみにこの「FIRSTBEAT社」のテクノロジーは、

米国のNBA(バスケ)やNHL(アイスホッケー)のクラブ。

サッカーだとUEFAチャンピオンズリーグを制覇したバイエルン・ミュンヘンやスペイン代表。

日本だと、日本代表の酒井宏樹選手が在籍していた柏レイソルなどで使用されています。

 

きむきむ。
きむきむ。
欧米の「プロクラブ」や米国の「大学」で主に使用されています。

 

一方で弱点もあり、

・ファーウェイのスマホ

・Androidのスマホ

・iPhone

と下に下がるほど、使える機能が制限されていきます。

例えば

・スマートロック解除 (スマホのロック解除)

・リモートシャッター機能(リモート写真撮影)

ファーウェイのスマホのみ使える機能となっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
動作も速く非常にオススメのデバイスですが、iPhoneを使っている方がApple Watchと悩むのは仕方がないことだと思います。

 

ファーウェイ「Band 6」が向いている人

ファーウェイ「HUAWEI Band 6」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・大きいディスプレイが欲しい (1.47インチ)

・バッテリー持ちや充電時間にこだわりがある (5分で2日分のチャージ)

・血中酸素レベルを測定したい (SpO2)

・日頃からスポーツをよく行う (11のプロスポーツ、85種類のワークアウトに対応)

・物理ボタンが搭載されているものが好き (サイドボタン)

・バンドの色は多い方が良い (黒・赤・ピンク・緑)

ファーウェイ「Band 6」は、1.47インチの有機ELディスプレイを搭載したスマートバンドです。

最新モデルということでかなり多機能化しており、

・96種類のワークアウトモード (縄跳びモードも搭載)

・血中酸素飽和度(SpO2)の測定 (酸素の割合で健康状態チェック)

・ストレスモニタリング

・呼吸エクササイズ

・女性向けの健康追跡機能 (月経周期などの把握)

出来ることが格段に増えています。

 

きむきむ。
きむきむ。
ワークアウトの計測は今まで11種類だったので、格段にパワーアップしています。

 

使い勝手の面でいうと、

「Band 4 Pro」と比べて画面表示領域が約1.5倍拡大しており、それでいてバッテリー持ちが改善。

充電方式が磁気(マグネット)に変わった点や、側面に物理ボタンが配置され直感的に操作しやすくなるなど改良が図られています。

 

きむきむ。
きむきむ。
スマホのアプリを開かなくても、「Band 6」単体でそれなりにデータを確認できるのがとても便利です。

 

ファーウェイ「Band 4 Pro」が向いている人

ファーウェイ「Band 4 Pro」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・スマートフォンを持ち歩かずに運動したい (GPS内蔵)

・軽いデバイスが欲しい (ストラップ込みで25グラム)

・筐体は頑丈なものが良い (ステンレス+プラスチック)

・なるべく安く手に入れたい (実売価格3,700〜7,000円)

ファーウェイ「Band 4 Pro」は、0.95インチの有機ELディスプレイを搭載したスマートバンドです。

発売が2020年1月と少し古いのは気になりますが、

睡眠モニタリング技術TruSleepのバージョンは「Band 6」と同じ2.0

心拍モニタリング技術TruSeenもバージョンも0.5しか違わないため、基本的な日常の健康管理が目的であれば十分現役なデバイスです。

 

きむきむ。
きむきむ。
ちなみに赤モデルが、現在3,000円台半ばで買えます。

 

また筐体が「Band 6」とポリマー(樹脂)ではなくステンレスが使われているなど強度が高く、

GPSが搭載されているためスマホを家に置いておいても、地図上に走ったログを残すことができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
「屋外のライニング」や「サイクリング」が目的であれば、「Band 4 Pro」の方が魅力を感じるかもしれません。VO2 Max(最大酸素摂取量)も計測できます。

 

スマートバンドはバンドを買い揃えるのも楽しみの1つですから、基本は新しいものを購入した方が良いです。

ただ「Band 4 Pro」はかなり価格がこなれており

元々1万円相当でモニタリング機能が充実したモデルが3,000円前後で購入できるなら、

結構悪くない商品だと感じています。

 

きむきむ。
きむきむ。
GPS付きモデルは普通この価格で買えませんし、モニタリングの精度や細かさもシャオミより上です。

 

まとめ!今年の最有力モデル「Band 6」。GPS搭載モデルで最安「Band 4 Pro」

ファーウェイ「HUAWEI Band 6」と「HUAWEI Band 4 Pro」の画像

以上、ファーウェイ「HUAWEI Band 6」と「Band 4 Pro」の違いについてご紹介致しました。

まとめると、

・Band 6 → 画面が約1.5倍大きく、ほぼ全部入りで使い勝手向上 (約8,500円)

・Band 4 Pro → スマホが無くても地図にログが残せて安い (約3,700円〜7,000円)

という内容でした。

ファーウェイ「HUAWEI Band 6」は、血液中の酸素の割合で健康状態をチェックできるSpO2に対応し、

5分で2日間分のバッテリーを充電できる急速充電など、使い勝手がかなり向上しています。

それらの点に魅力を感じるなら「Band 6

そうした健康管理よりも、

GPS付きでスマホなしでも地図にログを残したいアスリート志向の方。

あるいはお手頃価格でファーウェイのスマートバンドを試してみたい方は「Band 4 Pro」がオススメです。

 

きむきむ。
きむきむ。
ちなみに「防水性能」はどちらも同じで水深50mまでです。

 

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

シャオミ「スマートバンド 6」と「スマートバンド 5」の画像
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 6」と「Mi スマートバンド5」の違い【日本版も出た!】シャオミ「Mi スマートバンド 6」と「Mi スマートバンド 5」の違いを比較していきます。 ウェアラブルバンドの「出荷台数」世界1位に輝いたシャオミの新製品が、いよいよ日本に登場です。...
Dell「U2421E」の写真57
【超快適】モニターの縦置きが「最強」な理由。Dellを使えば簡単に作業効率UP【WUXGA】モニターの縦置きにロマンを感じる全国1,000万人の皆様。お待たせ致しました。 モニターの縦置きは、もはやロマンではない。モニターの縦置きは、もはや義務教育。迷ったらDoするのが物欲を満たす肝要です。...
バッファロー「超小型SSD」の写真1
【レビュー】バッファロー 外付け「超小型SSD」が良い感じ。ペットボトルのフタ2個分の小ささ【960GB】バッファローの外付け、超小型「SSD-PSM960U3-B/N」をご紹介致します。 ペットボトル2個分のサイズで重さは15グラム。 安心の日本メーカーでお値段もお求めやすい、魅力的な外付けSSDです。...
Huawei オリジナルグッズがやってきた!(HiCareプレゼント)先日「アンケートに答えてオリジナルグッズを貰おう!」という記事を掲載しましたが、Huaweiから無事プレゼントを受け取ることができました...

 

こんな記事はいかがですか?