ガジェット

SONYが「Xperia 1 Ⅱ」を発表。前モデルとのスペックの違いは?

ソニーモバイルコミュニケーションズは2月24日、5G対応の新フラッグシップスマートフォン「Xperi 1 Ⅱ」を発表しました。

Xperia 1 Ⅱではハイエンドモデルとして珍しいヘッドフォンジャックが復活した他、カメラ機能が大幅に強化されました。

ソニーのカメラと言えば、ミラーレス業界ではまさに業界の雄。

ここ数年昔ながらの「SONY」を感じさせてくれる力強い「α」が、ついにXperiaに注入されることになりました。

 

きむきむ。
きむきむ。
One Sony!

 

個人的にXperia 1 Ⅱは、久々に出し惜しみなくソニーが取り組んだフラッグシップのように感じます。

さっそく前モデルとの比較を含め、その内容を見ていきましょう。

 

↓「Huawei、Mate XsとMatePad Pro発表」はこちら↓

Huawei 、5G対応折りたたみスマホ「Mate Xs」と「MatePad Pro」を発表2月24日、ファーウェイが新商品を相次いで発表致しました。 その主な内容は ・5G対応折りたたみスマホ「Mate XS」...

 

Xperia 1 Ⅱの主なスペックと前モデルとの違い

Xperia 1 ⅡXperia 1
ディスプレイ6.5インチ6.5インチ
解像度3,840×1,6443,840×1,644
CPUSnapdragon 865 5G855
RAM8GB6GB
ストレージ128 / 256GB64GB
重量181グラム178グラム
高さ166mm167mm
72mm72mm
厚み7.9mm8.2mm
インカメラ8MP (f/2.0)8MP (f/2.0)
アウトカメラ個数4個3個
広角12MP (f/1.7)12MP (f/1.6)
超広角12MP (f/2.2)12MP (f/2.4)
望遠12MP (f/2.4)12MP (f/2.4)
深度測位カメラ(iToF)×
バッテリー容量4,000mAh3,200mAH
指紋認証 (側面)
防水・防塵
microSD
DSDV (Dual SIM)
5G×
フロントステレオスピーカー×
ヘッドフォン端子×
価格1,199ユーロ949ユーロ
日本価格(1ユーロ120円)約14.4万円約11.4万円

<出典:SONY

ソニーモバイルコミュニケーズは新型コロナウイルスの影響で「MWC Barcelona 2020」参加を取りやめ、YouTubeにて新製品を発表致しました。

発表された製品は複数存在しますが、中でも気になるのはフラッグシップモデル。

全モデルと比較しパワーアップした点をご紹介します。

 

きむきむ。
きむきむ。
ちなみに、MWC(携帯電話関連展示会)自体が中止になっています。

 

 

Xperia 1 Ⅱのカメラ性能

Xperia 1 Ⅱは大幅に「カメラ機能」が強化されました。

具体的には

・カメラが3個→4個

・広角レンズのセンサーの大型化 (1/1.7)

・1秒20コマの高速撮影

・ZEISS(ツァイス)レンズ採用によるT*(ディースター)コーティング

・1秒あたり60回のAF/AE演算

・リアルタイム瞳AF (動物にも対応)

・マニュアル撮影 (Photography Pro)

・シネマティック撮影 (Cinematography)

・動画撮影時の風音軽減

などが挙げられます。

スマートフォンのカメラが4個になるのは今年のトレンドのため特に驚きはありませんが、

「SONYのカメラα」の技術を「Xperiaに採用する」とのことで、

・より速く正確に被写体を撮影し、

・シネマティックな動画撮影(映画風の21:9)

を実現させています。

T*(ディースター)コーティングはカメラの高級レンズにしか搭載されていませんでしたが、

スマホに搭載されたことによりゴーストやフレアの低減が期待できますし、

3D iToFセンサーや動物にも対応した瞳オートフォーカスがあるのでこれまで以上に「被写体の撮影」が簡単になります

こうしたソニーのフラッグシップミラーレスであるα9の技術を採用したカメラはいくつかソニーに存在しますが、

約15万円の高級コンデジRX 100 Ⅶそのままスマホに訪れた印象です

 

きむきむ。
きむきむ。
本格的すぎるので、持ちやすさ向上のために専用グリップが欲しいです。

 

ユーザーインターフェースに関しても、マニュアル撮影が可能なPhotography Proが誕生しました。

iPhone 11 Proで動画撮影を行う方は多いですが、Filmic Proのようなサードパーティ製アプリに頼ることが多いです。

一方ソニーは自社で細かいカスタマイズができるソフトを用意してくれたので、課金せずに初めから使えます。

動画撮影に関しても、シネマティックな映画風の動画の撮影が可能です。

21:9という横長のアスペクト比は普段中々目にすることはないと思いますが、スマホを購入するだけで色合いなど含めた映画風の撮影が行なえます。

 

 

先日ご紹介したXiaomi 「Mi 10 Pro」もシネマティック(21:9)の動画撮影が可能でした(しかも8K)

ここ数年スマホの進歩は少なく、「カメラが綺麗になるだけ」と言われておりますが、

5Gがスタートしてようやく次のスマホのトレンドが見えてきた印象です。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんなに魅力的なスマホは、「Xperia X Ultra」以来です。

 

↓「Xiaomi Mi 10 Proのスペック」はこちら

【Xiaomi】5G対応フラッグシップスマホ「Mi 10」と「Mi 10 Pro」を発表新型肺炎に関する懸念が世界的に広がる中、中国シャオミが「新型スマートフォン」を発表いたしました。 発表されたのは、「Mi10」と「...

 

まとめ。Xperia 1 Ⅱは、かなり良い感じ

以上「ソニーのフラッグシップスマホ XPeria 1 Ⅱ」をご紹介しました。

カメラ中心の説明になりましたが、その他にも

・リフレッシュレートを90Hz相当に見せる技術(実際は60Hz)

・フラッグシップなのに、ヘッドフォンジャック搭載。ゲーマー歓喜!

・バッテリーが大型化したのに3グラム増のみ(6.5インチ・4,000mAh・181g)

・圧縮音源をハイレゾ相当に変換するオーディオ技術(DSEE)

・縦長画面を生かした2つのアプリの使用(インターフェース改善)

とかなり全方向でパワーアップしています。

 

きむきむ。
きむきむ。
今年のソニーはかなり本気です!

 

お値段的には約15万円ほどと予測されますが、

ノッチや側面が曲がっていないハイエンドスマホ」と考えると「唯一無二」のスマートフォンです。

ネット上のギークの方々の声を吸い上げても中々売れる端末は作れないと言いますが、

結構「僕の考えた最強のスマホ」に近いものをソニーは作ってくれたのでは?と個人的に感動しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
One Sonyから、8年。いよいよ部門を超えたスマートフォンの誕生か?

 

今後のソニーに、期待しています。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

↓「ミドルレンジのXperia 10 Ⅱを発表」はこちら↓

【Xperia 10 Ⅱ】SONYがミドルレンジスマホの後継機を発表【前モデルとの比較あり】ソニーモバイルコミュニケーションズは2月24日、6インチのミドルレンジスマホ「Xperi 10 Ⅱ」を発表しました。 先日紹介した...