ガジェット

Huawei 、5G対応折りたたみスマホ「Mate Xs」と「MatePad Pro」を発表

2月24日、ファーウェイが新商品を相次いで発表致しました。

その主な内容は

・5G対応折りたたみスマホ「Mate XS」

・5G対応タブレット「MatePad Pro」

・ノートパソコン全モデル

 

期待されていたHUAWEI 「P40」の発表こそ3月26日と先送りになったものの、

米国の禁輸措置が継続する中、積極的な新商品の投入は大いに期待が持てます。

 

きむきむ。
きむきむ。
Google Playストアは使えないので、独自のアプリストア「HUAWEI AppGallery」を現在はプッシュしています。

 

Google系のアプリはファーウェイの端末でもゴニョゴニョすれば使えるものの、動作は不安定です。

今回発表された5G折りたたみスマホ「Mate XS」は中国国内だけでなく、グローバルで販売予定です。

そのためかなりアプリ周りの準備が整ったと考えて大丈夫でしょう。

というわけで今回は、新しく発表された

・5G対応折りたたみスマホ「Mate XS」

・5G対応タブレット「MatePad Pro」

に関してご紹介していきます。

さっそく内容を見ていきましょう。

↓「Band 4 Proと4、Xiaomi Miスマートバンド 4との違い」はこちら↓

【Huawei】Band 4 Proと4、Xiaomi Miスマートバンド 4との違いは何か?【比較】ファーウェイのGPS搭載スマートバンド、「Band 4 Pro」が1月17日に発売されます。 税込価格は9,680円とギリギリ1万...

 

↓「Huawei、ノートパソコンを前モデルリニューアル」はこちら↓

Huawei、ノートパソコンを全モデルリニューアル。気になるMateBookの2020年オススメモデルは?先日スペイン、バルセロナで5G折りたたみスマホの「Mate Xs」、そしてハイエンドタブレット「MatePad Pro」を発表したファー...

 

5G対応折りたたみスマホ「Mate XS」のスペック

 

Mate XS
ディスプレイ (折りたたみ時)6.6インチ (2,480×1,148)
ディスプレイ (最大)8インチ (2,380×2,200)
2ndディスプレイ6.38インチ (2,480×892)
CPUKirin 990 5G
RAM8GB
ストレージ512GB
重量300グラム
アウトカメラ個数 (Leica)4個
広角40MP (f/1.8)
超広角16MP (f/2.2)
望遠8MP (f/2.4)
深度測位カメラ(TOF)
バッテリー容量4,500mAh
指紋認証◯ (側面)
Dual SIM
5G対応。5GはメインSIMのみ
外部ストレージNM SDカード (最大256GB)
ヘッドフォン端子×
価格2,499ユーロ
日本価格 (1ユーロ=120円)約30万円

<出典:Huawei

ファーウェイは24日、折りたたみスマホMate Xの後継となる「Mate Xs」を発表しました。

同じ折りたたみスマホを発売しているサムスンがゲームボーイアドバンスSP風のスマホを投入してきたのに対し、

 

↓「サムスンがGalaxy Z Flipを発表」はこちら↓

【Galaxy Z Flip】SamsungがゲームボーイアドバンスSP風の新スマホを発表2月11日、サムスンはGalaxy Foldの後継となる、新型スマートフォン「Galaxy Z Flip」を発表しました。 その特...

 

ファーウェイは前モデルのデザインを踏襲

・耐久性の強化

・5Gに対応した新しいCPU

・カメラの強化

・ソフトウェアの強化

を中心としたアップデートになります。

 

きむきむ。
きむきむ。
正常進化ですね。AppleのiPhone 6sと同じく、安定の「S」モデルです

 

前モデルのMate Xの生産がかなり限定的だったのに対し、Mate Xsは全世界で販売予定です。

日本円にして約30万円、そしてGoogleアプリに非対応とかなり日本にいるユーザーにとっては敷居が高いですが、

映像を見てみるとやっぱり良いですね〜。

 

きむきむ。
きむきむ。
ちなみに、スマホを開くさい、ドコモのPシリーズのようにワンプッシュオープンボタンが付いています。来るか?ぱかぱかの再来!?

 

 

5G対応タブレット「MatePad Pro」のスペック

 

MatePad Pro 5G
ディスプレイ10.8インチ
解像度2,560×1,600
CPUKirin 990 5G
RAM6 / 8GB
ストレージ256GB / 512GB
重量492グラム
インカメラ8MP (f.2,0)
アウトカメラ13MP (f/1.8)
バッテリー容量7,250mAh
ワイヤレス充電
M-pencil (4,096段階の筆圧)
Magnetic Keyboard
5G
Wi-Fiモデル価格549〜749ユーロ
日本価格 (1ユーロ=120円)約6.6万〜9万円
LTEモデル599〜699ユーロ
日本価格 (1ユーロ=120円)約7.2万〜8.4万円
5Gモデル799〜949ユーロ
日本価格 (1ユーロ=120円)約9.6万〜11.4万円

 

ファーウェイは同じく24日、5G搭載ハイエンドタブレットの「MatePad Pro 5G」を発表しました。

・Wi-FIモデル

・LTEモデル

・5Gモデル

の3種類を選ぶことができます。

かなりiPad Proを意識した作りになっており、

キーボードやペンシルなどのアクセサリーが用意されています。

もちろんペンシル(M-pencil)はMatePad Pro 5Gに貼り付けての充電が可能です。

差別化ポイントとしては

・5G対応

・ワイヤレス充電

の2点を挙げることができ、

MatePad Proから他のスマートフォンへ充電させることが可能です。

約11インチのディスプレーでお値段は6.6万円と考えると、価格的にはiPad Airと競合する形になります。

それにも関わらずベゼルレス仕様のため、画面占有率は90%です。

Wi-FIモデルは非常にコスパが良好です。

スピーカーも4つ搭載していますしね。

 

きむきむ。
きむきむ。
11インチだけでなく、8インチもあったら最高なのに。

 

一方5G対応になると10万円を超えてくるためAndroidタブレットとしてはお高めですが、

30万円のMate Xsと同性能のCPUと考えると、けして高いとは言えないかもしれません。

 

まとめ。5G対応「Mate Xs」「MatePad Pro」の発売は3月以降

以上、「5G対応Mate Xs、MatePad Pro」をご紹介しました。

商品の発売は

・Mate Xs → 3月〜

・MatePad Pro →4月〜

となっています。

アメリカの禁輸措置が行われてから約8ヶ月。

5Gと共に、いよいよファーウェイによる「反撃の狼煙」が上がるのでしょうか?

 

きむきむ。
きむきむ。
ドコモ2.0!

 

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

↓「Huawei、ノートパソコンを前モデルリニューアル」はこちら↓

Huawei、ノートパソコンを全モデルリニューアル。気になるMateBookの2020年オススメモデルは?先日スペイン、バルセロナで5G折りたたみスマホの「Mate Xs」、そしてハイエンドタブレット「MatePad Pro」を発表したファー...