ガジェット

【比較】エプソン エコタンク「EW-M630T」とキヤノン ギガタンク 「G6030」の違い【売れ筋プリンター】

エプソン エコタンク「EW-M630T」とキヤノン ギガタンク 「G6030」の画像

エプソン エコタンク「EW-M630T」とキヤノン ギガタンク「G6030」を比較していきます。

大容量インク搭載プリンターとして、人気の「2機種」です。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

在宅勤務をする時間が増えましたので、先日エプソンのエコタンク「EW-M630T」を購入しました。

 

エプソンエコタンク 「EW-M630TW」の写真56
【レビュー】エプソン エコタンク 「EW-M630T」の使い心地と初期設定について徹底解説【写真多め】インク代の悩みから解放してくれるエプソン エコタンク「EW-M630T」をご紹介します。 「物理ボタン」が多く、「カラー液晶」なのでキヤノンより使いやすくて気に入っています。...

 

インクが1〜2年持つインクタンク(大容量プリンター)はここ数年のトレンドでして、

・エプソン → エコタンク

・キヤノン → ギガタンク

・ブラザー → ファーストタンク

と各社独自のネーミングで商品を販売しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
自宅のプリンターで普通「15円」前後かかる「カラー印刷」が、「1円」前後の激安価格で行えるようになります。

 

その大容量インク搭載プリンターの中で、特に人気を誇るのが、こちらの2機種。

エプソン エコタンク「EW-M630T」とキヤノン ギガタンク 「G6030」です。

価格はどちらも4万円前後

それぞれのスペックを比べたうえで、どちらの機種がより自分にふさわしいか、チェックしていきましょう。

それではさっそく、内容を見ていきます。

 

きむきむ。
きむきむ。
プリンターに「4万円」は結構なお値段ですが、毎回5,000円かかるインク代を1〜2年カットできると考えると、結構お得です。

 

エプソン エコタンク「EW-M630T」とキヤノン ギガタンク 「G6030」の違い

エプソン エコタンク「EW-M630T」の画像
エプソン エコタンク「EW-M630T」の画像
エプソンキヤノン
カラー印刷0.9円0.9円
モノクロ印刷0.4円0.4円
印刷可能枚数 (黒)7,500枚6,000枚
印刷可能枚数 (カラー)6,000枚7.700枚
4色4色
内蔵インク本数4本5本 (黒2本同梱)
コピー
スキャン (1,200dpi)
プリント
FAX××
対応用紙サイズL判〜A4名刺〜A4
普通紙耐久枚数5万枚6万枚
前面カセット150枚250枚
後トレイ×100枚
操作パネル2.4型カラー2行モノクロ
Windowsによる印刷○ (XP対応)
Macによる印刷
スマホによる印刷
無線LAN
有線LAN
USB 2.0
自動両面印刷
写真補正機能
自動クリーニング
自動電源ON×
自動電源OFF
自宅への引取修理サービス×
サイズ (mm)375 × 347 × 187403 × 369 × 195
重量5.8kg8.1kg
黒 / 白黒 / 白
製品保証 (無料会員登録時)2〜3年2年
発売日2018年10月2019年6月
実勢価格 (品薄のため変動中)3万7,272円3万9,477円

<出典:エプソンキヤノン

 

エプソン エコタンク「EW-M630T」が向いている人

エプソン エコタンク「EW-M630T」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・カラー液晶は必須 (バックライトにも対応)

・軽いプリンターが欲しい (5.8kg)

・モノクロ印刷をよく行う (7,500枚)

・多機能プリントに興味がある (LINE、メールなど)

・Windows XP 〜 8に対応したプリンターが必要。

・メンテナンスボックス (廃インクタンク)の交換を自分で行いたい。

・無料の引き取り修理サービス (ドア to ドアサービス)を使いたい。

エプソンの「エコタンク」は、小型軽量で使い勝手に優れた大容量プリンターです。

キヤノン「ギガタンク」と比べてサイズ感はほぼ同等であるものの、

重量に関しては約2.3kgも軽いので、室内で移動させて使ったり、引越しの際にそれほど負担にならない特徴があります。

 

きむきむ。
きむきむ。
もちろん「無線LAN」や「有線LAN」にも対応していますが、プリンターが軽いのは「設置が簡単」で精神衛生上好ましい仕様です。

 

使い勝手の面でキヤノン「エコタンク」と大きく違うのは、

操作パネルが大型でカラー液晶になっているところです。

キヤノン「ギガタンク」はモノクロ液晶で、しかもバックライトにも対応していないため薄暗いところでの利用に不満が残ります。

現代人はスマホの高精細なディスプレイに慣れているはずなので、視力がよくない方は、よっぽどのことがなければエプソン「エコタンク」一択になります。

 

きむきむ。
きむきむ。
バックライトが付いていない、昔の「無印Kindle」や「電子辞書」に見づらさを感じる方は、大人しくカラー液晶がついているプリンターを購入しましょう。

 

物理ボタンも多くて、使いやすい設計になっています。

またコスト的なところでいうと、

インク1回分に対しモノクロ印刷を「約7,500回」プリントすることができます。

キヤノンの「ギガタンク」は「約6,000回」なので、モノクロ印刷をよく活用する方はエプソン「エコタンク」がおすすめです。

 

きむきむ。
きむきむ。
逆にカラー印刷をよく行う場合は、キヤノン「ギガタンク」の方が多く印刷することができます。

 

キヤノン ギガタンク 「G6030」が向いている人

キヤノン ギガタンク 「G6030」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・安価なプリンターが欲しい。

・カラー印刷をよく行う (約7,700枚)

・とにかくたくさん印刷する (普通紙耐久枚数 6万枚)

・名刺サイズの印刷を行う。

・普通紙をたくさん収納したい (350枚収納が可能な2WAY給紙)ーエプソンは150枚

・プリンターに自動電源「ON」機能が欲しい。

・4 in 1コピー (1枚の用紙に4面割り付け)を使いたい。

・「プリントヘッド」の交換を自分でやりたい

・黒インクが2つ付いているのに魅力を感じる

・キヤノンが好き。

・プリンターは新しいものが欲しい (2019年発売)

キヤノン「ギガタンク」は、エプソン「エコタンク」よりも新しい2019年に発売された大容量プリンターです。

Faxに対応した「G7030」など派生モデルがいくつかありますが、

3.5万円から4万円の間で販売されることの多いコスパに優れた売れ筋モデルです。

 

きむきむ。
きむきむ。
相次ぐ完売により最近は納期1ヶ月で約4万円ですが、2018年発売のエプソン「エコタンク」より安いこともけして珍しくありませんでした。

 

エプソン「エコタンク」と比較すると、印刷コストが低いところに特徴があります。

キヤノン「ギガタンク」は、1回のインクあたりカラー印刷を「約7,700枚」プリントできるのに対し、エプソン「エコタンク」は約6,000枚です。

モノクロ印刷はエプソンに負けるものの、

黒インクが1本おまけで合計2本付いてくるため、エプソンを上回ります。

また普通紙による耐久枚数に関しても、エプソンが5万枚であるのに対し、

キヤノン「ギガタンク」は6万枚となっています。

そのため仕事でチラシを印刷するなど、ビジネス用途でプリンターを使う方にキヤノン「ギガタンク 」は良い選択肢になります。

 

きむきむ。
きむきむ。
業務用なので、インクが詰まったときは「プリントヘッド」の交換を自分で行えたりします。

またキヤノン「ギガタンク」で嬉しいのは、地味に便利な機能が搭載されているところ。

・名刺サイズの印刷可能

・普通紙を350枚収納が可能な2WAY給紙。

・プリンターの自動電源「ON」機能。

・4 in 1コピー (1枚の用紙に4面割り付け)

・ましかく写真

「前面カセット(250枚)」と「後トレイ(100枚)」が付いているため、

A4とハガキなどサイズの違うものをセットしたり、エプソンよりも100枚多く普通紙を収納することができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
エプソン「エコタンク」は全面カセットのみなのでちょっと不便です。

 

またプリンターの自動電源「OFF」だけでなく、自動電源「ON」に対応しているため、

いちいち電源ボタンをオンにしなくても、気が向いた時にすぐ印刷の指示を与えることができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
ただ「排紙トレイ」は自動で出てこないので、印刷された紙が落ちても大丈夫な環境にしておく必要があります。

 

そして自動両面プリントは当然として、4 in 1コピーという機能がついてます。

これは1枚の上に4面プリントアウトする機能で、

インクだけでなく普通紙の節約を行いたい方にぴったりの機能と言えます。

 

きむきむ。
きむきむ。
プリンターのランニングコストを抑えるなら、キヤノン「ギガタンク」がオススメ!

 

まとめ!使いやすさのエプソン 「エコタンク」。お財布にやさしいキヤノン「ギガタンク 」

エプソン エコタンク「EW-M630T」とキヤノン ギガタンク 「G6030」の画像

以上、エプソン エコタンク「EW-M630T」とキヤノン ギガタンク 「G6030」の違いをご紹介しました。

まとめると、

・エプソン「エコタンク」→ 軽量でカラー液晶など、使い勝手に優れたプリンター。

・キヤノン「ギガタンク」→黒インクが2本付いており、モノクロもカラーも、たくさん印刷できるプリンター。

という内容でした。

エプソン「エコタンク」は、キヤノンよりも2.3kgも軽く、バックライト付きで見やすいカラー液晶を搭載したプリンターです。

物理ボタンも多く、家庭用プリンターと近い操作感で業務用プリンターを選ぶのなら、エプソンがオススメです。

 

きむきむ。
きむきむ。
タッチパネルではないものの操作感がよく、またWindows XPなど古いOSに対応しているので長く使えます。

 

一方キヤノン「ギガタンク」は黒インクが2本ついており、

元々カラー印刷に強いのにモノクロ印刷もたくさんプリントすることができるプリンターです。

普通紙による耐久枚数に関しても、エプソンより1万枚も多い「6万枚」となっているため、

初期コストを抑えて大容量プリンターを試したい方の良い選択肢となっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
また元々キヤノンのプリンターを使っている方も多いと思うので、ストレスなく乗り換えするには良いモデルと言えるでしょう。

 

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

エプソンエコタンク 「EW-M630TW」の写真56
【レビュー】エプソン エコタンク 「EW-M630T」の使い心地と初期設定について徹底解説【写真多め】インク代の悩みから解放してくれるエプソン エコタンク「EW-M630T」をご紹介します。 「物理ボタン」が多く、「カラー液晶」なのでキヤノンより使いやすくて気に入っています。...
「Google フォト」アップロード方法の写真3
【Google フォト】「ファイルをアップロードできません」の解決法【写真のバックアップ】「Google フォト」で写真をうまくバックアップ( or 同期)できない時、どのように解決すべきかご紹介します。 ちょっとした工夫をするだけで、バックアップの速度も速くなるので非常にオススメです。...
パナソニック 「エネループ 単3・4形充電池」の写真9
【レビュー】防災備蓄用の乾電池として「エネループ」を導入【保管もしやすくて便利】乾電池を充電することで「繰り返し使う」ことができる、パナソニック「エネループ(eneloop)」をご紹介します。 10年経っても残容量「70%」を保持できる、素晴らしい乾電池です。...
富士通 ScanSnap 「iX500」の写真14
【レビュー】富士通 ScanSnap「iX500」で本をJPFG化する方法。スキャン編【自炊】富士通 ScanSnap 「iX500」で本を自炊する方法をご紹介します。 今回は本をスキャンして、パソコンに取り組むスキャナーに関して取り扱います。...

 

こんな記事はいかがですか?