ガジェット

【比較】シャープ「AQUOS sense4」と「AQUOS sense3」の違い【全部入りスマホの逆襲】

シャープ「AQUOS sense4」と「AQUOS sense3」の画像

シャープ「AQUOS sense4」と「AQUOS sense3」の違いを比較していきます。

基本コンセプトはそのまま、大幅にパワーアップした人気モデルの発売です。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

「AQUOS sense3」といえば、日本人が求める多機能さを搭載しつつ、

様々な販路で発売され人気スマホの1つとして数えられているシャープのスマートフォンなのですが、

この度ついに後継機が発売されました。

 

きむきむ。
きむきむ。
その名も「AQUOS sense4」いよいよ来たか〜という感じですね!

 

全体的にパワーアップしたのはもちろんですが、

嬉しいのはお値段約4万円とほぼ「据え置き価格」であるところ。

今年から来年にかけて、人気スマホとして数えられるのはもはや既定路線でしょう。

「Redmi Note 9S」が欲しいけれど、防水性能など一部機能に不満がある方は要チェックですよ!

今日はそんなパワーアップしたシャープ「AQUOS sense4」と「AQUOS sense3」を比較していきます。

よろしければこの機会にぜひチェックしてみてください。

それではさっそく内容を見ていきましょう。

 

シャープ「AQUOS sense4」と「AQUOS sense3」の違い

AQUOS sense4AQUOS sense3
ディスプレイ5.8インチ (IGZO)5.5インチ (IGZO)
解像度2,280 × 1,0802,160 × 1,080
画面比率 (アスペクト比)2.11:118:9
画面占有率
デザインクラシック+水滴ノッチクラシック
OSAndroid 10Android 9
SoCSnapdragon 720GSnapdragon 630
RAM4GB4GB
ストレージ64GB64GB
重量177グラム167グラム
高さ148mm147mm
71mm70mm
厚み8.9mm8.9mm
インカメラ8MP (f/2.0)8MP (f/2.2)
アウトカメラ個数3個2個
広角12MP (f.2,0)12MP (f/2.0)
超広角12MP (f.2,4)12MP (f/2.4)
望遠8MP (f/2.4)
ナイトモード (夜景・人)
手ブレ補正(電子式EIS)静止画・動画静止画
手ブレ補正(光学式OIS)
バッテリー容量4,570mAh4,000mAh
連続「通話」時間約63時間約44時間
連続「待受」時間約1,020時間約850時間
指紋認証前面(ジェスチャー操作◯)前面(ジェスチャー操作◯)
顔認証
リフレッシュレート60Hz
タッチスキャン速度120Hz
Bluetooth5.15.0
エモパー12.010.1
Google Play
ヘッドフォンジャック
NFC
デュアルSIM (DSDV)
nanoSIM (2枚)
microSD
IEEE 802.11ac
USB Type-C
急速充電 
ハイレゾ (イヤホン必須)
防水・防塵 (IPX5/8、IP6X)
お風呂での使用
アルコール除菌シートの利用
MIL規格
Felica (おサイフケータイ)
最大2回のOSアップデート
かんたんモード
目のいたわり機能○(リラックスビュー)◯ (リラックスオート)
FMラジオ
Payトリガー
HDR10 (広い明るさの幅)△ (バーチャルHDR)
ステレオスピーカー
ワイヤレス充電
ワンセグ・フルセグ
付属品
カラー銅・黒・銀銅・黒・銀・赤
AnTuTuの点数約28万点約12万点
発売日2020年11月2019年11月
税込価格3万9,490円3万7,620円

<出典:シャープ

まず簡単に、シャープ「AQUOS sense」シリーズのおさらいです。

シャープのスマホは、

・1週間使えるバッテリー持ち

・IGZOディスプレイ

の2つに定評があります。

LEDのバックライトの消費電力を抑える「IGZOディスプレイ」を採用することでガラケー並みのバッテリー性能を実現しつつ、

「リッチカラーテクノロジーモバイル」を採用。

デジタルシネマの標準規格である「DCI-P3」準拠で、「豊かな色域」と実物に近い「色味」で美しくコンテンツを表示してくれます。

 

きむきむ。
きむきむ。
周囲の明るさに応じて「輝度」を調節したり、「ブルーライト」を抑えた画質へ自動的に切り替える機能もついています。

 

どちらの端末も

・Google Play

・前面の「指紋認証」

・顔認証

・デュアルSIM (DSDV)

・ヘッドフォンジャック

・microSD

・IEEE 802.11ac

・USB Type-C

・急速充電

・防水・防塵

・MIL規格

・おサイフケータイ

・ハイレゾ

・Bluetooth (5.1 or 5.0)

・エモパー

に対応しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
便利な機能を挙げていたら、きりがない位充実しています。

 

シャープ「AQUOS sense4」が向いている人

シャープ「AQUOS sense4」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・なるべく大きいスマホが欲しい (5.8インチ、ベゼルレス)

・処理性能に優れたスマホを使いたい (AQUOS sense3の2.2倍)

・データの読み込み速度は速いほうが良い (2.4倍。UFS2.1採用)

・カメラをよく使う (3眼カメラ、ナイトモード、動画の手ブレ補正)

・バッテリー性能を重視している (4,570mAh、連続待受時間1,000時間超え)

・Payトリガーを使いたい (決済アプリのらくらく起動)

・ラジオをよく聴く (「FMラジオ」や「インターネットラジオ」)

シャープ「AQUOS sense4」は、先代モデルである「AQUOS sense3」を多くの面で上回っておきながら

お値段が約4万円と、ほぼ据え置き価格で発売されたスマートフォンです。

 

きむきむ。
きむきむ。
元々日本人受けする機能がたくさん詰まったスマホでしたが、課題とされていたところが多く改善されました。

 

「AQUOS sense4」は5.8インチの「IGZOディスプレイ」を搭載されており、

それでいて縦の長さは147mmと、5.5インチの「AQUOS sense3」とほぼ同等です。

前面に指紋認証があるデザインは変わりませんが、

上部のベゼルが水滴ノッチになったため、筐体の大きさをほぼ維持しながらディスプレイサイズの大型化に成功しました。

 

きむきむ。
きむきむ。
「新しい生活様式」になった今、ディスプレイ側に指紋認証がある貴重なスマホです。

 

また前面にある指紋センサーを長押しすると、「決済アプリ」の起動が可能になったところも嬉しいところです。

 

きむきむ。
きむきむ。
「Payトリガー」と言います。生体認証としてはその他「顔認証」にも対応しています。

 

「AQUOS sense4」は、「AQUOS sense3」からかなり正当進化しているわけですが、そのほかに注目しておきたいところが

・SoCやストレージの処理能力の向上

・カメラ性能の向上

・FMラジオ

の3点です。

「インテリジェントチャージ」対応で、1年経っても電池の寿命が90%以上維持できるという点も魅力的ですが、

「AQUOS sense3」で不満が多かった点の改善が図られているところは大きなポイントです。

 

きむきむ。
きむきむ。
便利さそのまま、パワーアップしています。

 

まずSoCに関しては、「Snapdragon 720G」を搭載。

コスパの良さで定評のある「Redmi Note 9S」と同じチップセットが採用され、

ベンチマークソフトAnTuTuの点数は約28万点です。

 

きむきむ。
きむきむ。
2017年のハイエンドスマホに搭載されていた、「Snapdragon 835」 (Galaxy S8)相当の点数なので、かなり高めです。

 

「AQUOS sense3」のスコアは約12万点となっており、

シャープ公式としても「2.2倍」の処理性能と謳っているだけに、かなり期待が持てます。

 

きむきむ。
きむきむ。
しかも「Redmi Note 9S」と違って「防水・防塵性能」や「おサイフケータイ」が使え、約30グラム軽いですからね。

 

そのほかにも「UFS2.1」対応でデータの「読み込み速度」が約2.4倍向上

2眼カメラも3眼カメラになり、

夜景や暗い環境でも人を明るく取れる「ナイトモード」や「動画の手ブレ補正」に対応。

そして「AQUOS sense3」で機能を取り除いてしまった「FMラジオ」も復活しました。

 

きむきむ。
きむきむ。
ラジスマ対応で、「FMラジオ」と「インターネットラジオ」を切り替えて聴けるようになりました。

 

シャープ「AQUOS sense3」が向いている人

シャープ「AQUOS sense3」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・軽量なスマホが欲しい (5.5インチ、167グラム)

・水滴ノッチのデザインが好みではない。

・なるべく安くスマホを買いたい (実売価格約3万、回線込みでセールも)

・「バーチャルHDR」やタッチスキャン速度「120Hz」に対応したスマホが欲しい→この2つに関しては、「AQUOS sense4」も対応している可能性があります。

 

シャープ「AQUOS sense3」は、基本的に性能面で「AQUOS sense4」に劣っています

しかし約10グラム軽いボディという利点や、デザイン性の観点(水滴ノッチ)から「AQUOS sense4」を受け付けない方もいらっしゃるとは思います。

 

きむきむ。
きむきむ。
どちらも同じサイズ感で前面に「指紋認証」があるスタイルですが、「画面上部」のデザインが異なります。

 

ただ1番のポイントとなっているのは、やはり価格

定価約3.8万円の「AQUOS sense3」ですが、発売から1年が経ち、現在の実売価格は約3万円と1万円安くなっています。

これに格安SIMなどの回線契約とセットであれば、1万円を切る価格で手に入れることも可能なので、

タイミングさえ合えば未だに魅力的な端末です。

 

 

きむきむ。
きむきむ。
ガラケー並みの「バッテリー性能」や「頑丈」なところ。「おサイフケータイ」などは、「AQUOS sense3」も普通に搭載していますからね。日本人好みのスマホです。

 

そのため処理性能やカメラ性能にはそれほど関心がなく

なるべく安く国産スマホを手に入れたい方は、十分「AQUOS sense3」も選択肢に入るでしょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
販売チャネルも多いですし、まだあと1年は販売され続ける気がします。

 

まとめ!正当進化した「AQUOS sense4」。型落ちでもOKなら十分魅力的な「AQUOS sense3」

以上、シャープ「AQUOS sense4」と「AQUOS sense3」の違いについてご紹介致しました。

まとめると、

・AQUOS sense4 →多くの面で「先代モデル」を上回ったスマホ (約4万)

・AQUOS sense3 → 多機能で信頼できる国産スマホ (3.8万)

という内容でした。

シャープ「AQUOS sense4」は、「Snapdragon 720G」搭載で、端末の処理能力が「AQUOS sense3」の2.4倍になりました。

筐体の大きさそのままディスプレイサイズを5.8インチに拡大し、カメラも3眼になるなど全方位でスペックアップが図られています。

 

きむきむ。
きむきむ。
これは来年の台風になるかもしれません。

 

一方「AQUOS sense3」は発売から1年経ったものの、国内スマホに求められる機能は標準搭載。

実売価格も約3万と値下げ傾向にあるため、なるべく予算をかけずに「おサイフケータイ」や「防水・防塵」端末が手に入る良いスマホです。

 

きむきむ。
きむきむ。
ガラケー並みの「バッテリー性能」なので、まだまだ現役で戦えますよ。

 

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

シャープ「AQUOS sense3 plus」と「AQUOS sense3」の画像
【比較】シャープ「AQUOS sense3 plus」と「sense3」無印の違い【思ったより違う】シャープ「AQUOS sense 3 plus」と「AQUOS sense 3」の比較を行います。 上位版のplusですが、完全に...
シャオミ「Redmi Note 9s」とシャープ「AQUOS sense3」の比較画像
【比較】シャオミ「Redmi Note 9S」とシャープ「AQUOS sense3」の違い【約3万円】シャオミ「Redmi Note 9S」とシャープ「AQUOS sense3」の違いを比較していきます。 この2台は特長がハッキリし...
Anker「PowerCore 10000 Redux」モバイルバッテリーの写真1
【レビュー】丸みを帯びたボディが愛らしいAnker 「PowerCore 10000 Redux」【モバイルバッテリー】私が普段愛用しているAnker「PowerCore 10000 Redux」をご紹介します。 手頃な価格と持ちやすい丸みを帯びたボディが特長的で、スペックには書かれていない良さが魅力です。...
「Samusung microSDカード EVO Plus 128GB」の画像
【レビュー】Samsung microSDカードの容量の選び方【EVO Plus】サムスンのmicroSDカード「EVO Plus 128GB」を購入しました。 用途はOsmo Pocketによる「動画撮影」や「...