ガジェット

【2020年】新型「iPhone SE」発表で感じた5つの不満【第二世代】

4月16日に発表された4.7インチの新型iPhone SE。

4月17日から予約が行われ、発売は24日金曜日から。

↓「iPhone SE 発売」はこちら↓

【iPhone SE 発売】出る出る詐欺の終焉。デュアルSIM対応でコスパ抜群2020年4月16日、ついに待ちわびた瞬間が訪れました。 そう、新型iPhone SEの発売です。 これまでiPhone S...

 

すでにお伝えしたとおり、

税込み5万円を切る価格で最新チップのA13を搭載したiPhone SEは間違いなく

コスパ最強のiPhoneではあるのですが、

そこはかとなく感じるのはこれじゃない感

 

きむきむ。
きむきむ。
いやいや、間違いなくiPhone SEは最高なんですよ。

 

ただ「全方位」で満足できるか?

というともちろんそんなこともなく

重箱の隅をつつく形になるかもしれませんが、やはり不満は存在します。

そこで今回は、新型iPhone SE (第二世代)について私が感じる5つの不満を紹介致します。

iPhone 11やiPhone 8との違いについても言及するので、

iPhoneの比較研究を行いたい方はぜひ参考にしてみてください。

それでは内容を見ていきましょう。

 

4.7インチのiPhone SEとは?

<出典:Apple

1つ目は、iPhone SEの「サイズ感」について。

iPhone SEといえば、コンパクトで持ちやすい4インチのiPhoneと相場が決まっています。

しかし新型iPhone SEは、4.7インチ

6インチを超えるスマホがけして珍しくなくなった現在、

4インチも4.7インチも誤差の範囲内と感じるかもしれませんが、

 

きむきむ。
きむきむ。
これじゃiPhone SEじゃなくて、iPhone 9じゃん!

 

と感じるのはやはり当然でしょう。

実際のところiPhoneのソフトウェアは、

・5.8インチのiPhone 11 Proと 6.1インチのiPhone 11

・ホームボタンのない全画面ディスプレイ

に対応して作られ始めているため、

4インチのiPhoneが使いやすいのか?

と聞かれると微妙なところがありますが、

4インチiPhoneの消滅はとても悲しいものがあります。

 

きむきむ。
きむきむ。
その割にiPod touchをアップデートしたばかりというね。

 

ちなみに去年発売されたiPod touchは、128GBが36,080円。

約1.9万円足すと、同じ容量のiPhone SE (税込54,780円)

約1.3万円足すと、64GBのiPhone SEが買えます (税込49,280円)

 

きむきむ。
きむきむ。
約5万円でハイエンドモデルのチップが手に入ります。

 

 

iPhone SEはデュアルSIM (eSIM)に対応

iPhone SEは、素晴らしいことに「デュアルSIM」に対応しています。

そのため電話番号を2つ持ちたい方や、海外によく出かける方にとってとても便利なスマートフォンです。

ただ不満なのは、片方がeSIMであるということ。

eSIMはSIMカードの差し替えを行うこと無く回線が結べるサービスですが、

残念ながら国内ではまだ主流のサービスではありません。

IIJmioや楽天モバイルなど提供している会社はごく少数なので、

物理SIMを2枚挿せる仕様にしてほしかったというのが私の本音です。

 

きむきむ。
きむきむ。
ちなみにこの点については、抜け道がありそうです。

 

iPhone XRやiPhone 11がそうであったように、

おそらく香港ではeSIMではなくて物理SIM2枚のiPhoneが購入できます

国内だとイオシス経由で購入できると思うので、こだわりがある方は「香港」に行くか「イオシス」で買いましょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
香港版なら、カメラの「シャッター音」が無くなるメリットもあります。

 

4月27日追記

香港版も、eSIMを利用したデュアルSim使用であることが判明しました。

残念です。

 

iPhone SEは、ナイトモードに対応していない

iPhone SEの不満点3つ目は、「ナイトモードに対応していない」ことです。

真っ暗な環境でも設定を特にいじることなく写真が撮れ、

かつ暗闇で撮影したのがわかる色合いのナイトモードは、iPhone 11 Proで私が大好きな機能の1つです。

 

↓「iPhone 11 ProとiPhone 8シリーズのサイズ比較」はこちら↓

「Apple iPhone 11 Pro (5.8インチ)」の写真
【重量・大きさ】iPhone 11 ProとiPhone 8、8 Plusのサイズを比較してみた【開封の儀】iPhone 8や8 Plusを利用してきた人が悩むのが、次のiPhoneの「サイズ」や「重さ」。 すでにiPhoneを2年間利用...

 

ただ残念なことに、iPhone SEはナイトモードに対応していません。

手軽にボケを作成し、深度調整が行えるポートレートモードには対応しているものの、

ナイトモードに対応していないのは結構なマイナス点です。

 

きむきむ。
きむきむ。
だってPixel 3aは普通にナイトモード使えますからね。

 

最近のカメラのトレンドである

・ナイトモード

・超広角

・背景ボケ

この中で背景ボケのみiPhone SEで採用されたのは、残念です。

 

きむきむ。
きむきむ。
元々背景ボケは、アプリである程度撮影できますからね。

 

iPhone SEのインカメラ性能は、弱い

不満点4つ目は、iPhone SEのインカメラ性能に関して。

iPhone 11のインカメラが1,100万画素であるのに対し、

iPhone SEはiPhone 8と変わらず700万画素です。

 

そのほかアニ文字とミー文字、120fpsのスローモーション撮影にも対応していませんが、

この画素数の違いは結構痛いです。

というのもiPhone 11 ProとiPhone 8で自撮りを行った場合、

解像度が目に見えるレベルで違うからです。

 

きむきむ。
きむきむ。
ぶっちゃけA13を搭載するとかよりも、「インカメラの性能」が上がるほうが私は満足します。

 

まあそれでもインカメラのポートレートモードやビデオの手ブレ補正に対応しているため

iPhone 8より性能が向上しているのは間違いないですが、残念です。

 

iPhone SEの最大の欠点

5つの不満点。ラストはiPhone SEの最大の不満・欠点になります。

それは「安すぎる」ことです。

・64GB → 税込49,280円

・128GB → 税込54,780円

・256GB → 税込66,880円

約5万円で、最新チップ搭載、デュアルSIM対応のiPhoneが手に入るのです。

もちろん防水・防塵、おサイフケータイ完備です。

iPhoneの電源が切れても、最大5時間までSuicaが使える予備電力機能付きエクスプレスカードにも対応しています。

もはや価格崩壊、不当廉売の域に達したと言っても良いでしょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
Mac Proのキャスターが約4.5万円なので、5,000円足せばiPhone買えます。

 

これだけiPhoneが安くなってくると、

とりあえずタブレットはiPad買っておけばOKというのと同じ雰囲気になっていきそうですね。

 

きむきむ。
きむきむ。
スマホの「高級化路線」は、これにて終了。

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

Apple「AirPods Pro」の写真1
【レビュー】いまさら「AirPods Pro」を購入。今でも買うべき5つの理由【諦めないで】Appleの「AirPods Pro」が発売されてから約1年。いまさらですがAirPods Proを購入することにしました (というか、...
8BitDo 「Zero2 ゲームコントローラー」の写真1
【レビュー】8BitDo 「Zero2 ゲームコントローラー」の開封。SwitchやiPadで試してみるNintendo SwitchやiPhone、Androidで使用できる、小型のゲームコントローラー「8BitDo Zero2」をレビュ...
サンワサプライ「USB扇風機 400-TOY039BK」サンワダイレクトの写真1
【レビュー】3WAY式の「USB扇風機」が「コードレス」で意外に便利だった件【サンワサプライ】暑さ対策として人気を集めているサンワサプライ「USB扇風機 (400-TOY039BK)」をご紹介致します。 いくら「充電式」で風力を...
Apple TV 4Kの画像1
【比較】Apple TV 「4K」と「HD」の違い【2020年】リビングで「映画」や「ゲーム」を楽しめる便利なデバイス、Apple TV 「4K」と「HD」を比較していきます。 「Fire TV...