ガジェット

【iPhone SE 発売】出る出る詐欺の終焉。デュアルSIM対応でコスパ抜群

2020年4月16日、ついに待ちわびた瞬間が訪れました。

そう、新型iPhone SEの発売です。

これまでiPhone SEに関するリーク情報や噂は「2018年」から報じられてきましたが、

ついにその全貌が明らかになりました。

iPhone SEといえば、発売されたのが2016年の3月。

4インチと片手で持ちやすいサイズながらiPhone 6s (2015年発売)と同等のA9チップを搭載し、

それにも関わらず安価ということでMVNOの普及にも貢献してくれました。

 

きむきむ。
きむきむ。
発売当初は16GBと64GBのみの販売でしたが、1年語の2017年3月には128GBが追加されました。

 

iPhone SEの一体何が魅力的だったかというと、

・安価

・片手での操作が簡単

の2点でしょう。

特にそのサイズ感からくる片手での操作性に関しては他のデバイスの追随を許さず、

唯一無二のスマートフォンでした

 

きむきむ。
きむきむ。
「とりあえずiPhone」という方から「モバイル端末にこだわりのある方」まで非常に愛された端末でした。

 

それで今回発売されたiPhone SE (2020)ですが、

もちろん、「4インチ」だよね?

 

と期待される方も多くいらっしゃったと思いますが、

iPhone 8同等の4.7インチ

多くのメディアで報じられたとおり、「見た目はiPhone 8。中身はiPhone 11」というヤツです。

 

きむきむ。
きむきむ。
すでにこの時点で興味を失う方もいそうですが、iPhone SE難民は大人しく4.7インチかiPod Touchに移行するしか無さそうです。

 

とはいえ、とはいえですよ。

この新型iPhone SEもかなりのバーゲン価格、バーゲンスペックであるのは間違いありません。

今日はそのあたりについて書いていきたいと思います。

 

きむきむ。
きむきむ。
スマホの「高級化路線」についていけない人や、「指紋認証」を使いたい方にピッタシ。

 

↓「iPhone SE発表で感じた5つの不満」はこちら↓

【2020年】新型「iPhone SE」発表で感じた5つの不満【第二世代】4月16日に発表された4.7インチの新型iPhone SE。 4月17日から予約が行われ、発売は24日金曜日から。 ↓「iP...

 

新型iPhone SE (第2世代)の主なスペック

まず新型iPhone SEのスペックを見ていきましょう。

iPhone SEは外観がiPhone 8で、中身の一部がiPhone 11に準拠したスマホです。

そのためコスパ抜群と称されたiPhone 11と比較していきます。

 

iPhone SEiPhone 11
ディスプレイ4.7インチ6.1インチ
解像度1,334 × 7501,792 × 828
SoCA13A13
RAM3GB?4GB
ストレージ64, 128, 256GB64, 128, 256GB
重量148グラム194グラム
高さ138.4mm150.9mm
67.3mm75.7mm
厚み7.3mm8.3mm
インカメラ7MP (f/2.2)12MP (f/2.2)
アウトカメラ個数1個2個
広角カメラ12MP (f/1.8)12MP (f/1.8)
超広角カメラ12MP (f/2.4)
ポートレートモード
ポートレートライティング
ナイトモード
ビデオ再生 (ストリーミング)8時間10時間
防水・防塵IP67 (水深1m)IP68 (水深2m)
デュアルSIM (片方はeSIM)
FeliCa
NFC
予備電力機能
Wi-Fi 6
Lightning
最大輝度625ニト625ニト
アニ文字とミー文字×
Doby Atmos×
価格ー64GB (税込み)49,280円82,280円
価格ー128GB (税込み)54,780円87.780円
価格ー256GB (税込み)66,880円99.880円

<出典:Apple

新型iPhone SEで注目すべき箇所は4点。

・シングルカメラにも関わらず、ポートレートモード対応 (A13搭載)

・デュアルSIM対応

・価格

・予備電力機能付きエクスプレスカードに対応 (iPhone 8では非対応)

→iPhoneのバッテリーが切れても、最大5時間までSuicaの使用が可能

税込み5万円を切る価格にも関わらず最新のA13 Bionicチップを搭載しているため、

Neural Engineを活用したポートレートモード(背景ぼかし)で写真の撮影が行えます

そのため超広角カメラや望遠カメラが必要としない場合、

もっとも安い価格で最新チップのiPhoneを手にすることができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
おまけにeSIMを利用した「デュアルSIM」にも対応。

 

そのほかWi-Fiの最新規格WI-Fi 6も対応し、

5GやUSB-Cを搭載したiPhoneが欲しい方の、つなぎのiPhoneとしても活用が見込めます。

 

きむきむ。
きむきむ。
欠点が無いわけではないですが、当時約7万円したiPhone 6より2万円やすいのは、まさに価格崩壊です。

 

iPhone SEの物足りない点については、明日書く予定です。

 

iPhone SEとiPhone 11の修理費用の違い

意外と忘れがちなのが、iPhoneの「修理費用」です。

ガジェットを選ぶ場合はスペックに注目が集まりますが、コスパを考える場合は修理費用製品保証に注目することも大切です。

 

iPhone SEiPhone 11
画面の修理 (税込)15,950円23,980円
その他の修理 (税込)33,440円48,180円
バッテリー交換 (税込)5,940円8,140円

 

iPhone 11は全面にディスプレイがある分、当然修理費用がかさみます (iPhone 11 Proの場合、有機ELなのでさらに高くなります)

それに対し、iPhone SEは昔ながらの価格帯を踏襲しており比較的安価と言うことができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
「その他の修理」もあるけど、基本的には「画面の修理」と「バッテリー交換」に注目すればOK!

 

 

ちなみにAppleの有料の製品保証サービス「AppleCare+ for iPhone」に加入している場合、修理費用は安くなります。

iPhone SEiPhone 11
画面の修理 (税込)3,740円3,740円
その他の修理 (税込)12,980円12,980円
バッテリー交換 (税込)0円0円
AppleCare+の初期費用9,680円18,480円

 

初期費用として

・iPhone SE → 9,680円

・iPhone 11 → 18,480円

が発生しますが、

画面の修理が税込みで3,740円になるのは非常に魅力的です。

最大2回まで適用されるので、裸族には必須でしょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
バッテリーを必ず交換すると思えば、AppleCare+の初期費用は「実質半額」です。配送修理や電話やチャットサポートがとても便利です。

 

とはいえ、iPhone SEの修理費用は全体的に安価なので、

購入すれば運用費用が下がるのは間違いありません。

 

まとめ。iPhone SE (第二世代)は「買い」である

以上、「iPhone SE (第二世代)」に関する記事を紹介致しました。

控えめに言ってもこのiPhone SE、買いでしょう

乗り換えの主なターゲットとなる方は

・iPhone 8ユーザー

・iPhone SE (4インチ)ユーザー

・iPhone 7ユーザー

・ゲーマー

・Androidユーザー

・デュアルSIM搭載iPhoneが欲しい人

といったところですが、

正直悩む方はiPhone 8ユーザーくらいだと思います。

私もiPhone 8を使っていますがまだまだ現役で使えますし、

・背景をぼかしたポートレート写真を撮りたい

・バッテリーがやばい

・指紋認証

・電源が切れても5時間までSuicaが使える「予備電力機能付きエクスプレスカード」

というのがiPhone SEを選ぶ決め手になる気がします。

 

きむきむ。
きむきむ。
コスパの良い端末が、iPadやMacBook Airに引き続きiPhoneにも到来しました。好ましい流れです。

 

次はPixel 4aに期待ですね。

それでは今日はこのへんで。

また次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

↓「iPhone SE発表で感じた5つの不満」はこちら↓

【2020年】新型「iPhone SE」発表で感じた5つの不満【第二世代】4月16日に発表された4.7インチの新型iPhone SE。 4月17日から予約が行われ、発売は24日金曜日から。 ↓「iP...