ガジェット

【重量・大きさ】iPhone 11 ProとiPhone 8、8 Plusのサイズを比較してみた【開封の儀】

「Apple iPhone 11 Pro (5.8インチ)」の写真

iPhone 8や8 Plusを利用してきた人が悩むのが、次のiPhoneの「サイズ」や「重さ」。

すでにiPhoneを2年間利用しており、タイミングとしてはそろそろ乗り換えの時期なのですが、

iPhone 11もiPhone 11 Proも、4.7インチのiPhone 8を愛用している人にとっては、どちらも大型化してしまうんですよね。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです。

 

2019年9月に発売されたiPhone 11 Pro。

遅れること半年、ついに我が家にもiPhone 11 Proがやってきました。

 

きむきむ。
きむきむ。
とは言っても、両親へのプレゼント用なので私の端末ではないんですけどね。

 

私は2016年に発売されたiPhone 7を3年間使用していて、4.7インチというこの大きさが気に入っています。

もっというと4インチでも構わないと感じているので、手は大きくない方だと思います。

そこで今回は、「開封の儀」を行いつつ、手元にあるiPhone 8(4.7インチ)やiPhone 8 Plus(5.5インチ)とiPhone 11 Proのサイズを比較してみます。

 

iPhone 11 Pro 自体は5.8インチですが、ベゼルレスになったためそこまでサイズは変わらないはずです。

一体どのようなサイズ感になるか、確認していきましょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
それでは、スタートです。

 

iPhone 11 Pro (5.8インチ)開封の儀

こちらがiPhone 11 Proの「化粧箱」です。

iPhoneに関する報道はすでにあらかた出尽くしていると思うので、

むしろこうした「化粧箱」や「アクセサリー」のほうが、情報として珍しいかと思います。

 

きむきむ。
きむきむ。
カラーはタピオカメラシルバーを選びました!

 

斜めから写真を撮ると、このようなパッケージです。

黒いのでちょっとiPhone 3Gを思い出します。

 

きむきむ。
きむきむ。
ちなみに我が家のiPhone 3Gは、ホームボタンが死んでいるもののまだ電源が入ります。

 

ウォークマンとしてなら、まだ普通に使えるんですよね。容量もそれなりですし。

 

では開封。

最近は封を開けても、Helloで出迎えはしてくれません。

 

きむきむ。
きむきむ。
Designed by Apple in California!

 

アクセサリーはこの通り。

同梱物として

・EarPods with Lightning Connector

・USB-C - Lightningケーブル

・18W USB-C電源アダプタ

・マニュアル

が付いて来ます。

 

USB-C - Lightningケーブルなので、

当然電源アダプタ側もUSB-C端子が付いています。

2015年頃のMacBook ProやiMacだと端子が合わず、普通に同期できないので、気をつけましょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
私のことですね。

 

ではiPhone 11 Proの外観です。

メモリは4GBで、動画再生は18時間まで可能です。

これはiPhone XSより4時間長いバッテリー駆動時間だそうで (Apple調べ)

ポケモンGOヘビーユーザーにはたまらないスペックアップです。

 

そして3つのタピオカメラ。

Twitter界隈で結構タピオカメラ大喜利が行われていましたが、最近は見なくなりました。

もう見慣れてしまったんですかね。

 

きむきむ。
きむきむ。
iPhone 11 Proはデザイン的にケース選びが難しかったです。

 

iPhone 11 ProとiPhone 8・8Plusのサイズ・重量の違い

それではお待ちかねの「重量計測」タイム!

アクセサリーの重量が加算されることもありますが、おおむねこの重量だと認識して頂ければ幸いです。

まず、iPhone 11 Pro (5.8インチ)は196グラム

 

iPhone 8 (4.7インチ)が149グラム

 

「株式会社パワーサポート エアージャケットセット クリア PBK-71 for Apple iPhone 7 Plus 8 Plus 5.5インチ」の画像

iPhone 8 Plus (5.5インチ)が228グラム

まとめると

・iPhone 8 (4.7インチ) → 149グラム。

・iPhone 11 Pro (5.8インチ) →196グラム。

・iPhone 8 Plus (5.5インチ) → 228グラム。

となります。

 

次に、iPhoneのサイズを比べてみます。

4.7インチのiPhone 8と5.8インチのiPhone 11 Proです。

重さ的には50グラム違いますが、サイズ感としてはほぼ同じです。

iPhone 8の外観が

・高さ → 138.4mm

・幅 → 67.3mm

・厚み → 7.3mm

であるのに対し、

iPhone 11 Proは下記のようになっています。

・高さ → 144mm

・幅 → 71.4mm

・厚み → 8.1mm

 

50グラムの増加と、幅の4mm増が許せれば、

今までの使用感に近い形でiPhoneの利用が可能です。

 

きむきむ。
きむきむ。
後述しますが、液晶はかなり広く見やすいです。お店で触るより、自宅で触るとより違いに気づきます。

 

次にiPhone 8 PlusとiPhone 11 Proを比べてみます。

写真を見れば一目瞭然ですが、

5.5インチのiPhone 8 Plusが、5.8インチのiPhone 11 Proよりかなり大きいです。

 

ディスプレイを比べてみるとこう。

iPhone 11 Proは、小さいにもかかわらずiPhone 8 Plusより大きい液晶を兼ね備えています。

もちろんiPhone 11 Proは、iPhone 8 Plusより30グラムも軽いです。

 

きむきむ。
きむきむ。
iPhone 11 Pro、完全圧勝です。

 

まとめ。iPhone 8ユーザーは「11 Pro」がオススメ

以上、「iPhone 11 Pro開封の儀とiPhone 8、8Plusとのサイズ・重量の違い」をご紹介しました。

2年間iPhone 8を使用している方で悩むのは、どの大きさのiPhoneを利用すべきかということ。

サイズ的には

・iPhone 11 Pro → 5.8インチ

・iPhone 11 → 6.1インチ

・iPhone 11 Pro MAX → 6.5インチ

の中から選ぶわけですが、

6.5インチのiPhone 11 Pro MAXを選ぶ人は、おそらくすでにiPhone 8 Plusを選んでいると思うんですよね。

そのため4.7インチという小さいiPhoneが好きな方は、5.8インチのiPhone 11 Proしか「選択肢」はありません

保護フィルムやケースを付けると、結局iPhone 11 ProもiPhone 11の重さを超えてしまいますから、

ギリギリ「iPhone 11がイケる」と考えても、後で後悔してしまう可能性があります。

そのため私としては、

・iPhone 8 (4.7インチ) ユーザー → iPhone 11 Pro (5.8インチ)一択。

・iPhone 8 Plus (5.5インチ)ユーザー → どのモデルを選んでも幸せ。軽い。

という結論になります。

皆さんはどう感じましたか?

iPhone 9(SE2)が発売されたら、また状況が変わってきますけどね。

本当に4月に発売されるのでしょうか?

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

Apple「AirPods Pro」の写真1
【レビュー】いまさら「AirPods Pro」を購入。今でも買うべき5つの理由【諦めないで】今更ですがAirPods Proを購入することにしました (というか、もう買いました) 今でも買うべき5つの理由をご紹介します。このタイミングで買うのは正直「微妙」だと考えていましたが、そんなことはありませんでした。...
「Apple iPhone 11 Pro Smart Battery Case ホワイト」の写真
【フォトレビュー】Smart Battery Caseの開封の儀 【iPhone 11 Pro】Apple iPhone 11 Pro専用「Smart Battery Case」を開封しつつ、その「使い方」に関してご紹介していきます...
「Spigen iPhone 11 Pro (5.8インチ)専用 ウルトラ・ハイブリッドケース クリアカバー」の写真
【iPhone 11 Pro】Spigen ウルトラ・ハイブリッド ケース レビュー【米軍MIL規格・Qi充電対応】Amazonで人気の高い、Spigen「ウルトラ・ハイブリッド ケース」をレビューしていきます。 これまでお伝えしていたように、i...
シャオミ「Miスマートバンド5」の画像1
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」と「Mi スマートバンド 4」の違い【5,000円以下】人気のスマートバンド、シャオミ「Miスマートバンド5」と「4」を比較していきます。 2019年12月に発売されたMiスマートバンド...