ガジェット

【レビュー】ゲーミングノートPC、Dell「New Alienware m17 R3」がやってきた【デル アンバサダー】

Dell「New Alienware m17 R3」の写真25

ノートパソコンながら「RTX 2080 SUPER」を搭載したつよつよパソコンをご紹介します。

17インチでメモリも32GBとかなりのガチ仕様です。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

2021年、初めてのWindows 端末レビュー記事はDell「New Alienware m17 R3」です。

こちらはデル・テクノロジーズ株式会社からお借りした製品で、いわゆるモニター機と呼ばれているものです。

 

きむきむ。
きむきむ。
「デル アンバサダー」として、これまでも「製品レビュー」や「座談会」に参加してきました。

 

Dellのアンバサダーに就任しました。そのご報告と記事の一覧(まとめ)こんにちは、iMyMe-Englishのきむきむです。 当ブログは「TOEICの学習法とガジェット記事」をメインに取り扱っています...

 

今回お借りしたのは宇宙人のロゴでおなじみDellのゲーミングノートパソコン。

実は私も触ってみるのは初めてで、以前からロマンは感じていものの、

なんだか深い沼に落ちてしまいそうでなんとなく敬遠してきた端末でした。

 

きむきむ。
きむきむ。
「Alienwareブランド」のノートパソコンだと、大体18万〜40万位の価格帯です。

 

Dell G3シリーズでグラボが「GTX1650」で良ければ8万円前後からありますが、

ちょっと庶民にはお高い。

だからこそ憧れのデバイスなわけですが、

実際に使用してみて良かったところ気になったところを書いていきたいと思います。

ゲーミングノートパソコンに興味がある方は、参考にして頂ければ幸いです。

それではさっそく、内容を見ていきましょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
ちなみに新製品の「R4」が1月に発表されました。RTX2080の「R3」とRTX3070を搭載した「R4」、どちらも販売中です。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の主なスペック

Dell「New Alienware m17 R3」の写真1
New Alienware m17 R3
ディスプレイ17.3インチ
解像度1,920 ✕ 1,080 (FHD)
その他144Hz、9ms、300-nits、sRGB100%、NTSC比72% (色域)
CPU第10世代インテル Core i7-10750 (6コア)
GPUGeForce RTX2080 SUPER 8GB GDDR6 Max
メモリ32GB DDR4 2,666MHz (オンボード)
ストレージ256GB PCIe M.2 SSD
OSWindows 10 Home 64ビット 日本語
高さ16.9mm〜22.0mm
399.8mm
奥行き294.3mm
重量約2.5kg
価格約27万〜34万円

 

今回お借りしたDell「New Alienware m17 R3」のスペックは上記のとおりです。

Dellはクーポンによって割引が受けられるので実際にはこれより安くなりますが、

おおむね約30万円のお値段で、

・NVIDIA GeForce RTX2080 SUPER 8GB

・メモリ32GB

・17インチの薄型軽量ノートパソコン

・高色域でなめらかなディスプレイ

を兼ね備えたノートパソコンが手に入るイメージです (メモリなどスペックを落とすと20万を切るときもあります)

 

きむきむ。
きむきむ。
ディスプレイは、カスタマイズで「300Hz」「3ms」にしたり、解像度を「3,840 ✕ 2,160」に変更することができます。

 

17インチと聞くとバカでかすぎて選択肢にならない人も多く、

人が持ち歩くにはあまりにも重すぎた」と廃止になった17インチのMacBookを個人的に思い出すのですが、

ところがどっこい「New Alienware m17 R3」は持ち運びやすいサイズ感に収まっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
これは完全に「意外」でした。

 

というのも、17インチに対して2.5kgという重さは重量バランスが良く、

22mmの薄さと、硬いボディが力を込めて握りやすくとても気に入りました。

 

きむきむ。
きむきむ。
15インチで重量2kgのボディが許せるのであれば、全く問題のないサイズ感で、かつディスプレイの広さがパワーアップしてる感じです。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の外観

Dell「New Alienware m17 R3」の写真2

それでは「New Alienware m17 R3」を開封しながら、外観を見ていきましょう。

まず初めにお伝えしなければいけないことは、箱の「頑丈さ」と「重さ」です。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真3

17インチのノートパソコンがパッケージ (化粧箱)の中に入っているわけですが。

まるでモニターを買った時のような重厚感があります。

 

きむきむ。
きむきむ。
重さにして約4kg。体感値としてはもっと重かったです。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真4

ただその分パッケージを開けて、ノートパソコンとご対面したときは喜びもひとしお

ついにこんなハイスペックマシンに手を出してしまったと心が震えてきました。

30万円前後のノートパソコンに手を出すなんて、「ブルジョワですか?」と今でも思います。

 

きむきむ。
きむきむ。
60万円お金を出せば、3Dプリンターで家が買えてしまう時代ですからね。超贅沢品です。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真5

開封しながら、このパッケージの重さはどこから来るんだろう?と思いましたが、

それは衝撃を抑えるためのパッケージの作りにあります。

見て下さい、この厚み。

パッケージの「外側」から、ノートパソコンが収納されているところまでの厚みで、ミンティアが立ちます

 

きむきむ。
きむきむ。
笑うしかありませんでした。

 

昨年、Dellのディスプレイを購入しましたが、

こちらのノートパソコンの方がディスプレイのパッケージより、遥かにお金がかかっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
さすが30万!

 

Dell「U2421E」の写真40
【24インチ】WUXGA、4辺狭額縁ベゼルレスモニター搭載Dell「U2421E」レビュー【90W出力対応】アスペクト比が16:10 (1920 ×1200のWUXGA)でありながら、4辺ベゼルレスで端子(ポート)も充実。モニターの「縦置き」やUSB PD「90W出力」にも対応したデル「U2421E」をレビューしていきます。...

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真6

というわけで、「New Alienware m17  R3」の外観を見ていきます。

ノートパソコンの天板にはおなじみの宇宙人のロゴと17インチを表す17の数字。

そして背面下部には

・空調スリット (排気用の穴)

・HDMI 2.0b (HDCP 2.2出力)

・Mini-Display Port 1.4

・Thunderbolt 3

・Alienware Graphics Amplifier ポート

・Power / DC-in ポート

が搭載されています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「Alienware Graphics Amplifier ポート」は、「外付けグラフィックスボックス」を接続するために使用します。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真7

ディスプレイ側はこのようになっています。

テンキー付きでタッチパッドが左寄りです。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真8

色はルナライト (シルバーホワイト)で、灰色に近い感じです。

指紋や汚れが軽減されるように設計されており、また変色を防ぐために表面にコーティングがなされています。

筐体にはマグネシウム合金が使われており、

高級感よりもガシガシ使っても大丈夫そうな「頑丈さ」と「ビジュアル」を兼ね備えていると感じました。

 

きむきむ。
きむきむ。
これだけ薄いのは凄いです。サラサラしていてさわり心地も予想外!

 

左右の端子としては、左側に

・Noble ロックポート (ケーブルとロックは別売り)

・空調スリット (排気用の穴)

・Killer Networks E3000ギガビットEthernet NIC

・USB 3.1 Gen 1 Type-A (PowerShareテクノロジー対応)

・オーディオ出力用3.5mmポート

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真9

右側に

・MicroSD 5.1 (UHD-Ⅱ HD312カードリーダー)

・USB 3.1 Gen1 Type-A 2個

・空調スリット (排気用の穴)

が搭載されています。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真10

改めて「New Alienware m17  R3」の背面下部を見てみると、

こちらに「HDMI」や「Mini-Display Port」といった画面出力用のポートと、ACアダプターポートがまとまっており、

かなり使いやすかったです。

なるべく視界に入るケーブルは少なくしたいですから、

左右よりも背面からアクセスさせるのは理にかなっていると感じました。

 

きむきむ。
きむきむ。
欲を言えば、USB Type-Cがもう1つ欲しかったです。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真11

で、私実際に見てみるまで知らなかったのですが、

ノートパソコン用のACアダプター、すっごくおっきいです

パッケージの豪華さにもやられましたが、

ACアダプターの大きさにも、笑うしかありません。

「330W」で重量1,306グラム

ノートパソコンでセットで運ぶとなると、約3.8kgになります。

 

きむきむ。
きむきむ。
2,000年代半ば、WIndows Vistaで「Core 2 Duo プロセッサー」の15.4インチノートパソコンがそれ位の重さだったような気がします。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真12

キーボード部分はこのようになっています。

特に違和感のある配列ではないですが、

それよりもディスプレイ側にある通気口のデザインがめっちゃかっこ良いです。

 

きむきむ。
きむきむ。
「上部」と「底部」から冷たい空気を取り込んで、「側面」と「背面下部」から排気する構造になっています。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真13

電源ボタンも、エイリアンマークが採用されています。

 

きむきむ。
きむきむ。
さすがエイリアンウェアですね。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真14

底部(底面)はこのようになっています。

空気を取り込むための通気口が大きく用意されており、

ネジ周りなど丁寧な作りをしており好印象です。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真15

バッテリーに関しては、98%の残量で残り1時間36分と表示されました。

そのためノートパソコンとはいえ、ACアダプターとセットでの利用が想定されます。

 

Dell「New Alienware m17 R3」のベンチマーク

「New Alienware m17 R3」のベンチマークを測定すべく、下記ソフトを使ってデータを計測してみました。

・ドラゴンクエストX

・ファイナルファンタジーⅩⅤ(15)

・CINEBENCH Release 20

・Apex Legends (エーペックスレジェンズ)

 

ドラゴンクエストX

Dell「New Alienware m17 R3」の写真16

・グラフィックス設定 → 最高品質

・解像度 → 1,920 ✕ 1,080

・表示方法 → フルスクリーン

の設定で、

評価は「すごく快適」(スコア 18,110)でした。

 

きむきむ。
きむきむ。
ドラクエは軽めのソフトなので問題ありません。

 

ファイナルファンタジーⅩⅤ(15)

Dell「New Alienware m17 R3」の写真18

・グラフィックス設定 → 高品質

・解像度 → ①1,920 ✕ 1,080 ②3,840 ✕ 2,160

・表示方法 → フルスクリーン

と2回に渡って計測しました。

その結果

①1,920 ✕ 1,080 → 快適 (7,792)

②3,840 ✕ 2,160 → 普通 (4,279)

というスコアが計測されました。

 

きむきむ。
きむきむ。
スコア6,000で平均60fps前後と言われているので、4K高品質よりもフルHDの方が快適にプレイできると感じました。

 

CINEBENCH Release 20

Dell「New Alienware m17 R3」の写真19

 

第10世代インテル Core i7-10750 (6コア)を搭載している「New Alienware m17  R3」のスコアは下記のとおりでした。

・CPU → 2,045pts

・CPU (Single Core) → 406pts

 

きむきむ。
きむきむ。
「Core i7-7700K」に若干劣るくらいです。

 

Apex Legends (エーペックスレジェンズ)

こちらでは、世界で人気のバトルロイヤルゲーム「Apex Legends」のゲームプレイ時のフレームレート(動画1秒間における静止画の枚数)を計測してみました。

結果は

・ACアダプター接続時 → 140fps (frames per second)

・ノートパソコン単体 → 120fps

でした。

Apex Legendsは初期設定で「144fps」までのフレームレート上限が行われているので、

ほぼ最高の状態でプレイすることができました。

 

きむきむ。
きむきむ。
「New Alienware m17  R3」のディスプレイは「140Hz」に対応しています (カスタマイズで最高300Hz)

 

一方でACアダプターを利用せず、ノートパソコン単体でプレイしている時は120fpsでした。

バッテリーの消費も早く、ノートパソコンとはいえコンセントの確保は必須と言えます。

 

きむきむ。
きむきむ。
逆に出張族の人が宿泊先のホテルで、なるべくベストな環境でゲームをしたい、という方には申し分の無いノートパソコンになっています。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の使用感

全体的な印象

「New Alienware m17  R3」の全体的な印象としては、中々「良好」です。

「RTX2080」と「メモリ32GB」を積んでいるのですからそれもそのはずで、

スペックでケチをつけるとしたら、ストレージが256GBしか無いこと位でしょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
逆にゲーマー向けでなぜストレージ256GBのものが存在するかは、正直謎でした。

 

これだけのスペックがあれば「写真」や「動画」の編集もノートパソコンで十分行えますし、

17インチなので画面を2分割しての操作がかなり快適です。

またカスタマイズすれば「300Hz」や「4K」にディスプレイを変更できます。

そのためより高リフレッシュレートでゲームを行ったり、解像度でゲームを行いたい「欲張りな方」にも選択肢に入ってくるデバイスです。

 

きむきむ。
きむきむ。
注意点としては、カスタマイズできる範囲やパソコンの仕様は販売時期によって微妙に変化します。部品の在庫状況やセールにもよるのでこまめにチェックした方が良いです。

 

Alienware Mobile Connect (Dell Mobile Connect)

Dell「New Alienware m17 R3」の写真21

Dellにしかないソフトウェアとしては、「Alienware Mobile Connect」が存在します。

これはパソコンとスマホの親和性を高める面白い試みで、

・パソコンでスマホの「通知」や「電話」を受け取る。

・スマホの画面をパソコンに表示させる(ミラーリング)

・ファイルをワイヤレスで転送する (ドラッグ&ドロップ)

といったことができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
Macのキラー機能として「AirDrop」がありますが、それに近いことができます。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真22

例えば、パソコンの画面からスマホの写真をチェックしたり、

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真23

パソコンの画面から、マウスを使ってスマホの操作ができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
上記の写真はパソコンとiPhoneを無線で繋ぎ、マウスを使ってSafariをいじっている写真です。もちろんiPhoneにロックが掛かってる時は使えません。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真24

また写真や動画、文書などのファイルをドラッグ&ドロップで転送させることもできます。

「1ファイルずつ」というのが残念でしたが、

今後Dell製品を検討する上で注目していきたい機能の1つです。

 

きむきむ。
きむきむ。
以前はこの機能ですら「iOS」で使うことができなかったので、今後もアップデートに期待です。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の気になったところ

今度は逆に、「New Alienware m17 R3」の気になったところをご紹介します。

ハイスペック端末なので、むしろ違和感を覚えたところの方が気になる方が多いと思います。

個人的には、

・ファンの音。

が1番気になりました。

ネットサーフィンなど軽い作業をしている時も含めて常に「ぶお〜っ」と音がします。

 

Dell「New Alienware m17 R3」の写真20

もちろん内蔵ソフトの「Alienware Command Center」から

CPUやシステムファンの「温度」や「速度」を監視することが出来ますが、

初期状態だとファンの音が非常にうるさいです。

これがゲームだったら「ヘッドホン」や「イヤホン」をつければ良いですが、

・事務作業

・ビデオ会議

・動画鑑賞

を行うのであれば、必ずファンの音が気になってくると思います。

そのためもし自分でうまく管理することができず、事務作業中心で「ついでにゲーム」という方は、

「スペックダウン」するか「デスクトップ」、あるいはもっと手軽に扱える「15インチ」のAlienwareを選択する方が幸せになれると感じました。

 

きむきむ。
きむきむ。
イルミネーションを変えたり外付けGPUを付けたり、いじれるところはたくさんありますが、値段も含めて初心者向けのマシンではないと感じました。逆に中・上級者の方にとっては素晴らしいデバイスです。

 

まとめ。Dell「New Alienware m17 R3」は、カスタマイズもできる魅力的な17インチパソコン

Dell「New Alienware m17 R3」の写真1

以上、デル・テクノロジーズ株式会社からお借りした「New Alienware m17 R3」をご紹介しました。

まとめると良かったところは、

・さすがのスペック番長 (RTX2080、メモリ32GBなど)

・カスタマイズで「300Hz」「3ms」などさらにゲーム特化可能。

・高解像ディスプレイ(4K)でゲームがしたい人の「選択肢」にもなり得る。

・スピーカーも悪くない (New XPS 15 2-in-1より上)

・17インチだが手に持つと軽い (体感で15インチ2kgが気にならない人は大丈夫)

気になったところは、

・ファンの音がうるさい (自分で管理する必要がある)

・SDカードではなくmicroSDカードスロット搭載。

・USB Type-Cポートが少ない。

・ACアダプターとセットで約3.8kgの重量 (持ち運ばない人なら、デスクトップも選択肢としてなり得る)

という内容でした。

個人的な印象としては筐体の作りが素晴らしく、

17インチなのにむしろ軽いと感じたところ。パッケージの作りは想定を遥かに上回りました

ノートパソコンでゲームを行う人は、そもそも欲張りな人で予算にも余裕がある方が多いと思います。

そのためロマンとして、あるいは費用対効果ではなく単純に良いものを購入したい人にふさわしいデバイスに仕上がっていると感じました。

 

きむきむ。
きむきむ。
もし自分が学生の時に手にしていたら、1年中ゲームばっかやってるんだろうなと怖くもなりました(笑)

 

今後のDell製品にも期待しています。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

Dell「U2421E」の写真57
【超快適】モニターの縦置きが「最強」な理由。Dellを使えば簡単に作業効率UP【WUXGA】モニターの縦置きにロマンを感じる全国1,000万人の皆様。お待たせ致しました。 モニターの縦置きは、もはやロマンではない。モニターの縦置きは、もはや義務教育。迷ったらDoするのが物欲を満たす肝要です。...
バッファロー「超小型SSD」の写真1
【レビュー】バッファロー 外付け「超小型SSD」が良い感じ。ペットボトルのフタ2個分の小ささ【960GB】バッファローの外付け、超小型「SSD-PSM960U3-B/N」をご紹介致します。 ペットボトル2個分のサイズで重さは15グラム。 安心の日本メーカーでお値段もお求めやすい、魅力的な外付けSSDです。...
富士通 ScanSnap 「iX500」の写真14
【レビュー】富士通 ScanSnap「iX500」で本をJPFG化する方法。スキャン編【自炊】富士通 ScanSnap 「iX500」で本を自炊する方法をご紹介します。 今回は本をスキャンして、パソコンに取り組むスキャナーに関して取り扱います。...
サンワサプライ 「雷ガードタップ 10個口 3m 」の写真 1 (TAP-SP2110-3BK)
【レビュー】サンワサプライ 「雷ガードタップ 10個口」デスク周りを強くする電源タップサンワサプライの頼れる電源タップ「雷ガードタップ 10個口 3m」をご紹介します。 「雷ガード」や「マグネット」は当たり前。 ブレーカー内蔵で、1500Wを超えたら自動的に電源がオフになるなど多機能な「電源タップ」です。...

 

こんな記事はいかがですか?