ガジェット

【比較】「TCL 10 Lite」とシャオミ「Redmi Note 9S」の違い【2万円台スマホ】

7月31日に発売された「TCL 10 L (Lite)」とシャオミ「Redmi Note 9S」を比較していきます。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです。

 

このブログでも度々登場しているTCL 10 Proですが、

↓「TCL 10 Pro発売」はこちら↓

【スマホ】4眼カメラ搭載「TCL 10 Pro」発売。ところでTCLって何?【中華】中国の家電メーカ、TCLから新型スマホ「TCL 10 Pro」が発売されました。 日本における代理店は、「BlackBerry」や...

 

いよいよコスパ抜群の廉価版モデルが登場することになりました。

 

きむきむ。
きむきむ。
しかもまさかの「2万円台」!

 

このお値段は、人気爆発中のシャオミ「Redmi Note 9S」とがっぷり四つぶつかりあう、衝撃的なお値段です。

 

きむきむ。
きむきむ。
乗るしかない。このビッグウェーブに。

 

というわけで今回は「TCL 10 Lite」とシャオミ「Redmi Note 9S」を比較していきます。

2020年のコスパ番長の座は一体どちらの手に輝くでしょうか。

それではさっそく内容を見ていきましょう。

 

「TCL 10 Lite」とシャオミ「Redmi Note 9S」の違い

TCL 10 Lite Redmi Note 9S
ディスプレイ6.53インチ6.67インチ
解像度2,340 × 1,0802,400×1,080
画面占有率91%91%
デザインパンチホールパンチホール
OSTCL UIMIUI 11
OSのベースAndroid 10Android 10
SoCSnapdragon 665Snapdragon 720G
RAM6GB4GB / 6GB
ストレージ128GB64GB / 128GB
重量180グラム209グラム
高さ162.2mm165.75mm
75.6mm76.68mm
厚み8.4mm8.8mm
インカメラ16MP (f/2.2)16MP (f/2.48)
アウトカメラ個数4個4個
超広角8MP (f/2.2)8MP (f/2.2)
広角48MP (f/1.8)48MP (1.79)
ポートレート (深度測定)2MP (f/2.4)2MP (F/2.4)
マクロ2MP (f/2.4)5MP (f/2.4)
バッテリー容量4,000mAh5,020mAh
Gorilla GlassVersion 3Version 5
指紋認証背面側面
顔認証
microSD
ヘッドフォンジャック
Google Play
IEEE 802.11ac
Bluetooth 5.0
USB Type-C
ハイレゾ
HDR10
NFC
アイケアモード
SDR-HRDアップコンバート
スマートキー (物理ボタン)
デュアルSIM (DSDV)
急速充電 (Quick Charge)
赤外線リモコン
有機EL
防水・防塵 (IP68)
ワンセグ・フルセグ
Felica (おサイフケータイ)
税込み価格 → 下位モデル2万6,800円2万4,800円
税込み価格 → 上位モデル2万9,800円

<出典:Fox Storeシャオミ

どちらのスマホも

・4つのカメラ

・画面占有率91%

・指紋認証

・顔認証

・microSD

・ヘッドホンジャック

に対応しています。

 

「TCL 10 Lite」が向いている人

「TCL 10 Lite」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・スマホは軽い方が良い (180グラム)

・キレイな液晶を使いたい (色差△E1未満)

・指紋認証は「背面」派。

・「スマートキー(物理ボタン)」に機能を割り当てたい (1回、2回、長押し)

・なるべく安く済ませたい (税込み2万6,800円)

TCL 10 Liteは、液晶テレビで北米販売数量1位を獲得したディスプレイ技術と、本体重量の軽さに特徴があるスマホです。

6.53インチとほぼRedmi Note 9Sと同等の大きさで、約30グラム軽いです。

 

きむきむ。
きむきむ。
基本的な性能はRedmi Note 9Sに叶いませんが、「取り回しの良さ」はありますね。

 

特にディスプレイの色調再現(現実の色合いと目視での色合いの差)に優れ、

ディスプレイ表示自動調整機能

・トーン補正 (明るさと色調の調整)

・読書モード (紙の本を読んでいるかのような画面)

・アイケアモード (ブルーライトを軽減)

や動画をHDR相当にリマスターするSDR-HDRアップコンバートなど、

かゆいところに手が届く機能を備えています。

 

きむきむ。
きむきむ。
さすが北米で有名なテレビメーカーです。

 

またコスパの観点からいうと、

Redmi Note 9Sの上位モデル(128GB)と比べると、3,000円安くなっています。

下位モデルのメモリ4GB、ストレージ64GBと比べると2,000円高くなりますが、

この位の価格差であれば、おとなしくスペックが高いものを選ぶほうが満足度が高いと思われます。

 

きむきむ。
きむきむ。
ただRedmi Note 9SはデュアルSIM対応なので、SIMを2枚挿したければ下位モデルの選択もありです。

 

 

シャオミ「Redmi Note 9S」が向いている人

シャオミ「Redmi Note 9S」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・ゲームを頻繁に行う (Snapdragon 720G)

・DSDV

・バッテリー持ちにこだわる (5,020mAh + 急速充電)

・頑丈なスマホが欲しい (Gorilla Glass 5)

Redmi Note 9Sは、基本性能でTCL 10 Liteを上回っています

SoCはSnapdragon 720Gを採用しており、

AnTuTuで言うと、

・TCL 10 Lite → 約18万

・Redmi Note 9s → 約28万

かなりの性能差があるため、

ゲームなど処理能力が必要とされるアプリを使用する場合は、「Redmi Note 9S」一択です。

 

きむきむ。
きむきむ。
ほぼ同じ価格帯ですが、積んでいるSoCは結構差があります。

 

Redmi Note 9Sは209グラムと正直重たいスマホではありますが、

その分バッテリーも5,020mAh、急速充電、DSDV対応、より頑丈なGorilla Glass 5を採用しており、

「メインスマホ」から海外での「サブスマホ」まで幅広い用途で利用できるスマホに仕上がっています。

ラインナップは

・下位モデル → 2万4,800円 (メモリ4GB、ストレージ64GB)

・上位モデル → 2万9,800円 (メモリ6GB、ストレージ128GB)

・TCL 10 Lite → 2万6,800円 (メモリ6GB、ストレージ128GB)

となっており、

価格はTCL 10 Liteとほぼ同程度なのに、性能が高いのが魅力です。

 

きむきむ。
きむきむ。
できればスペックに余裕のある上位版の購入をオススメしますが、下位モデルと上位モデルで「出来ることが変わる」というのはありません。microSDももちろん対応しています。

 

 

まとめ!液晶の「TCL 10 Lite」。性能の「Redmi Note 9S」

以上、「TCL 10 Lite」とシャオミ「Redmi Note 9S」の違いについて紹介しました。

まとめると

・TCL 10 Lite → 軽くてディスプレイの性能が良い。

・Redmi Note 9S → 処理能力が高く、DSDVや急速充電などスペック高め。

という内容でした。

TCL 10 Liteは、テレビメーカーとして培った液晶の美しさ

そしてスマートキー(物理ボタン)により機能割当や背面による指紋認証、端末の軽さなど取り回しの良さに優れたスマホで、

 

Redmi Note 9sは処理性能に優れ、ゲーム用途などメインスマホからサブスマホまで幅広く使える高コスパスマホです。

 

きむきむ。
きむきむ。
コスパ番長は、やはりシャオミの「Redmi Note 9S」でした。

 

比較記事のため長所短所がハッキリしてしまいがちですが、

こうした魅力的な端末が、2万円台で購入できるなんで本当に良い時代になりました。

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!