ガジェット

【スマホ】4眼カメラ搭載「TCL 10 Pro」発売。ところでTCLって何?【中華】

中国の家電メーカ、TCLから新型スマホ「TCL 10 Pro」が発売されました。

日本における代理店は、「BlackBerry」や「Palm Phone」でおなじみのFox

TCLは今年2月に「TCL PLEX」でスマホ市場に本格進出を果たしましたが、CES2020で発表された「TCL 10 Pro」が日本でも発売されることになりました。

 

きむきむ。
きむきむ。
いろんなメーカーが出てくるのは良いけど、でもTCLって誰?ちゃんとした会社?

 

疑問をお持ちの方も少なくないかと思いますので、

今回はTCLの会社説明を行いつつ、TCL 10 Proのスペックについて確認していきたいと思います。

 

きむきむ。
きむきむ。
よろしく〜!

 

 

↓「Reno3 AとTCL 10 Proの違い」はこちら↓

OPPO「Reno3 A」と「TCL 10 Pro」の画像
【比較】OPPO「Reno3 A」と「TCL 10 Pro」の違いOPPO「Reno3 A」と、4Kテレビでお馴染みのメーカー、「TCL 10 PRO」を比較していきます。 ...

 

TCLって何?

<出典:TCL

1981年に誕生したTCLは中国の家電メーカーで、メインとなる商品は「テレビ」です。

日本法人も2015年には設立されており、Amazonで「TV」と検索するとその凄さを体感することができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
必ずTCLの商品が1ページ目に表示されます。

 

特に人気を集めているのが、価格崩壊をもたらしているこちらの商品。

 

 

なんと4K43インチのTVが、約3万5,000円で発売されています。

 

きむきむ。
きむきむ。
リモートワークが進む前は、3万1,000円くらいでした。

 

格安テレビと言えばハイセンスを思い浮かべる方も多いですが、

TCLのTVは最小9.9mm幅、ベゼル幅は4.8mmとスリムな設計で、オシャレ感を醸し出しているのがポイントです。

パソコンのモニターとしても使われています。

 

かといってスマホメーカーとしての実績が全くないわけではなく、

過去には「BlackBerry」や「Palm Phone」、「Alcatel」を手掛けてきました。

 

きむきむ。
きむきむ。
Alcatelは2016年頃、フランス発のスマホメーカーとして日本のSIMフリー市場に参入しました。丁度iPhone 7が発売されたあたりのころですね。

 

つまりTCLは全くの新参者というわけでなく、むしろ影の支配者。

BOSEやソニー、ゼンハイザーにスピーカーやヘッドフォンを提供するフォスター電機(Fostex)のような関係なのであります。

 

きむきむ。
きむきむ。
影の実力者来た〜!

 

TCL 10 Proの主なスペック

そしてこちらが、今回発売された「TCL 10 Pro」の主なスペックです。

いわゆるミドル端末に属するスマホです。

TCL 10 Pro
ディスプレイ6.47インチ (曲面有機EL)
解像度2,340 × 1,080
画面占有率93%
SoCSnapdragon 675
RAM6GB
ストレージ128GB
重量177グラム
高さ158.5mm
72.4mm
厚み9mm
インカメラ24MP (f/2.0)
アウトカメラ個数4個
超広角16MP (f/2.4)
広角64MP (f/1.79)
マクロ5MP (f/2.2)
暗所撮影2MP (f/1.8)
バッテリー容量4,520mAh
急速充電Quick Charge 3.0
Bluetoothスピーカーへの接続 (5.0)最大4台
スピーカーモノラル
ヘッドフォンジャック
USB Type-C
microSD
画面内指紋認証
顔認証
HDR10
NFC
スマートキー (物理キーで3つの機能割当)
赤外線ポート
リバースチャージ
デュアルSIM
防水・防塵
ステレオスピーカー
発売日2020年5月29日
税込み価格4万9,280円

<出典;Fox Store

TCL 10 Proは、Snapdragon 675を搭載したミドル端末のスマホです。

675というと、AnTuTuのスコアは約18万ほど。

あまり日本では見かけないSoCですが、シャオミのRedmi Note 7 ProやTCL PLEXに搭載されています。

 

きむきむ。
きむきむ。
シャオミが激安のスマホを出したので、今となっては驚きはありませんね。

 

↓「シャオミMi Note 10 LiteとRedmi Note 9Sの違い」はこちら↓

シャオミ「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」の画像
【比較】シャオミ「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」の違いで、どっちがお得なん? 6月2日に発表された、格安高コスパスマホ「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」...

 

とはいえTVの製造で培った技術がハードに組み込まれており、

・リアルに近い配色

・鮮明なディスプレイ

・HDR10

・目に優しいディスプレイ (ブルーライト軽減/アイケア・ダークモード)

といった液晶に力を入れたスマホとなっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
TCLのテレビやパソコン(ファイル共有)、4台のスピーカーとの連携も可能です。

そうしたスマホ単体としての機能だけでなく、他のデジタルデバイスや家電との親和性が高いのが特長です。

 

そのほかの面白い機能としては、

・スマートキー

・赤外線ポート

・リバースチャージ

があります。

スマートキーはいわゆるBixbyキーのようなもので、電源ボタンに似た物理キーを押すだけで予め指定したアプリや動作にショートカットすることができます。

クリック、ダブルクリック、長押しでそれぞれに機能割当が可能なため、スマホを自分色に染めるために役立ちます。

赤外線ポートは、いわゆるリモコン機能

ソニーや東芝など日本製のテレビやエアコンのリモコンになります。

 

きむきむ。
きむきむ。
リバースチャージは、スマホから他の端末への充電です。

 

 

goo Simsellerだと、TCL 10 Proは3万円

そんなTCL 10 Proですが、goo Simsellerだとキャンペーン価格約「3万円」で購入ができます。

もちろん音声SIMとセットの価格ではありますが、

端末価格5万円 → 3万円

というのはそれなりにお買い得感があります。

まあニッチな話ですが、

TCL 10 ProMi Note 10 LiteRedmi Note 9S
有機EL
microSD
税込価格約5万円約4万円約2.5万円
goo Simseller(税抜)約3万円約2万円約1万円

 

となるので、

動画を頻繁に視聴する人で、

・有機ELディスプレイ

・microSD

の2つが欠かせない人にとっては、検討すべきスマートフォンと言えるかもしれません。

 

きむきむ。
きむきむ。
SIMとセットなら、もっと安く買えますしね。

 

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

↓「Reno3 AとTCL 10 Proの違い」はこちら↓

OPPO「Reno3 A」と「TCL 10 Pro」の画像
【比較】OPPO「Reno3 A」と「TCL 10 Pro」の違いOPPO「Reno3 A」と、4Kテレビでお馴染みのメーカー、「TCL 10 PRO」を比較していきます。 ...