ガジェット

【レビュー】やわらかくて小さいエレコムのHDMIケーブルを導入した話【DH-HD14EY20BK】

エレコム 「HDMIケーブル」の写真11

50%の小型化に成功し、配線時の取り回しに優れたエレコムの「HDMIケーブル」をご紹介します。

Nintendo Switchなど、商品のおまけで付いているHDMIケーブルよりも小さいので他のポートに干渉しません

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

先日ヤマハのちょっとお高いサウンドバー「YAS-209」を購入しました。

 

良い音質で気に入ってはいるのですが、

それに伴い、テレビのHDMIポートに挿してあった「Fire TV Stick」を取り外すことになりました。

サウンドバーにはHDMI IN端子が付いているので、予定ではそこに「Fire TV Stick」を接続させるはずでしたが、

デカすぎてサウンドバーに挿せませんでした

また「Fire TV Stick」に付属しているHDMI延長ケーブルも紛失しているらしく、

サウンドバーを導入したら「Fire TV Stick」が使えなくなりました

 

きむきむ。
きむきむ。
要は、新しい「HDMIケーブル」が必要になった!という話です。

 

で、試しに手頃な値段で小さい「HDMIケーブル」を購入したところ、

かなり使い勝手がよく最高でした。

今回はその「HDMIケーブル」をご紹介します。

 

エレコム 「HDMIケーブル」の開封と基本スペック【DH-HD14EY20BK】

エレコム 「HDMIケーブル」の写真1

今回購入したのはこちら。

エレコムの「HDMIケーブル」です。

HDMIケーブルは、「映像」や「音声」信号を高速で伝送するために使用します。

 

きむきむ。
きむきむ。
Wii Uが発売された時、任天堂の岩田社長が「買うと高いんです」って言っていたHDMIケーブルです。

 

HDMIケーブル」も結構バージョンが多くて面倒くさいのですが、

・スタンダード (HDMI 1.2) → 1920×1,200 (60p)

ハイスピード (HDMI 1.4) → 3,840×2,160 (4K 30p)

・プレミアム (HDMI 2.0) → 3,840×2,160 (4K 60p)

・ウルトラハイスピード (HDMI 2.1) → 3,840×2,160 (120p)、8K60p対応

ざっくり把握しておくと、便利です。

 

きむきむ。
きむきむ。
今回購入したのは、4K30pに対応した「HDMIケーブル」です。約1000円とお手軽価格です。

 

エレコム 「HDMIケーブル」の写真2

製品の特徴としては、

・ケーブルがやわらかい。

・従来製品よりも50%小型化したコネクタを採用している。

・4K2K対応(30p)

・10.2Gbpsのイーサネット高速通信(HEC)が可能 (TVでネットをする時便利)

・ARC対応 (テレビのデジタル音声をAVアンプなどに出力)

・金メッキプラグや3重シールドケーブルなど、品質がしっかりしている。

となっており、

基本的な性能を維持しながら小型化に成功した製品です。

 

きむきむ。
きむきむ。
4K60pに対応していないものの価格がこなれており、最もコスパが良い「HDMIケーブル」です。

 

エレコム 「HDMIケーブル」の写真3

エレコムの「HDMIケーブル」は、

・1メートル

・1.5メートル

・2メートル

と長さを選ぶことができます。

ちなみにNintendo Switchに搭載されているHDMIケーブルの長さは、1.5メートルです。

 

エレコム 「HDMIケーブル」の写真4

パッケージの背面には、

HDMIケーブル」の使用用途を図入りで解説されています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「映像」と「音」を送るためのケーブルです。

 

エレコム 「HDMIケーブル」の外観【DH-HD14EY20BK】

エレコム 「HDMIケーブル」の写真5

それではエレコム「HDMIケーブル」の外観を見ていきましょう。

色はブラックのみで普通です。

 

エレコム 「HDMIケーブル」の写真6

ただコネクタ部分の小ささが尋常ではなく、

ペットボトルの蓋と比べてもこのサイズ感を実現しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
テレビに挿すよりも、むしろHDMIポートを搭載しているパソコンに使った方がより幸せに感じるかもしれません。

 

エレコム 「HDMIケーブル」の写真7

ケーブル部分も、しなやかでやわらかくなっています。

 

エレコム 「HDMIケーブル」の写真8

コネクタ部分はただ小さいだけでなく、金メッキプラグを採用。

サビに強いので信号の劣化を抑える働きをしてくれます。

 

エレコム 「HDMIケーブル」の写真9

参考までに、Nintendo Switchに付属している「HDMIケーブル」と大きさを比較してみます。

コネクタ部分も小さいですが、ケーブルもひとまわり小さくなっています。

HDMIケーブル」は結構固くて抜き差しが大変なので、

この「小ささ」と「大きさ」は魅力的です。

 

エレコム「HDMIケーブル」を設置した感想 (DH-HD14EY20BK)

エレコム 「HDMIケーブル」の写真10

実際に、エレコム「HDMIケーブル」を設置しました。

たぬきちが描かれたNintendo Switchのドックの手前にあるのは、

サンワサプライから発売されている「HDMI切替機」です。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真21
【レビュー】サンワサプライ 「HDMI切替機」で、テレビのポート不足を解決する【400-SW019】リモコン操作に対応し、テレビやモニターのHDMIポート不足を解決するサンワサプライ「HDMI切り替え機」をご紹介します。 コンパクトで「手動切り替え」や「リモコン操作」に対応しています。...

 

HDMI切替機」を使うと、HDMIポートの数が増やせて便利です。

私の家ではテレビのポートが足らないのでこうしたアイテムを使用しています。

 

右から2番目のケーブルが、エレコムの「HDMIケーブル」です。

隣のポートと干渉することがないので、快適に使えています

 

きむきむ。
きむきむ。
期待通りの働きです。

 

まとめ。エレコム「HDMIケーブル」は、小さくて柔らかいので取り回しが最高

エレコム 「HDMIケーブル」の写真5

以上、エレコム「HDMIケーブル」をご紹介しました。

まとめると

・基本性能を抑えたまま、小型化に成功したHDMIケーブル。

・取り回しやケーブルの抜き差しが簡単。

・ラインナップは、1メートルから2メートルまでの3種類。

という内容でした。

4Kに対応していない古いHDMIケーブルを使用されている方もまだいらっしゃると思うので、

HDMIケーブル」の買い替えや買い増しにおすすめのアイテムです。

 

きむきむ。
きむきむ。
特にノートパソコンで「HDMIケーブル」をよく使われる方には、是非一度試して欲しいです。

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

富士通 ScanSnap 「iX500」の写真14
【レビュー】富士通 ScanSnap「iX500」で本をJPFG化する方法。スキャン編【自炊】富士通 ScanSnap 「iX500」で本を自炊する方法をご紹介します。 今回は本をスキャンして、パソコンに取り組むスキャナーに関して取り扱います。...
サンワサプライ 「雷ガードタップ 10個口 3m 」の写真 1 (TAP-SP2110-3BK)
【レビュー】サンワサプライ 「雷ガードタップ 10個口」デスク周りを強くする電源タップサンワサプライの頼れる電源タップ「雷ガードタップ 10個口 3m」をご紹介します。 「雷ガード」や「マグネット」は当たり前。 ブレーカー内蔵で、1500Wを超えたら自動的に電源がオフになるなど多機能な「電源タップ」です。...
エプソンエコタンク 「EW-M630TW」の写真56
【レビュー】エプソン エコタンク 「EW-M630T」の使い心地と初期設定について徹底解説【写真多め】インク代の悩みから解放してくれるエプソン エコタンク「EW-M630T」をご紹介します。 「物理ボタン」が多く、「カラー液晶」なのでキヤノンより使いやすくて気に入っています。...
パナソニック 「エネループ 単3・4形充電池」の写真9
【レビュー】防災備蓄用の乾電池として「エネループ」を導入【保管もしやすくて便利】乾電池を充電することで「繰り返し使う」ことができる、パナソニック「エネループ(eneloop)」をご紹介します。 10年経っても残容量「70%」を保持できる、素晴らしい乾電池です。...

 

こんな記事はいかがですか?