ガジェット

【iPhone 11 Pro】Spigen ウルトラ・ハイブリッド ケース レビュー【米軍MIL規格・Qi充電対応】

「Spigen iPhone 11 Pro (5.8インチ)専用 ウルトラ・ハイブリッドケース クリアカバー」の写真

Amazonで人気の高い、Spigen「ウルトラ・ハイブリッド ケース」をレビューしていきます。

これまでお伝えしていたように、iPhone 11 ProではApple 純正のSmart Battery Caseを利用してきました

 

きむきむ。
きむきむ。
買ったのは私じゃなく、「親」だけどね!

 

↓「Smart Battery Case フォトレビュー」はこちら↓

「Apple iPhone 11 Pro Smart Battery Case ホワイト」の写真
【フォトレビュー】Smart Battery Caseの開封の儀 【iPhone 11 Pro】Apple iPhone 11 Pro専用「Smart Battery Case」を開封しつつ、その「使い方」に関してご紹介していきます...

 

ただ1つ欠点があるとすれば、それは重さ

「Apple iPhone 11 Pro Smart Battery Case ホワイト」の写真

 

きむきむ。
きむきむ。
スマホと合わせて合計295グラム。まさに重量級スマホです。

 

iPhone 11 ProとSmart Battery Caseの組み合わせはバッテリーの悩みから開放され最高ではありますが、

小旅行ならともかく、普段遣いではなかなかヘビーな重さでもあります。

 

きむきむ。
きむきむ。
ゴムのゆるいパンツを履くと、スマホの重さでパンツがずり落ちます。いやマジで。

 

ただSmart Battery Caseは、簡単に「取り外しができる」ケースです。

つまりiPad ProのSmart Keyboard Folioがマグネットで簡単に着脱できるのと同じように、

iPhone 11 Proも

・小旅行、写真撮影時 → Smart Battery Case

・日常・普段遣い → 軽めのケース

と用途に合わせて使い分けるのが「最適解!」なのです。

 

きむきむ。
きむきむ。
ケースの付け替えができる。そう、iPhoneならね。

 

というわけで今回普段遣いの用途で選んだのが、「軽量」かつ「頑丈」な

Spigen「ウルトラ・ハイブリッド ケース」です。

開封の儀を行いながら、簡単にレビューしていきます。

それではさっそく、内容を見ていきましょう。

 

 

Spigen 「ウルトラ・ハイブリッド ケース」の外観

「Spigen iPhone 11 Pro (5.8インチ)専用 ウルトラ・ハイブリッドケース クリアカバー」の写真

まず、こちらがSpigen「ウルトラ・ハイブリッド ケース」の化粧箱です。

Spigenはアメリカのアクセサリーメーカーで、

私が知っている限り2009年から日本で販売を行っています。

 

きむきむ。
きむきむ。
つまりiPhone 3Gからの発売ですね。

 

安価な価格で品質もしっかりなので、Ankerが来る前はトップクラスのアクセサリーメーカーだったと感じています。

 

「Spigen iPhone 11 Pro (5.8インチ)専用 ウルトラ・ハイブリッドケース クリアカバー」の写真

ケースの同梱物は非常にシンプルです。

ウルトラ・ハイブリッド ケース

・レンズ&スクリーン クリーニングワイプ(ウェット ティッシュ)

・説明書

の3点。

 

きむきむ。
きむきむ。
ケースの使い方や装着は簡単なので、そのあたりを心配する必要はありません。

 

「Spigen iPhone 11 Pro (5.8インチ)専用 ウルトラ・ハイブリッドケース クリアカバー」の写真

それではより詳しくケースを見ていきましょう。

Spigen「ウルトラ・ハイブリッド ケース」は、

・柔らかい「TPU」素材

・硬めの「ポリカーボネート」

の2つを組み合わせたハイブリッド ケースです。

そのため柔らかく持ちやすい形状をしながら、耐久性が抜群のクリアケースとなっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「MIL規格」(米軍軍事規格)に対応しているので、スマホを落としたときも落下時の衝撃を分散してくれます。

 

「Spigen iPhone 11 Pro (5.8インチ)専用 ウルトラ・ハイブリッドケース クリアカバー」の写真

ケースの四隅はこの通り厚みのあるエアクッションになっており、

バンパーとして魅力的な造りになっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
衝撃に強いバンパーでありながら、外側は柔らかいTPU素材なので、触り心地や持ちやすさが最高です。

 

「Spigen iPhone 11 Pro (5.8インチ)専用 ウルトラ・ハイブリッドケース クリアカバー」の写真

そして気になるiPhone下部のところはこのようになっています。

端子の大きさに沿ってケースが作られているため、iPhone底面の保護も想定されています。

またワイヤレス充電にも対応しているため、ケースを取り外す手間はありません。

 

きむきむ。
きむきむ。
ちなみにSmart Battery Caseも、ワイヤレス充電(Qi)には対応しています。

 

「Spigen iPhone 11 Pro (5.8インチ)専用 ウルトラ・ハイブリッドケース クリアカバー」の写真

Spigen「ウルトラ・ハイブリッド ケース」の重量は、この通り34グラム。

軽量かつ頑丈。

しかもクリアケースなので、iPhoneの外観を損なうことなくデザイン性の高さを堪能することができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
タピオカメラと、中央に置かれるようになったロゴを楽しもう

 

 

Spigen 「ウルトラ・ハイブリッド ケース」をiPhone 11 Proに装着

「Spigen iPhone 11 Pro (5.8インチ)専用 ウルトラ・ハイブリッドケース クリアカバー」の写真

それでは実際に、Spigen「ウルトラ・ハイブリッド ケース」を装着したiPhone 11 Proの外観を確認していきましょう。

同じくSpigenの保護ガラスを装着したiPhone 11 Proの重量は、「230グラム」です。

↓「Spigen 液晶保護・強化ガラス2枚セット」はこちら↓

 

 

きむきむ。
きむきむ。
Smart Battery Caseと比べると、「65グラム」軽い!

 

「Spigen iPhone 11 Pro (5.8インチ)専用 ウルトラ・ハイブリッドケース クリアカバー」の写真

Spigen「ウルトラ・ハイブリッド ケース」は透明のケースなので、

中央にあるAppleのロゴをしっかり確認することができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
ちょっと写真だとわかりにくいけど、iPhoneを買ったばかりの頃は「スマホの外観を楽しみたい」と思うので、その意味ではぴったりのケースです。

 

「Spigen iPhone 11 Pro (5.8インチ)専用 ウルトラ・ハイブリッドケース クリアカバー」の写真

お次はこちらのタピオカメラ。

レンズ周りの縁が高くなっているので、カメラ側を下にして机に置いても大丈夫です。

 

「Spigen iPhone 11 Pro (5.8インチ)専用 ウルトラ・ハイブリッドケース クリアカバー」の写真

ディスプレイ側は、この通りです。

iPhoneの液晶全面を保護するタイプの保護ガラスは、ケースに干渉することがわりとあります。

ただ私が使用しているのは同じSpigen製の保護ガラスなので、ケースと干渉することがありません。

 

きむきむ。
きむきむ。
個人的に、全面を保護するタイプの保護ガラスはオススメしません。

 

「Spigen iPhone 11 Pro (5.8インチ)専用 ウルトラ・ハイブリッドケース クリアカバー」の写真

そしてSpigen「ウルトラ・ハイブリッド ケース」の底面はこちら。

問題なくLightningケーブルを差すことができるので、安心です。

 

 

まとめ!Spigen 「ウルトラ・ハイブリッド ケース」は、頑丈・軽量で使いやすいケース

「Spigen iPhone 11 Pro (5.8インチ)専用 ウルトラ・ハイブリッドケース クリアカバー」の写真

以上「Spigen ウルトラ・ハイブリッド ケース」をご紹介しましました。

Spigen 「ウルトラ・ハイブリッド ケース」は、

・軽量

・頑丈

・デザインが楽しめるクリア(透明)

が特長のiPhone 11 Proケースです。

Apple 純正のSmart Battery Case併用で使用するのをオススメしていますが、

単純にケースとしての質が高いので、

iPhoneのケース選びに困った時、「初めに買うべきケース」と言うことができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
手帳型ケースは3,000〜5,000円するので、2,000円しないSpigen「ウルトラ・ハイブリッド ケース」は使い勝手が良いです。

 

もしケース選びに難航していたら、ぜひ参考にしてみてください。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!