家電

お口の匂いを測定するタニタ 「ブレスチェッカー」 HC-150 MPK レビュー【口臭予防】

「タニタ ブレスチェッカー HC-150M」の写真

先日外出していたところ、良いにおいにつられて餃子が食べたくなりました。

ただ気になったのが、口臭

餃子。ペペロンチーノ。ステーキ。二郎ラーメン。

美味しい料理には、どうしてニンニクが含まれているのでしょうか?

きむきむ。
きむきむ。
ちなみに私は、かつおのたたきに「生姜」と「ニンニク」をたっぷりのせて食べるのが好きです。

 

もし人と会う予定がなければ、ニンニクの匂いなど気にせず一人で「井之頭五郎タイム」を楽しむのですが、

そんな孤独のグルメが許される機会は、そう多くないのが実情です。

そんな時、とある商品に出会いました。

タニタ 「ブレスチェッカー」です。

 

パッケージを見てみると、息を吹きかけるだけ

・簡単に口臭チェック

・お口の匂いを6段階で判定

・しかもコンパクト

というじゃないですか。

 

きむきむ。
きむきむ。
これは便利!

 

元々「噛むブレスケア」や「NONIO 舌クリーナー」は使用していたので、

新しくタニタ「ブレスチェッカー」を試してみることにしました。

 

きむきむ。
きむきむ。
客観的に匂いが測定できれば、こうしたアイテムのBefore、Afterも測定できて楽しそう。

 

この記事では商品の開封から、実際に使用した結果感じたことを書いていきます。

口臭対策をしてニンニクをたっぷり食べたい方は参考にして下さい。

それではさっそく、内容を見ていきましょう。

 

タニタ ブレスチェッカー HC-150MPKの外観・開封

「タニタ ブレスチェッカー HC-150M」の写真

タニタ 「ブレスチェッカー」は、息を吹きかけて「口臭レベルをチェック」するアイテムです。

ポケットサイズなので持ち運びがしやすく、

食後や人と会う前に、身だしなみを整える感覚で気軽に口臭をチェックすることができます。

 

「タニタ ブレスチェッカー HC-150M」の写真

タニタ「ブレスチェッカー」は、口臭レベルを「イラスト」と「数字」で教えてくれます。

0〜5までの6段階評価で、

アルカリ電池1本で動きます。

 

きむきむ。
きむきむ。
口臭を測定する「センサーの寿命」は500回。もしくは1年と記載があります。

 

「タニタ ブレスチェッカー HC-150M」の写真

そしてこちらがタニタ「ブレスチェッカー」の本体です。

よく警察の方が使用する「アルコールチェッカー」ほどの大きさを想定していましたが、

非常にコンパクトでピンクな色をしています。

 

「タニタ ブレスチェッカー HC-150M」の写真

サイズ的には6cmほどで、

よくある一般的なガム(キシリッシュ)よりも小さいサイズです。

 

きむきむ。
きむきむ。
胸ポケットや、カバンの小さいポッケに余裕でおさまるサイズです。

 

「タニタ ブレスチェッカー HC-150M」の写真

重さも34グラムなので、

このコンパクトさは実現させたタニタ「ブレスチェッカー」、グッジョブです。

 

きむきむ。
きむきむ。
重くて持ち運びできないなら、結局買わないのと同じだもんね。

 

「タニタ ブレスチェッカー HC-150M」の写真

次に説明書。

個人的にタニタは好きな会社で「体組成計」や「歩数計」を使用していますが、

このブレスチェッカー丁寧な説明書が同封されています。

 

「タニタ ブレスチェッカー HC-150M」の写真

口臭がもし存在した場合、どのような「対策」を行えば良いかも解説してあります。

 

きむきむ。
きむきむ。
①歯ブラシ②舌③ガムor口臭スプレーが「鉄板」の取り組みです。

 

「タニタ ブレスチェッカー HC-150M」の写真

もちろん上記の写真の通り、ブレスチェッカーの使い方に関してもこまめに解説があります。

 

きむきむ。
きむきむ。
操作方法はシンプルなので、説明書を読めばOKです。

 

タニタ ブレスチェッカー HC-150MPK レビュー

「タニタ ブレスチェッカー HC-150M」の写真

それでは実際に、タニタ「ブレスチェッカー」の精度を確かめていきましょう。

操作方法として、

まずはブレスチェッカーのキャップを上に持ち上げます。

 

きむきむ。
きむきむ。
パッケージの「写真」と「実物」を比べると、高さに違いがでてくるのがわかります。

 

「タニタ ブレスチェッカー HC-150M」の写真

口臭の6段階評価は、このように区分されています。

・0 → 「口臭」は感じません。

・1 → 「軽い口臭」を感じます。

・2 → 「口臭」を感じます。

・3 → 「強い口臭」を感じる「時が」あります。

・4 → 「強い口臭」を感じます。

・5 → 「非常に強い口臭」を感じます。

「数字が小さいもの」から口臭が少ないのですが、

「2」の段階で口臭を感じると評価されてしまうため、

実質お口の手入れが「必要ない」のは、「0 or 1」という印象です。

きむきむ。
きむきむ。
一緒や!結局お口の手入れは毎回必要なんや!

 

「タニタ ブレスチェッカー HC-150M」の写真

というわけで実際にタニタ「ブレスチェッカー」でお口の匂いを測定!

食後に測ってみましたが、

その結果は「軽い口臭を感じる」の「1」

 

きむきむ。
きむきむ。
お〜これなら大丈夫そう。

 

また試しに何度か測定して見た結果、

「1から2(口臭を感じる)」を行ったり来たりする結果でした。

 

きむきむ。
きむきむ。
食後でも、思ったよりお口が臭くなくて安心しました。

 

タニタ「ブレスチェッカー」の評価がゆるめの可能性は依然として残りますが、

測定した結果の安定度はそこそこある、という印象です。

ただすでにお伝えしたとおり、

・0 → 「口臭」は感じません。

・1 → 「軽い口臭」を感じます。

・2 → 「口臭」を感じます。

・3 → 「強い口臭」を感じる「時が」あります。

・4 → 「強い口臭」を感じます。

・5 → 「非常に強い口臭」を感じます。

という評価基準です。

2より上は、口臭が存在するのでお口のお手入れが必要です。

そのため、結局「食後や人と会う前」はいつもお手入れする方が好ましいと感じました。

いちいち測定するのも手間ですから。

 

きむきむ。
きむきむ。
その意味では、友人との会話のネタとしてブレスチェッカーを持ち歩く方が楽しい気がします。

 

まとめ。タニタ ブレスチェッカー HC-150MPKの精度は?

「タニタ ブレスチェッカー HC-150M」の写真

以上、「タニタ ブレスチェッカー HC-150MPKのレビュー」をご紹介しました。

まとめると、

・測定結果はわりと安定感がある。

・6段階評価で、口臭を感じる評価が4段階。

・口臭の評価は多少ゆるい印象(食後でも1が出たため)

という内容でした。

個人的な感想としては、

お口の臭さを客観的に数字で示してくれるのは面白いです。

 

きむきむ。
きむきむ。
友人との会話のネタで活躍しそう。

 

ただ6段階評価の内、お口のお手入れが必要な評価は4段階と多めなので、

結局毎回噛むブレスケア」や「NONIO 舌クリーナー」でお手入れするのが正解のような気がしました。

 

きむきむ。
きむきむ。
「常に持ち歩くか?」と聞かれたら結構微妙ですね。測定をして「必要であればケアする」という2つの作業は個人的に好みではないですね。

 

タニタ「ブレスチェッカー」は商品としては非常に面白いですが、「日常使い」というよりも、

・他人に口の臭さを認識させる。

・会話のネタとして使う。

・体重計のように、定期的に口臭を確認する。

というのが正しい使い方だと思います。

皆さんはどう思われましたか?

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

2019年モデル フィリップス ソニッケアー 電動歯ブラシ HX6536/01の写真
【電動歯ブラシ】コスパ最強。2,000円台で買えるフィリップスの「ソニッケアー」HX6526をおすすめできるか試してみた【レビュー】歯を失う原因の1番の要因は、「歯周病」と言われています。 皆さんも1度はどこかで聞いたことがある言葉だと思いますが、 「歯周...
「パナソニック エチケットカッター ER-GN31 鼻毛カッター 」の表紙画像。
【鼻毛・眉・ヒゲ・耳の毛】パナソニック「エチケットカッター」の選び方家庭用鼻毛カッターの出荷台数において、8年連続No.1を記録したパナソニックのエチケットカッター。 今回はその「商品の選び方」につ...
パナソニック エチケットカッター 「ER-GN26-PN」の写真 (Panasonic)1
【レビュー】エチケットカッター「ER-GN26」はデザインに優れて持ち運びも簡単【ムダ毛処理】「フェイスケア」に優れたパナソニックのエチケットカッター「ER-GN26」をご紹介します。 15枚の写真付きなので、どんな商品か気...
エレコム「クールスカーフ HCC-SC01MG ロングアイスジェル付き」の写真1
【レビュー】暑さ対策の救世主?エレコム「クールスカーフ」がやってきた【首元ひんやりグッズ】アイスジェル(保冷剤)をスカーフに入れることで「首元」を冷やし、暑い日「差し」から身体を守るエレコム「クールスカーフ」をレビューしていき...