ガジェット

Amazonで人気の「Salcar」とSamsung SSDに付いてくる「ORICO」2.5インチ外付けHDD/SSDケースを比べてみた

「Salcar USB 3.0 2.5インチ HDD/SSD 外付けケース」の表紙

先日サムスンの人気SSD、860QVO (1TBモデル)を購入して「2.5インチ外付けHDD/SSDケース」を「無料で」貰ってきました。

 

↓「860QVO」を買ったら「外付けケース」も付いてきた件」はこちら。

「Samsung SSD 1TB 860QVO 2.5インチ内蔵型 外付けケース付(ORICO) MZ-76Q1T0B/OC」の表紙画像。
【Samsung SSD 1TB × 2.5インチ外付けケース】「860QVO」を買ったら「外付けケース」も付いてきた件。主に秋葉原で購入が可能な限定のキャンペーン、「今SSDを買うとUSB3.0接続の外付けケースが貰えるよ」ですが、Amazonでも手に入っ...

 

近年SATA接続のSSDの価格が下落していますが、それでも「データの保存やバックアップを目的」とした場合、HDDをメインとして使用する方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時に役立つのが、Salcarの外付けケース。

この外付けケースにSATA接続にSSDを装着すれば、

工具無しで簡単に、あたかも初めから「外付けのSSD」であったかのようにSATAインターフェースのSSD、HDDを利用することが出来ます。

 

きむきむ。
きむきむ。
耐衝撃の持ち運び用SSDもたくさん出てるけど、少なくとも価格が2倍近く高いのよね

 

そのためもし「大容量、かつ早いストレージ」を求めた場合、「SATA接続のSSD+外付けケース」がコスパの良い選択となり、

Amazonで人気筆頭なのがSalcarの外付けケースとなります。

 

 

きむきむ。
きむきむ。
すでにAmazonで評価が1,000件以上あり、価格も1,000円ちょっとだから、「悩んだらコレ買っとけ」的な商品。

 

私もずっとこのSalcarのケースを使用していますが、先日サムスンのSSDを購入した際に、無償で「ORICOの外付けケース」をゲットすることができました。

約1,000円の外付けケースが無料だったのですから、これはお買い得。

「ただ品質はどうなの?」と疑問に感じたので、今回はSalcarのケースと比較してみることにしました。

外観、そして使用勝手について書いていきます。

さっそく内容を見ていきましょう。

 

 

2011年のパソコンでも、1TBのSSDに換装したら爆速だった件(dynabook T351)2011年のパソコンでもSSDに換装したら、「爆速すぎて今までの苦労は何だったんだろう?」って不思議に感じた話しをします。 これは...
両親のVAIO S15 をSSD 1TBに換装してみた(写真多め)先日、VAIO S15のSSDを128GBのものから1TBに換装しました。 データはリカバリせずクローンで移行させました。 ...

 

SalcarとORICOのSSD外付けケース、外観比較

まず簡単に、両者の外観比較を行っていきましょう。

「Salcar USB 3.0 2.5インチ HDD/SSD 外付けケース」の表紙

横になっているのがORICO、立て掛けてあるのがSalcarのSSD外付けケースとなります。

 

「Samsung SSD 1TB 860QVO 2.5インチ内蔵型 外付けケース付(ORICO) MZ-76Q1T0B/OC」の表紙画像。

ORICOの外付けケースはサムスンのSSD、860QVOに付属する「数量限定の商品」です。

500GB、あるいは1TBのSSDに付いています。

通常、外付けケースは1,000円以上しますので、その分が無料になったイメージです。

 

「Salcar USB 3.0 2.5インチ HDD/SSD 外付けケース」の表紙

改めて両者を見比べてみると、サイズ感はほぼ同じです。

スペック的に見ても、

Salcarは「ロックスイッチ」が付いているものの、その他の違いはそれほどありません

どちらもWindowsとMacに対応しています。

 

「Salcar USB 3.0 2.5インチ HDD/SSD 外付けケース」の表紙

サイズ的には、約12×8cm×1.5cmです。

 

「Salcar USB 3.0 2.5インチ HDD/SSD 外付けケース」の表紙

背面はSSDの取り出し口の位置、方法が若干異なります。

触った感じでは、Salcarの方がしっかりとした作りになっており、

ORICOさわり心地に優れています

 

「Salcar USB 3.0 2.5インチ HDD/SSD 外付けケース」の表紙

重量としてはSalcarが重く、115グラム。

 

「Samsung SSD 1TB 860QVO 2.5インチ内蔵型 外付けケース付(ORICO) MZ-76Q1T0B/OC」の表紙画像。

ORICOは100グラムです。

手にとって見ると差はわかりますが、持ち運びを考えるとほぼ差がない重量と言えます。

 

 

Samsung SSDに付属する、ORICO 2.5インチ外付けケースの外観

ではそれぞれ外付けケースの外観を見ていきましょう。

まずはORICOから。

「Samsung SSD 1TB 860QVO 2.5インチ内蔵型 外付けケース付(ORICO) MZ-76Q1T0B/OC」の表紙画像。

外側はシボ加工のようなものが施しており、さわり心地は非常に良好です。

 

「Samsung SSD 1TB 860QVO 2.5インチ内蔵型 外付けケース付(ORICO) MZ-76Q1T0B/OC」の表紙画像。

ケースの背面です。

この状態からケースの蓋を外し、SSDを挿入していきます。

 

「Samsung SSD 1TB 860QVO 2.5インチ内蔵型 外付けケース付(ORICO) MZ-76Q1T0B/OC」の表紙画像。

蓋を横にスライドさせて外していきます。

 

「Samsung SSD 1TB 860QVO 2.5インチ内蔵型 外付けケース付(ORICO) MZ-76Q1T0B/OC」の表紙画像。

蓋を外すのはけして難しくなく、硬さも軽めで外しやすい設計となっています。

 

「Samsung SSD 1TB 860QVO 2.5インチ内蔵型 外付けケース付(ORICO) MZ-76Q1T0B/OC」の表紙画像。

蓋を完全に外したら、今度は実際にSSDを装着させていきます。

 

「Samsung SSD 1TB 860QVO 2.5インチ内蔵型 外付けケース付(ORICO) MZ-76Q1T0B/OC」の表紙画像。

SSDを挿入しました。

外付けSSDを作るのに工具は全く必要ないため、このあたりの運用のラクさはとても喜ばしくあります。

「耐衝撃」などを考えると予め外付けのSSDを買うほうが良いですが、値段が2倍以上するため、普通の方はSATA接続のものをこうして運用するのがベターだと思います。

 

「Samsung SSD 1TB 860QVO 2.5インチ内蔵型 外付けケース付(ORICO) MZ-76Q1T0B/OC」の表紙画像。

SSDを装着したら、後は蓋を閉じてケーブルでパソコンとつなぐだけ。

 

「Samsung SSD 1TB 860QVO 2.5インチ内蔵型 外付けケース付(ORICO) MZ-76Q1T0B/OC」の表紙画像。

ケースから蓋を外したときと同じように、今度は蓋をしていきます。

説明書を見なくても、蓋を外しやすい良心的な設計です。

 

 

Salcar USB3.0 2.5インチHDD/SSDケースの外観

次にAmazonで人気の高いSalcarの外付けケースです。

「Salcar USB 3.0 2.5インチ HDD/SSD 外付けケース」の表紙

サムスンのSSDは、国内シェア5年連続ナンバー1の商品なのですが、

AmazonでSSDを見てみると、たいていこのSalcarの外付けケースが「よく一緒に購入されている商品」として紹介されています。

 

「Salcar USB 3.0 2.5インチ HDD/SSD 外付けケース」の表紙

ORICOの外付けケースと比べるとしっかりとした作りになっており、

SSDが外に飛び出さないように「ロックスイッチ」を搭載するなど、予め持ち運びを想定した商品であることがわかります。

 

「Salcar USB 3.0 2.5インチ HDD/SSD 外付けケース」の表紙

では実際にSSDを装着してみましょう。

 

「Salcar USB 3.0 2.5インチ HDD/SSD 外付けケース」の表紙

ケースを背面にしたら、指で押し込んで差込口を露出させます。

 

「Salcar USB 3.0 2.5インチ HDD/SSD 外付けケース」の表紙

蓋が空いたら、SSDを挿入します。

 

「Salcar USB 3.0 2.5インチ HDD/SSD 外付けケース」の表紙

後はSSDを挿入するだけ。

SSDは少し強めに押し込んで装着させてください。

 

「Salcar USB 3.0 2.5インチ HDD/SSD 外付けケース」の表紙

このSalcarの外付けケースですが、難点として蓋が固く、使用するにはコツが必要です。

上記写真の赤丸あたりに両手の親指を当てて、蓋を開けてください。

あるいは片方の指は赤丸、もう片方の指はケースのケーブル差込口があるところに当てて、蓋をあけてください。

 

一度SSDを装着したらあまり蓋をあける必要はないと思いますが、

だからこそ久々に使用する時、蓋を空けることができず困ることがあります

 

「Salcar USB 3.0 2.5インチ HDD/SSD 外付けケース」の表紙

改めて両者の写真を比べてみると、上記のとおりです。

 

 

SalcarとORICOのSSD外付けケースの使用感の違い

SalcarORICOの外付けケースを比べてみると、下記のような違いがあります。

 

良いところ悪いところ
Salcar頑丈。蓋が硬い。
ORICO軽い。さわり心地が良い。外観が安っぽい。たわむ。

 

実際に使用してみて、体感でわかるほど動作スピードには違いがありません。

そのためもしどちらかを選ぶとしたら、ハードの作りで考慮するのが良いかと思います。

自宅で据え置きでしたら、無料で貰える(数量限定の)ORICOで十分です。

ただ指で押し込むとたわむなど、外観に耐久性はそれほど感じられません。

そのためもしSSDを外へ持ち運ぶ場合は、よりしっかりとした作りのSalcar外付けケースを選ぶのが、最適だと言えます。

 

 

まとめ。Samsung SSDに無料で付属するORICの外付けケースは、お買い得

「Salcar USB 3.0 2.5インチ HDD/SSD 外付けケース」の表紙

以上、「SalcarORICOのSSD外付けケースの外観比較」をご紹介しました。

まとめると、

・今サムスンSSDを購入すると、無料のORICO外付けケースが付いてくる。

・ORICO外付けケースは、必要十分な性能を持っている。

・ただ持ち運びを考えると、耐久性的にSalcarの外付けケースがオススメ。

・Salcerの外付けケースは、蓋の開け締めが若干大変。

という内容でした。

どちらを使用するか悩ましいところではありますが、

いずれにせよ、ORICO外付けケースが貰えるのは数量限定のキャンペーンです。

実用できるレベルの商品なので、貰って損をすることはありません。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

 

「Samusung microSDカード EVO Plus 128GB」の画像
【レビュー】Samsung microSDカードの容量の選び方【EVO Plus】サムスンのmicroSDカード「EVO Plus 128GB」を購入しました。 用途はOsmo Pocketによる「動画撮影」や「...
「MX MASTER 2S。ロジクール。LOGICOOL」の表紙画像
【MX MASTER 2S レビュー】iPad Pro × iPadOSの組み合わせでロジクール最上位マウスを試してみた。定価1万円超えのロジクールの元・最上位マウス、「MX MASTER 2S」をレビューしていきます。 神モデルとも呼び声が高いこちら...
【USB-Cハブの比較】iPad Pro (2018) 第三世代にオススメの商品はこれ。皆さん、UBS-Cハブ、使っていますか? ここまでiPad Pro 12.9インチ (2018) 第三世代のフォトレビューを書いて...
【リモートワーク】5,000円以内で買える便利グッズ5選【おすすめ】5,000円以内で「クオリティー・オブ・ライフ(QOL)」を向上させる「アイテム5選」をご紹介します。 先...