ガジェット

【レビュー】いまさらソニー「PS4 Pro」を購入。今でも買うべき理由【PS5は保留】

SONY「PS4 Pro」の写真12

PS5ではなく、中古の「PS4 Pro」を新しく購入しました。

新規なら、状態の良いPS4 Proの購入がオススメである理由をご紹介します。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

ゲーム熱が復活し、去年の「Nintendo Switch」に引き続き、「PS4 Pro」を購入しました。

 

任天堂「NIntendo Switch アクセサリー・周辺機器・アイテム51選」の写真
【2021年最新】Nintendo Switchで本当に「役立つ」周辺機器・アクセサリー ベスト 51選 【オススメ】Nintendo Switch (スイッチ)をもっと楽しむために、便利で役立つ2021年最新「周辺機器・アクセサリー50選」をご紹介します。 子供から大人。 そして初心者から上級者まで、いろんな方が利用できる便利なアイテムを集めています。...

 

私のソニーの据え置きハード歴はプレイステーション2 (2000年発売)で止まっており、

途中「PS Vita」を挟んではいるもの、久々のソニー機にかなり興奮しています

 

きむきむ。
きむきむ。
お手軽な「ブルーレイ再生機」として超便利!新しく発売されたバッファローの「nasne」も欲しい!

 

ただ新規でプレイステーションを購入する際、PS5を買うかPS4 Proを買うかで悩んだのも事実。

結果的に私は「PS4 Pro」こそ現在の最適解だと判断しましたので、

その理由と、PS4 Pro本体のフォトレビューを今回はご紹介致します。

それではさっそく、内容を見ていきましょう。

 

「PS5」と「PS4 Pro」のお値段

SONY「PS4 Pro」の写真1

PS5は、ソニーが発売している据え置きハード機の最新機種です。

2020年11月に発売され、半年経過した今でも品薄が続く人気商品です。

気になるお値段は

・デジタルエディション 税込4万3,978円

・ディスクドライブ搭載モデル 税込5万4,978円

となっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
Amazonやヤフオクだと、「9〜10万円」位に高騰しています。定価で買うには、店舗の抽選に応募しましょう。

 

一方で「PS 4 Pro

こちらは2020年に生産が終了しており、現在新品で手に入るのは500GBのストレージを積んだ「PS4 Slim」のみとなっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
とはいってもステイホームの影響でどこのお店も「完売」。プレステの新品での購入は「実質不可能」となっています。

 

PS5ではなく、PS4 Proを選んだ理由。

私があえて「PS4 Pro」を購入したのは、この価格面での影響が大きいです。

新品で買うのはほぼ不可能ですから、

中古品含めて値段を考慮すると、

・PS5 → 完売 or 9〜10万円で購入。

・PS4 Slim → 完売 (中古で約2万円)

・PS4 Pro (4K HDR対応) → 生産終了 (中古で2.5〜3万。Amazonで6万)

となっており、

PS4 Proの希望小売価格が税抜き3万9,980円であることを考えると、

今PS4 Proを購入しても7割の価格で売却することができます

 

きむきむ。
きむきむ。
たとえPS5の在庫が回復しても、すぐに「PS4 Pro」を売却すれば「5〜7割は戻ってくる」計算です。

 

またPS4 Proはすでに完成された製品になるため、「ゲームソフト」や「周辺機器」も豊富にあります。

・定額制で遊び放題のPlayStation Now (月額1,180円)

・「nasne」でテレビ番組の録画

といったサービスも、

中古ソフトが安く市場に出回っているため選び放題ですし、

nasneのテレビアプリ「torne」がPS5に対応するのは、2021年末となっているため、

PS5を買わなくても、少なくとも2021年中は遊び倒せる計算になっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
最近はPS5「第二世代モデル」の噂も出てきていますし、「新型PlayStation VR」と共にセットで乗り換えようと考えています。

 

ソニー「PS4 Pro」の開封

SONY「PS4 Pro」の写真1

というわけで、中古で購入した「PS4 Pro」を開封していきます。

中古とはいえ状態が良好のもので、

お店の保障付きで約3万3,000円だったので中々良いものが買えました。

 

きむきむ。
きむきむ。
店舗で買うと、目の前で製品のコンディションを確認できるのでお得です。周辺機器に不足しているものなら、2万円代で買えました。

 

SONY「PS4 Pro」の写真2

PS5がデカすぎるといろいろ話題になっていましたが、

PS4 Pro」も十分大きすぎですね。

4K HDRに対応し、GPU性能が2倍に向上したということもあり、

パッケージ込みでの重量は約4kgほどあります。

 

きむきむ。
きむきむ。
車でないと、持ち帰るのは結構面倒くさいです。

 

ドミノ・ピザ「オリジナル保温バッグ」の写真10

ただその後、ベストなカバンを見つけました!

ドミノピザで売られている「保温バッグ」です。

PS4 Proのパッケージまるごと、ぴったりおさまります

それでいてお値段なんと税込550円

片手で運びやすくベストバイです。

ドミノ・ピザ「オリジナル保温バッグ」の写真9
【レビュー】ドミノ・ピザ「保温バッグ」Lサイズのピザが2枚入る【税込550円】ドミノ・ピザで売られている「オリジナル保温バッグ」をご紹介します。 ほぼ1コインで買えて、お買い物バッグとして利用が可能な隠れ人気アイテムです。...

 

SONY「PS4 Pro」の写真3

ということで、開封。

容量はハードディスクとはいえ1TB積んであります。

 

きむきむ。
きむきむ。
SSDの換装も考えていましたが、実際に動かしてみたら十分満足できる速さでした。ソフトのインストールは大変ですが、起動などは割と快適です。

 

SONY「PS4 Pro」の写真4

PS4 Pro」は、このように段ボールで固定されています。

梱包はかなりしっかり行われているので、

輸送中のトラブルは少なそうです。

 

SONY「PS4 Pro」の写真5

こちらが、「PS4 Pro」の同梱物です。

付属されるHDMIケーブル

・PS4 無印 → ハイスピード (HDMI 1.4) 4K 30p

・PS4 Pro → プレミアム (HDMI 2.0) 4K 60p

となっているため、

かなり長く使用することができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
PS5は「8K対応」なのでケーブルもお高めです。

 

「Nintendo Switch」で使えるオススメのHDMIケーブルの選び方【PS5も】任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」を使い倒すためにオススメな「HDMIケーブル」をご紹介します。 周辺機器なのでかなり地味な存在ですが、ちょっとこだわるだけでゲームの快適さが変わってきます。...

 

ソニー「PS4 Pro」の外観

SONY「PS4 Pro」の写真6

こちらが「PS4 Pro」本体です。

・幅 → 29.5cm

・高さ → 5.5cm

・奥行き → 32.7cm

・重量 → 約3.3kg

縦置きスタンド」を使うとコンパクトにPS4 Proが設置できますが、

UBS機器との接続が少し面倒くさいと感じました。

 

SONY「PS4 Pro」の写真7

背面には、左から

・電源

・HDMI 出力端子

・AUX 端子

・光デジタル出力端子

・USB 3.1 Gen.1

・LAN (Ethernet)端子

となっており、USB端子は前面にも2つ付いています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「Bluetooth 4.0」や「IEEE 802.11 a/b/g/n/ac」に対応しています。

 

SONY「PS4 Pro」の写真8

そしてこちらが「PS4 Pro」の底面。

滑り止めのゴムが8個付いていますが、デザインがコントローラーの○×△□になっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
かわいくてテンションが上がりましたが、私のはゴムが1つ取れていました。悲しい。

 

SONY「PS4 Pro」の写真9せっかく「PS4 Pro」を購入したのですから、

お店で一緒に中古ソフトを購入しました。

約500円でサッカーゲームの「ウイニングイレブン2019」をゲット。

 

SONY「PS4 Pro」の写真10

もっと安いウイイレもありましたが、

パッケージを見てみると、2019年バージョンが1番ライセンスが多かったです。

 

きむきむ。
きむきむ。
アジアNo.1のクラブを決める、ACL出場チームのデータも入っています。ちなみに2018年は、日本のクラブが優勝しました。

 

SONY「PS4 Pro」の写真11

最後に「Nintendo Switch」と「PS4」のコントローラーを比較。

それぞれ良いところはありますが、

PS4のコントローラー (DUALSHOCK 4)は「プロコン」よりも40グラムほど軽くて持ちやすいです。

 

まとめ。今買うなら、PS5より「PS4 Pro」がオススメ

SONY「PS4 Pro」の写真9

以上、「PS4 Pro」を買うべき理由とフォトレビューをご紹介しました。

まとめると、

・新品でプレステのハードを手に入れるのは至難の技 (PS4も含めて)

・PS4 Proは4K対応で、いらなくなっても「高く売れる」のでお買い得。

・PS4はソフトなども安くてコスパが良好。

・PS5は、次世代モデルと新VRの噂が出ている。

という内容でした。

最近はステイホームの影響で、

PS5はおろかPS4まで市場に出回らなくなっています。

すでに購入している方も、故障の代替機だったり、予備の「PS4 Pro」を求める方がちらほらと見かけるため、

あと半年は中古価格も高騰し続ける(買いたい人>売りたい人)のではないかと予測しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
私はしばらく「PS4 Pro」を堪能します!ウイイレだけでなく、「FIFA21」も買いましたしね!

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真21
【レビュー】サンワサプライ 「HDMI切替機」で、テレビのポート不足を解決する【400-SW019】リモコン操作に対応し、テレビやモニターのHDMIポート不足を解決するサンワサプライ「HDMI切り替え機」をご紹介します。 コンパクトで「手動切り替え」や「リモコン操作」に対応しています。...
サンワサプライ 「雷ガードタップ 10個口 3m 」の写真 1 (TAP-SP2110-3BK)
【レビュー】サンワサプライ 「雷ガードタップ 10個口」デスク周りを強くする電源タップサンワサプライの頼れる電源タップ「雷ガードタップ 10個口 3m」をご紹介します。 「雷ガード」や「マグネット」は当たり前。 ブレーカー内蔵で、1500Wを超えたら自動的に電源がオフになるなど多機能な「電源タップ」です。...
バッファロー「超小型SSD」の写真1
【レビュー】バッファロー 外付け「超小型SSD」が良い感じ。ペットボトルのフタ2個分の小ささ【960GB】バッファローの外付け、超小型「SSD-PSM960U3-B/N」をご紹介致します。 ペットボトル2個分のサイズで重さは15グラム。 安心の日本メーカーでお値段もお求めやすい、魅力的な外付けSSDです。...
Amazon「Fire TV Cube」の写真25
【レビュー】Amazon「Fire TV Cube」1度試したら「Fire TV Stick」に戻れない【ストレスフリー】Amazon製品の中で最もパワフルな「Fire TV Cube」をご紹介します。  「Fire TV Stick 4K」や「Apple TV 4K」と悩むところですが、ベストバイはやはり「Fire TV Cube」です。...