ガジェット

今週報じられたApple製品リリースの噂

この記事では、今週報じられたAppleの、iPad16インチMacBook Pro、そして2019、2020年発売予定のiPhoneに関する情報を見ていきます。

Appleの新商品に関する噂はそれこそ至るところで報じられているため、まとめてニュースを確認したい方にオススメです。

ではさっそく見ていきましょう。

 

Apple、5種類のiPadをリリース準備

海外メディアのMySmartPriceによると、Appleが5種類のiPadをリリース予定であることがわかりました。

これはユーラシア経済委員会(EEC)のデータベースに「Appleのタブレットコンピューター」と登録があったことからわかった情報で、

ちょうど先日発表されたMacBook Air、MacBook Proに関しても、同じくユーラシア経済委員会(EEC)に「Macが登録されている」と報道がなされました。

その際は7種類のMacが登録されており、実際に発売されたのはMacBook AirとMacBook Proが2種類ずつの、合計4種類でした。

 

2019年MacBook Pro 16インチ噂まとめ。Appleは新型を出すのか?WWDCが終わりようやく一息つけると思いましたが、AppleのMacBook Pro 16インチモデルの噂が騒がしくなっています。 ...

 

では肝心の新しい「iPadがどのようなモデルになるのか」というと、

10.2インチ、もしくは10.5インチのiPadで、最も安価な第6世代iPad(2018年9月発売。37,800円〜)の置き換えになると見られています。

 

10.2インチのiPadに関しては、MacRumorにて2月にその噂がすでに報じられていますし、またかねてから10.5インチのiPad AirやiPad Proを予言(リーク)していた謎のツイッタラーにもその存在は語られています。

 

 

現行モデルの無印iPad(第6世代)の置き換えとして一番濃厚な画面サイズは10.2インチではありますが、面白いのはこの10.5インチモデルです。

Laptopによるとこの10.5インチのiPadはフォルダブル、折りたたみ式のiPadと見られ、iPadの全く新しいブランドの1つになるとのことです。

発売は早くても来年以降と見られ、5Gに対応予定とのことから、iPhoneに5Gが搭載されてからの発売が既定路線かと思われます。

iPhoneの5G対応が今年行われる情報はあまり出ていないので、実際にはまだまだ先の噂レベルの情報ではあります。

まとめると、

Appleは新しいiPadを5種類予定しており、その中身は無印iPadの置き換えが濃厚

というものです。ただこの5種類というのは半端な数字です。

3つのWi-FIモデルに3つのLTEモデル、とするには数が足りませんし、

2つのWi-Fiモデルに2つのLTEモデル、としても数が1つ余ります

現行モデルの無印iPadは全部で4種類なので、1機種が何かしらのサプライズとして登場する可能性があります。

実現の可能性は低いですが、iPad Proに5G対応モデルが発売されたら面白いなと個人的に感じています。

 

16インチMacBook Pro、今秋に生産開始

次は先日、13インチの新しいMacBook ProとMacBook Airを発売したラップトップに関して。

9to5Macが台湾のEconomic Daily Newsの情報を掲載しており、それによるとAppleは第4半期に16インチMacBook Proの量産に入るとのことでした。

16インチのMacBook Proはよりベゼルが薄くなりキーボードも改良が加えられると見られていますが、まだ詳しいことはわかっていません。

有機ELの対抗馬であるmini LEDディスプレイが搭載されたモデルも噂されていますが、直近で発売されるものはそれには対応しておらず、搭載されるのは2021年以降と予測されています。

 

2019年MacBook Pro 16インチ噂まとめ。Appleは新型を出すのか?WWDCが終わりようやく一息つけると思いましたが、AppleのMacBook Pro 16インチモデルの噂が騒がしくなっています。 ...

 

2019-2020年モデルのiPhone

iPhoneに関してはこれまで報じられていた通り、

<2019年モデル>

・6.1インチ(LCD)

・5.8インチ(OLED)

・6.5インチ(OLED)

<2020年モデル>

・6.1インチ(OLED)

・5.4インチ(OLED)

・6.7インチ(OLED)

・4.7インチのiPhone SE(iPhone 8)の販売の可能性もあり

が発売すると見られ、大幅なアップデートが見られるのは今年ではなく、来年の2020年と見られています。

詳しくは下記の記事でまとめています。

 

2019/2020年の新型iPhone噂まとめ。次に乗り換える本命iPhoneはどれ?この記事では2019年、そして2020年に発売予定の新型iPhoneに関する噂を記事にまとめていきます。海外メディアの報道中心です。 ...

 

2019年モデルのiPhoneはカメラが1つ追加されCPUなども強化されますがマイナーアップデートにとどまり、9to5Macでは

iPhone 11の売上は振るわず、株価も下がるだろう」との見方を記事にしています。

 

またTecknobezzによると、3D Touchも廃止が濃厚と見られています。

ただ朗報もあります。

2019年のiPhoneでは、USB-Cタイプコネクターが搭載されるようです。

これにより長い間iPhoneを支えてきたライトニングコネクターが廃止されることになり、iPhoneとしては初めてのUSB-Cタイプコネクターの採用となります。

USB-Cタイプコネクターは、いちはやくiPad Proに採用されてから当然のように2019年モデルのiPhoneに搭載されるとの見方が強かったですが、

すでに販売されている2019年度のiPhoneに対応したケースはライトニングコネクターに対応したものが多く、一転その搭載が危ぶまれていました。

USB-Cケーブルをすでに活用している方も多いと思うので、この採用はとてもありがたく感じます。

→二転三転し、結局採用されませんでした。

「USB-C - Lightningケーブル」だけの採用です。

 

Apple 2019年スペシャルイベント「iPhone 11 発表会」時系列まとめ日本時間9月11日、Appleは新型スマートフォン「iPhone 11」シリーズの発表を行いました。 この商品発表会は約1時間40...

 

終わりに

以上が「今週報じられたApple製品リリースの噂」でした。

・無印iPad

・16インチMacBook Pro

・2019-2020年iPhone

に関する噂をお伝えしました。

最近では2021年のiPhoneに関する噂も聞こえ始めてきので、いよいよ今年のiPhoneも発売なんだなと感じる機会が増えてきました。

いろいろ情報を確認しつつ、納得のいくApple製品を選ぶようにしてください。

では今日はこのへんで。

またお会いしましょう。

管理人、きむきむ。