ガジェット

【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」と「Mi スマートバンド 4」の違い【5,000円以下】

シャオミ「Miスマートバンド5」の画像1

人気のスマートバンド、シャオミ「Miスマートバンド5」と「4」を比較していきます。

2019年12月に発売されたMiスマートバンド4と、近日発売予定の最新モデル、「Miスマートバンド5」の違いはどこにあるのでしょうか?

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

税抜3,000円台でありながら、その性能の高さで爆発的に人気となった「Miスマートバンド4」の最新作がシャオミから発表されました。

前作は2019年の12月に発売され、季節は9月に製品発表。

確実に日本市場を意識しているのがわかりますね。

 

きむきむ。
きむきむ。
前回はグローバルでの発表から6ヶ月に発売。今回は3ヶ月とかなり急ピッチに進んでいます。

 

この記事では、そんな「Miスマートバンド5」と「Miスマートバンド4」を比較しています。

シャオミのスマートバンドを検討されている方も、

すでにMiスマートバンド4を購入された方も、

是非よろしければこの機会にチェックしてみてください。

それではさっそく内容を見ていきましょう。

 

シャオミ「Mi スマートバンド 5」と「Mi スマートバンド 4」の違い

Miスマートバンド5Miスマートバンド4
サイズ1.1インチ0.95インチ
解像度294 × 126240 × 120
ディスプレイ有機EL (AMOLED)有機EL (AMOLED)
画面の明るさ450nit400nit
バッテリー容量125mAh135mAh
バッテリー持続日数14日〜20日20日
充電時間2時間未満2時間未満
重量23.3グラム22.1グラム
素材プラスチックポリカーボネート
主に「出来る」こと9個4個
スポーツモード11種類6種類
心拍モニタリング
睡眠モニタリング
PAI (個人の活力指数の計測)
ストレスモニタリング
呼吸エクササイズ
女性向けの健康追跡機能
音楽の再生コントロール
リモート写真撮影
センサー数7つ8つ
3軸加速度センサー
3軸ジャイロスコープ
PPG心拍センサー
静電容量近接センサー
防水5気圧 (水深50m)5気圧 (水深50m)
Bluetooth5.05.0
充電端子磁気2PIN
充電時の「取り外し」の有無無し有り
装着検知センサー
GPS
バンドの色 (標準)
バンドの色 (別売り)5種類5種類 (販売停止中)
発売日未定2019年12月
税込価格4,490円3,839円

<出典:シャオミ

Miスマートバンド5 (Mi Smart Band 5)は、

2019年12月に発売されたMiスマートバンド4 (Mi Smart Band 4)の後継機です。

Miスマートバンドは手首に巻きつけるタイプのウェアラブルデバイスで、

時間がわかるのはもちろん

・歩数

・心拍数

・睡眠の質

・カロリーの消費量

など、様々なことについて計測できる製品です。

 

きむきむ。
きむきむ。
私は目覚まし代わりに使っています。時間になると「手がブルっと震える」ので、不快感なく目覚められるのが最高に好きです。

 

これらの基本的な機能は、すでにMiスマートバンド4でもこなせる内容ですが、

Miスマートバンド5は、さらにパワーアップしています。

 

シャオミ「Mi スマートバンド 5」の良くなったところ

前作「Miスマートバンド4」からの主な進化点は、「下記の6点」です。

・ディスプレイ性能 (1.1インチ、 294 × 126、450nit)

・センサーの精度 (心拍数・睡眠モニタリング)

・「REM睡眠」と「仮眠」の計測。

・充電方法のシンプル化。

・パーソナル アクティビディ インテリジェンス(pai)の導入。

・ストレスレベルのモニタリング (リラックス・軽度・中・重度)

・豊富な別売りバンドカラー (一応4も発売していましたが、入手困難でした)

初めの4つは改善された内容で、残りの2つは新しく出来るようになったです。

まず新しくなった「Miスマートバンド5」は、

液晶のサイズが1.1インチに拡大しました。

その結果、縦幅だけでなく「横幅」も表示される情報量が増えたため、以前のモデルよりも液晶が見やすくなりました

 

きむきむ。
きむきむ。
それでいて「増えた重量」は、約1.2グラムだけです。

 

「心拍数」や「睡眠」のモニタリング精度も向上し、

心拍数モニタリングは50%の精度向上

不規則な運動を伴う登山やハイキング時の心拍数、計測がより正確になりました。

 

きむきむ。
きむきむ。
ちなみに心拍数が高くなりすぎた時に振動する「心拍数アラート」は、Miスマートバンド4でも利用が可能です。

 

睡眠モニタリングも精度が40%向上

睡眠パターンを分析し、科学的なアドバイスが受けられるのはこれまでと同じですが、

睡眠の質を「浅い・深い眠り」に加えて「REM睡眠」を計測できるようになりました。

一般的に

レム睡眠

① 浅い眠り。夢を見たり眼球が動くなど脳が働いている状態。

②記憶や思考の整理・定着。

 

ノンレム睡眠

①深い眠り。身体も脳も休んでいる状態。

②身体を休めて成長ホルモン (=身長UP & 身体の修復)を分泌させる。

と言われています。

 

きむきむ。
きむきむ。
レム睡眠とノンレム睡眠は、90分前後で1サイクル。それを繰り返すというやつです。

 

ただスマートウォッチの場合は、眠りのサイクルを下記のように取り扱うことが多いです。

・「浅い」眠り → 記憶や思考の整理・定着。睡眠時間の50%を占める。

・「深い」眠り → 身体の回復。

・レム睡眠 → 深い眠りから「目覚めた時」発生。夢を見る。記憶の整理・定着。

・覚醒 → 1晩あたり10〜30回発生。

 

つまり前モデルのMiスマートバンド4は

・浅い

・深い

・覚醒

は3種類だったので、

より正確に睡眠の質を計測することが出来ます。

 

きむきむ。
きむきむ。
あと「仮眠」にも対応しました。「電車での仮眠」や「シェスタ」を導入している企業や学校さん向け機能ですね。

 

そしてMiスマートバンド5のもう1つの面白い機能は、

「パーソナル アクティビディ インテリジェンス(PAI)」を導入したところ。

これは個人の活力指数をスコア(点数)で表示したもので、

・性別

・年齢

・心拍数

・その他のデータ (体重や運動量など)

を計測して、

1週間の成績表 (点数)を表示してくれます。

 

きむきむ。
きむきむ。
100PAIなら、100点満点です。

 

100PAIを目指して自分で運動の計画を立てるだけでなく、

Miスマートバンド5の側から

「30分のランニングをして心拍数を140以上に上げて、20PAI獲得しようぜ!」

提案をしてくれます。

 

きむきむ。
きむきむ。
運動面における「秘書」的な存在ですね。

 

そのほかストレスレベルの計測も魅力的ですが、

現在Miスマートバンド4を利用している方 (で、乗り換える必要はあるの?)

にとって1番嬉しい機能が、

本体に「直接」充電できるようになったという点でしょう。

 

今までは、

いちいち本体をバンドから「取り外す」必要がありましたからね。

 

 

むしろ、シャオミ「Mi スマートバンド 4」が優れているところ

一方で、最新モデルよりも、Miスマートバンド4の方が優れているところも存在します。

それは

・バッテリー性能

・お値段 (-651円)

・Miスマートバンド5は、発売日が「未定」

の3点です。

基本的な機能がすでに備わっているMiスマートバンド4は、

バッテリー持続日数が20日間となっており、

Miスマートバンド5の14日間(通常モード)を上回っています。

一応Miスマートバンド5も最大で20日間とありますが、こちらは「節電モード」での接続日数になっており、

このあたりは前モデルのMiスマートバンド4が上回っています

 

きむきむ。
きむきむ。
まあディスプレイの大きさや輝度も異なるので、仕方ないですね。

 

そしてMiスマートバンド4のお値段は、

税込3,839円となっており、最新モデルよりも651円安いです。

Miスマートバンド5は発売日が未定 (近日発売)となっているため、

どうしても待てない方は、新規でMiスマートバンド4を購入するのもアリかと思います。

ちなみに

・Miスマートバンド4 → 6月に海外発表。12月に国内発売。

・Miスマートバンド5 → 6月に海外発表。9月に日本発表。

というタイムラインでした。

Miスマートバンド4は、日本発売のアナウンスから、約1週間後に商品が発売されたので、

Miスマートバンド5は、

9月7日か14日に発売する可能性があると予測します。

 

きむきむ。
きむきむ。
シャオミは「月曜日」に動きがあることが多いです。

 

 

まとめ!出来ることが多くなった「5」。バッテリー持ちの「4」

以上、シャオミ「Mi スマートバンド5」と「4」の違いについてご紹介しました。

まとめると

・Miスマートバンド5 → 本体に直接充電可能。睡眠の計測が正確に。

・Miスマートバンド4 → 驚異の20日間バッテリー持続。

という内容でした。

参考にして頂ければ嬉しいです。

 

きむきむ。
きむきむ。
頼む!早く発売してくれ! (英語のグローバル版ならもう買えます)

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

 

シャオミ「Miスマートバンド5」とファーウェイ「HUAWEI BAND 4 Pro」の比較画像
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」とファーウェイ「Band 4 Pro」の違い【スペック最高】シャオミ「Miスマートバンド5」と「HUAWEI Band 4 Pro」を比較していきます。 どちらも甲乙つけがたい、素晴らしいウ...
【Huawei】Band 4 Proと4、Xiaomi Miスマートバンド 4との違いは何か?【比較】ファーウェイのGPS搭載スマートバンド、「Band 4 Pro」が1月17日に発売されます。 税込価格は9,680円とギリギリ1万...
【防水性能】Huawei「Band 4 Pro」やXiaomi 「Miスマートバンド4」、FItbitといったスマートバンドに差はあるか?XiaomiやHuaweiのスマートバンド新製品が世間を騒がしています。ただそれらのデバイスは、業界の雄であるFitibitの防水性能と比べて優れているのでしょうか?今回は防水性能の観点からスマートバンドを見ていきます。...
【スマートバンド】Fitbitの「純正バンド」がApple Watch並に「オシャレ」になっている件【活動量計】最近、スマートバンドへの熱が久々に高まっています。 それはなぜかというと、Xiaomi 「Miスマートバンド4」の日本上陸ですよ。...