ガジェット

【レビュー】Apple「M1 iPad Pro 11インチ」購入。12.9インチ(2018)と比べて微妙なところ

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真19

11インチのApple「M1 iPad Pro」をご紹介します。

最高の製品ですが、

2018年モデルのiPad Proを持っている方は、乗り換えする必要それほどないと思います。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

6月に、Macと同じM1チップが搭載された「iPad Pro」が発売されました。

私は母親のためにiPadを購入する予定でしたので、比較検討した上で11インチの「iPad Pro」を購入しました。

6月当時の状況としては、

・無印iPad (10.2インチ) → 最安だけど、在庫がない。

・iPad Air (10.9インチ)→ 64GBは在庫があり、適度な値段で色が選べて理想だけど、スピーカー性能がイマイチ

・iPad Pro (12.9インチ) → Liquid Retina XDRディスプレイと4つのスピーカー搭載。

といった感じで、

11インチの「iPad Pro」は新しいガジェットとして考えると存在感の薄いデバイスとなりましたが、

動画視聴、音楽鑑賞用に優れているデバイスだったので今回購入することにしました。

 

きむきむ。
きむきむ。
でも冷静に考えてみると、タブレットで「MacBook Air」と同じ10万円は、かなり贅沢な出費です。

 

Apple「M1 MacBook Air」の写真10
【本音レビュー】いまさら「M1 MacBook Air」を買うべき理由。オススメしない理由【整備済製品】ぶっちゃけApple製 M1チップ 搭載「MacBook Air」は買いなのか?スルーなのか? 良かったところ、悪かったところ、ご紹介します。...

 

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の開封

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真1

さっそく開封していきますが、一緒にアクセサリーも購入しました。

の2つです。

Smart Keyboard Folio」はトラックパッドが搭載されていないモデルで、

Magic Keyboard」よりも約1.4万安い「2.1万円」のキーボードケースです。

 

きむきむ。
きむきむ。
後はロジクールの「Combo Touch」もオススメです。どちらもキーボードの充電がいらないタイプの商品です。

 

そして保護フィルムは「ペーパーライクフィルム」でも「保護ガラス」でもない、

擦り傷に強いタイプの保護フィルムを購入しました。

以前記事にしましたが、

【これで解決!】iPadの「保護フィルム」は何を貼るべきか。ペーパーライク?保護ガラス?オススメはこれ。iPadの液晶画面を保護するために、一体「どのような保護フィルムを貼るべきか」悩んだことはありませんか? 特にApple Penc...

 

「ペーパーライクフィルム」は画面が白っぽく映りますし、

「保護ガラス」はガラスを貼る分、液晶が遠くなるので今回も選びませんでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
私が買ったものはパナソニックのファインティアラを採用した、「傷」に強く「薄くて」動画鑑賞に適した「保護フィルム」です。

 

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真2

ということで、「M1 iPad Pro 11インチ」を開封していきます。

 

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真4

確かiPad mini 4からだったと思いますが、

iPad本体を取り出しやすい、半透明のフィルムが貼られています。

 

きむきむ。
きむきむ。
高級感があって好きです!

 

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真5

付属品は

・USB-C充電ケーブル (1メートル)

・20W USB-C電源アダプタ (2018年モデルは18W)

 

きむきむ。
きむきむ。
ちなみに私はiPad ProをAnker「Nano II 45W PD」で充電しています。

 

Anker「Nano II 45W」の写真13
【レビュー】Anker 「Nano II 45W PD 充電器」をM1 MacBook Air用に購入【超小型】最大45W出力で超小型のUSB-C充電器、Anker「Nano II 45W」をご紹介します。 「M1 MacBook Air」や「Windows」、「iPad」の高速充電にぴったりの充電器です。...

 

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真6

残りは

・シール

・説明書

 

きむきむ。
きむきむ。
このあたりはいつも通りの付属品です。

 

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の外観

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真7

それでは「iPad Pro 11インチ」の外観を見ていきましょう。

iPad Proには「シルバー」と「グレー」が選べますが、

今回はシルバーを選択。

 

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真8

端子には「Thunderbolt / USB 4対応」のUSB-Cコネクタが搭載されており、

Cellular版は5Gに対応。

最大2TBの大容量モデルも存在し、

iPadで動画制作を行う人にとってかなり魅了的な端末に仕上がっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
12.9インチモデルだと、それに加えて最大輝度1,000ニト、HDRピーク輝度1,600ニトの「Liquid Retina XDRディスプレイ(ミニLED)」を採用しています。

 

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真9

アウトカメラには

・1,200万画素の広角カメラ

・1,000万画素の超広角カメラ

を搭載。

インカメラは1,200万画素の超広角カメラ (TrueDepthカメラシステム)を採用し、

写っている人の顔が自動的に画面中央に来る「画角調整機能(センターフレーム)」が備わっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
自動追尾機能は、DJIの「Osmo Pocket」を使っているようで楽しいです。

 

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真10

次に、保護フィルムを「M1 iPad Pro 11インチ」に貼り付けていきます。

超透明で傷に強い、パナソニック製のファインティアラを採用した「保護フィルム」を貼っていきます。

 

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真11

裏面には、

・画質そのまま超透明。

・指紋が付きにくい。

・指すべりでなめらかで快適操作。

・水を弾く撥水加工。

・スリ傷に強い。

・気泡が消えるエアーレス加工。

と記載があります。

 

きむきむ。
きむきむ。
性能的には、2018年に購入したものと同じ感覚です。

 

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙
【エレコム超透明保護フィルム レビュー】iPad Pro 12.9インチ用パナソニック製ファインティアラはココが凄い!デカい、デカすぎる!iPad Pro 12.9インチを買ったけれど、保護フィルムも保護ガラスもでかすぎると感じたことはありますか? ...

 

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真12

保護フィルム」本体のほか、

・クロス

・ホコリ取りシートが付属しています。

 

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真13

保護ガラスと比べて「保護フィルム」を貼るのは難しいですが、

・「ブロワー」(上記写真のオレンジのやつ)

・「クリーニングクロス

があると、比較的容易に「保護フィルム」を貼り付けることができます。

 

「東レ タブレット トレシーTBTI2520-G102」の表紙
【東レ Tablet トレシーレビュー】メガネ拭きからタブレットまで、汚れを落として洗える頼れるヤツ。メガネやタブレット、スマホ、パソコンなど、「ホコリや汚れが落ちずに困ったこと」はありませんか? 特にタッチパネルが普及してきた関係...

 

「M1 iPad Pro 11インチ」と12.9インチ (2018)を比較して感じたこと

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真14

次に、2018年に発売された「iPad Pro 12.9インチ」と「M1 iPad Pro 11インチ」を比較していきます。

 

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真15

まず重量は12.9インチが677グラムに対して、11インチが466グラム

確か9.7インチのiPad Air初代の重さが469グラムだったので、

11インチの「M1 iPad Pro」はかなり取り回しが簡単です。

 

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真16

M1 iPad Pro」は最新のチップが搭載されているため、

アプリを立ち上げたり、設定をいじっている時点で性能がスペックアップしたのを感じ取れます

またメモリに関しても、

2018年モデルの4GBから「8GB」とパワーアップしています。

2018年のiPad Proでも4Kの動画編集は普通に出来ますが、

本体ストレージに余裕が無くなるほど動作が不安定になることがあるため (LumaFusion使用時)

2018年モデルからの約4倍、最大2TBのストレージに対応した「M1 iPad Pro」は、お金に余裕があるなら良い選択肢になると思います。

 

きむきむ。
きむきむ。
「LumaFusion」は、ストレージが30GB前後になるとフルHDでもフリーズすることがあります。

 

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真17

ただ「M1 iPad Pro 11インチ」が完璧かと言われればそうではなく、2018年の「iPad Pro」と比べると

・画面の見やすさ

・スピーカー

・Smart Keyboard Folio (タイピングのしやすさと角度調整機能)

の3点については、明らかに劣っています

ディスプレイ性能は、

・Retinaディスプレイ → Liquid Retinaディスプレイ (LCDディスプレイ)

・ピクセル解像度 264PPI (同じ)

・最大輝度 600ニト (同じ)

と使用には記載がありますが、

どうやらLiquid Retinaディスプレイは単なるAppleのブランドの1つにすぎず、性能がパワーアップされたわけではありません

むしろ12.9インチよりも画面サイズが小さくなるため、

12.9インチから11インチに乗り換えた場合、ディスプレイの満足度に不満を覚える可能性があります。

 

きむきむ。
きむきむ。
取り回しの良さは大正義なんですけどね。

 

またスピーカーに関しても、iPad本体に厚みがなく、振動させる画面サイズが小さいので迫力に欠けます

Smart Keyboard Folio」に関しては後日記事を投稿しますが、

Apple「Smart Keyboard Folio」の写真23
【レビュー】M1 iPad Pro 11インチ用「Smart Keyboard Folio」12.9インチやMacBook Airと比較【使用感】M1 iPad Pro 11インチ用の「Smart Keyboard Folio」をご紹介します。 12.9インチからサイズダウンして何を感じたのか? そしてM1 MacBook Airとの違いに関しても触れていきます。...

 

「処理性能」と「取り回しの良さ」のトレードオフとして、

「コンテンツ消費」という最もiPadで優れているところのユーザー体験が、

サイズが違うとはいえ3年前のモデルに劣っているというのは、悩ましいところです。

 

きむきむ。
きむきむ。
同時に比べてみると11インチと12.9インチは「全く別物」の製品です。特に4つスピーカーが決め手となってiPad Proを購入する方は、「12.9インチ」か「11インチ+外部スピーカー」をオススメします。

 

まとめ!「M1 iPad Pro」の処理性能は素晴らしいが、12.9インチからの乗り換えには注意が必要

Apple「M1 iPad Pro 11インチ」の写真18

以上、Apple「M1 iPad Pro 11インチ」をご紹介しました。

まとめると、良いところ

・「M1チップ」搭載で動作がサクサク。

・最大2TBのストレージや5Gに対応。

・4つのスピーカーが付いてるモデルとしては最安。

・Thunderbolt / USB 4ポート搭載。

・インカメラでテレビ電話中に、自動で画角を調整してくれる機能が便利。

微妙なところは、12.9インチのiPad Pro (2018年モデル)と比べて

・スピーカーの音質が劣る。

・ディスプレイ性能に差はなく、画面が小さい分迫力に欠ける。

・Smart Keyboard Folio (タイピングのしやすさと角度調整機能)がパワーダウンしている。

という内容でした。

M1 iPad Pro 11インチ」をタブレットとして単体で使うのでしたら取り回しがよく、

Apple Pencil」を使って「お絵かき」や「画像編集」に最適なデバイスだと思います。

ただキーボードを接続してノートパソコン的に使ったり、激しくコンテンツ消費を行いたい方にとっては、

12.9インチの「iPad Pro」をオススメします。

安くなってきた2018年の型落ちモデルでも、11インチのiPad Proを使うより満足感が得られるはずです。

 

きむきむ。
きむきむ。
11インチのiPad Proは立ち位置が微妙で、「iPad Air」や型落ちの「iPad Pro」を検討されるのもアリですよ。

 

参考にして頂ければ幸いです。

購入前の予測よりも、搭載されている4つのスピーカーが12.9インチと比べて微妙でしたので、

「取り回しの良さ」と「処理性能」、「音質」をキープしたい方はBose「SoundLink Revolve II」あたりを検討すると楽しめると思います。

 

きむきむ。
きむきむ。
「HomePod mini」には次モデルに期待したい。

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

【2021年最新】iPad Pro向けのオススメ「USB-Cハブ」24選【用途や予算別】「iPad」や「Mac」、「Windows」で使えるオススメの「USB-Cハブ」、「ドッキングステーション」をご紹介します。 持ち運んで外出先で使ったり、リモートワーク時のデスク環境を構築するのに、非常に役立ちます。...
Apple「M1 MacBook Air」の写真10
【本音レビュー】いまさら「M1 MacBook Air」を買うべき理由。オススメしない理由【整備済製品】ぶっちゃけApple製 M1チップ 搭載「MacBook Air」は買いなのか?スルーなのか? 良かったところ、悪かったところ、ご紹介します。...
Anker「Nano II 45W」の写真13
【レビュー】Anker 「Nano II 45W PD 充電器」をM1 MacBook Air用に購入【超小型】最大45W出力で超小型のUSB-C充電器、Anker「Nano II 45W」をご紹介します。 「M1 MacBook Air」や「Windows」、「iPad」の高速充電にぴったりの充電器です。...
初代iPadが夢見たもの。発売当時のメディアの反応。iPhone 11が発表されましたが、初代iPadが発表された時のメディアの反応を、覚えていますか? こんにちは、きむきむ...

 

こんな記事はいかがですか?