ガジェット

【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 6」と「Mi スマートバンド5」の違い【日本版も出た!】

シャオミ「スマートバンド 6」と「スマートバンド 5」の画像

シャオミ「Mi スマートバンド 6」と「Mi スマートバンド 5」の違いを比較していきます。

ウェアラブルバンドの「出荷台数」世界1位に輝いたシャオミの新製品が、いよいよ日本に登場です。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

コスパに優れたウェラブルデバイスを発売しているシャオミの新製品が発売されました。

その名も「Mi スマートバンド 6」(Xiaomi Mi Smart Band 6)

前モデルの「Mi スマートバンド 5」が、発表から発売まで半年かかったのに対し、

今回は2週間程度で日本発売。

すでに「Mi スマートバンド 5」を購入してしまった方にとっては残念なニュースだったかもしれませんが、

・「Mi スマートバンド 5」から乗り換える必要はあるか?

・2019年に発売した「Mi スマートバンド 4」の乗り換え先としてはどうか?

といったところをぜひ、チェックして頂ければと思います。

初めてウェアラブルバンドを検討している方にとっては、どちらも良い選択肢です。

それでは

シャオミ「Mi スマートバンド 6」と「Mi スマートバンド 5」の比較、

さっそく内容を見ていきましょう。

 

シャオミ「Mi スマートバンド 6」と「Mi スマートバンド 5」の違い

シャオミ「スマートバンド 6」の画像
シャオミ「スマートバンド 5」の画像
Mi スマートバンド 6Mi スマートバンド 5
サイズ1.56インチ1.1インチ
解像度486 × 152 (326PPI)294 × 126 (290PPI)
ディスプレイ有機EL (AMOLED)有機EL (AMOLED)
画面の明るさ450nit450nit
バッテリー容量125mAh125mAh
バッテリー持続日数14日14日〜20日
充電時間2時間未満2時間未満
重量 (本体のみ)12.8グラム11.9グラム
47.4mm46.9mm
18.6mm18.1mm
厚み12.7mm12.4mm
素材プラスチックプラスチック
Androidでの使用
iOSでの使用
主に「出来る」こと14個14個
スポーツモード30種類11種類
エクササイズ自動検知6種類2種類
文字盤のカスタマイズ60種類以上50種類
心拍モニタリング
睡眠モニタリング
ストレスモニタリング
呼吸エクササイズ
PAI (個人の活力指数の計測)
女性向けの健康追跡機能
音楽の再生コントロール
メッセージアラート
リモート写真撮影
スマホのロック解除△ (MIUI採用スマホのみ)△ (MIUI採用スマホのみ)
血中酸素飽和度測定(SpO2)×
ワンタッチボタン×
センサー数3つ3つ
3軸加速度センサー
3軸ジャイロスコープ
PPG(光学式)心拍センサー
防水性能5気圧 (水深50m)5気圧 (水深50m)
Bluetooth5.05.0
充電端子磁気磁気
リストバンドから外さず充電
Amazon Alexa (アレクサ)
GPS××
バンドの色 (標準)黒 (黒のみ抗菌効果あり)
バンドの色 (別売り)6種類5種類
発売日2021年7月2021年1月
税込価格5,990円4,490円

<出典:シャオミ

「Mi スマートバンド 6」と「Mi スマートバンド 5」は、シャオミから発売されているウェアラブルバンドです。

5,000円前後ながら機能がかなり充実しており、

どちらを購入しても

・心拍モニタリング

・睡眠モニタリング

・ストレスモニタリング

・呼吸エクササイズ

・パーソナル アクティビティ インテリジェンス(PAI)

に対応しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
機能的には「Mi スマートバンド 5」が若干劣りますが、その分「安くなっている」のでどちらを選択しても良い選択です。

 

シャオミ「Mi スマートバンド 6」が向いている人

シャオミ「Mi スマートバンド 6」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・大きいディスプレイが欲しい (1.56インチ)

・血中酸素レベルを測定したい (SpO2)

・睡眠時のデータのトラッキングを強化したい

・日頃からエクササイズをよく行う (30種類)

・抗菌効果のあるバンドを使いたい (黒のみ)

・カラフルなバンドに興味がある (3色セットで1,280円)

 

シャオミ「Mi スマートバンド 6」は、有機ELディスプレイを搭載したスマートバンドです。

前モデルからワンタッチボタンを取り除くことでディスプレイ領域が拡大し、

サイズはそのまま1.1インチから1.56インチとディスプレイが大型化しました。

 

きむきむ。
きむきむ。
「視認性」がかなり向上しています。

 

例えば

・スマホからのメッセージを読む (文字が大きく表示)

・アプリを切り替えて使う (1アプリ表示 → 2〜3アプリ表示)

といった際にディスプレイ大型化の恩恵を受けることが多く、

「シャオミのスマートバンドはコスパが良いけど、ちっちゃすぎるのよね」

といった方には良い選択肢になります。

 

きむきむ。
きむきむ。
スマートウォッチではデカすぎる。けどウェアラブルデバイスを使いたい人に向いています。

 

前モデルの「Mi スマートバンド 6」と比べると、

血中酸素飽和度(SpO2)を測定できるようになりました。

これはApple Watch Series 6で有名になった機能です。

 

きむきむ。
きむきむ。
健康の未来が手首の上に。血中酸素ウェルネスアプリ、というやつです。

 

 

呼吸器系の疾患 (たとえば喘息や肺炎)を抱える人に対してチェックする項目がこのSpO2で、

皮膚を通して血液中の酸素の割合を計測することで、健康状態をチェックすることができます (採血無しで測れるのが良いところです)

 

きむきむ。
きむきむ。
理想値としては96〜99%ですが、90%を下回ると「呼吸不全」と判断されます。登山を行えば、わかりやすく体調の変化を体感できます。

 

「Mi スマートバンド 6」ではこの血中酸素飽和度(SpO2)の測定が、寝ている時にも計測してくれます。

そのため普段からいびきがうるさい「呼吸」や「睡眠」の質が悪いと感じる方にとっては、

生活改善の良いアシスタントになってくれるでしょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
自分だと中々気づきにくい範囲のことなので、いろいろ助かります。。

 

また計測できるスポーツモードも11種類から30種類へと大幅に向上

・トレッドミル

・ダンス

・体操

・ストレッチ

・ピラティス

・球技 (バスケットやバレー、卓球など)

・ズンバ

などの「エクササイズ時間」や「消費カロリー」、「心拍数」を測定できるようになりました。

 

きむきむ。
きむきむ。
「ウォーキング」や「サイクリング」といった基本的な測定は以前からできましたが、屋内の運動が強化されました。

 

シャオミ「Mi スマートバンド 5」が向いている人

シャオミ「Mi スマートバンド 5」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・バッテリー持ちを重視している (14〜20日)

・ワンタッチボタンを使いたい。

・値段は安い方が良い (約4,500円)

シャオミ「Mi スマートバンド 5」は、1.1インチの有機ELディスプレイを搭載したスマートバンドです。

ディスプレイボタン下部にワンタッチボタン(○ボタン)が搭載されており、

昔のiPhone のようなシンプルな操作性が可能です。

 

きむきむ。
きむきむ。
説明書を読まなくてもすぐに使えるインターフェースです。

 

「Mi スマートバンド 6」と比較して目立つのは、「バッテリー」と「値段の安さ」です。

約1,500円安いお値段ながら、

バッテリーが最大6日間長持ちするのは、非常に大きなアドバンテージです。

 

きむきむ。
きむきむ。
機能的に大きな違いは「血中酸素レベルの測定」だけなので、あと1〜2年は普通に戦えるデバイスです。

 

まとめ!正当進化の「Mi スマートバンド 6」。コスパの「Mi スマートバンド 5」

シャオミ「スマートバンド 6」と「スマートバンド 5」の画像

以上、シャオミ「Mi スマートバンド 6」と「Mi スマートバンド 5」の違いについてご紹介致しました。

まとめると、

・Mi スマートバンド 6 → 視認性が向上し、血中酸素レベルの測定が可能 (約6,000円)

・Mi スマートバンド 5 → 約1,500円安く、バッテリーが最大6日長持ち (約4,500円)

という内容でした。

シャオミ「Mi スマートバンド 6」は、血液中の酸素の割合で健康状態をチェックできるようになったのと、

画面が縦に長くなり、メッセージを大きくたくさん表示できるようになったところが魅力です。

この機能に魅力を感じるのであれば「Mi スマートバンド 6

もしそうでなければ、

基本的な機能はほぼ同じの前モデル「Mi スマートバンド 5」が、

約1,500円安く、かつバッテリーも最大6日長持ちするのでオススメです。

 

きむきむ。
きむきむ。
ただアクセサリーに関しては、やはり新しいデバイスの方が充実しています。

 

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

Amazon「Fire TV Cube」の写真25
【レビュー】Amazon「Fire TV Cube」1度試したら「Fire TV Stick」に戻れない【ストレスフリー】Amazon製品の中で最もパワフルな「Fire TV Cube」をご紹介します。  「Fire TV Stick 4K」や「Apple TV 4K」と悩むところですが、ベストバイはやはり「Fire TV Cube」です。...
パナソニック 「エネループ 単3・4形充電池」の写真9
【レビュー】防災備蓄用の乾電池として「エネループ」を導入【保管もしやすくて便利】乾電池を充電することで「繰り返し使う」ことができる、パナソニック「エネループ(eneloop)」をご紹介します。 10年経っても残容量「70%」を保持できる、素晴らしい乾電池です。...
サンワサプライ「トラベル・ガジェットポーチ」の写真10
【レビュー】サンワサプライ「ガジェット・トラベルポーチ」はケーブル収納に強い【コスパ番長】ケーブルやモバイルバッテリーの収納に便利な、サンワサプライ「ガジェット・トラベルポーチ」をご紹介します。 安くて「とりあえずポーチに入れておけばいっか」とズボラな私でも満足しています。...
サンワサプライ 「雷ガードタップ 10個口 3m 」の写真 1 (TAP-SP2110-3BK)
【レビュー】サンワサプライ 「雷ガードタップ 10個口」デスク周りを強くする電源タップサンワサプライの頼れる電源タップ「雷ガードタップ 10個口 3m」をご紹介します。 「雷ガード」や「マグネット」は当たり前。 ブレーカー内蔵で、1500Wを超えたら自動的に電源がオフになるなど多機能な「電源タップ」です。...