ガジェット

【超快適】モニターの縦置きが「最強」な理由。Dellを使えば簡単に作業効率UP【WUXGA】

Dell「U2421E」の写真57

モニターの縦置きにロマンを感じる全国1,000万人の皆様。お待たせ致しました。

モニターの縦置きは、もはやロマンではない。

モニターの縦置きは、もはや義務教育。

さっそくいってまいりましょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです。

 

先日Dellの縦置きが出来るモニター「U2421E」を購入しました。

Dell「U2421E」の写真40
【24インチ】WUXGA、4辺狭額縁ベゼルレスモニター搭載Dell「U2421E」レビュー【90W出力対応】アスペクト比が16:10 (1920 ×1200のWUXGA)でありながら、4辺ベゼルレスで端子(ポート)も充実。モニターの「縦置き」やUSB PD「90W出力」にも対応したデル「U2421E」をレビューしていきます。...

こちらUSB PD 90W出力対応で、24.1インチ、1920 × 1200 (アスペクト比12:10)の最高に頼れるモニターなのですが、

 

きむきむ。
きむきむ。
あと4辺ベゼルレスっていう、すごいやつです。モニター前面にロゴが見えない神対応です。

 

モニターを縦に置いてみて、やっぱりサイコ〜だな〜と思ったので、記事にしてみることにしました。

・モニターの縦置き (ピボット機能)にロマンを感じる。

・作業効率をUPさせたい。

・自宅で作業環境を構築させたい。

そのような方は是非この機会にチェックして見てください。

 

きむきむ。
きむきむ。
迷ったらDoするのがポイントです。

 

 

モニターの縦置き(ピボット)とは?

Dell「U2421E」の写真51

モニターの縦置きとは、

普段横置きのモニターを縦に配置することを言います。

例えば上記のモニターなら、下記のように変形した状態のことを指します。

Dell「U2421E」の写真53

これは一般にピボット機能と呼ばれているもので、

大体3万円以上のモニターに搭載されることもある機能です。

 

きむきむ。
きむきむ。
逆に高額なモニターでも搭載されていない場合や、1.5万円でも付いているモニターもたまにあります。

 

基本的には、縦置き(ピボット)はモニターに内蔵されている機能ではありますが、

モニターにVESAマウントが搭載されている場合は、

モニターアームを取り付けて縦置きを実現させる場合もあります。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんなやつですね。

 

 

モニターに「初めから」縦置き機能が付いている場合は、

モニターアームを購入したり設置する手間が必要ないのでとても楽ちんです。

一方モニターアームを使って縦置きする場合はモニターのスタンドを無くすことができるので、

今まで以上に自由にモニターを移動させたり、モニターの下にスピーカーなどモノを置くことが出来るようになります。

 

きむきむ。
きむきむ。
縦置き機能(ピボット)に予め対応したモニターを導入するか、モニターアームを活用するかは、「好み」の問題です。

 

モニターを縦置き(ピボット)するメリット

モニターを縦置き(ピボット)させるメリットですが、2つあります。

・ネットサーフィンに向いている。

・動画の迫力が半端ない。

 

きむきむ。
きむきむ。
順番に説明していきます。

 

ネットサーフィンに向いている

Dell「U2421E」の写真57

モニターを縦置きするメリット1つ目は、ネットサーフィンに向いているというもの。

上記はAppleの公式サイトを表示させたものですが、

まるでデジタルサイネージ(電子看板)のように、莫大な情報をモニターに表示させることができます。

というのも、普段使っている「スマホ」を想像してみれば簡単な話で、

基本的にWebサイトは上から下に向かって作られています。

ためしにお手持ちのスマートフォンで、

縦持ちではなく横持ちで「Safari」や「Google Chrome」を開いてインターネットをしてください

あるいは横持ちでTwitterをしてみてください。

情報が横に広がりすぎて、その割に情報量が少なすぎて、目で追うのが辛くはないですか

これは極論ですが、

ノートパソコンのモニターが横向きなのは、キーボードのサイズに合わせてたまたま横向きになっているだけであって、

Webサイトの左右に余白がたくさん存在しているように、最適化されていません

Dell「U2421E」の写真64<出典:スタジオジブリ

そのため、もしモニターにたくさんの情報を表示させたいのであれば、モニターを縦置きにしましょう。

ちなみに、2010年に発売された初代iPadは、有線キーボード装着時、

縦置きしかできない仕様でした。

君は初代iPadを知っているか。iPad Proとの外観比較皆さんは2010年に発売された、初代iPadのことを覚えていますか? え?いきなりそんなことを言われても、いつの話しか想像できない...

結構上記のように、

Surface Proを縦置きにして、ThinkPadの無線キーボードと組み合わせて利用している方は多いように感じています (ThinkPad トラックポイント キーボード II )

 

きむきむ。
きむきむ。
「Slack」や「Twitter」など、タイムライン形式のサービスや文章を書くのと相性が良いです。

 

現在のインターネットはスマホがメインストリームなわけですから、

それに合わせてパソコン側も、モニターを縦置きしてインターネットできるようにするのが、好ましいのではないでしょうか?

 

きむきむ。
きむきむ。
必要に応じて、モニターを縦にしたり横に出来るのが理想です。だってスマホはそれが普通なので。

 

動画の迫力がハンパない

モニターを縦置き(ピボット)させる2つ目のメリットですが、それは動画の視聴体験がハンパないというもの。

例えばこちら。

Dell「U2421E」の写真55

Twitterで投稿された、人気タレントのフワちゃん。

Dell「U2421E」の写真69

まるで目の前のフワちゃんが自分に向かってくるような圧倒的な解像感

元の動画はこちらですが、

 

私が購入したDell「U2421E」で表示させると、

フワちゃんの顔が実物より2倍位の大きさになって

「違うだろ〜!違うだろ〜!」と液晶全体で迫ってきます

 

きむきむ。
きむきむ。
ちょっと内容的にセンシティブなものを選んでしまってすみません。

 

まあお伝えしたいのは、これを動物やアニメのイラスト、VRゲームに置き換えて想像して欲しいということです。

そうしたコンテンツは、元々縦画面での視聴を前提として作られているので、

かなり大きく人物全体を映し出すことができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
縦向きで書かれた絵は、横向きのモニターで表示させると、左右に大きく余白が発生するはずです。スマホで試してほしいですが、縦向きの画像は、横よりも縦の方が圧倒的に迫力があります。

 

というわけで、

縦向きの動画やアニメのイラスト、VRゲームとの相性が良いのが、モニターの縦置きの優れているところです。

 

きむきむ。
きむきむ。
TV番組のTwitterも、最近はスマホで撮影しているので「縦向き動画」が多いです。普段スマホで見ているので気づきにくいと思いますが、それが大画面で楽しめるというわけです。

 

 

きむきむ。
きむきむ。
動物系の「写真」や「動画」が最高に楽しめます。

 

 

モニターを縦置き(ピボット)するデメリット

一方で、モニターを縦置きすることのデメリットも存在します。

例えば

・YouTubeの動画が見にくい。

・左右に複数のウインドウを表示させにくい

というもの。

Dell「U2421E」の写真54

<出典:ポケモン公式YouTubeチャンネル

普通の横長の動画ですと、このように上下に黒枠が発生しますし、

Dell「U2421E」の写真56

複数のウィンドウを並べる場合も、

左右というよりかは、上下に並べた方が快適です。

そのため縦置きを行うモニターはメインとして使用するよりも、

サブモニターとして使用したほうが無難かもしれません。

Dell「U2421E」の写真67例えば、「iMac + 縦置きモニター」という感じです。

 

まあモニターを使用用途に合わせて縦にしたり横にしたりしても良いのですが、

モニターに接続するケーブルが結構邪魔だったりするので、

ケーブルは長めの1.5m位のものが好ましいです。

また、モニターのサイズも重要で、27インチでは大きすぎるので、

21.5〜24.1インチのもので、

できれば解像度が1920 × 1200 (WUXHA)のものが好ましいです。

 

きむきむ。
きむきむ。
縦置きした時、横幅が120ピクセル分広くなるので、結構快適になります。

 

まとめ。縦置きモニターは情報量が多く、スマホ向けコンテンツも快適

Dell「U2421E」の写真70

以上、「モニターは縦置きがオススメな理由」をご紹介しました。

まとめるとモニターを縦置きするメリットは、

・ネットサーフィンに向いている。

・モニターに表示させる情報量が増える。

・動画の迫力がハンパない。

という内容でした。

 

きむきむ。
きむきむ。
情報量が増えることは容易に想像できますが、縦動画や動物、アニメの写真・映像はかなりの迫力ですよ。実物よりも大きく見えますので。

 

初めからメインモニターを縦置きにするのは少し勇気が必要だと思うので、

まずはデュアルモニター(モニター2枚)を行う際の、サブモニターから縦置きにチャレンジしてみてください。

特に私が購入したDell「U2421E」のように、

Dellは安いモニターでもスタンドがしっかりしており、縦置き機能(ピボット)に対応している製品も多いのでオススメです。

 

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

Dell「U2421E」の写真40
【24インチ】WUXGA、4辺狭額縁ベゼルレスモニター搭載Dell「U2421E」レビュー【90W出力対応】アスペクト比が16:10 (1920 ×1200のWUXGA)でありながら、4辺ベゼルレスで端子(ポート)も充実。モニターの「縦置き」やUSB PD「90W出力」にも対応したデル「U2421E」をレビューしていきます。...
両親のVAIO S15 をSSD 1TBに換装してみた(写真多め)先日、VAIO S15のSSDを128GBのものから1TBに換装しました。 データはリカバリせずクローンで移行させました。 ...
TaoTronics「TT-DL092」デスクライトの写真62
【レビュー】ガチなデスクライト「TT-DL092」視力が衰える20代・30代にオススメAmazonの「デスクライト / ブックライト」部門で「1位」常連のTaoTronics。 ヒカキンさんが絶賛し、「安い」「性能が...
Apple「AirPods Pro」の写真1
【レビュー】いまさら「AirPods Pro」を購入。今でも買うべき5つの理由【諦めないで】今更ですがAirPods Proを購入することにしました (というか、もう買いました) 今でも買うべき5つの理由をご紹介します。このタイミングで買うのは正直「微妙」だと考えていましたが、そんなことはありませんでした。...

 

こんな記事はいかがですか?