ガジェット

【エレコム超透明保護フィルム レビュー】iPad Pro 12.9インチ用パナソニック製ファインティアラはココが凄い!

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙

デカい、デカすぎる!iPad Pro 12.9インチを買ったけれど、保護フィルム保護ガラスもでかすぎると感じたことはありますか?

またペーパーライクフィルムではなく、あえて「保護フィルム」を買うメリットが存在するか気になったことはありませんか

この記事では、

Apple Pencilは使用する。

・でもペーパーライクフィルムを使うほど、「お絵かきガチ勢」ではない

という方にオススメな、エレコムの超透明保護フィルム(パナソニックFineTiara搭載)のレビューをお届けします!

 

きむきむ。
きむきむ。
液晶の美しさを保ちつつ、メンテナンスもしやすい保護フィルムは攻守最強!

ではさっそく内容を見ていきましょう。

 

エレコム 超透明保護フィルム(パナソニックFineTiara搭載)の特長

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙

iPadのディスプレイをカバーする保護フィルムは、大きく分けて「3種類」に分けられます。

保護フィルム (ブルーライトカットや覗き見防止用フィルムなど含む)

保護ガラス

ペーパーライクフィルム

その中で今「定番」となっているのが、ペーパーライクフィルムです。

Apple Pencilを目的としてiPadを使用している人にとっては、ペンの書き心地は最も大切なもの

iPad Proの保護フィルムとして「ペーパーライクフィルム」が人気なのはとても納得がいきます。

 

きむきむ。
きむきむ。
ただ問題は、プロや趣味でお絵かきをしない人。

 

ペーパーライクフィルムはその書き心地の良さの代償として

Apple Pencilの消耗が早い

というデメリットが存在します。

摩擦によりフィルムが劣化し白くなることもあり、

けして安くはないApple Pencilペーパーライクフィルムを、あまりお絵かきしない人が本当に購入すべきかどうかは、悩ましい問題です。

 

きむきむ。
きむきむ。
Apple Pencilは、PDFや写真に文字を入れる程度なんだけどなぁ。

 

そんな時にオススメなのが、通常の保護フィルムです。

エレコムの保護フィルムの場合は、

・ブルーライトカット

・指紋防止

・衝撃吸収

・高精細加工

・高透明

・のぞき見防止

と多くのラインナップが存在しまさにカオスとも言える状態ですが、

<出典:エレコム

 

iPad Proそのものが持つ「ディスプレイの美しさ」を保ちつつ

・指紋や汚れ、傷の防止、お手入れ

・つるつるの触りやすい液晶

が可能なのは、パナソニック製FineTiara搭載の超透明保護フィルムです。

スリ傷に強いにも関わらず高い透明度を保つことから、「写真や動画の閲覧」に適しており、

ホコリや汚れのお掃除も簡単なオススメモデルです。

 

きむきむ。
きむきむ。
iPad Proを使っていて、ホコリのせいでFace IDがうまく機能しない方にオススメだよ。

 

特にiPad Pro 12.9インチは、大きいだけにホコリや汚れが非常に溜まりやすいです。

いちいちお手入れするのも大変なので、この超透明フィルムと東レ Tablet トレシーを組み合わせれば、

iPad Pro の汚れに対する不安も大分軽減されます

「東レ タブレット トレシーTBTI2520-G102」の表紙
【東レ Tablet トレシーレビュー】メガネ拭きからタブレットまで、汚れを落として洗える頼れるヤツ。メガネやタブレット、スマホ、パソコンなど、「ホコリや汚れが落ちずに困ったこと」はありませんか? 特にタッチパネルが普及してきた関係...

 

 

では実際に、エレコム 超透明保護フィルムをiPad Pro 12.9インチに貼ってみましょう。

 

エレコム 超透明保護フィルム レビュー

こちらがエレコム 超透明保護フィルムのパッケージです。

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙

控えめに言っても、かなりの大きさ

MacBook Pro 15.4インチのサイズよりも大きいので、店頭で買うよりも通販で購入したほうが持ち運ぶ必要がない分、ラクだと思います。

 

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙

実際に4.7インチのiPhoneとキシリッシュのガムと比べると、この大きさの違い

なにげに自分史上、最も大きい保護フィルムの貼り付けとなりました。

 

きむきむ。
きむきむ。
失敗しそうなので、iMac 27インチの保護フィルムとか絶対に貼りたくないです...。

 

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙では中身を開封して見ていきましょう。

まずは保護フィルム

とてもシンプルで簡単に取り出せます。

これで中身は全てかと思いましたが、

 

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙他にも

・クリーニングクロス(液晶画面をキレイにする)

・ホコリ取りシール(フィルムを貼る前に、ホコリを除去)

・フィルム貼付用ヘラ(フィルムを貼る時に、気泡の侵入を防ぐ)

が含まれています。

白い「台紙」にテープで止められているのでちょっとわかりづらいですが、

便利なので必ず付属品が揃っているかどうか確認してください

 

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙

実際に3つの付属品の写真が上記のものです。

保護フィルム貼り付け方は、全てパッケージに記載されているのでそちらを確認しましょう。

 

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙

こちらがその保護フィルムの貼り方です。

流れとしては

①クリーニングクロスで液晶をキレイにする。

②ホコリ取りシールでホコリを取る。

保護フィルムを部分的に貼る。

④フィルム貼付用ヘラで気泡を抜きながら、貼る。

⑤保護フィルムに貼られている、表面シートを剥がす。

となります。

私は東レのクリーニングクロスを持っているので、実際に使用したのはホコリ取りシールからです。

 

きむきむ。
きむきむ。
「ホコリ取りシール」と「フィルム貼付用ヘラ」は超便利!絶対に使おう

 

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙

というわけで実際に保護フィルムをiPad Proに貼付けてみました

フィルム貼付用ヘラでうまく気泡を抜きながら貼れたのですが、

最後のところで勢いよくフィルムが張り付いてしまい、でっかく気泡が残ってしまいました

 

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙

保護フィルムを剥がすためのセオリーとしては、

セロハンテープを使って、保護フィルムを起こすというもの。

ただエレコムの保護フィルムの場合は、

表面シートが貼ってありますし、保護フィルムの粘着も強かったので機能しませんでした。

 

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙

そのため表面シート(保護フィルムに予め貼ってあるもので、粘着部分とは逆の、実際に手で触る側)

表面シートを少しだけ剥がし、フィルム貼付用ヘラで気泡を抜きました

上記がその写真で、今度はうまくいきました。

 

きむきむ。
きむきむ。
フィルムが貼付用ヘラを使えば、気泡を抜くのは簡単。でも最後のところだけ注意が必要です!

 

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙

保護フィルムが全て貼り終わったので、①から⑤までの作業のうち、④まで終わりました

 

①クリーニングクロスで液晶をキレイにする。

②ホコリ取りシールでホコリを取る。

保護フィルムを部分的に貼る。

④フィルム貼付用ヘラで気泡を抜きながら、貼る。

保護フィルムに貼られている、表面シートを剥がす。

最後に「表面シート」を保護フィルムから離して作業は終了です。

「貼付けの目印」として、右下に「表面シート」と書かれた白いシートがあるのを参考にしてください。

 

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙

貼り付けたiPad はこんな感じです。

いかがでしょう。

結構キレイに貼れました

 

実際に使用しての「感想」としては、

・ディスプレイがつるつるしてる。

・写真や動画もキレイで、色合いに変化は見られない。

・指やApple Pencilで操作しても、遅延や干渉が感じられない。

・汚れにくくなり、Face IDの成功率が上がった。

・東レのクリーニングクロスで画面を掃除するのが、さらにラクになった。

というもの。

私はペーパーライクフィルムを貼って高いApple Pencilの劣化が早まったり

色合いが変化してキレイなディスプレイの魅力が損なわれるのが嫌だったので、

このパナソニック製FineTiara搭載、超透明保護フィルムに満足しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
iPad Pro 12.9インチのホコリの対策が大分ラクになりました。

 

エレコム 超透明保護フィルムの注意点

ただ保護フィルムというと、貼るのが苦手な方も多くいらっしゃいますよね。

保護ガラスと比べたら、保護フィルムの貼り付け作業はたしかに大変です。

この超透明保護フィルムも気をつけるべきことがあって、今からそれを解説していきます。

気をつけることは2点あり、

保護フィルムに上下の区別なし。

→私は右下に白いシール(表面シート)が来るようにしました。

②初めにぴったり敷き詰めて貼ると、若干逆の方が余る。

というものです。

 

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙

「Face ID」を行うTrueDepthカメラシステムですが、上記写真のように保護フィルムでカバーされています

くり抜きが存在しないので「Face IDの精度が悪くなる」かどうか心配でしたが、

ホコリをカバー出来る分、逆に精度が高まりました。

 

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙

ではどの程度保護フィルムを寄せて貼るべきか、私の例で確認しましょう。

私はFace IDを行う上の部分から、ぴったり寄せて保護フィルムを貼りました

 

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙

すると、ディスプレーの下の部分がどの程度空いてしまうかというと、約2mmです。

そのため上下1mm程度間隔を確保すると、よりキレイに保護フィルムを貼ることができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
TPUケースを使う場合は、側面部分が液晶よりも盛り上がっているためこの2mmはカバーできる感じ。

 

きむきむ。
きむきむ。
Smart Keyboard Folioをメインに使う人は、上下1mm間隔を意識しよう。

 

まとめ。iPad Proの保護フィルムは、エレコム超透明保護フィルムがおすすめ

「エレコムファインティアラ搭載高光沢・高透明、iPad Pro 12.9(2018)用保護フィルムTB-A18LFLFIGHD」の表紙

以上、「パナソニック製FineTiara搭載、エレコム超透明保護フィルムのレビュー」をお届けしました。

まとめると保護フィルムの種類は

保護フィルム (ブルーライトカットや覗き見防止用フィルムなど含む)

保護ガラス

ペーパーライクフィルム

と3種類ありますが、

Apple Pencilの消耗を抑え、iPad Proの「ディスプレーの美しさ」や「ホコリなどの掃除のしやすさ」を考えると、

超透明保護フィルムがオススメですよ

という内容でした。

 

きむきむ。
きむきむ。
東レのTablet トレシーがあれば、さらにiPad Proのお手入れが簡単に!

 

↓「東レ Tablet トレシー レビュー」はこちら。

「東レ タブレット トレシーTBTI2520-G102」の表紙
【東レ Tablet トレシーレビュー】メガネ拭きからタブレットまで、汚れを落として洗える頼れるヤツ。メガネやタブレット、スマホ、パソコンなど、「ホコリや汚れが落ちずに困ったこと」はありませんか? 特にタッチパネルが普及してきた関係...

 

12.9インチのiPad Proは、画面サイズが大きいゆえにホコリが溜まりやすくお手入れが大変です。

保護ガラスも良いですが液晶が遠くなりますし、iPad Proの良さを活かすためには、保護フィルムが私にとってベスト・バイでした。

参考にしてくれると嬉しいです。

それでは今日はこのへんで。

また次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

「Samsung SSD 1TB 860QVO 2.5インチ内蔵型 外付けケース付(ORICO) MZ-76Q1T0B/OC」の表紙画像。
【Samsung SSD 1TB × 2.5インチ外付けケース】「860QVO」を買ったら「外付けケース」も付いてきた件。主に秋葉原で購入が可能な限定のキャンペーン、「今SSDを買うとUSB3.0接続の外付けケースが貰えるよ」ですが、Amazonでも手に入っ...
「MX MASTER 2S。ロジクール。LOGICOOL」の表紙画像
【MX MASTER 2S レビュー】iPad Pro × iPadOSの組み合わせでロジクール最上位マウスを試してみた。定価1万円超えのロジクールの元・最上位マウス、「MX MASTER 2S」をレビューしていきます。 神モデルとも呼び声が高いこちら...
【USB-Cハブの比較】iPad Pro (2018) 第三世代にオススメの商品はこれ。皆さん、UBS-Cハブ、使っていますか? ここまでiPad Pro 12.9インチ (2018) 第三世代のフォトレビューを書いて...
【周辺機器】iPad Pro 12.9インチと一緒に買うべきアクセサリー8選【オススメ】今回は「iPad Pro」で使用できるオススメのアクセサリーを、8つご紹介します。 もちろん一部商品は「10.2インチのiPad」...