ガジェット

iPad Pro 2020が発表。MacBook 12インチの代わりになるか?

Appleは3月18日(水)、iPad ProやMacBook Airなど「複数の商品」をサイレントアップデート致しました。

中でも注目は、2018年10月以来の発表となる新型iPad Pro

iPadとして初めて複数のカメラやLiDARスキャナ(Light Detection and Ranging:光検出と測距)を搭載した他、

トラックパッドとバックライトを搭載したMagic Keyboardを発表しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
AR(拡張現実)機能の強化と、iPadのMacBook化が進んでいます。

 

この記事を公開する頃にはすでにお手元に端末が届いている方も多いかと思いますが、

簡単にアップデートされた「ポイント」と「所感」、「MacBook 12インチとの比較」を綴っておきます。

 

きむきむ。
きむきむ。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で忙しい日々を過ごされているみなさん、本当にお疲れさまです。

 

それではさっそく内容を見ていきましょう。

 

↓「iPad Pro 12.9インチで買うべきアクセサリー8選」はこちら↓

【周辺機器】iPad Pro 12.9インチと一緒に買うべきアクセサリー8選【オススメ】今回は「iPad Pro」で使用できるオススメのアクセサリーを、8つご紹介します。 もちろん一部商品は「10.2インチのiPad」...

 

iPad Pro 2020でアップデートされたところ

<出典:Apple

新型iPad Proは外観的にはそれほど変化はないものの、中身は「いくつか変更点」が存在します。

具体的には

・プロセッサ A12X →A12X Bionic

・GPU 7コア → 8コア

・メモリ 4GB → 6GB(全モデル)

・ストレージ 64GB → 128GB

・超広角カメラの搭載 → 10MP f2.4

・LiDARスキャナの搭載(Light Detection and Ranging:光検出と測距)

・WiFi機能の強化

・LTEネットワークの強化

・Smart Keyboard Folio → Magic Keyboard

・実質的な値下げ (5,000円から1万円程度)

という内容です。

 

 

わかりやすくパワーアップところは、

・ストレージの増加

・超広角カメラの搭載

・Magic Keyboard

・実質的な値下げ

の4点です。

 

 

とはいっても、2018年に発表されたiPad Proがすでにオーバースペックであるため、

プロセッサやメモリの強化でどこまでiPad Proの進化を感じられるかというと、正直微妙な印象です。

 

きむきむ。
きむきむ。
すでに600ニトの輝度で120Hzですし、ディスプレイが進化したかどうかはわかりません。

 

私はiPad Proで動画の作成も行いますが、メモリ4GBでも特にもたつくことはありませんし、スペック面で不満はありません。

そう考えると今回のiPad Proは、iPhoneのSシリーズと同じように成熟したデバイスとして安心して購入できる端末です。

 

きむきむ。
きむきむ。
スペックうんぬんより、安くなり、ストレージが増えたのがありがたい。

 

Magic Keyboardは非常に魅力的

今回のiPad Proで、唯一「胸キュン」させられるポイントが、Magic Keyboardというアクセサリーの存在です。

 

 

iPad Proに複数カメラが搭載し、AR機能が強化されるのは既定路線だったため特に驚きはないですが、

Magic Keyboard

・トラックパッド付きキーボード

・バックライト

・シザー式キーボード

・USB PD(パススルー充電)対応

・お値段税込み 3.5万〜4万前後

・2018年発売のiPad Proでも使用できる

というSmart Keyboard Folioからのアップデートにはとても驚きました。

 

きむきむ。
きむきむ。
ちなみに2018年と2020年のiPad Proはサイズが同じなので、Magic Keyboardと「新型」のSmart Keyboard Folioは併用が可能です。カメラのスペースの違いです

 

そのため私のように2018年のiPad Proを持っている人でも、Magic Keyboardを購入するだけで気軽に進化を体感することができます。

 

 

Magic Keyboardとの組み合わせは、MacBook 12インチの代わりになるか?

ただそんな期待感あふれるMagic Keyboardですが、実際の使用面を考えるとまだ「時期早々」かもしれません。

というのもこちらはiPad Pro 12.9インチとMacBookの外観を比較した記事ですが、

 

↓「MacBook 12インチとiPad Proの外観比較写真」はこちら↓

MacBook 12インチとiPad Pro 12.9インチの外観比較(写真多め)先日プログラマーの友人宅へ遊びに行ったのですが、 英字キーボードのMacBook (Early 2015)があったので、iPad ...

 

iPad ProがMacBookよりも小さく軽い端末には仕上がっていないからです。

 

iPad Pro 12.9インチ (2018年)はトラックパッドが存在しないため、

液晶までの距離がMacBookと比べて非常に近くなります

そして縦長でとても画面が大きいです。

これはiPad Proの良い点です。

 

ただフットプリントを考えると、

iPad Pro 12.9インチとMacBook 12インチは、それほど変わりがありません。

むしろiPad Proの方が大きく、膝の上でタイピングがしづらいです。

 

きむきむ。
きむきむ。
このあたりはMagic Keyboardで改良されて欲しいところ。

 

インチからもわかる通り、MacBook 12インチよりもiPad Proの方が大きく、そして重たいです。

・MacBook → 920グラム。

・iPad Pro → 1,038グラム。

Magic Keyboard の重量はSmart Keyboard Folioよりも重くなるはずなので、

MacBookとiPad Proの重量差は、さらに広がるはずです。

「じゃあiPad Pro 11インチはどうなの?」

という声もわかりますが、

これまで頑なにフルサイズのキーボードをMacBookに載せていたAppleが、方針を変えてまで載せた11インチのiPadに

はたしてそこまでタイピングの良さを感じられるかと言うと、私は懐疑的です。

 

きむきむ。
きむきむ。
ただシザー式キーボードでバックライト付きなので、これまでで最高のキーボードであることに間違いはありません。

 

MacBookとiPadを比較する時は、実際に作業で行うことや機能面で比較することが多いと思いますが (主にiPadがパソコンを代替するか?という論調)

MacBook 12インチを求めるユーザーは単純にハードとしての完成度を重視するユーザーが多いはずです。

そのため

iPad Pro 2020は、iPadとしては歴代最高。

・ただMacBook 12インチの置き換えとして考えると、まだ不満は残る。

というのが私の印象です。

みなさんはどう感じていらっしゃいますか?

というか「MacBook 12インチの新型」と「iPhone SE2」はよ?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

 

【周辺機器】iPad Pro 12.9インチと一緒に買うべきアクセサリー8選【オススメ】今回は「iPad Pro」で使用できるオススメのアクセサリーを、8つご紹介します。 もちろん一部商品は「10.2インチのiPad」...
【USB-Cハブの比較】iPad Pro (2018) 第三世代にオススメの商品はこれ。皆さん、UBS-Cハブ、使っていますか? ここまでiPad Pro 12.9インチ (2018) 第三世代のフォトレビューを書いて...
Apple「AirPods Pro」の写真1
【レビュー】いまさら「AirPods Pro」を購入。今でも買うべき5つの理由【諦めないで】今更ですがAirPods Proを購入することにしました (というか、もう買いました) 今でも買うべき5つの理由をご紹介します。このタイミングで買うのは正直「微妙」だと考えていましたが、そんなことはありませんでした。...
新型iPad Pro (12.9)・アクセサリーの記事一覧(まとめ)この記事では、iPad Pro 12.9インチ(2018)第3世代モデルの「レビュー」と、その「アクセサリー」に関する記事をまとめて確認...