ガジェット

【レビュー】サンワサプライ 「HDMI切替機」で、テレビのポート不足を解決する【400-SW019】

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真21

リモコン操作に対応し、テレビやモニターのHDMIポート不足を解決するサンワサプライ「HDMI切り替え機」をご紹介します。

コンパクトで「手動切り替え」や「リモコン操作」に対応しています。

(別名で「HDMIセレクター / スイッチャー」とも呼ばれています。)

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

このところ「おうち環境」を良くするために、

など、いろいろ娯楽アイテムを買い集めています。

ただその結果何が起きたかというと、

テレビのHDMIポート不足です。

 

きむきむ。
きむきむ。
今使ってるテレビは発売してから10年近く経つ「よわよわテレビ」なので、基本スペックの低さはどうしようもありません。

 

HDMIポート不足を解決する方法としては

①ポートが豊富な「4Kテレビ」に買い換える (スマートテレビ対応のもの)

②「HDMI切替機」を購入する。

の2択でしたが、

今回はより安く購入できるサンワサプライの「HDMI切替機」を購入しました。

テレビは最低でも5年は使う高い買い物ですので、

サウンドバーを買った直後なのにテレビを手に入れるのは完全に予算オーバーでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また「HDMI切替機」なら、パソコンのモニター用にも使えるので汎用性が高いですしね。

 

ということで、今回は新しく購入したサンワサプライ「HDMI切替機」をご紹介します。

4Kテレビに対応しており、USB給電(セルフパワー / パスパワー駆動)がついているので電力の供給不足にも強いタイプのアイテムです。

 

きむきむ。
きむきむ。
「Fire TV Stick」などはHDMI切替機ごしに使うと動作が不安定になりがちなので、自分でチャージできる「HDMI切替機」が最強です。

 

サンワサプライ「HDMI切替機」の開封 (400-SW019)

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真1

それではさっそく、サンワサプライ「HDMI切替機」を開封していきましょう。

ちなみに基本スペックとしては、

・3入力1出力 (ゲーム機やHDDレコーダーが3つ挿せて、1つの画面に出力)

・完全手動切り替え (自動切り替えではないため、勝手に画面が切り替わらない)

・リモコン付属 (ソファに座りながら、簡単切り替え)

・USB給電ケーブル付属 (動作が安定しやすい)

・4K/30p信号に対応 (2K/60p)

・Dolby True HD、DTS HD Master Audio 対応

・コンパクトで劣化しにくい金メッキ加工

となっています。

HDMI切替機」を使うことで、

元々1個だったHDMIポートを「3個」に増やすことのできる製品です。

 

きむきむ。
きむきむ。
つまり、テレビに2つ新しい製品をつなげることができます。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真2

HDMI切替機」の梱包は段ボールのシンプル包装です。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真3

中身はトレーで分けられており、下部に「ケーブル」や「説明書」が入っています。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真4
きむきむ。
きむきむ。
同梱物はこれで全部です。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真5

HDMI切替機」の説明書は、結構びっしり細かく説明がされています。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真6

この記事を書いていて初めて気づきましたが、

接続方法の注意点として、

ケーブルの長さは3〜5メートルのもの「推奨」と記載がありました。

市販されてるものの多くは長さが2メートルまでなので、この表記には驚きました。

 

きむきむ。
きむきむ。
実際に私は1.5〜2メートルのHDMIケーブルを使っていますが、今のところ問題は起きていません。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真7

HDMIケーブルの使い方も、図入りで細かく説明されており好印象です。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真8

そしてこちらが、サンワサプライ「HDMI切替機」の同梱物です。

・HDMI切替機本体

・USBケーブル (給電用)

・リモコン

・IR受信ケーブル (リモコン用)

リモコンや給電ケーブルは全部装着した方が好ましいですが、

ライトな用途の場合は、「HDMI切替機」本体のみ「テレビ」や「モニター」に接続させるのもOKです。

 

きむきむ。
きむきむ。
ケーブルが多いのはやはりわずらわしいですから、動作に支障のない範囲で付属品を装着させるかどうか決めてください。

 

サンワサプライ「HDMI切替機」の外観 (400-SW019)

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真9

それでは、サンワサプライ「HDMI切替機」の外観を見ていきましょう。

コンパクトサイズでスッキリ配置できるのが魅力な商品ということで、

手にした第一印象としては「軽い」という言葉が頭に浮かびます。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真10

表にある「黒丸」が、HDMIの切り替えボタンです。

例えば

・1ポート目 → Fire TV Stick

・2ポート目 → PS5

・3ポート目 → パソコン

と接続されている場合、

ボタンを1回押せば、PS5やパソコンの映像を、テレビやモニターに映すことができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
リモコンを使わない場合は、必要な時この「黒丸ボタン」を押しましょう。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真11

そしてこちらが

・HDMI インプット 1〜3

・HDMI アウト

・DC 5V (USB給電ケーブル用)

です。

HDMI アウトは、テレビやモニターに映像を流すためのポートで、

1番右側は給電用ポートです。

 

きむきむ。
きむきむ。
動作を安定させるためには、「給電ポート」を使用するのが好ましいです。

 

ちなみにサンワサプライの「HDMI切替機」は金メッキ加工が施されており、

・サビなどの劣化に強い。

・接触不良を防ぐ。

といった効用があるそうです。

 

きむきむ。
きむきむ。
HDMI切替機」は毎日使うものなので、耐久性が重要です。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真12

真上から映すとこのようになっています。

ランプが付いており、使用されているHDMIポートのところが光ります

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真13

またサンワサプライ「HDMI切替機」の底面には滑り止めがついています。

 

きむきむ。
きむきむ。
中央には「シリアルナンバー」が記載されています。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真14

HDMI切替機」のサイズとしては、「60 × 115 × 21.4mm」で

4.7インチのiPhone 8よりサイズは小さめです。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真15

厚みは、コンビニで売られているガムより少し厚いくらい。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真16

重量は78グラムで、うまい棒8個分の重量です。

 

きむきむ。
きむきむ。
見た目より重さは全くありません。

 

サンワサプライ「HDMI切替機」のセッティングと使用感 (400-SW019)

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真17

そしていよいよサンワサプライ「HDMI切替機」のセッティングです。

リモコンのそばにあるケーブルが、リモコンの指示をキャッチするIR受信ケーブル

右側にあるのが、給電用のUSBケーブルです。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真18

まず

・Fire TV Stick

・Nintendo Switch

の2つを繋げてみました。

 

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真19

Fire TV StickがONになっているので、

1番左側のランプが光っているのが見えますでしょうか?

まあ実際は、このランプを目視で確認することはあまりありません。

というのも、

ボタンを押せば比較的速く画面が切り替わるので、

ランプを見るよりテレビ画面を見つめる方が、素早くどのHDMIポートが使われているのか判別することができるからです。

HDMIを切り替える時、

IR受信ケーブルがある方向へ向かってリモコンで指示する必要がありますが (電波がちょっと弱い?)

設置場所さえ整えてあげれば、不自由なくHDMIポートの切り替えが可能です。

 

きむきむ。
きむきむ。
HDMI切替機」の本体が小さいので、どこに設置したか忘れないようにしましょう。

 

まとめ。サンワサプライ「HDMI切替機」は、HDMI端子が足りない時に増やせて超便利

サンワサプライ HDMI切替機「400-SW019」の写真20

以上、サンワサプライ「HDMI切替機」をご紹介しました。

まとめると、

・HDMIポートを2つ増やせる (3入力1出力)

・ゲームやパソコン、HDDレコーダー、Fire Stick TVを繋げるのに便利

・4K/30p信号に対応 (2K/60p)

・リモコン付属で完全手動切り替え対応

という内容でした。

サンワサプライの「HDMI切替機」は、地味なところですが、

・自分で給電できる。

・自動切り替えでなく完全「手動」切り替え。

というところも、使い勝手がよくて気に入っています。

HDMIポートがたくさんあっても、

実際に気軽に使えなければ、意味がないからですね。

HDMIの端子不足が解決し、とても満足しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
自室用にApple TVが届いたら、同じものをまた購入しようと考えています。

 

参考にして頂ければ幸いです。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

エプソンエコタンク 「EW-M630TW」の写真56
【レビュー】エプソン エコタンク 「EW-M630T」の使い心地と初期設定について徹底解説【写真多め】インク代の悩みから解放してくれるエプソン エコタンク「EW-M630T」をご紹介します。 「物理ボタン」が多く、「カラー液晶」なのでキヤノンより使いやすくて気に入っています。...
任天堂「NIntendo Switch アクセサリー・周辺機器・アイテム41選」の写真
【Nintendo Switch】本当に「役立つ」周辺機器・アクセサリー ベスト 42選 【オススメ】Nintendo Switch (スイッチ)をもっと楽しむために、便利で役立つ「周辺機器・アクセサリー」をご紹介します。 子供から...
サンワサプライ 「雷ガードタップ 10個口 3m 」の写真 1 (TAP-SP2110-3BK)
【レビュー】サンワサプライ 「雷ガードタップ 10個口」デスク周りを強くする電源タップサンワサプライの頼れる電源タップ「雷ガードタップ 10個口 3m」をご紹介します。 「雷ガード」や「マグネット」は当たり前。 ブレーカー内蔵で、1500Wを超えたら自動的に電源がオフになるなど多機能な「電源タップ」です。...
「ロジクール MXパームレスト MX10PR」の写真1
【レビュー】ロジクール 「MXパームレスト」(MX10PR)を「MX KEYS」とセットで使ってみたロジクール「KX800 MX KEYS」を購入する際にオススメされる、「MXパームレスト」(MX10PR)をレビューしていきます。 果たして2,000円の価値がある商品なのでしょうか?...

 

こんな記事はいかがですか?