MENU
家電

【電動お掃除ブラシ レビュー】防水でコードレス。腰痛持ちのお風呂掃除に役立つ「QXJ-M1」【NPOLE電動バスポリッシャー】

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

年末年始、こびりついた汚れを落とすのにすっかり腰が痛くなってしまった方はいませんか?

今回ご紹介するのは、そんな腰痛が悩みのあなたにピッタリな電動お掃除ブラシ、NPOLE「QXJ-M1」です。

 

 

きむきむ。
きむきむ。
「電動バスポリッシャー」とも言いますね。

 

生活の質を向上させてくれる製品は様々なものが存在します。

例えば

・ドラム式洗濯機

・食器洗い機

・掃除機(ルンバ)

・マットレス

・オフィスチェア

どの製品も一度体験してしまったら、それ無しの生活には戻れない「禁断のライフハック」です

ただ唯一の欠点は、

 

きむきむ。
きむきむ。
めちゃんこ高い。

 

ということ。

最低でも「5万円」は予算が欲しいですし、あれこれ商品の比較をするのも面倒くさいです。

そんな面倒くさがりの私が1万円以内で生活の質を向上させるべく、今回新しく購入したのが、「電動お掃除ブラシ」

いわゆるコードレスで、立ったままお風呂場やキッチン、床の掃除ができる電動バスポリッシャーです。

 

きむきむ。
きむきむ。
しかもブラシは取替えが可能なので、用途に合わせてブラシの選択ができます。

 

個人的にお風呂の掃除はかなりの重労働と考えておりまして、

浴槽の中や壁をピカピカにするのは疲れるだけでなく、時間もかかります

立ったりしゃがんだり、浴室で滑る危険性もありますし、

もし「ぎっくり腰」にでもなってしまったら、その他の家事や仕事が全て出来なくなってしまいます。

 

きむきむ。
きむきむ。
前々から対策しようと思ってましたが、ついに電動お掃除ブラシを買ってやったぜ。

 

というわけで今回は、NPOLE「QXJ-M1」をレビューしていきます。

日本だとあまり聞き慣れないメーカーですが、Amazonで電動お掃除ブラシのみ取り扱っているショップになります。

選んだポイントは、

・1万円以下で買える。

・最低3つのブラシが付いている。

・防水、コードレス、充電がシンプル。

・バッテリーのリチウム電池が国際規格に沿っている。

・用途に合わせ、ブラシ本体の長さを長くしたり短くできる←超重要。

・Amazonの解説動画がわかりやすい。

というものです。

 

きむきむ。
きむきむ。
ではさっそく中身を見ていきましょう。

 

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の開封

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

電動お掃除ブラシ「QXJ-M1」は、化粧箱のダンボールそのまま自宅に届きました。

直径約65センチ、発送重量1.8kg。

「コードレスの家電」と聞くとダイソンのような掃除機をイメージしますが、商品のパッケージは非常にコンパクトで軽量です。

コードレスの掃除機と比べて発送重量がおよそ半分以下なので、それほど受け取りの心配を気にせず玄関で受け取ることができます。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

ではNPOLEの「QXJ-M1」を開封していきます。

付属品も全て公開していきます。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

まず

・電動お掃除ブラシ本体

・取り扱い説明書

の2点。

取り扱い説明書は日本語で書かれており、解説がとても丁寧です。

電動お掃除ブラシ本体に関しては、後ほど詳しく見ていきます。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。次に付属品です。

・大円ブラシ

・フラットのブラシ

・尖ったブラシ

・USB充電ケーブル

・よくわからないアクセサリー

NPOLE「QXJ-M1」の特長は、初めから3つのブラシが付いていることです。

電動お掃除ブラシは先が固定式のものもありますが、こちらは用途に合わせてブラシを取り替えることができます

イメージとしては、このような使い方です。

・大円ブラシ→ 浴槽・シンク・カーペット。

・フラットのブラシ→ 浴室・キッチン・カーペット。

・尖ったブラシ→ 上記のブラシが入りづらいところ。

 

きむきむ。
きむきむ。
ちなみに、上位モデルは5つのブラシが付いていきます。

 

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

日本語で書かれた取り扱い説明書も丁寧です。

ここでは「本体」と「付属商品」の説明、「バッテリーのスペック」などが書かれています。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

図が入っているため非常にわかりやすく、かなり日本市場を意識して作られているのがわかります。

 

きむきむ。
きむきむ。
Amazonの商品説明を見るとたまに怪しい日本語(やフォント)がありますが、気合の入った商品ページが作られています。

 

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の外観

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

では電動お掃除ブラシの「QXJ-M1」の外観を見ていきましょう。

QXJ-M1は全長69cmで防水に対応したコードレスの電動お掃除ブラシです。

・浴槽

・タイル

・床

・窓

・ワックスがけ

に使用することができ、

4時間の充電で50分から120分使用することができます

USBケーブルで充電します。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

こちらがブラシの取り付け部分。

シンプルな作りなので、取り付けは説明書を読まなくても大丈夫です

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

次は持ち手の部分です。

丸い「電源ボタン(スイッチ)」とバッテリーの残高を示す「インジケーター」が見えやすいところに配置されています。

また輪っか(ストラップ/掛け縄)がありますが、こちらはそれほど強度が高くありません。

QXJ-M1」をしまうときは、

全長69cmと小さいのでそのまましまうことをオススメします。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。QXJ-M1」のもう1つの特長は、

電動お掃除ブラシ本体の長さを調節できることです。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

普段は全長69cmしかありませんが、

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

103cmまで電動お掃除ブラシ本体の長さを伸ばすことができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
30cm伸びることができれば、かなり腰痛への負担が少なくなります。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

そして先程もご紹介したブラシの取り付け部分。

ただブラシを付けて回すだけなので脱着がスムーズに行えます。

 

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」のブラシ

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

NPOLE「QXJ-M1」には3本のブラシが付属します。

・大円ブラシ→ 浴槽・シンク・カーペット。

・フラットのブラシ→ 浴室・キッチン・カーペット。

・尖ったブラシ→ 上記のブラシが入りづらいところ。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

電動お掃除ブラシ本体の取り付け部分に、ブラシを入れて回して装着していきます。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

「大円ブラシ」を装着した状態。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

「フラットのブラシ」を装着した状態。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。「尖ったブラシ」を装着した状態です。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

ちなみにNPOLE「QXJ-M1」は、本体の長さを伸ばすだけでなく、

ブラシ部分も「角度調節」することができます

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

0〜80°の角度まで調整が可能なので、

是非ブラシや落とす汚れに合わせてこまめに角度調整を行って下さい。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

ちなみにブラシの重さですが「軽量」です。

最も重いもので140グラム。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

79グラム。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

そして65グラムです。

本体と合わせても1kg前後の重さなので、十分「片手で」電動お掃除ブラシの利用が可能です。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

最後に充電方法についてご紹介します。

充電は、Micro USBケーブルを使用します。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。持ち手の裏側にMicro USB端子がありますので、そこに付属する充電ケーブルを指します。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

充電ケーブルを差すと、このような状態になります。

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。

後は充電ケーブルをコンセントにつなぐだけ

電動お掃除ブラシの充電状況に関しては、ライトが点滅するのでそれを確認するようにしてください。

4時間の充電で、50〜120分間使用できます。

 

 

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」を使用した感想

電動お掃除ブラシNPOLE「QXJ-M1」の画像。実際にNPOLE「QXJ-M1」を使用した感想ですが、

個人的には、5段階評価で

・汚れの落ち具合→★★★☆☆

・騒音→→★★★★☆

・バッテリーの持ち→★★★★☆

・重量→★★★★☆

・使いやすさ→★★★★★

・コスパ→★★★★★

という評価です。

一言でいうと、

期待していたよりも非力だけど、「それなりに役立つ」製品

というイメージです。

こうした電動の商品。

例えばダイソンであれば「吸引力」が重要な要素ですが、

「電動お掃除ブラシ」はまだパワーがそれほど十分ではない印象があります。

もちろん掃除するのが楽になり、結果として時短に繋がっているので満足度は高いのですが、

手で洗うより劇的に綺麗になるか?」と言われると、そうでもありません。

 

きむきむ。
きむきむ。
むしろ汚れの落ちは、洗剤にこだわった方が良いですね。

 

だからこそまだ大手メーカーが参入していないのかもしれませんが、

電動お掃除ブラシを買うメリットは

「電動お掃除ブラシを買う→劇的に汚れが落ちる」ではなく、

 

「電動お掃除ブラシを買う→負担が少なくなる」

というのが、最大の魅力です。

今まで手作業で行っていたことを機会に任せ、お風呂掃除という重労働の負担を軽減させるのが目的の商品です。

 

きむきむ。
きむきむ。
「汚れのオチ」ではなく、「掃除の負担を軽くする」ために電動お掃除ブラシを「導入する」のが正解。

 

NPOLE「QXJ-M1」は、そのあたりのバランス感覚が非常に優れた商品です。

約1kgと軽いにも関わらず50分から120分の使用に耐え、充電時間も4時間とそれなりに短いです。

値段的にもコスパが高く、初めの1台やプレゼントとして勧めやすい製品だと感じました。

 

きむきむ。
きむきむ。
電動なので、「天井を洗う」のにめっちゃ便利です。

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

↓「3つのブラシ付き。エントリーモデル」はこちら。

 

↓「5つのブラシ付き。ハイエンドモデル」はこちら。

 

2019年モデル フィリップス ソニッケアー 電動歯ブラシ HX6536/01の写真
【電動歯ブラシ】コスパ最強。2,000円台で買えるフィリップスの「ソニッケアー」HX6526をおすすめできるか試してみた【レビュー】歯を失う原因の1番の要因は、「歯周病」と言われています。 皆さんも1度はどこかで聞いたことがある言葉だと思いますが、 「歯周...
「パナソニック エチケットカッター ER-GN31 鼻毛カッター 」の表紙画像。
【鼻毛・眉・ヒゲ・耳の毛】パナソニック「エチケットカッター」の選び方家庭用鼻毛カッターの出荷台数において、8年連続No.1を記録したパナソニックのエチケットカッター。 今回はその「商品の選び方」につ...
サンワサプライ「USB扇風機 400-TOY039BK」サンワダイレクトの写真1
【レビュー】3WAY式の「USB扇風機」が「コードレス」で意外に便利だった件【サンワサプライ】暑さ対策として人気を集めているサンワサプライ「USB扇風機 (400-TOY039BK)」をご紹介致します。 いくら「充電式」で風力を...
アイリスオーヤマ 「サーキュレーター」「PCF-HD15-W」の写真1
【レビュー】Amazon 人気NO.1 「サーキュレーター」がやってきた【アイリスオーヤマ】Amazonのサーキュレーター「売れ筋ランキング」で1位のアイリスオーヤマ「PCF-HD15-W」をご紹介します。 いつの間にか4...