ガジェット

「iPhone 11」に搭載された超広角レンズを見て、ニコンの発売停止になったコンデジ、DLシリーズを思い出した話し

iPhone 11に「超広角レンズ」が搭載されました。

その焦点距離は12mmととても短く、ファーウェイのP30 ProやSONYのXperia 1の16mmよりかなりインパクトのある数字となっています。

(ちなみにサムスンのGalaxy Note10は12mmとさらに短くなっています)

こうした超広角レンズの採用は、写真を撮る際により幅広く景色を撮影するのに役立ちます

日常的なことで言えば、飯テロ用に写真を撮影する際に、椅子から立たずに全体像を移すのがかなり楽になります。

子供やペットの写真を撮る際にも、景色を写真に大きく写り込ませることができるため、よりかわいらしく被写体を映し出すことができます。

そんな便利な超広角レンズですが、

iPhoneで搭載されると聞いた時、私はニコンの幻のコンデジ、DLシリーズを思い出しました。

なぜかというと、この高級コンデジには広角を強みとした商品が存在したからです。

ただ惜しむらくはこのコンデジ、発売まで目前に迫りながら発売が中止になりました。

すでにパンフレットや宣伝用の動画まで公開されていたため、非常に衝撃的なニュースでした。

ということで今回は、

超広角レンズを搭載したニコンDLシリーズ「DL18-50 f/1.8-2.8」について書いていきます。

すでにご存じの方は「そんなことがあったね」、初めて聞く方は「iPhoneのカメラめっちゃ楽しみじゃん」と感じて貰えたら嬉しいです

ではさっそく内容を見ていきましょう。

 

ニコンDLシリーズ「DL18-50 f/1.8-2.8」

<出典:ニコン

ニコンDLシリーズは、ニコンが2016年に発表した高級コンデジです。

1インチの裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、105点のハイブリットAFエリアと、171点のコントラストAFエリアによって被写体の撮影が容易に行なえます。

また位相差AF追従で最高約20コマ/秒の高速連続撮影が可能など動体撮影にも適しています。ナノクリスタルコートもあります。

こうした従来のコンパクトデジタルカメラよりも画質がよく、オートフォーカスも優れているカメラといえば、今ではソニーのRX100が有名です。

つい先日にも約15万円もする高級コンデジ、RX100Ⅶ(マーク7)を発売したばかりですしね。

RX100は2012年に発売されたにも関わらず、2019年のモデルまで7機種全てが未だに併売しているというスペシャルな商品です。

iPhoneでいうと、

・iPhone 11

・iPhone XS

・iPhone X(8)

・iPhone 7

・iPhone 6s(SE)

・iPhone 6

・iPhone 5s

が全てお店で購入できるイメージです。

さすがにちょっと普通じゃないですよね。

Appleは国によって発売する端末を分けていますが、さすがにiPhone 5sはもう発売していないと思います。

2017年にインドでiPhone 5sが激安価格で発売されたことはニュースになりましたけど、それっきりiPhone 5sの話しは聞かなくなりました。

あ、iPhone SE、6、6sシリーズが終了になるというニュースは今年の夏にありましたね。

話しを戻しますと、このSONYの1インチのセンサーを積んだ高級コンデジ。

発売当時の頃は「売れない」との見方も多かったのですが、売れちゃいました。

そこへ業界の雄であるニコンが参入するということもあり、期待感が膨らみました。

DLシリーズの主なラインナップは

・DL 18-50 f/1.8-2.8

・DL 24-85 f/1.8-2.8

・DL 24-500 f/2.8-5.6

の3機種です。

その中でも特に広角の18-50と望遠の24-500に注目が集まりました。

今でもそのときのプロモーション用動画を見ることが出来ます。

 

3機種すべての紹介はこちらですね。

 

iPhone 11は、DL18-50よりも幅広く景色を切り取ることができる

<出典:Apple

この「DL 18-50 f/1.8-2.8」の宣伝用の動画で記憶に残っているのが、

水上都市ベネツィアでのフォトシューティング動画でした。

今回調べた際には動画を発見することが出来なかったのですが、

コンデジで街中をこんなにも美しく撮影できるのか

と当時カメラのことを全く知らなかったの私を興奮させてくれました

そのときの感動が強かったため、

「きっと超広角だったのだろう」と解釈したままだったのですが、iPhone 11の発表で改めてスペックを見てみると驚きました。

 

「18mmじゃん! iPhone 11の13mmの方が広く写真撮れるじゃん!」と。

ツイッターではキヤノンの実売価格23万前後「14mm F2.8」と比較している人がいる始末。

もちろん比較するのはおこがましすぎますが、

それでもiPhoneで何も特別なことをしなくても広い写真が撮れるのは嬉しすぎます

そうしたアイテムは100均(ダイソーとか)で「装着式レンズ」として売られていますが、

実際に使ってみるとかなりぼやけた写真になってしまいます。

望遠ではなく、広角側のレンズを補強したAppleは、ホントよくわかってるなと思います(なぜか上目線)

本当に素晴らしいと思います。

望遠よりも、確実に実用的だと言うことができます。

 

まとめ

ということで、「iPhone 11の超広角レンズとニコンの高級コンデジ」に関する記事でした。

まとめると

iPhone 11に超広角レンズが搭載!→そういえば、広角レンズがウリの高級コンデジがあったな→iPhoneの方が、広く写真撮れるじゃん!→iPhone 11最強!

という私の感情の起伏を表した内容でした。

価格的にもiPhone 11は安く、前モデルのiPhone XRと比較しても、値段は1万円しか変わりません

 

2019年新型iPhone発表。「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」の価格を確認しつつ、現行モデルの値下げ額を知る。日本時間9月11日、Appleの新型スマートフォン、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro M...

 

そのため新品で買うならやはりiPhone 11の方がお買い得ですね。

アップルにしては珍しくバーゲンプライスです。

カメラに興味がない方も、あれば便利に感じる機能です

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

「DJI OSMO POCKET (オズモポケット)」の画像
【開封の儀】DJI Osmo Pocket(オズモ ポケット)がやってきた【VLOG】先日メインスマホを「iPhone 8 Plus」へ乗り換えたばかりですが、 新年が始まって早々、2つ目の興味深いデバイスを購入致し...
【ドライバー不要】自宅にあるカメラを簡単に「Webカメラ化」するHDMI-USBアダプタ【Macにも対応】一眼レフやミラーレスカメラを簡単に「Webカメラ化」するアダプターが、アイ・オー・データ機器から発売されましたよ。 もちろんMac...
Apple「AirPods Pro」の写真1
【レビュー】いまさら「AirPods Pro」を購入。今でも買うべき5つの理由【諦めないで】今更ですがAirPods Proを購入することにしました (というか、もう買いました) 今でも買うべき5つの理由をご紹介します。このタイミングで買うのは正直「微妙」だと考えていましたが、そんなことはありませんでした。...
シャオミ「Miスマートバンド5」とファーウェイ「HUAWEI BAND 4 Pro」の比較画像
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」とファーウェイ「Band 4 Pro」の違い【スペック最高】シャオミ「Miスマートバンド5」と「HUAWEI Band 4 Pro」を比較していきます。 どちらも甲乙つけがたい、素晴らしいウ...