ガジェット

【Smart Keyboard Folioレビュー】iPad Pro 12.9インチの重さや便利だった使い方

iPad Pro 12.9インチ (2018) 第三世代対応の、「Smart Keyboard Folio」のレビューを行っていきます。

こちらのキーボード、お値段がなんと「約25,000円」と、大分高くなっています。

Apple Pencil (第二世代)が約15,000円なので、2つ合わせたら約4万円

およよ、最新のiPad miniの購入もチラついてきますよ(税抜き45,800円)

ということで、なかなか購入するのを躊躇してしまうSmart Keyboard Folioですが、
検討する際の参考になればとレビュー記事を書いてみることにしました。

良かったら一緒に清水寺から飛び降りてください

では、スタートです。

 

 

↓「Apple Pencil & Smart Keyboard Folio フォトレビュー」はこちら。

iPad Pro 12.9インチ用 Smart Keyboard Folio, Apple Pencil
【フォトレビュー】Apple Pencil & Smart Keyboard Folio。iPad Pro 12.9インチ(2018)第三世代対応iPad Pro 12.9インチのアクセサリーについて書いていきます。 今回は、「Apple Pencil(第二世代)」と「Sma...

 

Smart Keyboard Folio レビュー

外観写真

iPad Pro 12.9インチ用 Smart Keyboard Folio,Smart Keyboard Folioのパッケージです。

開封するときは、やはりワクワクしますよね。

 

iPad Pro 12.9インチ用 Smart Keyboard Folio,

新しい製品は良いですなー。

 

iPad Pro 12.9インチ用 Smart Keyboard Folio, Apple Pencil

iPad Proとは、マグネットでSmart Keyboard Folioと接続します。

取り付けるときは簡単ですが、外すときはマグネットが強いので、意外と力が必要です

 

iPad Pro 12.9インチ用 Smart Keyboard Folio

装着完了!かっこいいですな。

 

iPad Pro 12.9インチ用 Smart Keyboard Folio, Apple Pencil

上から見ると、こうなります。

iPadを立てかけるときは2段階に調節できます。

トラックパッドがないため、画面との距離は、パソコンよりもかなり近めに感じますよ。

 

iPad Pro 12.9インチ用 Smart Keyboard Folio, Apple Pencil

iPad Pro 12.9インチとSmart Keyboard Folioを組み合わせた時の重さは、

約1,038グラム」です。

 

↓より詳細な「Apple Pencil & Smart Keyboard Folio フォトレビュー」はこちら。

iPad Pro 12.9インチ用 Smart Keyboard Folio, Apple Pencil
【フォトレビュー】Apple Pencil & Smart Keyboard Folio。iPad Pro 12.9インチ(2018)第三世代対応iPad Pro 12.9インチのアクセサリーについて書いていきます。 今回は、「Apple Pencil(第二世代)」と「Sma...

 

 

主な使いみち

約25,000円と、けして安くはないSmart Keyboard Folio

こちらを購入して、私が行いたかったこととその感想を書いていきます。

iPad Pro 12.9インチを、電子辞書の代わりとして使いたい!

まずは「電子辞書代わりに、iPad Proを使用したい」、というものです。

<背景>電子辞書の経年劣化とiPad mini 4のキーボード。

今までは、英語の学習として「電子辞書」、それも10年以上前のものを使用していました。

しかし経年劣化によるキーボードの質の悪化と、キーの印字が擦れて見えなくなってきました。

また画面もカラーではなくモノクロで、バックライトを付けなければ見づらくなってきました。単純に高画質のスマートフォンやパソコンを使用していることもあり、そろそろ乗り換えなければと考えるようになりました。

その間、iPad mini 4でも電子辞書代わりに活用するようになりました。

こちらはかなり動作や液晶の面で快適で、唯一の泣き所が、キーボードでした。

マイクロソフトの「Universal Mobile Keyboard」という商品を使用していて、非常に満足度の高い商品でした。

 

キーボードが持運びできるほど小さく、打鍵感もすぐれ、なによりiOSとWindows、そしてAndroidとそれぞれ別々にペアリング物理キーで使用する端末の切り替えができました。

ただ突然故障してしまい、すでにディスコンとなってしまったことから代わりのものが手に入らなくなってしまいました。

つなぎの商品としてAnkerの格安キーボードを購入しましたが、iPadとのBluetooth接続のところで、Windowsのものと比べパフォーマンスに不満がありました。

 

<感想>iPad Proを電子辞書として導入した結果

そこで次にキーボードを購入するときは、有線のものか、優れたモバイルキーボードのものを検討することにしました。

「電子辞書の代わり」という意味では、サイズ的に新しく発売されたiPad mini 5にSmart Keyboard Folioが対応するのが理想的でしたが、

ないものねだりをしても仕方がないので、iPad Pro 12.9インチにしました。

iPar Pro 12.9インチのすごいところは、下記の通り、横にするとiPad mini 4を2枚表示させたのと、同じ画面サイズになることです。

そのため、iPad Pro 12.9インチでは、

例えば画面の左側に、読みたい英語の記事。

右側に、英和辞典や英英辞典を表示させて学習ができるようになりました。

右側のアプリと左側のアプリを逆にすることもできます

 

もちろん、画面のサイズをさらに調整させることもできます。

 

 

また物書堂の辞書アプリを使えば、複数の辞書を切り替えての検索が可能なため、必要な情報を探すのがとても楽になりました。

入っているコンテンツの差から、完全にはまだ電子辞書からの切り替えは出来ていないのですが、今後もiPadのアプリを補充していく中で、最終的には全てiOSに移行する予定です。

iPadだけでなく、iPhoneでもアプリは使用できますからね。その方がいつでもどこでも調べたいことを検索することができます。

 

 

出先やTV、読書時のメモ端末として使いたい!

こちらは単純に、入力デバイスとしてiPad Proを使用したい、というものです。

 

<背景>私のデバイス環境

家の環境としてMacBook Pro 15インチやiMacはあるのですが、1kg前後のデバイスが現在存在しません。

ただ日常的にTVや書籍で学んだことをメモに残しておく習慣があるため、より気軽にそれを行い、必要に応じて赤ペンで添削し、さらにパソコンとデータを共有できる端末を探していました。

ポイントとなったのは、「気兼ねなくメモ帳を開くことができる」という点で、

パソコンはディスプレイを開くたびにパスワードを入力する必要があることが手間でしたし、ポメラはペンがありませんし、Surface ProはMacとの提携のことろで不満がありました。

となると、有線で、画面のロック解除が簡単なのは最新の12.9インチと11インチでした。

10.5インチのiPad Proも十分な性能を兼ね備えていますが、より紙に近い環境を求めた場合、ベゼルレスが良いと判断しました。Apple Pencilも前の世代のものであるため、あのペンシルの長さが好みではありませんでした。

12.9か11インチかの選択は、複数のアプリを開きたい考えがあったため、12.9インチになりました。

 

<感想>実際にメモ端末として使用してみた結果

メモ帳としての感想は、今の所短期間の使用であれば、満足しています。

というのも、なんといっても起動が速いからです。

iPad Proを立ち上げるときは、Face IDで画面をタッチせずにキーボードのみでホーム画面まで進むことができますし、

Bluetoothのようにキーボードの接続で待ったり、繋がるかどうか心配する必要がなくなったので、精神的に煩わしいと感じたことから離れられました

打鍵感は好みが別れるものの、OS側の文字の変換速度が今まで以上に早くなったため、それほどストレスがありません。パソコンほど賢くはありませんが、頻繁に使用する言葉はユーザー辞書で補うことができますし、仕事などでメインで使うのでなければ、許容範囲内かと思います。

想定する用途とは違ったけど、めっちゃ便利だったこと

購入する前は全く想定していなかったけど、実際に役立ったことがあります。

それは、Smart Keyboard Folioが「三脚代わりになる」、ということです。

私はiPad Proをカメラやビデオとして使用するのですが、

というか、購入する前はその用途で活用する予定はなかったのですが、実際にその方法でのiPad Proの使用がとても便利なので、習慣として定着しました。

 

友人たちとカラオケに行って動画を撮影する時、カメラでタイマーを設置するときなど、iPad単体では液晶を立たせることができないのですが、Smart Keyboard Folioなら、それが可能になります。

iPad Pro 12.9インチ の良いところは、その画面の大きさです。

撮影した写真や動画は、その場で友人たちと閲覧したり、加工したり、シェアを行います

そのときにキーボードが三脚、いわゆるDockの役割を果たしてくれるので、両手でiPadを支えることなく、画面の内容を見やすい角度で閲覧して話しあうことができます。

ケース側でiPadを立てることができる商品もありますが、そのケースと、無線のキーボードを持ち運んだ時の重さを考えると、中々トータルでSmart Keyboard Folioの重量に勝つことは難しいと思います。

iPad Pro 12.9インチ用 Smart Keyboard Folio, Apple Pencil

というわけで、アクセサリー込のiPad Pro 12.9インチが、1,057グラムというのは、パソコン比べるとそれほど軽くはないのですが、

できることを考えると、パフォーマンスが高いと考えるようになりました。

だって、パソコンで写真や動画を撮ろうとは思わないですもの、普通

 

 

使用して不満に感じたところ

もちろん不満もあります。

ファンクションキーがない

まずは、ファンクションキーがない

Smart Keyboard FolioとiPad Pro 12.9インチのトータルでの重さは、私はそれなりに満足しています。十分に実用的な範囲内だと思います。

でも、ファンクションキーがありません。これはいけません。

ファンクションキーがない、ということは、ショートカットキーがない場合は、画面にタッチしなければなりません。これは非常に不便です。

またすでに記事にしていますが、2010年発売の初代iPadですら、ファンクションキーは付いています。

 

↓「君は初代iPadを知っているか?iPad Proとの外観比較」はこちら。

君は初代iPadを知っているか。iPad Proとの外観比較皆さんは2010年に発売された、初代iPadのことを覚えていますか? え?いきなりそんなことを言われても、いつの話しか想像できない...

 

その意味で、トータル的には満足しているけれど、以前の商品と比べて負けているところもあると思います。

 

↓「MacBook 12インチとiPad Pro 12.9インチの外観比較」はこちら。

MacBook 12インチとiPad Pro 12.9インチの外観比較(写真多め)先日プログラマーの友人宅へ遊びに行ったのですが、 英字キーボードのMacBook (Early 2015)があったので、iPad ...

 

1時間タイピングしたら疲れる

次に打鍵感に関する話です。

まだキーボードに慣れていなく、キーを押す指の力が強すぎることも影響しているのですが、私の場合は1時間ほどすると指が痛くなります

がっつり作業をするときはパソコンを使う、など役割を明確に分ければよいのですが、

無線やUSB-Cで有線キーボードでもっとタイピングしやすいキーボードが使用できることを考えると、「同じ価格帯のものより打ちやすい」ということはあまり期待しないほうが良いと思います。

 

デザインが無機質

そして、最後にデザインです。

英字キーボードが選べるのは良いですが、カラーが1種類と選べず、しかも暗めな色合い。

背面にAppleのロゴもないですし、どちらかというと大きな手帳などのファインダーのような、文房具に近いデザインをしている気がします。

個人的には、かっこいいともオシャレとも思えず、無機質で無個性なケースだなぁと思います。今後使い勝手の良さにより、商品に愛着が湧くかどうか検証してみます。

 

 

結論

Smart Keyboard Folioの良かったところ

結論としては、Smart Keyboard Folioの良いところは下記の3点です。

・iPad Proでのキーボード入力を、安定して行うことができる(英字もある)

・画面を立たせ、キーボード入力もできることを考えると、軽い。

・デタッチャブル。

すでに書いていることばかりですが、ここでは「デタッチャブル」ということに書いていきます。

その単語の通り、この「取り外しが可能」というのが、Smart Keyboard Folioの良さでもあり、「iPad Proがパソコンではなく、タブレットである」、というのを示しているともいます。

どういうことかというと、

iPadはそもそもタブレットというカテゴリーの商品です。

スマートフォンでもパソコンでもなく、ある「特定のタスクに関しては」

スマホやパソコンよりも快適に作業ができる」という商品です。

↓「初代iPadが夢見たもの。発売当時のメディアの反応」はこちら。

初代iPadが夢見たもの。発売当時のメディアの反応。iPhone 11が発表されましたが、初代iPadが発表された時のメディアの反応を、覚えていますか? こんにちは、きむきむ...

 

そのため、パソコンライクにキーボードを付けて使用した時は、基本的にパソコンと似た経験をユーザーが求めるので、使いづらく感じてしまうんです。

だって、マウスやトラックパッドが対応していないんですから、当たり前です。

でも、タブレットでメモ入力など、パソコンライクな作業をしたいときはあります。

そういった作業の範囲までできることを伸ばしたのが、iPad Proです。

けしてラップトップのようなものではありません。

だからこそ、ケースを付けたときに、側面にベゼルがなく、ケースを取り外しがしやすくなっています。もし側面も保護するようにしたら、Smart Keyboard folioを取り外しが大変になりますから。

大きなタブレットだけど、ラップトップのように有線でキーボード入力もできるよ

「用途に応じて、形態を変化させることができるよ」というのがSmart Keyboard FolioとiPad Proの魅力です。

ま、いざとなれば、USB-Cで、有線キーボードを付ければ良いんです。

それがデタッチャブルの良さです。

がっつり作業するときはUSB-Cの有線キーボード

持ち運ぶ時は、Smart Keyboard Folio

という使い分けです。

Smart Keyboard Folioに約25,000円の価値はあるか

キーボード単体として考えたら、個人的に価値は無いです。

なぜかというと、25,000円あれば、パソコン用の高級キーボードが買えてしまうからです。キーボードの耐用年数がiPad Proに縛られてしまうことからも、実際にメインとして活用するのは4年といったところでしょう。

一方で高級キーボードが10年近く使えることを考えると、Smart Keyboard Folioの価格は、2分の1程度が適正価格でしょう。

 

ただ、iPad Pro本体の魅力を引き出すと考えれば、投資する価値はあると言えます。
単純なキーボード単体で価値を図るのではなく、それを身に着けたiPad Proで一体どんな風にライフスタイルが変化、あるいは効率化されるのか。そこに価値を感じるのであれば、Smart Keyboard Folioは買いです。

 

またこう無理やり考えることもできます。

 

・同じくAppleから発売されている、Smart Folioが約13,000円。

Smart Keyboard Folioは、キーボードだけでなくケースの用途もある。

・と考えたら、約25,000円ではなく、キーボードの価格は約12,000円か。

・それならばSmart Keyboard Folioは、適正価格だな。っとね。

・4年は使用するから、そう考えたら、1年で3,000円か。

・あれ?Smart Keyboard Folioって、安くない?

 

そうやって無理やり考えることができないのであれば、コスパという観点から購入する商品では無いと思います。

 

他の製品でも近いことはできますが、より快適に行いたいことを行うために、購入するタイプの「贅沢品」だと思います。言い換えれば、この商品にロマンや物欲、必要性を感じられない人であれば、買わなくて大丈夫です。

 

 

おわりに

以上で「Smart Keyboard Folioのレビューとショートカットキーのまとめ」記事は終わりです。

私個人としては購入に満足していますが、やはりまだ万人受けするような商品ではないですよ。ただ全ての面でそれに変わりうる商品は市場には存在しませんし、

iPad Pro 12.9インチをタブレットとして、そしてパソコンライクに有線で物理的にタイピングを行えることを考えると、検討する価値のある良い商品だと思います。

別にiPad本体と同時に購入する必要はありませんしね。

私としては、タブレットモードで使用できる軽量なTPUケースと、Smart Keyboard Folioというケースの2台持ちが最適解だと感じています。

それでは今日はこのへんで。

また次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

【周辺機器】iPad Pro 12.9インチと一緒に買うべきアクセサリー8選【オススメ】今回は「iPad Pro」で使用できるオススメのアクセサリーを、8つご紹介します。 もちろん一部商品は「10.2インチのiPad」...
【USB-Cハブの比較】iPad Pro (2018) 第三世代にオススメの商品はこれ。皆さん、UBS-Cハブ、使っていますか? ここまでiPad Pro 12.9インチ (2018) 第三世代のフォトレビューを書いて...
Apple「AirPods Pro」の写真1
【レビュー】いまさら「AirPods Pro」を購入。今でも買うべき5つの理由【諦めないで】今更ですがAirPods Proを購入することにしました (というか、もう買いました) 今でも買うべき5つの理由をご紹介します。このタイミングで買うのは正直「微妙」だと考えていましたが、そんなことはありませんでした。...
新型iPad Pro (12.9)・アクセサリーの記事一覧(まとめ)この記事では、iPad Pro 12.9インチ(2018)第3世代モデルの「レビュー」と、その「アクセサリー」に関する記事をまとめて確認...