ガジェット

【比較】ファーウェイ「WATCH GT 2 Pro」と「WATCH FIT」の違い【Apple Watchの対抗馬】

ファーウェイ「WATCH GT 2 Pro」と「WATCH FIT」の画像

ファーウェイ「WATCH GT 2 Pro」と「WATCH FIT」の違いを比較していきます。

アウトドア派の方も健康志向な方も、機能が充実しており非常に満足できるウェアラブル端末です。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

9月24日、ファーウェイが新しく

・WATCH FIT

・WATCH GT 2 Pro

を発表しました。

発売は10月2日からで、

どちらも人気モデル「Band 4 Pro」よりも高額なモデルとなっています(オーバー1万円)

「Band 4 Pro」はいわゆる「スマートバンド型」の小型のスマートウォッチでしたが、

「WATCH FIT」と「WATCH GT 2 Pro」は、その名が示すとおりそれぞれ時計をモチーフとしたデザインです。

 

きむきむ。
きむきむ。
「WATCH FIT」は「Apple Watch」っぽく。「WATCH GT 2 Pro」は昔ながらの「丸型の時計」という感じです。

 

今回はその注目の2台、「WATCH GT 2 Pro」と「WATCH FIT」を比較していきます。

Apple Watchの対抗馬となるファーウェイのスマートウォッチ。

よろしければこの機会に是非チェックしてみてください。

それではさっそく内容を見ていきましょう。

 

ファーウェイ「WATCH GT 2 Pro」と「WATCH FIT」の違い

ファーウェイ「WATCH FIT」の画像
WATCH GT 2 ProWATCH FIT
サイズ1.39インチ1.6インチ
解像度454 × 454 (326ppi)456 × 280 (326ppi)
重量52グラム21グラム
46.7mm46mm
46.7mm30mm
厚み11.4mm10.7mm
画面占有率約70%
ディスプレイ有機EL (AMOLED)有機EL (AMOLED)
プロセッサKirin A1 + STL4R9
メモリ32MB
ストレージ4GB4GB
バッテリー持続日数14日間(GPS時30時間)10日 (GPS時12時間)
充電時間5分で「約10時間」(ワイヤレス)5分で「約1日分」
素材 (①ボディ/②リアケース③風防)①チタン②セラミック③サファイアガラスポリマー
Androidでの使用
iOSでの使用
主に「出来る」こと15個12個
プロスポーツモード17種類11種類
カスタムワークアウト85種類85種類
ワークアウトの自動識別6種類6種類
心拍モニタリング
睡眠モニタリング
ストレスモニタリング
メッセージの通知
呼吸エクササイズ
音楽の再生コントロール◯ (Androidのみ)◯ (Androidのみ)
リモート写真撮影△ (自社スマホのみ)△ (自社スマホのみ)
ウォッチフェイスストア◯ (Androidのみ)◯ (Androidのみ)
ルートバック機能
屋外セキュリティアシスタント
Bluetooth通話
自転車NAVITIME
Share OneHop
ワークアウト動画の視聴
女性向けの健康追跡機能
センサー数11個9個
3軸加速度センサー
3軸ジャイロセンサー
光学式心拍センサー
装着検知センサー
環境光センサー
磁気センサー (コンパス)
気圧センサー
防水性能5気圧 (水深50m)5気圧 (水深50m)
動作環境ー「温度」ー20℃〜45℃
動作環境ー「湿度」5%〜95%(結露無し時)
GPS
タッチスクリーン
Bluetooth5.15.0
充電端子ワイヤレス (クレードル)磁気充電ポート
充電時の「取り外し」の有無無し無し
TruSeen (心拍)Version 4.0+Version 4.0
TruSleep (睡眠)Version 2.0Version 2.0
TruRelax (ストレス)
常時点灯表示 (AOD)
急速充電
ワイヤレス充電
スピーカー
マイク
電子マネー (Suica)
色 (標準)灰色・黒4種類
バンドの色 (別売り)4種類
発売日2020年10月2020年10月
税込価格ースポーツモデル3万4,980円1万5,180円
税込価格ークラシックモデル3万9,380円

<出典:ファーウェイ

ファーウェイ「WATCH GT 2 Pro」は、「スポーツ」と「クラシック」の2つのモデルが発売されています。

違いはバンドの枚数だけで、機能は同じです。

スポーツモデルは「シリコンバンド (フルオロエラストマーベルト)」が付いてきて税込34,980円。

クラシックモデルは、「シリコンバンド」に加えて「本革ベルト」が付属して税込39,380円です。

ベルトの色はスポーツモデルが

本皮ベルトがグレーブラウンレザーです。

 

きむきむ。
きむきむ。
基本のモデルに5,000円追加すると、「本皮ベルト」が手に入る仕様です。

 

「WATCH GT 2 Pro」と「WATCH FIT」は価格が2万円以上も使うので出来ることには差がありますが、

スマートウォッチを購入する人が求める基本的な機能は、どちらの端末も十分な性能を兼ね備えています。

例えば「心拍 / 睡眠 /ストレス」のモニタリングは「WATCH FIT」でも出来ますし、

正確な測定を実現するテクノロジー (TruSleep等)もほとんど同じバージョンです。

 

きむきむ。
きむきむ。
センサーも足りないのは「磁気」と「気圧」センサー位です。

 

またプロスポーツモードのトラッキングも

・屋外ランニング / ウォーキング / サイクリング

・屋内ランニング / ウォーキング / サイクリング

・プール / オープンウォーター

・自由訓練

・エリプティカル (アメリカで人気のエクササイズマシーン)

・ローイング (インドアローアー。ボート競技の訓練を陸上で行えるマシーン)

は、どちらの端末も利用が可能です。

 

きむきむ。
きむきむ。
正直どちらの端末も、かなりハイスペックです。

 

ファーウェイ「WATCH GT 2 Pro」が向いている人

ファーウェイ「WATCH GT 2 Pro」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・スマートウォッチは「丸形」のデザインが良い。

・ビジネスでも使えるような「高級感」あるものが欲しい。

・ゴルフや登山、スキーなどの「アウトドア活動」を頻繁に行う。

・「ワイヤレス充電」を行いたい。

・「ウォッチフェイス」でいろいろ遊びたい (200以上)

・スマートウォッチで「通話」をしたり、「音楽」を聞きたい (ストレージ2GB)

ファーウェイ「WATCH GT 2 Pro」は、1.39インチの有機ELディスプレイを搭載した丸形のスマートウォッチです。

ビジネスシーンでも使えるような高級感ある素材が使われており、

ボディは航空機にも使われるチタン

裏側のリアケースはアレルギーが出にくいセラミック

風防には傷がつきにくいサファイアガラスが使われています。

 

きむきむ。
きむきむ。
サファイアガラスは、「Gorilla Glass」より頑丈です。

 

ファーウェイのスマートウォッチは元々スポーツのデータ計測に定評がありましたが、「WATCH GT 2 Pro」ではさらに機能が強化され、

・クライミング

・トレイルラン

・ハイキング

・トライアスロン

・スキー / スノーボード / クロスカントリー

・ゴルフ (ドライブレンジ)

プロスポーツモードが加わりました。

これにより、例えばゴルフでは「スイングスピード」と「テンポ」を向上させるためのデータを手に入れたり、

「スキー」や」スノーボード」では「平均速度」や「最大傾斜」、「通ったコース」や「距離」など様々なデータを見ることができるようになりました。

 

きむきむ。
きむきむ。
「磁気センサー」や「気圧センサー」も搭載されているので、スマートフォンが圏外になってもGPSの位置情報を記録したり、急激な天候の変化に備えることが出来ます。

 

また使い勝手の部分も向上しており、

ワイヤレス充電に対応するだけでなく急速充電も使え、

5分間のワイヤレス充電で約10時間。

1分間のワイヤレス充電で約2時間、スマートウォッチが動きます。

 

きむきむ。
きむきむ。
これだけ早ければ、バッテリー持ちの悩みはなくなりそうですね。ちなみにファーウェイのスマホからワイヤレス充電を行うこともできます。

 

そのため「WATCH GT 2 Pro」はスマートウォッチというより、

GPS機器メーカーとして有名な、Garminのハイエンドスポーツトラッカーのようなガジェットとして考えて良いでしょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
これで電子マネー (Suica)に対応していたらもっと最高でした。

 

ファーウェイ「WATCH FIT」が向いている人

ファーウェイ「WATCH FIT」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・スマートウォッチはカラフルなものが良い (4色展開)

・軽くてディスプレイが大きいものが欲しい (1.6インチ、21グラム)

・あまりバッテリーに悩まされたくない (5分で約1日分の急速充電)

・ワークアウトの動画を視聴したい (44種類のフィットネス動画デモ)

・コスパは大事 (約1.5万)

ファーウェイ「WATCH FIT」は、1.6インチ有機ELディスプレイを搭載したスマートウォッチです。

「Apple Watch」を縦長にしたようなデザインで、それでいて「Apple Watch」よりも10〜20グラム軽量なのがポイントです。

 

きむきむ。
きむきむ。
車のコーディングとして利用されている、「ポリマー素材」で作られています。

 

「WATCH GT 2 Pro」と比べて目立つのが、「WATCH FIT」のポップな色合いです。

「サクラピンク」や「ミントグリーン」など見るだけで気分が上がる外見に、

より情報を多く表示でき、「視認性」や「操作性」に優れた大画面はスマホに近い感覚でスマートウォッチを利用することができます。

アクティブトラッカーで重要視される「心拍」「睡眠」「ストレス」のモニタリング精度はほぼ同じなので、

より安く、デザイン性に優れたスマートウォッチを使いたい方には「WATCH FIT」がオススメです。

 

きむきむ。
きむきむ。
「フィットネス動画」がプリインストールされているので、空き時間にスマートウォッチを見ながらのエキササイズも楽しいですよ。

 

まとめ!高級感ある「WATCH GT 2 Pro」。デザイン性に優れた「WATCH FIT」

以上、ファーウェイ「WATCH GT 2 Pro」と「WATCH FIT」の違いについてご紹介致しました。

まとめると、

・WATCH GT 2 Pro → ビジネスシーンでも使える丸形ディスプレイを採用したハイエンドスポーツトラッカー (約3.5〜4万)

・WATCH FIT → ポップな色合いとアクティブトラッカーとしての性能を兼ね備えた、画面が大きくて軽いスマートウォッチ (約1.5万)

という内容でした。

「心拍 / 睡眠 / ストレス」のモニタリングはどちらも出来ますが、

「WATCH GT 2 Pro」はより落ち着いたデザインで、アウトドアで使える機能を大幅に採用しており、

「WATCH FIT」はカラフルなデザインと「視認性」「操作性」に優れたスマホ感覚で使えるディスプレイに強みがあるスマートウォッチです。

 

きむきむ。
きむきむ。
ビジュアルが結構違うので、むしろどっちも「1台ずつ欲しい」と記事を書いていて思いました。

 

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

ファーウェイ「WATCH FIT」と「Band 4 Pro」の画像
【比較】ファーウェイ「WATCH FIT」と「Band 4 Pro」の違い【高性能スマートウォッチ】ファーウェイ「WATCH FIT」と「Band 4 Pro」の違いを比較していきます。 フィットネス機能に定評のある、ファーウェイのスマートウォッチに新製品が誕生しました。...
シャオミ「Miスマートバンド5」とファーウェイ「HUAWEI BAND 4 Pro」の比較画像
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」とファーウェイ「Band 4 Pro」の違い【スペック最高】シャオミ「Miスマートバンド5」と「HUAWEI Band 4 Pro」を比較していきます。 どちらも甲乙つけがたい、素晴らしいウ...
シャオミ「Miスマートバンド5」の画像1
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」と「Mi スマートバンド 4」の違い【5,000円以下】人気のスマートバンド、シャオミ「Miスマートバンド5」と「4」を比較していきます。 2019年12月に発売されたMiスマートバンド...
オムロン「低周波治療器 エレパルス HV-F128」の写真1
【レビュー】オムロンの低周波治療器 エレパルス 「HV-F128 」。ビリビリが気持ち良いつらい「コリ」や「痛み」、「しびれ」を解消するオムロンの低周波治療器、エレパルス「HV-F128」をご紹介します。 肩や腰、ふくら...

 

こんな記事はいかがですか?