ガジェット

【比較】ファーウェイ「WATCH FIT」と「Band 4 Pro」の違い【高性能スマートウォッチ】

ファーウェイ「WATCH FIT」と「Band 4 Pro」の画像

ファーウェイ「WATCH FIT」と「Band 4 Pro」の違いを比較していきます。

フィットネス機能に定評のあるファーウェイのスマートウォッチに、新製品が誕生しました。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

9月24日、ファーウェイが新しく

・WATCH FIT

・WATCH GT 2 Pro

を発表しました。

発売は10月2日からで、

どちらも人気モデル「Band 4 Pro」よりも高額なモデルとなっています(オーバー1万円)

「Band 4 Pro」はいわゆる「スマートバンド型」の小型のスマートウォッチでしたが、

「WATCH FIT」と「WATCH GT 2 Pro」は、その名が示すとおりそれぞれ時計をモチーフとしたデザインです。

 

きむきむ。
きむきむ。
「WATCH FIT」は「Apple Watch」っぽく。「WATCH GT 2 Pro」は昔ながらの「丸型の時計」という感じです。

 

今日はその「WATCH FIT」と「Band 4 Pro」を比較していきます。

どちらも「タッチパネル」に「有機ELディスプレイ」を搭載しています。

よろしければこの機会に是非チェックしてみてください。

それではさっそく内容を見ていきましょう。

 

ファーウェイ「WATCH FIT」と「Band 4 Pro」の違い

ファーウェイ「HUAWEI Band 4 Pro」の画像
WATCH FITHuawei Band 4 Pro
サイズ1.6インチ0.95インチ
解像度456 × 280 (326ppi)240 × 120
重量21グラム25グラム(ストラップ込)
46mm45mm
30mm19mm
厚み10.7mm11mm
画面占有率約70%
ディスプレイ有機EL (AMOLED)有機EL (AMOLED)
ストレージ4GB
バッテリー容量100mAh
バッテリー持続日数10日 (GPS時12時間)12日 (GPS時7時間)
充電時間5分で「約1日分」
素材ポリマーステンレス+プラスチック
Androidでの使用
iOSでの使用
主に「出来る」こと11個6個
プロスポーツモード11種類11種類
カスタムワークアウト85種類
心拍モニタリング
睡眠モニタリング
ストレスモニタリング
メッセージの通知
音楽の再生コントロール◯ (Androidのみ)◯ (Androidのみ)
リモート写真撮影△ (自社スマホのみ)△ (自社スマホのみ)
ウォッチフェイスストア◯ (Androidのみ)◯ (Androidのみ)
ワークアウト動画の視聴
呼吸エクササイズ
女性向けの健康追跡機能
センサー数9つ8つ
3軸加速度センサー
3軸ジャイロセンサー
光学式心拍センサー
装着検知センサー
環境光センサー
防水性能5気圧 (水深50m)5気圧 (水深50m)
GPS
Bluetooth5.04.2
充電端子磁気充電ポート2PIN (クレードル)
充電時の「取り外し」の有無無し無し
TruSeen (心拍)Version 4.0Version 3.5
TruSleep (睡眠)Version 2.0Version 2.0
TruRelax (ストレス)
常時点灯表示 (AOD)
急速充電
ワークアウトの自動識別◯ (6種類)
色 (標準)4種類3種類
バンドの色 (別売り)4種類
発売日2020年10月2020年1月
税込価格1万5,180円9,680円

<出典:ファーウェイ

スマートウォッチは

・心拍のモニタリング

・睡眠のモニタリング

・スマホとの提携

が基本機能です。

「WATCH FIT」と「Band 4 Pro」はその全てに対応していますが、

スマホとの提携に関しては、iPhoneユーザーは特に注意が必要です。

というのも、「音楽の再生コントロール」や「リモート写真撮影」など、一部機能は

Android限定。あるいはファーウェイのスマホ限定のものが存在するからです。

 

きむきむ。
きむきむ。
「性能」や「デザイン」、「コスパ」は良いですが、iPhoneユーザーが全ての機能を使うのは難しいです。

 

ファーウェイ「WATCH FIT」が向いている人

ファーウェイ「WATCH FIT」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・大きい画面のスマートウォッチが欲しい (1.64インチ)

・バッテリー持ちを重視する (連続GPSモード+5時間のバッテリー持ち)

・常時点灯表示を使いたい (always on display)

・急速充電は必須 (5分の充電で、1日分のバッテリーチャージ)

・ワークアウト動画を見たい (12種類のフィットネスアニメがプリインストール)

・ストレスレベルをモニタリングしたい (TruRelaxテクノロジー)

・より正確に心拍を測定したい (TruSee4.0 心拍数モニタリング)

ファーウェイ「WATCH FIT」は、1.64インチの有機ELディスプレイを搭載したスマートウォッチです。

「Band 4 Pro」がブレスレットのような縦長の形状(スマートバンド)をしているのに対し、

「WATCH FIT」は「Apple Watch」を縦長にしたような長方形のディスプレイを搭載しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「サクラピンク」や「ミントグリーン」など、普段遣いにも似合うポップなデザインです。

 

機能としては「Band 4 Pro」を全体的に上回っており

・85種類のカスタムワークアウトの記録

・ストレスモニタリング

・呼吸エクササイズ

・ワークアウト動画の視聴 (44種類のフィットネス動画デモ)

・女性向けの健康追跡機能 (月経周期などの把握)

ができるようになったのに加え、

・バッテリーの強化

・5分で1日分の急速充電

・常時点灯表示 (always on display)

・環境光センサー

・ウォッチフェイスストアの利用 (Androidのみ)

など、使い勝手がかなり向上しています。

またポリマー素材のため本体が21グラムと軽く、

Apple Watchと比べても10〜20グラム軽量なのは大きなポイントでしょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
「視認性」や「操作性」の大画面ディスプレイと、軽量さを実現させたスマートウォッチです。

 

ファーウェイ「Band 4 Pro」が向いている人

ファーウェイ「Band 4 Pro」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・スマートウォッチは小さい方が良い (0.95インチ。幅19mm)

・ケース素材はステンレスの方が好み。

・1万円以下で購入したい。

ファーウェイ「Band 4 Pro」は、0.95インチの有機ELディスプレイを搭載したウェアラブル端末です。

縦や厚みは「WATCH FIT」と変わりませんが幅が19mmと短く

スポーツや運動をする時になるべく手元をスッキリさせたい方に向いています。

 

きむきむ。
きむきむ。
ストレスのモニタリングこそ出来ませんが、「心拍」や「睡眠」などの基本的なトラッキング機能は「Proモデル」なので十分備わっています。

 

そのため実際の装着感を重視し、「WATCH FIT」よりも小さいそのサイズ感や、

1万円を切るお手頃さを重視して「Band 4 Pro」を選択するのも、十分アリな選択です。

 

きむきむ。
きむきむ。
実売価格も8,000円前後なので、ちょっと良いスマートバンドが欲しい人に向いています。ステンレス素材が使われているため高級感もあります。

 

まとめ!充実した性能の「WATCH FIT」。コンパクトさが魅力の「Band 4 Pro」

以上、ファーウェイ「WATCH FIT」と「Band 4 Pro」の違いについてご紹介致しました。

まとめると、

・WATCH FIT → 機能や実用性がアップしたスマートウォッチ (約1.5万)

・Band 4 Pro → コンパクトなサイズとお手頃価格なスマートウォッチ (約1万)

という内容でした。

ファーウェイ「WATCH FIT」は、「心拍」や「睡眠」のモニタリングだけでなく、新しく「ストレス」モニタリングに対応しました。

1.6インチの縦長ディスプレイは「視認性」や「操作性」に優れ、

スマートバンドよりも手元にタッチできる時計を身に着けたい方に向いたデバイスです。

 

きむきむ。
きむきむ。
スマートバンドよりもデザインがおしゃれで、Apple Watchを細長にした感じのデバイスです。

 

一方「Band 4 Pro」は、ブレスレットのように小さいサイズが魅力のスマートウォッチです。

「心拍」や「睡眠」をモニタリングするための使われているテクノロジーはほぼ同等のため、

実売価格で考えるとほぼ半値で心拍、睡眠のモニタリングができる手軽さが魅力です。

 

きむきむ。
きむきむ。
性能的には「WATCH FIT」なのですが、形状や価格の好みによっては「Band 4 Pro」もまだまだ魅力的です。他社製品と比べるとモニタリングの精度はトップクラスなので。

 

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

ファーウェイ「WATCH GT 2 Pro」と「WATCH FIT」の画像
【比較】ファーウェイ「WATCH GT 2 Pro」と「WATCH FIT」の違い【Apple Watchの対抗馬】ファーウェイ「WATCH GT2 Pro」と「WATCH FIT」の違いを比較していきます。 アウトドア派の方も健康志向な方も、機能が充実しており非常に満足できるウェアラブル端末です。...
シャオミ「Miスマートバンド5」とファーウェイ「HUAWEI BAND 4 Pro」の比較画像
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」とファーウェイ「Band 4 Pro」の違い【スペック最高】シャオミ「Miスマートバンド5」と「HUAWEI Band 4 Pro」を比較していきます。 どちらも甲乙つけがたい、素晴らしいウ...
シャオミ「Miスマートバンド5」の画像1
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」と「Mi スマートバンド 4」の違い【5,000円以下】人気のスマートバンド、シャオミ「Miスマートバンド5」と「4」を比較していきます。 2019年12月に発売されたMiスマートバンド...
TaoTronics「TT-DL092」デスクライトの写真62
【レビュー】ガチなデスクライト「TT-DL092」視力が衰える20代・30代にオススメAmazonの「デスクライト / ブックライト」部門で「1位」常連のTaoTronics。 ヒカキンさんが絶賛し、「安い」「性能が...