ガジェット

【検証】100均の「ケーブルカバー」でiPhone充電ケーブルの断線は防げたか?【レビュー】

ダイソー「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」の写真11

4年間「100均のケーブルカバー」を使い続け、iPhoneの充電ケーブル(ライトニング)が壊れないかどうか検証しました。

今回はその調査結果をご紹介します。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです。

 

iPhoneの「充電」や「データ転送」に使用するライトニングケーブル (Lightningケーブル)

 

スマホを使う上で必要不可欠な周辺機器の1つですが、

充電しながらiPhoneを使っていたら、ケーブルが壊れた (断線した)

という声が、日本でのiPhoneリリース直後から聞こえてきました。

 

きむきむ。
きむきむ。
特に、ライトニングケーブルの「根元部分」が非常に破れやすい仕様になっています。

 

そんな悩ましい充電ケーブルの断線問題ですが、

手軽に100均で解決できるとプチブームになったのが、

「Lighningケーブル保護カバー」です。

100均であれば、どこのお店も販売しているため、

・プロテクトカバー

・ケーブルカバー

など、様々な名前で発売されていますが、

基本的にはほぼ同じ製品となっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「カラー」や、パッケージに含まれる「個数」が異なります。

 

ライトニングケーブルは、iPhoneの保証である「AppleCare+」に加入していれば無償交換できるのですが、

私も試しに購入し、4年間の月日が経過しました。

 

きむきむ。
きむきむ。
今日はその「検証結果」をご紹介します。

 

 

ダイソー「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」を付けた充電ケーブルの「破損」具合(断線)

ダイソー「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」の写真1

「Lighningケーブル保護カバー」ですが、上記のようなパッケージをしています。

4年前のパッケージなのですでにデザインは変更されていますが、

機能は同じです。

上記写真のように、「赤」や「黄色」のカバーで充電ケーブルを保護します。

ただ実際に「効果があるのか?」というと、

 

ダイソー「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」の写真2

こちらの通り、普通に断線します

たしかにライトニングケーブルの根本部分は守られますが、

その下の部分が破れます。

 

ダイソー「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」の写真3

こんな感じで中までバッチリ見えてしまいますし、

ケーブル自体も樹脂の劣化や酸化で黄ばみが発生しています。

 

ダイソー「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」の写真4

「Lighningケーブル保護カバー」自体は、

・根本が守れる。

・太くなるので持ちやすくなる。

という利点があり、

 

ダイソー「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」の写真5

カバーしてあったケーブル部分は、白く黄ばみが発生していません (カバーは変色が見られます。)

 

それらをふまえて、「Lighningケーブル保護カバー」を4年間使用しての私の結論の次の3点になります。

・充電しながら、iPhoneをいじらない。

・パソコンでバックアップを取らないなら、ワイヤレス充電も検討する。

・充電ケーブルは、頑丈のものを手に入れる。

 

充電しながら、iPhoneをいじらない。

まず当たり前といえば当たり前ですが、

ケーブルの破損を防ぐために、充電しながらiPhoneをいじるのはやめましょう。

私のケーブルが断線した理由はこれですね。

スマホもすぐ熱くなるのでバッテリーも劣化しますし、なるべく避けたい行動です。

 

きむきむ。
きむきむ。
スマホを手元に持ってくる際に、ケーブルごと引っ張ってしまうのが1番最悪なパターンです。すぐ破けます。

 

この習慣を抑えることが出来たら、「Lighningケーブル保護カバー」は十分使用する価値のある製品だと言えます。

 

きむきむ。
きむきむ。
100%防ぐのは無理ですが、確かに防御力は少し上がります。

 

パソコンでバックアップを取らないなら、ワイヤレス充電も検討する。

次に、ケーブルの断線とおさらばするために、「ワイヤレス充電」を検討するのも良いでしょう。

今までiPhoneは

・パソコンでiPhoneのバックアップを取る。

・パソコンからiPhoneに音楽を取り込む。

というのが当たり前でしたが、

今はiCloudでバックアップを取ったり、

「Apple Music」や「YouTube Music」などのサブスクで音楽を聞くのが主流となっています。

そのためUSB Type-Cが好きな方や、スマホを単体で活用する方は「ワイヤレス充電」がオススメです。

 

「YouTube Premium Family 」の画像16
【レビュー】YouTube Premium (プレミアム)「ファミリープラン」に加入したので「手続き」など解説【家族プランおすすめ】YouTube Premium ファミリープランの「料金」や「手続き」について解説していきます。有料で契約するなら、家族プランがとてもお得です。...

 

ちなみにワイヤレス充電が可能となる製品としては、

PowerWave 10 Stand」といった定番のものや、

 

PowerCore III 10000 Wireless」が無難な選択です。

 

PowerWave 10 Stand」は

・スマホの「縦置き」や「横置き」

・スマホ「ケース」を付けたままの充電

に対応しており、

PowerCore III 10000 Wireless」はモバイルバッテリーなのにワイヤレス充電が出来る「変態端末」です。

基本はこの2台をベースとしつつ、

・スマホを2台同時に充電したい。

・AirPodsやApple Watchもワイヤレス充電したい。

というニーズに合わせて商品を選ぶのが良いかと思います。

 

きむきむ。
きむきむ。
ただ個人的には、3台以上同時にチャージできる製品はあまりオススメしていません。というのも、端末を3台充電できるAppleの「AirPower」の開発が中止されているからです。実現するにはもう少し時間がかかる気がしています。

 

充電ケーブルは、頑丈のものを手に入れる。

3つ目の結論は、充電ケーブルは頑丈なものを利用する方法です。

例えば「PowerLine+ III 」なら、3万5,000回の折り曲げに対応しているので、

Apple純正の充電ケーブルよりも非常に頑丈です。

私はこの

頑丈なケーブル + ライトニングケーブル(PCとの同期用)

という組み合わせで運用しています。

iPhoneのデータをバックアップする時は、やはり純正のものの方が動作が安定しているので、用途に合わせて使い分けている感じです。

 

きむきむ。
きむきむ。
ということで、ここから下はiPhoneの充電ケーブルに改めて「ケーブル保護カバー」を装着するお話です。

 

ダイソー「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」を改めて装着

ダイソー「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」の写真6

破れたライトニングケーブルの代わりに使用するのが、こちら。

「AppleCare+」というiPhoneの保証を使って、Appleから無料で提供してもらったライトニングケーブルです。

 

きむきむ。
きむきむ。
実際には「破れたライトニングケーブル」との交換になりますが、こちらは数年前に手に入れたものです。

 

iPhoneを買うたびにライトニングケーブルが溜まっていくので実は結構予備が存在するのですが、

今回は交換品を利用していきます。

 

ダイソー「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」の写真8

新品のライトニングケーブルを開封するのは久々で、ケーブルにかなり癖があり驚きました。

 

きむきむ。
きむきむ。
それ以外は特に目新しいものありません。2012年に発売された「iPhone 5」から使用しているので、違和感は全くありません。

 

こちらに「Lighningケーブル保護カバー」を装着させていきます。

 

ダイソー「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」の写真9

久々に見たライトニングケーブルの根本。

なるほど、このような形をしていたんですね。

 

ダイソー「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」の写真10

「Lighningケーブル保護カバー」を装着しました。

 

きむきむ。
きむきむ。
持ち心地が向上しました。

 

ダイソー「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」の写真7

ケーブル全体を映すとこんな感じです。

4年以上使っていたライトニングケーブルは黄ばみが目立ち始めていたので、

かなり気持ち的にはスッキリしました。

雑に使うとライトニングケーブルはすぐに壊れますが、大切に使えば5年以上使えるケーブルです。

雑に使うなら、3万5,000回折り曲げられる「PowerLine+ III 」です。

 

きむきむ。
きむきむ。
私は1.8メートルのライトニングケーブルを用意して、家の中に設置しています。たまに踏むこともありますが、雑に使えるのが気に入っています。

 

まとめ。ダイソー「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」は、ちょっとだけ防御力を上げてくれる。

ダイソー「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」の写真1

以上、ダイソーで購入した「iPhone用Lightningケーブル保護カバー」をご紹介しました。

まとめると、

・完全に断線を防ぐのは無理。

・充電しながらiPhoneを使うのを止めるほうが、断線予防に効果的。

・雑に使うなら、頑丈なライトニングケーブルを用意しよう。

・ワイヤレス充電もオススメ

という内容でした。

あと記事内で触れていませんでしたが、

ライトニングケーブルのカラーにアクセントを付けられるので、

充電ケーブルをちょっとデコりたい方にもオススメです。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

DAISO(ダイソー) iPhone 12 mini専用「保護ガラスフィルム、ソフトタイプクリアケース」の写真1
【レビュー】ダイソーの「iPhone 12 mini」専用、「保護ガラスフィルム」と「クリアケース」がやってきた【ストラップ穴】ダイソー(DAISO)で購入した「保護ガラスフィルム」と「ソフトタイプクリアケース」をApple「iPhone 12 mini」に装着させていきます。 1つ110円で買えることを考えると、今年もダイソーのスマホアクセサリーは「ベストバイ」です。...
Apple「AirPods Pro」の写真1
【レビュー】いまさら「AirPods Pro」を購入。今でも買うべき5つの理由【諦めないで】今更ですがAirPods Proを購入することにしました (というか、もう買いました) 今でも買うべき5つの理由をご紹介します。このタイミングで買うのは正直「微妙」だと考えていましたが、そんなことはありませんでした。...
Anker「Anker PowerCore III Slim 5000」の写真18
【レビュー】薄さ7.5mmのモバイルバッテリーAnker 「PowerCore III Slim 5000」【Lightning ケーブル内蔵】片手でスマホと「一緒に持てる」、薄型・軽量のモバイルバッテリーをご紹介します。 iPhone 12 miniの薄さを損なわずに、片手でポケモンGOができます。...
STORUS (ストラス) 「スマートマネークリップ」の写真17
【レビュー】STORUS (ストラス) 「スマートマネークリップ」【ステンレススチール採用で軽量・頑丈】ステンレス素材使用で頑丈、かつおしゃれなビジュアルを兼ね備えたSTORUS「スマートマネークリップ」をご紹介します。 「クレジットカード」や「紙幣」をなるべくコンパクトに持ち歩きたい方に向いています。...

 

こんな記事はいかがですか?