ガジェット

【比較】ファーウェイ「nova lite 3+」とモトローラ「moto g8」の違い【グーグル使えます】

5月末に発売された、Google Play対応「nova lite 3+」とモトローラ「moto g8」の比較を行います。

どちらも2万円台半ばのコスパに優れた端末です。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです。

 

このところP40 Proなど魅力的なスマホを投入しているファーウェイですが、一つ気になるのはそう、

 

きむきむ。
きむきむ。
「Google Play ストア」に対応していないところ。

 

↓「P40 Pro 5G発売」はこちら↓

【Google非対応】「P40 Pro 5G」発売。Huaweiへの信仰心が試される悩ましいスマホ本日ファーウェイのハイエンドスマホ、「P40 Pro 5G」が発売されます。 P40 Pro 5Gといえば、4眼カメラ搭載で最大5...

 

やはり普段利用しているアプリが使えない可能性があるわけですし、そうなるとたとえスマホがいくら安くても、気軽には「手が出せない」もの

 

きむきむ。
きむきむ。
ああ、俺達のファーウェイは一体どこに?

 

とか思ってたら、出ちゃいましたよ

Google Play ストアに対応したファーウェイのスマホ

nova lite 3+

 

きむきむ。
きむきむ。
来たコレ!

 

スペックとしては2019年に発売された「nova lite 3」のマイナーアップデート版

どことなく大人の事情を醸し出していますがそれでもスマホはスマホ。

Google Play ストアが使えるということもあり

 

きむきむ。
きむきむ。
生きとったんかワレ!

 

と興奮しつつ、「nova lite 3+」と同価格帯のモトローラ「moto g8」のスペックを比べていきます。

はたして2020年でもファーウェイのスマホは戦えるのか

それこそが大切です。

 

ファーウェイ「nova lite 3+」とモトローラ「moto g8」の違い

nova lite 3+moto g8 
ディスプレイ6.21インチ6.4インチ
解像度2,340 × 1,0801,560 × 720
画面占有率89%88%
デザイン水滴ノッチパンチホール
OSEMUI 9.1Android 10
OSのベースAndroid 9.0Android 10
SoCKirin 710Snapdragon 665
RAM4GB4GB
ストレージ128GB64GB
重量163グラム188グラム
高さ155.36mm161.3mm
73.55mm75.8mm
厚み8.2mm8.95mm
インカメラ8MP8MP (f/2.0)
アウトカメラ個数2個3個
超広角8MP (f/2.2)
広角13MP (f/1.8)16MP (f/1.7)
TOFカメラ (深度測定)2MP
マクロ2MP (f/2.2)
バッテリー容量3,400mAh4,000mAh
指紋認証背面背面
顔認証
Google Play
ヘッドフォンジャック
microSD
デュアルSIM (DSDV)
USB Type-C
急速充電
FMラジオ
防水・防塵撥水
ハイレゾ
NFC
Felica (おサイフケータイ)
IEEE802.11ac
税込み価格2万6,800円2万5,800円

<出典:Huaweiモトローラ

 

nova lite 3+もmoto g8も、ほぼ同価格のお値段です。

実売価格はこちらのお値段に、10%ポイントが付く(or 値段から引かれる)イメージです。

 

きむきむ。
きむきむ。
どちらのスマホも「Google Play」、「microSD」、「ヘッドフォンジャック」、「DSDV」に対応しています。

 

ファーウェイ「nova lite 3+」が向いている人

ファーウェイ「nova lite 3+」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・スマホの液晶はキレイな方が良い (2,340 × 1,080)

・軽いスマホが欲しい (163グラム)

・ストレージは大きい方が良い (128GB)

nova lite 3+のスペックは、2019年に発売されたnova lite 3が基本となっています。

そのため基本的なスペックとしては2020年に発売されたmoto g8に劣っているのですが、

・液晶がキレイ

・軽い

この2つに興味がある人にとって、nova lite 3+は魅力的なスマホとなっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「moto g8」の解像度は1,560 × 720なので、nova lite 3+と比べると見劣りします。

 

163グラムと軽量なのも重要なポイントで、

これは5.8インチのiPhone 11 Proよりも約20グラムも軽量です。

この液晶の「美しさ」と「軽さ」は普段の使い勝手に直結するところなので、

ベッドに横になりながらスマホで動画を視聴する人に、nova lite 3+はオススメです。

 

きむきむ。
きむきむ。
「大画面×画面が綺麗×軽い」というスマホです。

 

 

モトローラ「moto g8」の違いが向いている人

モトローラ「moto g8」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・処理能力の高いプロセッサが欲しい (Snapdragon 665)

・カメラにこだわりたい (3個)

・バッテリー性能にもこだわる (4,000mAh)

・USB Type-Cは必須!

・ピュアアンドロイドに近いスマホが欲しい (余計なアプリが入っていない)

液晶の解像度と軽さを除けば、基本的なスペックはほぼmoto g8が勝っています

プロセッサの処理能力は、

AnTuTuで「nova lite 3+」が約15万点。

moto g8が約17万点です。

 

どちらもゲームをするにはけしてパワフルではありませんが、

moto g8は解像度が低い分グラフィックスのパワーを必要としませんし、

バッテリー性能もその分長持ちになります。

 

加えて超広角から8倍のデジタルズーム、マクロとカメラのスペックが充実しているので

moto g8は、よりトレンドを押さえた遊べるスマホに仕上がっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
いろいろ手堅いスマホです。

 

 

まとめ!液晶の「nova lite 3+」。性能の「moto g8」

以上、ファーウェイ「nova lite 3+」とモトローラ「moto g8」の違いについてご紹介しました。

まとめると

・液晶が綺麗で軽いスマホが欲しい → nova lite 3+ (2万6,800円)

・安くても、良い性能のスマホが欲しい → moto g8 (2万5,800円)

という内容でした。

ファーウェイのnova lite 3+も中々コスパの高いスマホなんですが、

・超広角カメラ。

・USB Type-C。

の2点が搭載されていないのは、結構なハンデだと個人的に感じました。

 

きむきむ。
きむきむ。
その分「デザイン」や「軽さ」は素晴らしいんですけどね。

 

というわけでファーウェイの2020年上半期は、「無双状態まであと数歩」という感じです。

今後のファーウェイに期待します。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

 

↓「P40 lite 5G発売」はこちら↓

【Sub-6対応】P40 lite 5G 発売。国内モデルは有機EL非対応?【Huawei】6月19日、「P40 Pro 5G」と共に発表された「P40 lite 5G」が発売されます。 P40 lite 5Gは約4万円と...