MENU
ガジェット

【比較】ASUS「ZenFone Max (M2)」とモトローラ「moto g8」の違い【2万円台スマホの雄は?】

税別1万9,500円まで値下げしたASUS「ZenFone Max (M2)」とモトローラ「moto g8」を比較していきます。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです。

 

先日ASUSの人気スマホ、「ZenFone Max (M2)」(ZB633KL)が値下げされまして、

税抜で1万9,500円で発売されることになりました。

 

きむきむ。
きむきむ。
5,000mAhが搭載した「Pro」ではなく、「無印」版です。

 

元々2万円台後半で発売されていたZenFone Max (M2)ですが、今回は約8,000円の値下げということで、

気軽にトリプルスロット (DSDV+microSD)が使えるお手軽なスマホとして再ブレイクを果たしています。

 

きむきむ。
きむきむ。
実売価格が2万円ちょいですからね。初めの1台やプレゼントとして与えやすい価格帯です。

 

今回はその「ZenFone Max (M2)」と、同じく2万円台半ばで人気を博しているモトローラ「moto g8」を比較していきます。

お値段以外にも違いはあるので是非参考にしてみてください。

それではさっそく内容を見ていきましょう。

 

ASUS「ZenFone Max (M2)」とモトローラ「moto g8」の違い

ZenFone Max (M2) moto g8
ディスプレイ6.3インチ6.4インチ
解像度1,520 × 7201,560 × 720
画面占有率88%88%
デザインノッチパンチホール
OSAndroid 8.1Android 10
SoCSnapdragon 632Snapdragon 665
RAM4GB4GB
ストレージ32GB / 64GB64GB
重量160グラム188グラム
高さ158.41mm161.3mm
76.28mm75.8mm
厚み7.7mm8.95mm
インカメラ8MP (f/2.0)8MP (f/2.0)
アウトカメラ個数2個3個
超広角8MP (f/2.2)
広角13MP (f/1.8)16MP (f/1.7)
TOFカメラ (深度測定)2MP
マクロ2MP (f/2.2)
バッテリー容量4,000mAh4,000mAh
指紋認証背面背面
顔認証
防水・防塵 (IP68)撥水
IEEE802.11b/g/n
Google Play
ヘッドフォンジャック
FMラジオ
microSD
デュアルSIM (DSDV)
トリプルスロット
リバースチャージ
USB Type-C
急速充電
ハイレゾ
NFC
Felica (おサイフケータイ)
税込み価格2万1,450円2万5,800円

<出典:ASUSモトローラ

 

「ZenFone Max (M2)」も「Moto g8」も、6.3インチ前後と同じサイズ感のスマートフォンです。

解像度も同じです。

 

きむきむ。
きむきむ。
どちらの端末でも「ヘッドフォンジャック」、「DSDV」、「microSD」は使えます。

 

ASUS「ZenFone Max (M2)」が向いている人

ASUS「ZenFone Max (M2)」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・「軽い」スマホが欲しい (160グラム)

・トリプルスロットが使いたい (DSDV + microSD)

・スマホで他端末に充電したい (リバースチャージ)

・「顔認証」と「指紋認証」を使い分けたい

・ピュアAndroidが使いたい (Zen UIは搭載せず)

・安いスマホ

ZenFone Max (M2)は、2019年に発売された端末ながら、上記のように「moto g8」には備わっていない機能が備わっています。

特に使い勝手のところで言うと、

・6.3インチなのに軽い。

・顔認証に対応している。

というのは大きく、

薄型軽量でお馴染みGalaxy S10+(6.4インチ)が175グラムであるのに対し、

ZenFone Max (M2)は160グラムとより軽く作られています。

5.5インチのiPhone 8 Plusが202グラムであることを考えると、

バッテリー大容量で大画面なのに、軽い!

というのは大きなアドバンテージです。

 

きむきむ。
きむきむ。
連続待受は最大33日間です。

 

加えてnanoSIMスロットを2つ使いながら、microSDスロットの使用も可能です(トリプルスロット)

しかも他の機器を充電できるリバースチャージも付いているため、

海外旅行へ行くついでに持って行きたくなるデバイスです。

 

きむきむ。
きむきむ。
「モバイルバッテリー」や「ルーター」代わりにZenFone Max (M2)を持っていくのも、普通にアリです。

 

 

モトローラ「moto g8」が向いている人

モトローラ「moto g8」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・処理能力の高いプロセッサが欲しい (Snapdragon 665)

・デザインの優れたスマホが欲しい (画面占有率 88%)

・カメラ性能にはこだわりたい。

・「USB Type-C」と「急速充電」は必須。

・撥水処理が欲しい。

moto g8は、ZenFone Max (M2)と比べると処理性能の面で余裕があります。

ZenFone Max (M2)がAnTuTuで約10万点であるのに対し、

moto g8は 約17万点。

けしてパワフルなスマホではないですが、安さの割に十分な性能を持っています。

加えて2020年に発売されたスマホということで、

・超広角にも対応した3つのカメラ

・USB Type-C

・急速充電

・画面占有率 88%のディスプレイ

といった最近のトレンドはしっかりと押さえているのがポイントです。

 

きむきむ。
きむきむ。
どちらもバッテリーが長持ちのスマホですが、スマホを充電する時間はmoto g8の方が早いです。

 

そのためZenFone Max (M2)のようにいろいろと便利なスマホではありませんが、

スマホ単体としてのスペックのみ考慮すると、基本的にはmoto g8に軍配が上がります。

 

きむきむ。
きむきむ。
レーザーオートフォーカスに対応でピント合わせが速いですし、超広角からデジタル8倍ズームが出来るカメラ性能は魅力的です。

 

 

↓「moto g8とAQUOS sense3の違い」はこちら↓

【比較】モトローラ「moto g8」とシャープ「AQUOS sense3」の違い【売れ筋モデル】モトローラのコスパ抜群スマホ「moto g8」とシャープ「AQUOS sense3」を比較していきます。 ...

 

まとめ!便利な「ZenFone Max (M2)」。最新トレンドを押さえた「moto g8」

以上、ASUS「ZenFone Max (M2)」とモトローラ「moto g8」の違いをご紹介致しました。

まとめると

・軽さや便利なスマホ(トリプルスロット等)が欲しい → ZenFone Max (M2)

・安くて良い性能のスマホが欲しい → moto g8

という内容でした。

 

「ZenFone Max (M2)」はスマホに求められる基本的なスペックを押さえた上で、

トリプルスロットやリバースチャージなど便利な機能がつまったスマホです。

そのため2台目のスマホが欲しい人からプレゼント用まで幅広く利用することができます。

 

一方「moto g8」は、

最新のトレンドを押さえたスマホをなるべく安く手にしたい、というニーズに合致したコスパ重視のスマホです。

デザイン性も高いのでメイン端末としての使用も十分可能な魅力的な端末です。

 

きむきむ。
きむきむ。
どちらも売れ筋ランキング上位の2機種ですから、良い仕事をしています。

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!