ガジェット

【iPad Proライク】MatePad Pro発売。横幅狭くて持ちやすそうだけど、なぜかLTE非対応【Huawei】

Androidのタブレットを愛している「全国88万2,000人」の皆さん、お待たせしました。

ファーウェイから新しいタブレット「MatePad Pro」が発売されますよ!

 

きむきむ。
きむきむ。
ちょ、どこから出てきたその人数?

 

宇宙人
宇宙人
フェルミ推定!

 

きむきむ。
きむきむ。
そういえば、かつてYouTube利用者全体の約40%がAndroidタブレットからだと話されていましたね。しかもGoogle I/O 2014。

 

というわけで、iPad Pro 11ライクのタブレットが、ファーウェイから発売されました。

MateBookもそうですが、ファーウェイのハードのクオリティーは非常に素晴らしい。

今回発売されるタブレットは10.8インチですが、

11インチのiPad Proよりも、横幅が約2cm短いです

約4.9mmのスリムベゼル!

そのため長らくNexus 7の基本サイズを使ってきた方々にとって、

大画面へシフトするチャンスになるのであります!

 

きむきむ。
きむきむ。
うちの父がまさにそうですね。ASUS、サムスン、京セラ、ファーウェイ。いろいろ使ってきました。

 

ただ最近はAndroidのタブレットも日本で発売されない傾向にあり、

いっそのことChromebookのタブレットタイプか大人しくSurface Go 2あたりをと考えていました。

でもついに、ファーウェイから新型タブレットが発売ですよ

えらい。あんたはえらい。

 

きむきむ。
きむきむ。
まあ、Googleアプリは使えないんですけどね。

 

ただキーボードが取り外しできたり、スタイラスペンが使えるのは非常に魅力的。

というわけで、今日はMatePad Proのご紹介です。

ちなみに、本日全国発売です。

 

 

↓「P40 Pro 5G発売」はこちら↓

【Google非対応】「P40 Pro 5G」発売。Huaweiへの信仰心が試される悩ましいスマホ本日ファーウェイのハイエンドスマホ、「P40 Pro 5G」が発売されます。 P40 Pro 5Gといえば、4眼カメラ搭載で最大5...

 

↓「P40 lite 5G 発売」はこちら↓

【Sub-6対応】P40 lite 5G 発売。国内モデルは有機EL非対応?【Huawei】6月19日、「P40 Pro 5G」と共に発表された「P40 lite 5G」が発売されます。 P40 lite 5Gは約4万円と...

 

MatePad Proの主なスペック

 

MatePad Pro
OSEMUI (Android 10ベース)
ディスプレイ10.8インチ
解像度2,560 × 1,600 (16:10)
画面占有率90%
SoCKirin 990
RAM6GB
ストレージ128GB
重量460グラム
キーボード込の重量約720グラム
高さ159mm
246mm
厚み7.2mm
インカメラ8MP (f/2.0)
アウトカメラ13MP (f/1.8)
バッテリー7,250mAh
ワイヤレス充電15W
ワイヤレス給電7.5W
顔認証
DCI-P3
540nit
4つのスピーカー
ハイレゾ
スタイラスペン(4,096段階)
USB Type-C 3.1
外部ストレージ( (NMカード)
USB Type-C to 3.5mm アダプター
イヤホンジャック
防水・防塵
税込み価格約6万6,000円
キーボード価格約1万6,000円
スタイラス価格約1万1,000円
合計価格約9万3000円
iPad Pro 11インチの場合約9万3,000円
キーボード、スタイラス込み約13万円

 

まさにジェネリックiPad Pro!

でも外部ストレージやワイヤレス給電が使えたり、バッテリーが長持ちで1.3mmと打鍵感のあるキーボードが使えます。

 

 

MatePad ProとiPad Pro 11インチはどちらがオススメか?

こうした比較はそもそも「意味がない」ことではありますが、やっぱり気になってしまうのが人間の性。

まあ1番はやはり価格でしょう。

ハードが優れたMatePad Proですが、

海外モデルと比べると

・メモリ

・ストレージ

・DSDV非対応

とかなりケチってます。

その不満はあります。

ただキーボードとスタイラスペンとセットで、全部含めて約9万3,000円というのは、

iPad Pro 11インチ単体と同じ価格であり、フル装備のものと比べると約3万7,000円安価です。

ではiPad Airと比べるとどうなのか?というのもわかりますが、

・全面狭額縁、画面占有率90%

・4つのスピーカー

・外部ストレージ対応 (NMカード)

・7,250mAhの大容量バッテリー

・スタイラスペンが、マグネットで接続、勝手に充電

・PCモードの搭載

・キーストローク 1.3mm、2段階の角度調整

といった優位性があります。

 

きむきむ。
きむきむ。
液晶の美しさと良い音は、タブレットだと必要不可欠だと思います。

 

そのためもし比較するとしたらiPad Proで、そのiPad Proと比べても、

iPad Pro本体1台分の価格で、全て揃うのはやはり強いですよ。

実売価格だと、10%オフの59,800円で本体が買えますしね

 

きむきむ。
きむきむ。
結局Surface Go 2もそうですが、トータルで揃えると結構高くなるのが辛いところ。

 

グーグル非対応タブレットとして不満は大いにありますし、LTEが使えないのは謎ですが、

クリエイティブ用途でiPad Proを使いたいので無い限り、MatePad Proは大いに選択肢になり得ると感じます。

こうしてまたiPad以外のタブレットが出てきたことは、喜ばしいですね。

あるいは逆に、グーグルのアプリが使えなくても、ポメラ的にタイピング用マシンとして活用するのもアリですよ。

ちょっとチャレンジングな試みですけどね。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

↓「P40 Pro 5G発売」はこちら↓

【Google非対応】「P40 Pro 5G」発売。Huaweiへの信仰心が試される悩ましいスマホ本日ファーウェイのハイエンドスマホ、「P40 Pro 5G」が発売されます。 P40 Pro 5Gといえば、4眼カメラ搭載で最大5...

 

↓「P40 lite 5G 発売」はこちら↓

【Sub-6対応】P40 lite 5G 発売。国内モデルは有機EL非対応?【Huawei】6月19日、「P40 Pro 5G」と共に発表された「P40 lite 5G」が発売されます。 P40 lite 5Gは約4万円と...