ガジェット

【Osmo Pocket】Neewer 「ポータブルハンドグリップ」でRODE 「VideoMicro」をスマートに装着させてみた

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

Osmo Pocket」で自撮りをしつつ、外部マイクで気軽に「高音質な録音」を実現させるアクセサリーをご紹介します。

それは

組み合わせです。

ポータブルハンドグリップは、「ブラケット」や「三脚マウント」とも呼ばれていますが、

要はOsmo Pocketに、

・スマートフォン

・外部マイク

・三脚

・手で持てる

という特長を持たせるものです。

前回の記事では、RODE 「VIdeoMicro」と「延長ロッド」の組み合わせをご紹介しましたが、

 

↓「Osmo Pocketの3.5mm アダプター」はこちら↓

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真
Osmo Pocket 「3.5mm アダプター」をRODE VideoMicroと延長ロッドに装着!DJI 「Osmo Pocket」に外付けのマイクを装着させるべく、「3.5mm アダプター」を購入しました。 今日はOsmo P...

撮影中の映像をOsmo Pocketの「液晶」ではなく、スマートフォンの「液晶」で確認しながら

「自撮りを行いたい」方に向いている組み合わせです。

 

きむきむ。
きむきむ。
YouTuber界隈の方は、みんなこの組み合わせで投稿している印象です。

 

私はなるべく「軽い」組み合わせOsmo Pocketを使用したいので、

スマートフォンとOsmo Pocketをくっつけるのはあまり乗り気ではなかったのですが、

撮影した映像を「その場」で他の人と確認するには、やはり便利だと思い購入してみました。

画角の確認にも便利ですしね。

 

きむきむ。
きむきむ。
「物は試し」ってやつですね。

 

というわけで今回は、Osmo Pocket専用、Neewerのポータブルハンドグリップを開封していきます。

さっそく内容を見ていきましょう。

 

 

↓「Osmo Pocketで買うべきアクセサリーまとめ」はこちら↓

Osmo Pocket おすすめアクセサリー12選の画像
【2020年】Osmo Pocketで買うべきアクセサリーまとめ12選【オススメ!】DJI Osmo Pocket (オズモ ポケット)の性能を最大限に引き出す、おすすめのアクセサリーベスト12をご紹介します。 ...

 

Osmo Pocket専用 Neewer ポータブルハンドグリップの同梱物

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

まずは外観から。

Neewer ポータブルハンドグリップですが、シンプルな段ボール箱で梱包されています。

Neewerは照明やレンズなど、カメラ関連のアクセサリーで定評のある企業です。

コスパを優先しているので、全体的に包装はシンプルな傾向にあります。

 

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

同梱物は、この通り。

三脚部分と、スマホとOsmo Pocketを装着させるブラケット部分に別れます。

 

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

説明書は絵が中心です。

全体像を把握するのに利用しましょう。

 

 

Osmo Pocket専用 Neewer ポータブルハンドグリップの外観

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

それではNeewer ポータブルハンドグリップの外観を見ていきましょう。

素材としては「アルミニウム合金+ABSゴム」で出来ています。

スマホを装着させる箇所は結構しっかりしているので安っぽさはありません。

 

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

スマホを装着させる箇所は、上記のように取り外しが可能です。

これからOsmo Pocketとスマートフォンを装着させていきますが、

スマホのサイズによって微妙に位置をズラす必要がでてきます。

そんなときは、ネジを外して最適な位置を見つけてください。

 

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

下からみると、このような形です。

小さいスマホの場合は、ネジを右側に寄せましょう。

 

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

次に、Neewer ポータブルハンドグリップの三脚部分です。

三脚は、Osmo Pocketを立て掛けたり、自撮り時の取っ手として利用できます。

 

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

サイズ感はこの通り。

約15cmと小型なので、三脚を持ち歩くのに苦労することはないでしょう。

カバンの中に入れやすい形をしております。

 

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

ただ唯一の弱点は、その品質です。

耐荷重210グラムというのは、大型化する最近のスマートフォンと相性が悪いです。

 

きむきむ。
きむきむ。
例えばiPhone 11 Proは188グラム。iPhone 11 Pro Maxは226グラムです。

 

ただ三脚部分を「別の製品」に交換することは可能です。

そのためより強い強度を求める方は、Manfrottoのミニ三脚を利用するのがオススメです。

 

 

きむきむ。
きむきむ。
私もManfrottoのミニ三脚に交換予定です。

 

 

Osmo Pocket専用 Neewer ポータブルハンドグリップを装着してみた

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

それでは実際に、Neewer ポータブルハンドグリップOsmo Pocketに装着させてみましょう。

三脚部分の耐荷重が210グラムであることはすでに紹介しましたが、

試しにSONYのミラーレスカメラを載せてみました。

500グラムほどの重量ですが、やはりそのまま使うのは難しそうです。

 

きむきむ。
きむきむ。
ぷるぷる震えてしまいます。

 

 

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

ミラーレスカメラが無理だったので、今度はおとなしくスマホを装着させていきます

端末は、5.5インチのiPhone 8 Plusです。

ケースを含めて211グラムありますが、この重さなら使用できました。

 

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

背面から見るとこのようになっています。

三脚の耐荷重は控えめですが、スマホを装着する部分はアルミニウム合金を使用しているためがっちりとしています。

スマホと接触する箇所も、ゴムが敷いてあるので傷がつかないよう配慮はされています。

 

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

次に、Osmo Pocketを装着させていきます。

これで、

が装着された状態になりました。

 

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

背面から見るとこのような状態です。

今どきのスマホと比べ、iPhone 8 Plusはかなりベゼルが大きいスマホです。

そのため横へ大分はみ出していますが、それほど不安定な感じはしていません。

 

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

上記の写真の通り、

Osmo Pocket映像をリアルタイムでスマホに映し出すことができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
Osmo Pocket単体で撮影する場合、「横の画角」を把握するのが難しいですが、スマホと提携すると容易に確認することができます。

 

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

最後に、外部マイクを取り付けます。

・Osmo Pocket 3.5mmアダプター

・RODE VideoMicro

が装着されました。

Neewer ポータブルハンドグリップのスマホを装着させるブラケットの上部には、

コールドシュー(アクセサリーシュー)が存在します。

そのため外部マイクを取り付けるのは、非常に簡単です。

 

きむきむ。
きむきむ。
装着時に一番めんどうくさいのは、スマホとOsmo Pocketをアダプターで接続させる時ですね。

 

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

背面からみると、このように見えます。

延長ロッドでRODE VideoMicroを装着した時と比べると、

ウインドジャマー(もふもふ)とOsmo Pocketカメラが離れているのが非常に素晴らしいです。

 

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

重量的には、RODE VideoMicroの重さも含めて約350グラムです。

この数字にご自身のスマホの重さを加えれば、

「装備全体の重さ」となります。

 

きむきむ。
きむきむ。
おそらく530グラム程になるかと思います。

 

 

まとめ。Osmo Pocket専用 Neewer ポータブルハンドグリップは、映像を確認するのに便利

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

以上、「Osmo Pocket専用 Neewer ポータブルハンドグリップの開封の儀」をご紹介しました。

延長ロッドを使用した装備と比べると、

スマホが加わる分、100グラムほどは重たくなります。

ただ

・常に画角を確認しながら撮影できる。

・撮影した後、人に共有できる。

・RODE VIdeoMicroがレンズに干渉しない。

・Neewer ポータブルハンドグリップは、延長ロッドより大分安い。

というのは大きな魅力です。

そのため初めのアクセサリーとして導入するのにオススメな製品だと思いました。

 

きむきむ。
きむきむ。
その代わりに、コントローラーホイールが欲しくなるけどね。

 

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

Osmo Pocket おすすめアクセサリー12選の画像
【2020年】Osmo Pocketで買うべきアクセサリーまとめ12選【オススメ!】DJI Osmo Pocket (オズモ ポケット)の性能を最大限に引き出す、おすすめのアクセサリーベスト12をご紹介します。 ...
「DJI Osmo Pocket 延長ロッド(オズモポケット)」の画像
【開封の儀】DJI Osmo Pocket 延長ロッドがやってきた【写真多め】今回は「Osmo Pocket」と同時に購入した「延長ロッド」の開封を行っていきます。 延長ロッドはOsmo Pocketの「自撮...
「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真
Osmo Pocket 「3.5mm アダプター」をRODE VideoMicroと延長ロッドに装着!DJI 「Osmo Pocket」に外付けのマイクを装着させるべく、「3.5mm アダプター」を購入しました。 今日はOsmo P...
【Kenko DJI Osmo Pocket専用 ワイド広角レンズ】の写真
【開封の儀】DJI Osmo Pocket専用「広角レンズ」がやってきた(ワイドアングル0.6倍)【Kenko】品切れ続出で、店頭でもネットでも買えないケンコーのワイドアングルレンズレンズ(広角0.6倍)がやってきました。 ...