ガジェット

【Huawei】P40シリーズを発表。ProやPro+との違いは?【カメラ性能】

3月26日、ファーウェイはフラッグシップモデルの「P40シリーズ」を発表致しました。

ファーウェイのフラッグシップモデルは「Pシリーズ」、「Mateシリーズ」と2種類存在しますが、

Pシリーズはカメラの「写真撮影」に特化した端末です。

今回はそれに加えて5G(第5世代移動通信システム)にも対応。

他のフラッグシップスマートフォンに負けず劣らずのハイエンドスマホになります。

 

きむきむ。
きむきむ。
唯一の欠点は、GoogleのPlayストアが使用できないことですね。

 

日本では同じくGoogleのサービスが使用できない Mate 30 Pro 5Gの発売が始まったばかりで、

むしろドコモで値下げされた「P30 Pro」や「P20 Pro」に注目が集まっているかと思います。

それに加え、サムスンがGalaxy S20シリーズを2年後に半額で買い戻しを行うニュースが発表されたばかり(海外)

P40のような高価な端末が日本で発売されるかどうかは未知数ですが、

気にせず商品の比較を行っていきたいと思います。

 

きむきむ。
きむきむ。
まあ興味がある人は、みなさん個人輸入しなさるでしょう。

 

↓「Huaweiのスマホを比較してみた」はこちら↓

Huaweiのスマホを比較してみた (P,Mate,Nova,HONOR)現在Huaweiが発売しているスマホのラインナップに関して前回お伝えしましたが、今回は、「Huaweiのスマホの特長」や「ハイエンドの端...

 

P40シリーズのスペック比較

 

P40P40 ProP40 Pro+
ディスプレイ6.1インチ6.58インチ6.58インチ
解像度2,340×1,0802,640×1,2002,640×1,200
SoCKirin 990 5GKirin 990 5GKirin 990 5G
RAM8GB8GB8GB
ストレージ128GB256GB512GB
重量175グラム209グラム226グラム
高さ148.9158.2158.2
73.472.672.6
厚み8.598.95
インカメラ個数2個2個2個
アウトカメラ個数3個4個5個
バッテリー容量3,800mAh4,200mAh4,200mAh
指紋認証
外部ストレージ(NM)
防水・防塵IP53IP68IP68
Dual Sim
価格799ユーロ999ユーロ1,399ユーロ
日本価格(1€=120)約9.6万円約12万円約16.8万円

<出典:Huawei

P40シリーズは搭載されているカメラの個数は異なりますが、

積んでいるSoCはどのモデルも同じKirin 990 5Gを搭載しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
Kirin 990 5Gが搭載している点や、Google Playストアが使用できないのは、Mate 30 Proと同じです。

 

リフレッシュレートは最大90Hzまで対応しており、

その他P40 Proシリーズは傷がつきにくいセラミック素材を使用しています。

 

P40シリーズのカメラ性能比較

P40シリーズは同じSoC(Kirin 990 5G)を搭載していますが、

サイズ、ディスプレイ、ストレージ、カメラ、筐体の素材など微妙に仕様を変えてきています。

その中で最も大きな違いは、Pシリーズの目玉といえるLeicaコラボのカメラでしょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
発表会では、「カメラモンスター」と紹介しています。性能怪獣のZenfoneを彷彿とさせます。

 

P40P40 ProP40 Pro+
インカメラ個数2個2個2個
32MP (f/2.0)32MP (f/2.0)32MP (f/2.0)
IRカメラIR DepthカメラIR Depthカメラ
アウトカメラ個数3個4個5個
①超広角カメラ16MP (f/2.2)40MP (f/1.8)40MP (f/1.8)
焦点距離17mm18mm18mm
②広角カメラ50MP (f/1.9)50MP (f/1.9)50MP (f/1.9)
焦点距離23mm23mm23mm
③望遠カメラ8MP (f/2.4)8MP (f/2.4)
焦点距離80mm80mm
④超望遠カメラ12MP (f/3.4)8MP (f/4,4)
焦点距離125mm240mm
⑤深度測定カメラ×
ISO204,800409,600409,600
光学ズーム3倍5倍10倍
ハイブリッドズーム5倍10倍20倍
デジタルズーム30倍50倍100倍
広角カメラセンサー1/1.28型1/1.28型1/1.28型

 

P40シリーズのカメラの個数は上記の通り

・P40 (約9.6万) → 3個

・P40 Pro (約12万) → 4個

・P40 Pro+(約16.8万) → 5個

となっています。

価格差は最大で約7.2万円とそれだけでスマートフォン1台変えてしまうほどの大きな金額ですが、

広角カメラのセンサーサイズはどれも同じで1/1.28型の大きなものが積まれています。

高級コンデジの王者として君臨するRX100のセンサーサイズが1型なので、もはや普通のコンデジよりはるかにきれいな写真がスマホで撮影可能です。

 

また緑の代わりに黄色のフィルターを置くことにしたRYYBセンサーも搭載。

これにより従来のRGGBセンサーと比較しより多くの光を取り込むことができるようになりました。

その結果P40はISO204,800、P40 Pro、P40 Pro+はISO409,600を実現させています。

 

きむきむ。
きむきむ。
おまけにAIを活用した「画像編集」まで力を入れています(HUAWEI Golden Snap)

 

まとめ。P40シリーズは「カメラ性能」と「5G」に注目

以上、「P40シリーズのスペック」に関してご紹介致しました。

・高級コンデジに迫るセンサーサイズ

・最大100倍のデジタルズーム

・暗所撮影(ISO409,600)

がP40シリーズで目立つ主なスペックでした。

 

また周辺機器として「Huawei CameraKit」も用意されています。

それによりスピードライトとスマホを連携させての写真撮影が可能となりました。

こうしたアクセサリーを含めた写真環境はやはりiPhoneが強いですが、ファーウェイもいよいよ本格的に力を入れてきた印象です。

最近はどのメーカーも「カメラ」に力を入れているので、今後の競争にも期待です。

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!