ガジェット

Galaxy Note10とS10シリーズのスペック比較。Note 10無印は誰のもの?

Galaxy Note10シリーズ、そしてGalaxy S10シリーズのスペックを比較します。

Note10無印って一体誰のための端末なのか、不思議ですよね。

すでにお伝えしたとおり、

Samsung Electronicsは8月7日、アメリカニューヨークでイベントを開催しました。

Samsung Galaxy Unpacked 2019: The Next Galaxy」と名付けられたイベントでは新商品が続々と発表され、主な内容としては

・Galaxy Note10

・Galaxy Note10+

・Galaxy Watch Active2 Under Armour Edition

・Galaxy Book S

となっています。

前回はその中でもArm版WindowsであるGalaxy Book Sに関して記事にしたわけですが、

Samsung、Arm版Windows「Galaxy Book S」を発表。PC向けSoC「Snapdragon 8cx」搭載Samsung Electronicsは8月7日、アメリカニューヨークでイベントを開催しました。 「Samsung Galaxy ...

 

今回はスマートフォンに関する内容です

私が気になったのは、

Note 10無印は、誰に向けた商品なのか?

ということです。

Galaxy Note9が1サイズのみだったのに対し、Note10は2サイズ商品が存在することになりました

その意図がはたしてどこにあるのか、スペックを比較しながら見ていきたいと思います。

 

Galaxy Note10、S10シリーズのスペック比較

さっそくスペックを見ていきましょう。

S10S10+Note10Note10+
ディスプレイ6.1インチ6.4インチ6.3インチ6.8インチ
解像度3,040×1,4403,040×1,4402,280×1,0803,040×1,440
高さ150mm158mm151mm162.3mm
70mm74mm71.8mm77.2mm
奥行き7.8~8.5mm7.8〜8.4mm7.9mm7.9mm
重量158g175g168g196g
バッテリー3,400mAh4,100mAh3,500mAh4,300mAh
CPU855855855 or 9825855 or 9825
メモリ8GB8 , 12GB8GB12GB
ストレージ128, 512GB128, 512, 1TB256GB256, 512GB
インカメラセルフィーセルフィーセルフィーセルフィー
RGB深度
アウトカメラ望遠望遠望遠望遠
広角広角広角広角
超広角超広角超広角超広角
3D DepthDepthVision
microSD512GB512GB1TB
ヘッドフォンジャック
米国価格899.99ドル〜999.99ドル〜949.99ドル〜1099.99ドル〜

<出典:Samsung

サムスンのGalaxyシリーズは5Gモデルが発売しており、例えばS10の5Gは6.7インチでより高額になっていますが、今回は全体像の把握をシンプルに行うために省いています。

「全モデルのGalaxy Note9も含めた比較」ですと、

Note9Note10Note10初代Nexus 7
ディスプレイ6.4インチ6.3インチ6.8インチ7インチ
解像度2,960×1,4402,280×1,0803,040×1,4401,280×800
高さ161.9mm151mm162.3mm198.5mm
76.4mm71.8mm77.2mm120mm
奥行き8.8mm7.9mm7.9mm10.65mm
重量201g168g196g350g
バッテリー4,000mAh3,500mAh4,300mAh4,325mAh

<出典:hi-ho

 

Galaxy Note10の無印は、Note9の後継では無かった

実際にスペックを比較してわかったことがあります。

それは、

・Galaxy Note 9の後継モデルは、Note10+である。

・Galaxy Note10無印は、S10サイズの小型のNoteである。

ということです。

どういうことかというと、

Galaxy Note9のサイズ感に最も近いのが、「Galaxy Note10+」であり、

Galaxy Note10無印は、Note9より小さく、そのサイズ感は「Galaxy S10とほぼ同サイズ」である、ということです。

インチで考えると6.4インチのNote9と、6.3インチのNote10無印は同程度の大きさのように感じますが、実際には結構な差が存在するわけです。

・S10→6.1インチ→高さが150mm

・S10+→6.4インチ→高さが158mm

・Note10無印→6.3インチ→高さが151mm

・Note10+→6.8インチ→高さが162.3mm

実際に調べてみて、このインチから来る大きさと実際のサイズの違いには私も驚きました。

また「Note10無印」は約950ドルですので、約1,000ドルのS10+よりも価格が安いです。

Sペンが使え、Sシリーズの上位モデルである印象が強かったNoteシリーズですが、今年はその印象を大きく変えてきたと言っても良いでしょう。

Note10無印は価格が安い分、解像度が低くmicroSDが使えないなどのデメリットも存在します。

何よりヘッドフォンジャックが搭載されていないというのは、今までAppleを散々ディスってきたサムスンにしては大きな方向転換のように気がします。

まあAppleのAirPodsのように、サムスンも無線イヤホンを発売しているわけですからいつか来るとは思っていましが、ついに訪れました。

来年はSシリーズでもヘッドフォンジャックは無くなる予感がします。

 

Galaxy Note10無印は誰のためのものか?

「Galaxy Note10無印」は、6.3インチとありますが、実際には6.1インチの「Galaxy S10と同じ大きさと」いうことがわかりました。

また「S10が約900ドル」に対し、「Note10無印は約950ドル」とほぼ価格が変わりません

この2つから考えると、Galaxy Note10無印を発売した狙いは

「小さい端末でSペンを使用したい」というユーザーの期待に答えるため。

というのが理由であり、また建前でしょう。

本音は

Sペンを使用させ、ユーザーをGalaxy Note沼にハマらせたい

というものだと私は推測しています。

年々スマートフォンはスペック面での進化が難しくなっており、また全面がディスプレイになればその分デザイン面でも変化はつきにくくなります。

その意味でサムスンの強みと言えるのは、Sペンの存在でしょう。

一旦使用しその良さがわかれば、他に代替する商品が存在しないため、今後もサムスンのスマホを使い続けてくれる可能性があります

Note 10シリーズが2種類存在したのには驚きましたが、サムスンのそのような思惑がラインアップの拡充という結果に落ち着いたのだと私は解釈しています。

もちろん今後は、「SシリーズとNoteシリーズが統合される可能性」だって存在すると思います。

実際にファーウェイのMate 30シリーズはペンに対応しましたし、iPhoneもApple Pencilの対応が騒がれています

今後はペンの対応が当たり前の存在になるのかもしれません

 

終わりに

以上で「Galaxy note10とS10シリーズのスペック比較。Note 10無印は誰のもの?」に関する記事を終わります。

私は元々、ズルトラことSONYのXperia Z Ultraが好きだったのですが、今ではこの6.4インチというサイズもけして大きくはないサイズとなりました。

また当時iPad miniが発売された頃、対抗馬としてグーグルのNexus 7が発売され、片手で持てるあのサイズ感がもてはやされましたが、

Galaxy Note10+もほぼ同じサイズで、半分ほどの重さなんですよね(笑)

恐ろしい時代になりました。

実際に日本にGalaxy Note10が発売されるとして、5Gモデルも含めてどのようなラインナップで提供されるかはわかりませんが、種類が多くて選ぶのが楽しそうです、サムスンのスマートフォン。

それでは今日はこのへんで。

また次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむ。

 

↓「Samsungが対処して来た話し」はこちら。

2020年にiPhoneがサイズ面で攻勢を仕掛けてくると予測していたら、その前にSamsungが対処してきた話し9月が目前に迫り、スマートフォン業界が白熱しています。 Galaxy Note10、Note10+の発売。 Snapdrag...

 

↓「Galaxy S9ファーストインプレッション」はこちら。

ようこそGalaxy S9。ファーストインプレッションファーウェイnova 3の後継機として、サムスンのGalaxy S9を手にすることになりました。 Galaxy S9。 控え...

 

↓「Galaxy S10 LiteとNote10 Lite発表」はこちら。

Samsung、「Galaxy S10 Lite」と「Note10 Lite」を発表。ハイエンドモデルとの違いは?以前から噂されていた「Galaxy S10 Lite」と「Note 10 Lite」が正式に発表されました。 これらのモデルはサム...