ガジェット

【Dolby Atmos対応】Ankerのサウンドバーが発売。120W約2.3万円から【Soundcore Infini Pro】

第3世代となる、Ankerのサウンドバー「Soundcore Infini Pro」が発売されました。

お値段約2.3万円で、先着300名まで

3,000円のポイント還元 + 5%還元(キャッシュレス払い)

が付いてきます。

 

きむきむ。
きむきむ。
実質、19,000円と激安です。

 

Anker Soundcore Infini Proの主な仕様

Soundcore Infini Pro
チャンネル数2.1ch
オーディオ出力最大120W
フロントスピーカー30W × 2
サブウーファー60W
音声入力ポートHDMI / OPT /AUX
Dolby Atmos
HDMI出力 (ARC対応)
4Kパススルー
Bluetooth 5.0対応
サウンドモードムービー / 音楽 / 音声
Bluetooth 動作範囲約10メートル
サイズ約93×12×6.1cm
重量約3.3kg

<出典:Anker

AnkerのSoundcore Infini Proは、2.1chのオールインワンサウンドバーです。

ツイーター、サブウーファー、バスレフポートを2個ずつ搭載しているため120Wの大迫力サウンドが楽しめます。

またTOHOシネマズのような映画館で聴くようなDolby Atmosに対応していることから、

立体的な音(高さ、水平)を楽しむことができます。

 

こうしたサウンドバーは自宅で映画やゲーム、スポーツを楽しむのに最適ですが、

Bluetooth 5.0対応のため10メートル以内でしたら、スマホの音楽を流すことも可能です。

 

きむきむ。
きむきむ。
3つのモード(映画、音楽、音声)に対応しているので、必要に応じて切り替えての使用が可能です。

 

 

Anker Soundcore Infini Proは、TCLと組み合わせたい

Dolby Atmos対応、最大120Wの出力に対応しておきながら、約2万円と抜群のコスパを誇るAnker Soundcore Infini Pro。

もしTV環境を構築するなら、同じくコスパ抜群のTCLのテレビと組み合わせてみたいものです。

TCLは中国の家電メーカーであまり知名度こそありませんが、Amazonで「TV」と検索すると1ページ目にいつも表示され

43インチの4Kテレビが約3.5万円で購入できます(HDR対応)

 

 

AnkerのサウンドバーとTVを組み合わせて6万円以内に収まるのですから、

どう考えても安すぎます。

 

きむきむ。
きむきむ。
iPad Pro用のMagic Keyboardや、Mac Proのキャスター(コロコロ)より安い

 

後はブルーレイのプレーヤーが欲しいところですが、そちらは2020年の年末に発売予定の、PS5を待つのはいかがでしょうか?

 

きむきむ。
きむきむ。
めっちゃ物欲大魔王

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!