ガジェット

【比較】シャオミ「Redmi Note 9S」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の違い【性能怪獣】

シャオミ「Redmi Note 9s」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の比較画像

シャオミ「Redmi Note 9S」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の違いを比較していきます。

この2台は特長がハッキリしており、メインとしてもサブ機としても使いやすいスマートフォンです。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

先日シャオミ「Redmi Note 9S」とシャープ「AQUOS sense3」の比較を行いましたが、今回は上位版の「plus」との比較です。

↓「Redmi Note 9SとAQUOS sense3の違い」はコチラ↓

シャオミ「Redmi Note 9s」とシャープ「AQUOS sense3」の比較画像
【比較】シャオミ「Redmi Note 9S」とシャープ「AQUOS sense3」の違い【約3万円】シャオミ「Redmi Note 9S」とシャープ「AQUOS sense3」の違いを比較していきます。 この2台は特長がハッキリし...

 

Redmi Note 9Sは、言うまでもなく安くて高性能な素晴らしいスマホです。

一方AQUOS sense3 plusは、無印同様日本人に好まれる機能を兼ね備えた使い勝手の良いスマホ。

プラス、オーディオ性能などハードのスペックを向上させたモデルです。

 

きむきむ。
きむきむ。
現在発売されているSIMフリースマホの中で、これらは鉄板の1台と言えます。

 

というわけで、はたしてどちらのスマホがよりベターな選択なのか、

Redmi Note 9S」と「AQUOS sense3 plus」との比較。

さっそくいってみましょう。

 

シャオミ「Redmi Note 9S」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の違い

Redmi Note 9SAQUOS sense3 plus
ディスプレイ6.67インチ6.0インチ(IGZO)
解像度2,400 × 1,0802,220 × 1,080
画面占有率91%
デザインパンチホールクラシック
OSMIUI 11Android 9
OSのベースAndroid 10
SoCSnapdragon 720G Snapdragon 636
RAM4GB / 6GB6GB
ストレージ64GB / 128GB128GB
重量209グラム175グラム
高さ165.75mm160mm
76.68mm75mm
厚み8.8mm8.7mm
インカメラ16MP (f/2.48)8MP (f/2.2)
アウトカメラ個数4個2個
超広角8MP (f/2.2)13MP (f/2.4)
広角48MP (1.79)12MP (f/1.8)
ポートレート(深度測定)2MP (F/2.4)
マクロ5MP (f/2.4)
夜景モード (星空撮影)
ポートレートモード
720P スローモーション最大960fps
バッテリー容量5,020mAh4,000mAh
連続「通話」時間約33時間約35時間 
連続「待受」時間約531時間約640時間
指紋認証側面前面(ジェスチャー操作◯)
顔認証
リフレッシュレート60Hz
タッチスキャン速度120Hz
Gorilla GlassVersion 5
USB Type-C
Google Play
ヘッドフォンジャック
IEEE 802.11ac
Bluetooth 5.0
急速充電 
ハイレゾ
DSDV
nanoSIM 2枚
microSD
トリプルスロット
赤外線リモコン
HDR10 (広い明るさの幅)△(バーチャルHDR)
防水・防塵◯(IPX5/IPX8、IP6X)
お風呂での使用
NFC
Felica (おサイフケータイ)
最大2回のOSアップデート
ステレオスピーカー
Dolby Atmos
かんたんモード(シンプル)
目のいたわり機能◯(リラックスビュー)
ワイヤレス充電
ワンセグ・フルセグ
MIL規格記載なし
カラー3種類3種類
発売日2020年6月2019年12月
税込み価格 → 下位モデル2万4,800円
税込み価格 → 上位モデル2万9,800円5万6.080円

<出典:シャオミシャープ

シャオミ「Redmi Note 9S」は、6.67インチの大型ディスプレイに4つのカメラを搭載したスマホです。

ローエンドの価格帯ながら、ハイミドルの性能を兼ね備えた性能怪獣です。

 

一方シャープ「AQUOS sense3 plus」は6インチのIGZOディスプレイを搭載。

省エネで色再現に優れた鮮やかな液晶に、防水・防塵、おサイフケータイなど使いやすさを重視したスマホです。

 

きむきむ。
きむきむ。
それに加え、ステレオスピーカーやDolby Atmos対応で「エンタメ消費」がはかどります。

 

どちらのスマホも

・USB Type-C

・ヘッドフォンジャック

・DSDV

・microSD

・Google Play

に対応しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
ハイエンドスマホやファーウェイで「失われた機能」が含まれていますね。ファーウェイ...。

 

シャオミ「Redmi Note 9S」が向いている人

シャオミ「Redmi Note 9S」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・大画面のスマホ派(6.67インチ)

・処理性能の高いスマホ (Snapdragon 730G)が欲しい。

・カメラをよく使う (4眼カメラ)

・トリプルスロットは必須 (nanoSIM 2枚プラスmicroSDスロット)

・画面占有率 91%のベゼルレスデザイン (指紋認証も側面にあり)

Redmi Note 9Sは、デカイ・速い・安いの三拍子揃ったスマホです。

下位モデルと上位モデルの2機種が発売されていますが、

約2.5万円〜3万円と、「価格設定を間違えたのではないか?」と思うほど激安価格で発売されています。

 

きむきむ。
きむきむ。
よく「おま国」とか中国限定のやっすい値段のスマホを見ることがありますが、いよいよ日本にも来たか〜!って感じです。

 

特に

・プロセッサ

・4眼カメラ

・トリプルスロット(nanoSIM 2枚プラスmicroSDスロット)

は秀逸で、

SoCの処理性能に関しては、

ベンチマークソフトのAnTuTu点数でいうと、約28万点

AQUOS sense3 plusが約16万点であることを考えると、

ゲームをするならRedmi Note 9S一択という感じです。

 

きむきむ。
きむきむ。
2017年のハイエンドスマホに搭載されていた、Snapdragon 835(Galaxy S8)相当のAnTuTu点数です。

 

カメラもメインは4,800万画素の広角レンズを搭載しており、

その他マクロや深度センサー、超広角カメラも搭載。

インカメラも1,600万画素と中々の高い解像度なのが自撮り派に嬉しいところです。

 

きむきむ。
きむきむ。
個人的にオススメなのが、720P 960fpsで撮れるスローモーション撮影です。

 

こんな映像が撮れます

 

またトリプルスロット搭載ということで、

・microSIM 2枚

・microSD 1枚

同時使用可能です。

かなり珍しいので、6.67インチの大画面を生かしてエンタメ視聴用デバイスとしての利用も魅力的な選択肢です。

 

きむきむ。
きむきむ。
これで2万円台はボーナスですね。

 

 

シャープ「AQUOS sense3 plus」が向いている人

シャープ「AQUOS sense3 plus」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・もう少し小さいスマホを使いたい (175グラム・6インチ)

・タフなスマホが欲しい (防水・防塵)

・おサイフケータイ (Felica)は必須

・前面の指紋認証 (顔認証も可能)

・エンタメを楽しみたい (ステレオスピーカー / Dolby Atmos)

・使いやすいスマホ (かんたんモード/スクロールオート/のぞき見ブロック)

・OSのバージョンアップサポート (発売から2年で2回)

AQUOS sense3 plusは、処理性能や値段こそRedmi Note 9Sに劣りますが、

長年日本で支持されてきた機能を元に、使いやすいスマホに仕上がっているのが特長です。

特に

・おサイフケータイ(Felica)

・防水・防塵 (お風呂でも使える。熱湯をかけるのはNG)

・驚異的なバッテリー性能 (ガラケー以上)

といった機能は、

それがなければ、スマホ購入の選択肢にもならないほど重要な機能です。

 

きむきむ。
きむきむ。
重たいゲームをプレイするには厳しいですが、それ以外のところはきっちり押さえていますよね。「超広角カメラ」も使えますし。

 

またIGZOディスプレイを搭載しており、

豊かな色域を再現するリッチカラーテクノロジーとステレオスピーカー、立体的に音を楽しめるDolby Atomosに対応。

microSDスロットを活用した動画の視聴ちょっとしたゲームなど楽しむことができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
無印のAQUOS sense3と比べるとパワフルになった分、処理性能の向上に加え、エンタメ視聴に適したデバイスとなっています。

 

そして忘れてはいけないのが、AQUOS sense3 plusのッテリー性能

省エネ設計のAQUOS sense3 plusは、ガラケー以上の連続通話・待受時間を実現させています。

これはReno3 Aとの比較になってしまいますが、

AQUOS sense3 plusReno3 A
連続「通話」時間 約35時間約21時間
連続「待受」時間約640時間約350時間

 

この数値はガラケーをも上回っているためかなり驚異的です。

Redmi Note 9Sもバッテリー容量5,020mAhとバッテリー持ちに自信があるスマホですが、ここまではいきません。

そのため防水だったり、バッテリー性能を重視する方にとっては、AQUOS sense3 plusは非常に魅力的な端末です。

 

きむきむ。
きむきむ。
ガラケーの代わりとなる通話端末や、6インチ175グラムとRedmi Note 9Sより一回り小さいので、ごろ寝端末としても使えます。前面に指紋認証を備えているのもありますよ。

 

 

まとめ!性能怪獣の「Redmi Note 9S」。バランス重視の「AQUOS sense3 plus」

以上、シャオミ「Redmi Note 9S」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の違いについてご紹介致しました。

まとめると、

・Redmi Note 9S → デカイ・速い・安い。4眼カメラ搭載スマホ(税込み約2.5〜3万)

・AQUOS sense3 plus → 防水・防塵・おサイフ・ステレオ。日本人にとって使い勝手の良いスマホ(税込み約5.6万円)

という内容でした。

Redmi Note 9Sは、6.67インチの大型ディスプレイに4つのカメラを搭載。

画面占有率91%のディスプレイながら側面に指紋認証まで搭載し、ゲームもOKなスマホです。

 

一方AQUOS sense3 plusは、Redmi Note 9Sより2倍近い価格にはなるものの、

・おサイフケータイ(Felica)

・防水・防塵 (お風呂でも使える)

・驚異的なバッテリー性能 (ガラケー以上)

・ステレオスピーカー、Dolby Atmos

・2年間で2回のOSバージョンアップサポート

といった日本人に好まれる機能を搭載しています。

日常的に役立つ機能や、タフネススマホ、エンタメ視聴用デバイスとして活躍が期待できます。

定価だと5.6万円ほどですが、現在の価格は下落傾向

使い勝手重視のSIMフリースマホを検討した場合、今でも選択肢に入る一台です。

 

きむきむ。
きむきむ。
どちらもメイン・サブ機として活躍してくれます。

 

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

 

シャオミ「Redmi Note 9S」とグーグル「Pixel 4a」の画像
【比較】シャオミ「Redmi Note 9S」とグーグル「Pixel 4a」の違い【約3万円から】シャオミ「Redmi Note 9S」とグーグル「Pixel 4a」の違いを比較していきます。 3万円を切る価格のRedmi No...
シャオミ「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」の画像
【比較】シャオミ「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」の違いで、どっちがお得なん? 6月2日に発表された、格安高コスパスマホ「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」...
シャオミ「Mi Note 10 Lite」とシャープ「AQUOS sense3」の比較画像
【比較】シャオミ「Mi Note 10 Lite」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の違い【6インチ】シャオミ「Mi Note 10 Lite」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の違いを比較していきます。 どちらも6イ...
OPPO「Reno3」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の画像
【比較】OPPO「Reno3 A」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の違い【結構違う】バランスに優れたOPPO「Reno3 A」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の違いを比較していきます。 どちらのスマ...