ガジェット

【比較】シャオミ「Redmi Note 9S」とグーグル「Pixel 4a」の違い【約3万円から】

シャオミ「Redmi Note 9S」とグーグル「Pixel 4a」の画像

シャオミ「Redmi Note 9S」とグーグル「Pixel 4a」の違いを比較していきます。

3万円を切る価格のRedmi Note 9Sと、4万円台のPixel 4aはどちらも個性的で、

1台を選ぶのが中々難しいスマホです。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです。

 

8月14日から予約開始となるPixel 4a。

その対抗馬の1つとなるスマホが、

3万円を切る価格で売り切れ続出中だったシャオミ「Redmi Note 9S」です。

 

きむきむ。
きむきむ。
8月に入り、ポツポツと在庫が回復してきました。グッジョブシャオミ!

 

で気になるのが、

Redmi Note 9SとPixel 4aは、どちらがお買い得なのか?ということ。

前回、Mi Note 10 Liteとの比較を行いましたが、

↓「Mi Note 10 LiteとPixel 4aの違い」はこちら↓

シャオミ「Mi Note 10 Lite」とグーグル「Pixel 4a」の画像
【比較】シャオミ「Mi Note 10 Lite」とグーグル「Pixel 4a」の違い【どっちも最高】シャオミ「Mi Note 10 Lite」とグーグル「Pixel 4a」の違いを比較していきます。 黒船シャオミと、多くの方が待ち...

ほぼ同じ価格帯だったMi Note 10 Liteに対して、

Redmi Note 9Sは、最安で2万円台半ばで買えるコスパの良さを実現しています。

これはPixel 4aより約1.5万安い価格です。

 

きむきむ。
きむきむ。
スマホで1万円を超える価格差は、かなりおっきいです。松屋の牛丼を毎日、1ヶ月食べられますからね。

 

今日はそんな魅惑あふれる2台。

Redmi Note 9S」と「Pixel 4a」の比較を行います。

優等生のPixel 4aに対し、突如現れた黒船Redmi Note 9Sはどこまで戦えるのでしょうか?

それではさっそく内容を見ていきましょう。

 

シャオミ「Redmi Note 9S」とグーグル「Pixel 4a」の違い

グーグル「Pixel 4a」の写真
Redmi Note 9SPixel 4a
ディスプレイ6.67インチ5.8インチ (有機EL)
解像度2,400 × 1,0802,340 × 1,080
画面占有率91%82%
デザインパンチホールパンチホール
OSMIUI 11Android 10
OSのベースAndroid 10
SoCSnapdragon 720GSnapdragon 730G
RAM4GB / 6GB6GB
ストレージ64GB / 128GB128GB
重量209グラム143グラム
高さ165.75mm144mm
76.68mm69.4mm
厚み8.8mm8.2mm
インカメラ16MP (f/2.48)8MP (f/2.0)
アウトカメラ個数4個1個
超広角8MP (f/2.2)
広角48MP (1.79)12.2MP (f/1.7)
ポートレート (深度測定)2MP (F/2.4)
マクロ5MP (f/2.4)
夜景モード (星空撮影)
ポートレートモード
超解像ズーム
720P スローモーション最大960fps最大240FPS
手ブレ補正(電子式EIS)静止画・動画静止画・動画
手ブレ補正(光学式OIS)静止画・動画
バッテリー容量5,020mAh3,140mAh
連続「通話」時間約33時間
連続「待受」時間約531時間
急速充電 (Quick Charge)
指紋認証側面背面
顔認証
Gorilla GlassVersion 5Version 3
デュアルSIM (DSDV)
nanoSIM2枚1枚
eSIM
microSD
トリプルスロット
ヘッドフォンジャック
USB Type-C
Google Play
HDR10 (広い明るさの幅)
IEEE 802.11ac
Bluetooth 5.0
ハイレゾ
赤外線リモコン
Felica (おサイフケータイ)
NFC
デュアルマイク
デュアルスピーカー
Titan M セキュリティモジュール
OS・セキュリティアップデート3年
防水・防塵 △(生活防水)
ワイヤレス充電
ワンセグ・フルセグ
灰色・青・白
発売日2020年6月2020年8月
税込み価格 → 下位モデル2万4,800円
税込み価格 → 上位モデル2万9,800円4万2,900円

<出典:シャオミグーグル

Redmi Note 9Sの価格は、

・下位モデル → 税込2万4,800円 (メモリ4GB+64GB)

・上位モデル → 税込2万9,800円 (メモリ6GB+128GB)

となっており、

一方Pixel 4aは、メモリ6GB、ストレージ128GBで4万2,900円。

 

きむきむ。
きむきむ。
同じメモリ・容量だと、「Redmi Note 9S」は「1万3,100円」安いことになります。

 

どちらの端末も、

・DSDV (Pixel 4aはeSIM)

・ヘッドフォンジャック

・USB Type-C

・急速充電

・指紋認証

に対応しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
このスペックで3〜4万円なのは良いですね。

 

SoCの処理性能に関しては、

ベンチマークソフトのAnTuTu点数でいうと、どちらも約28万点前後それほど違いはありません。

 

シャオミ「Redmi Note 9S」が向いている人

グーグル「Redmi Note 9S」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・大画面のスマホ(6.67インチ)

・トリプルスロット (nanoSIM 2個+microSD)

・超広角カメラ、スローモーション撮影、4眼

・解像度の高い画素数 (インカメラ16MP。メインカメラ48MP)

・大容量のバッテリー (5,020mAh)

・雑に使いたい (Gorilla Glass)

・3万円以内に納めたい

Redmi Note 9Sの最大の弱点は、209グラムという端末の重さです。

ただその分

・大画面

・大容量バッテリー

を実現しており、

2017年のハイエンドスマホに搭載されていた、

Snapdragon 835 (Galaxy S8)相当のそこそこ強いSocを兼ね備えています

日本で発売されている3万円前後のSIMフリースマホの中では、トップクラスの処理性能です。

有機ELディスプレイが搭載されていないことを懸念されている方も多くいらっしゃると思いますが、

その分焼き付きが起こらず長く使え、スマホの軽量化がもたらす耐久性への不安を軽減させることができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
コンテンツの消費など、道具としてスマホをガッツリ使いたい人に向いています。

 

↓「50%減額。有機EL液晶の焼き付き問題」はこちら↓

【50%減額】Galaxy 有機EL液晶の「焼き付き問題」中古スマホ売却時は注意が必要。先日サムスン「Galaxy S7 edge」の買取をして貰いました。 利用したお店は都内のじゃんぱら。 じゃんぱらはソフマッ...

 

そのほかnanoSIMを2枚挿しながら、microSDカードも使えるトリプルスロットにも対応。

Pixel 4aにはない超広角カメラや、720Pで最大960fpsのスローモーション撮影にも対応しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
シャオミのカメラは「スローモーション撮影」にも強いんですよ。

 

グーグル「Pixel 4a」が向いている人

グーグル「Pixel 4a」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・軽いスマホ (143グラム)

・有機ELディスプレイ。

・Felica (おサイフケータイ)

・eSIM。

・背面についている「指紋認証」

・グーグルの世界を堪能したい。
→(AIカメラ、OS・セキュリティアップデート 3年保証)

Redmi Note 9Sと比べて、

Pixel 4aのスペックの優位性

・有機ELディスプレイ (HDR10対応)

・Felica (おサイフケータイ)

・eSIM

・背面についている「指紋認証」

があります。

このあたりは、その機能が付いていなければスマホ購入の選択肢にもならないほど重要な機能です。

 

きむきむ。
きむきむ。
特におサイフケータイの利用者は多いですからね。キャッシュレスで背面に指紋認証が付いているのも、このご時世にマッチしています。

 

使い勝手の面で言うと、

・143グラムの軽量さ

・ピュアアンドロイドである

という点が大きいです。

Redmi Note 9Sよりも約60グラム軽く、4.7インチのiPhone SE(第二世代)よりも軽い。

しかも5.8インチと比較的大型の有機ELディスプレイを備えているPixel 4aは普通に優秀です。

ポケットに入るサイズで、遠くのものを綺麗に写せる超解像ズームがありますから、

お散歩スマホとしても魅力的です。

 

きむきむ。
きむきむ。
Redmi Note 9Sと比べ「超広角カメラ」こそありませんが、そのほかは機械学習を活かしたAIカメラで代用可能です。

 

そして何と言っても、グーグル謹製スマホということで、ごちゃごちゃしたものが入っていません。

安価なスマホは、独自OSにより余計な機能や機能制限、広告が入ったりすることがあるので、

自分でスマホを管理したい方にとってこうしたピュアアンドロイドの選択は自然な流れでしょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
ただmicroSDスロットは付いていないので、クラウドサービスと組み合わせることが大切です。

 

 

 

まとめ!雑に使える「Redmi Note 9S」。いろいろスマートな「Pixel 4a」

シャオミ「Redmi Note 9S」とグーグル「Pixel 4a」の違いについて紹介しました。

まとめると

・Redmi Note 9S → コンテンツの消費に適した大画面スマホ

・Pixel 4a → 小型軽量。安心のグーグルスマホ

という内容でした。

Redmi Note 9Sは、6.67インチのディプレイに大容量バッテリー、

そしてトリプルスロット (nanoSIM 2個+microSD)を搭載した実に欲張りなスマホです。

メインスマホとして使える性能がありながら、サブスマホとしてもつい手に入れたくなるエッジが効いています。

 

きむきむ。
きむきむ。
256GBのmicroSDを挿して、ずっと動画を視聴していたいです。

 

一方Pixel 4aは、グーグルの廉価版スマホとして人気を博したPixel 3aを正当進化させた優等生スマホ。

Redmi Note 9Sと比較しても、おサイフスマホや有機ELディスプレイ、eSIMなど様々な点で「普通に使えるスマホ」です。

 

きむきむ。
きむきむ。
Redmi Note 9Sが完全に「価格崩壊」をもたらしていますが、Pixel 4aも安いのに高性能なんです。

 

どちらを選んでも、お値段以上なのは間違いないでしょう。

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

 

OPPO「Reno3 A」とシャオミ「Redmi Note 9S」の画像
【比較】OPPO「Reno3 A」とシャオミ「Redmi Note 9S」の違い【コスパ抜群】全部入りのOPPO「Reno3 A」とシャオミ「Redmi Note 9S」では、一体どちらがオススメでしょうか? ...
シャオミ「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」の画像
【比較】シャオミ「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」の違い【黒船無双】で、どっちがお得なん? 6月2日に発表された、格安高コスパスマホ「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」...
シャオミ「Redmi Note 9s」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の比較画像
【比較】シャオミ「Redmi Note 9S」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の違い【性能怪獣】シャオミ「Redmi Note 9S」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の違いを比較していきます。 この2台は特長が...
Pixel 4aとReno3 Aの画像
【比較】グーグル「Pixel 4a」とOPPO「Reno3 A」の違い【約4万円スマホ】コスパ抜群のグーグル「Pixel 4a」とOPPO「Pixel 3a」の違いを比較していきます。 早くも各地で話題となっておりますが、「お買い得なスマホ」といえば、日本ではすでに定番となっているスマホがあります。 そのうちの一台がそう、OPPO「Reno3 A」です。 芸能人を活用したインパクトのある宣伝と、 国外メーカーなのに日本のガラケー仕様に沿った、いわゆる「ちょうどよいスマホ」として人気を博しております。...