Q&A

【Q&A】社会人は、TOEICの勉強に不利か?

社会人はTOEICの勉強に不利ですか?

今日はこの質問について考えていきます。

 

社会人だけど、TOEICの勉強がうまくいかない

時間がなくて、良い学習方法が見つからない

TOEICの勉強を諦めてしまいそう」

 

この記事はそのような方を対象に書かれています。

ではさっそくいってみましょう。

初めに

TOEICの学習を行う人は、様々な方が存在します。

社会人の方や大学生、休職中の方、帰国子女の方、子供、はたまた外国籍の方もいらっしゃると思います。

試験を受ける目的もまた多種多様ではありますが、その中で最も切実にTOEIC試験のことを考えているタイプの1つが、社会人の方だと思います。

・仕事で英語を使用する。

・昇格でTOEICのスコアが必要。

・趣味で英語の勉強をしている。

といった目的意識や、「獲得しなければならない」という必要性緊急性を強く抱えていると思います。

ただそれだけに、学習を始める前、あるいは進める中で様々な不安を抱いたりします。

この記事ではそうした不安感を少しでも拭うことができればと思い作成することにしました。

 

社会人はTOEICの勉強に不利なのか

社会人がTOEICの勉強に苦しむ理由

社会人の方がTOEICの勉強に苦しむ時、その理由は大きく3つに分けられると思います。

・時間や体力が足りない。

・勉強の方法がわからない。

・勉強の孤独さに耐えられない。

その中でも特に苦しむ要因なのが、

「時間や体力が足りない」

ということでしょう。学生時代の自分と比べてみたら、火を見るより明らかでしょう。

 

特にフルタイムで仕事をされている方は、帰宅後は体力的にヘロヘロになりますし、平日はまとまった勉強時間を確保することが困難だと思います。家族サービスもしなければなりません。

そのため頭の中で大学受験のときのような勉強プランを考えていると、初めは勉強をこなせても、徐々にその継続が難しくなってきます

私も働き始めてからTOEICの学習を始めたので、その気持ちはわかります。

そうした忙しさからくる勉強時間の確保の難しさと、本人の意志の強さとは全く関係ありません。

逆に、社会人の方が学生に勝っている要素は何なのか?

では社会人の方が一方的に「学生の方よりも勉強に向いていないのか」というと、

私は違うと思います。

社会人の方は、社会人だからこそ他の人達よりも優れているところがあります。

それは、以下の3つです。

・お金

・課題解決力

・勉強の必要性、真剣さ

この3つに関しては、学生の時の自分と比べてみても、成長している人の方がほとんどなのではないでしょうか。

TOEICにどう立ち向かうか

TOEICで目標点数を達成するためには、この3つの要素、強みを生かして学習に取り組むことになります。

お金の使い方

まずお金ですが、学生のときと比べて「動かせるお金の量」が増えている方が多いと思います。

そのため、学生だったら躊躇するような「1,000円や2,000円の参考書」を、気兼ねなく購入することができます。

こうした大人買いや爆買い、言葉は悪いですが札束でひっぱたくようなアクションが起こせるのは、社会人の強みです。

時間や知識、ノウハウはお金で買う

これが社会人の基本的戦略です。

勉強時間に充てられる時間は、学生のときよりも少なくなるのが普通です。

体力的にも、働きながら行うのは難しいでしょう。

だからこそ、こうした勉強道具や身体のメンテナンス費用は惜しまず使い、アスリートのようなプロ意識で徹底した勉強環境を作りましょう。

「これだけお金や労力をかけたんだから」と、勉強に対するモチベーションも強くなることも多いと思います。

課題解決力の使い方

学生と比べた時、「課題解決力」が成長した社会人の方は多いと思います。

それは時間的制約がある中、課題を見つけ、それを解決するための計画や行動に移せる力です。

こうした「イシューからはじめよ」的な目的意識を持った取り組むは、日々の業務の中で鍛え上げられているはずです。

 

 

そうした着眼点のするどさや思考の深さを利用して、TOEICの勉強計画を作成してください。TOEICに関する情報は、いくらでも手にすることが可能です。

 

勉強の必要性、真剣さ

こちらは、学習に対する「モチベーションの高さ」や「切羽詰まっているか否か」というものであり、

上記2つの取組みを支える、「根幹」とも言えるものです。

学習に対して本気になれない方は多くいらっしゃいますので、もしすでにあなたがこの要素を持ち合わせているのだとしたら、それは他の学習者に比べて多くのアドバンテージを持っていることになります。

 

終わりに

以上で「社会人はTOEICの勉強に不利ですか?」に関する記事を終わります。

まとめると

・社会人の方は、学生の方と比べて勉強面で不利な点があることも事実。

・ただ社会人の方が勝っている要素もある。

・その要素をうまく活用して、TOEICの戦いに挑む。

という内容でした。

具体的なスコア別の学習法や、勉強に対する心構え、悩みの対処法などはこのブログで紹介していますので、良かったら参考にしてください。

 

【目標スコア別】TOEIC学習計画、記事の一覧(まとめ)こんにちは、ブログ管理人のきむきむです。 TOEICの勉強に取り組んでいる皆さん、アクセス頂きありがとうございます。 当ブロ...

 

社会人の方の勉強は大変な点も多いですが、たからこそ目標を達成できた時の気持ちは格別です。諦めずトライ&エラーを繰り返しながらチャレンジしていけると良いですね。

それでは今日はこのへんで。

またお会いしましょう。

管理人、きむきむ。