ガジェット

2019年発売、新型iPhoneのCAD画像が流出。端末サイズはこれで確定か?

2019年発売予定の新型iPhoneのCAD画像が流出しました。

情報の出どころはリーク情報に特化したオンラインディスカッションサイトSlashleakesで、3モデルのiPhoneが確認できます。

 

2019年発売予定の新型iPhone

では流出したiPhoneの画像に関して、順番に見ていきましょう。

 

iPhone XIR

まずはiPhone XRの後継機種と見られる「iPhone XIR」から。

こちらは6.1インチとの記載がある他、背面カメラが2つになっているところが印象的です。

自撮り用のインカメラは、デザイン的にはiPhone XRと変わりなく、今年もノッチデザインが健在となっています。

ちなみにカメラの中央にある長方形状の物体付近には、スピーカーマイクロフォン環境光センサーが内蔵されています。

<出典:Apple iPhone XR

6.1インチというiPhone XIRのサイズは、現行モデルのiPhone XRと全く同じサイズになります。

ただこのCAD画像を見ると、気のせいかベゼルが細くなっているような気がします

iPhone XRとiPhone XSが発売された時、iPhone XRのベゼルの太さに関してツイッターなどでつぶやかれていましたが、その違いはディスプレイの素材の違いによってもたらされたものと言われています。

つまり、有機ELの場合はエッジ部分を曲げることができるのでその分薄くすることができるというものです。

iPhone XRはiPhoneの中では比較的リーズナブルな立ち位置を占めている端末なので、お値段据え置きでカメラが2つ+有機ELディスプレイが搭載されるのであれば、なかなかお買い得な端末であるように感じます。

(後で後述しますが、その他のリークによると有機ELが搭載される可能性は低いです)

 

iPhone XI

次にiPhone XSの後継機種と見られる、「iPhone XI」です。

iPhoneの中で最も人気がある商品は、このシリーズでしょう。

こちらは5.8インチとの記載がある他、背面カメラが3つになっているところが印象的です。

背面カメラは、映画コマンドーに出てきたアーノルド・シュワルツェネッガーロケットランチャーのようなスクウェア上のケース(バンパーと言った方が良いのでしょうか?)の中に、カメラが3つ搭載されています。

このスクウェア上のバンパーはiPhone XIRと同じように見えますし、iPhone XIRではフラッシュとして使用していたスペースに、カメラを搭載しているようです。

デザイン的に、普通はファーウェイのように四隅に散りばめるのが普通ですから、こうしたAppleの3つのカメラが3角形状に並ぶデザインは新鮮に感じます。


<出典:ファーウェイチャイナ

またこちらも5.8インチなので、現行モデルのiPhone XSとサイズは変わりません。

 

iPhone XI Max

最後にiPhone XS Maxの後継機種と見られる、「iPhone XI Max」です。

こちらはサイズが6.5インチで、iPhone XIと同じくカメラが3つ搭載されています。

現行モデルのiPhone XS Maxも6.5インチと同じサイズです。

そのため2019年の新型iPhoneは、基本的に2018年モデルのデザインを踏襲しつつ、カメラを1つ増やしたモデルであることがわかります。

また気になるのは、USB-Cが搭載されるのか、はたまた従来どおりライトニングケーブルが採用されるのか、ということでしょう。

すでにiPad ProにUSB-Cが搭載されているため、端子の移行は既定路線と個人的には考えていましたが、海外のスマホケースメーカーの情報を見ていると五分五分といった印象があります。

 

これまでの新型iPhoneの噂

今回の記事では、流出したCAD画像を元にiPhoneを見ていきました。

では、今まで報道されてきた2019年iPhoneはどのようなものだったのでしょうか。

2019/2020年の新型iPhone噂まとめ。次に乗り換える本命iPhoneはどれ?この記事では2019年、そして2020年に発売予定の新型iPhoneに関する噂を記事にまとめていきます。海外メディアの報道中心です。 ...

 

詳しくは上記の記事にありますが、中を見てみるとやはり

・6.1インチ(LCD)

・5.8インチ(OLED)

・6.5インチ(OLED)

今回のCAD画像と同じサイズのものが報道されており、

AppleInsiderに掲載されたみずほ証券アナリストの予測では、「目新しさは感じられない」との発言が掲載されています。

 

一方で2020年の新型iPhoneでは、

・iPhone XR後継機→6.1インチ(OLED)

・iPhone XS後継機→5.4インチ(OLED)

・iPhone XS Mac後継機→6.7インチ(OLED)

と噂されており、

・iPhone全てのラインナップで有機ELが搭載。

・iPhone XSは小型化。

・iPhone XS Macは大型化。

・5Gに2機種が対応。

より変化が大きいものとなっています。

<出典:AppleInsider

 

終わりに

以上、「2019年新型iPhone、CAD画像」、並びに「2019-2020年新型iPhoneの噂」でした。

新型iPhoneの噂に関しては、こちらでもう少し多めに書いています

 

2019/2020年の新型iPhone噂まとめ。次に乗り換える本命iPhoneはどれ?この記事では2019年、そして2020年に発売予定の新型iPhoneに関する噂を記事にまとめていきます。海外メディアの報道中心です。 ...

 

今年はスマートフォンの料金プランが変更になった年ですし、秋には第5世代移動通信システムのいわゆる「5G」がスタートします。

私もそうした変化の波に送れないよう、今使っているiPhone 7から乗り換えを検討しているのですが、中々どのモデルを選べばよいか難しいものです。

今年はiPad Proを購入しましたし、今年はおとなしく貯金したほうが良いですかね?

では今日はこのあたりで失礼致します。

今後もiPhoneやガジェット関連のニュースをお届けできればと思いますので楽しみにしてください。

またお会いしましょう。

管理人、きむきむ。

 

2019年新型iPhone発表。「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」の価格を確認しつつ、現行モデルの値下げ額を知る。日本時間9月11日、Appleの新型スマートフォン、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro M...
Apple 2019年スペシャルイベント「iPhone 11 発表会」時系列まとめ日本時間9月11日、Appleは新型スマートフォン「iPhone 11」シリーズの発表を行いました。 この商品発表会は約1時間40...
Apple「AirPods Pro」の写真1
【レビュー】いまさら「AirPods Pro」を購入。今でも買うべき5つの理由【諦めないで】Appleの「AirPods Pro」が発売されてから約1年。いまさらですがAirPods Proを購入することにしました (というか、...
シャオミ「Miスマートバンド5」の画像1
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」と「Mi スマートバンド 4」の違い【5,000円以下】人気のスマートバンド、シャオミ「Miスマートバンド5」と「4」を比較していきます。 2019年12月に発売されたMiスマートバンド...