ガジェット

Huaweiのスマホ、ラインナップを整理してみた(P,Mate,Nova等)

今日は数多くのラインナップが存在する、Huaweiのスマートフォンのラインナップを整理位していきたいと思います。

アメリカの制裁が発表された、まさかのこのタイミングでの記事投入です(笑)

これまで日本で投入されたスマートフォンは

・P

・Mate

・Nova

・Lite

・Honor

・Y

など様々なものが存在します。

Huaweiは毎年数多くの商品を投入しますし、それこそマーケットが世界中に存在するためラインナップが多岐に渡り、「その全体像を掴むのが難しい」というのがコスパの良いHuaweiのもう1つの特長でもあります。

そこで、今現在どういったラインナップを形成しているか調べてみることにしました。

さっそくいってみましょう。

 

↓「Huawei nova 3 レビュー記事まとめ」はこちら。

Huawei nova 3 レビュー記事まとめ。スマホのラインナップの説明もあります。こちらはファーウェイnova 3に関する記事のまとめです。 今まで投稿してきた記事に、まとめてアクセスできるようになっています。 ...

 

Huawei 中国

まずお膝元である、中国国内向けのHuaweiホームページをチェックします。

 

無印ハイエンドその他
P シリーズP30P30 Pro
Mate シリーズMate 20Mate 20 ProMate 20 X
Nova シリーズNova 4Nova 4e
その他Mate X(折りたたみ)麦芒7 / 华为畅享9S

 

調べて始めて気がついたのは、「Honor」シリーズはHuawei公式ホームページでは「売られていない」ということです。

日本では「Huawei」と一括りで販売されていますが、HuaweiのグローバルやUSAで「Honor」シリーズの販売は確認できませんでした。

そのかわり「HONOR」のグローバル(EN)にてHonorスマホが販売されています。

無印ハイエンドその他
Honor シリーズHONOR 20HONOR 20 PROHONOR 20 Lite
その他HONOR View20HONOR 8S/8A

 

元々シャオミ対抗のHuaweiサブブランドという話しは聞いていましたが、予想通り商品ラインナップが把握しにくくなっています。

 

ファーウェイ・ジャパン

次に日本です。

日本はスマホの新規投入が世界に比べて遅れて投入される傾向がありますが、その分商品名など統一性があり全体像を把握しやすい特長があります。

Lite無印ハイエンド
PシリーズP30 LiteP30Pro Pro
MateシリーズMate 20 LiteMate 20 Pro
Novaシリーズnova Lite 3nova 3
Honor シリーズHonor 9

 

*その他「GR5」と「Y6」が発売していますが、2019年6月30日にサポート終了です。

 

Huawei グローバル

次にHuawei グローバルです。

無印ハイエンドその他
P シリーズP30P30 Pro
Mate シリーズMate 20Mate 20 ProMate 20 X
Nova シリーズnova 3
P smart シリーズsmart 2019smart+ 2019
Y シリーズY5 / 6 / 7 / 9 2019Y9 Prime 2019
その他Mate X(折りたたみ)Mate 20 lite

 

ちなみに、Huawei USAの場合は、すでの掲載されている端末は

「Mate 10 Pro」で止まっています

日本だと2017年に発売された端末です。

 

Huaweiスマホの考え方

日本での販売ラインナップ

日本へ投入されるスマホを前提として考えた場合、基本的には

・Pシリーズ

・Mateシリーズ

・Novaシリーズ

3つが基本的な商品ラインナップとなります。

以前はこれに加えて「HONOR」も存在し、主に格安キャリア向けにコスパの良い端末として販売されていましたが、その立ち位置はNovaに奪われてしまった印象があります。

「販売時期」的には

・春夏モデルのPシリーズ

・秋冬モデルのMateシリーズ

・その間の時期に発売されるNovaシリーズ

といった形です。

liteシリーズは海外だと存在しない

また日本で発売されている「lite」と名がつくスマホですが、中国やグローバル版ではそういった商品は存在しません

例えば先日商品発表された

・P30 liteは、中国では「nova 4e」ですし、

・Mate 20 liteは、「麦芒7」

・Nova lite 3が「华为畅享9S」、グローバル版の「P smart +2019」です。

そのため基本的には、

日本へ投入されるスマホと中国へ投入されるスマホは、ほぼ同じものであると言って良いでしょう。

ただ中国で売られている低価格のスマホを「lite」と名付け、「P/Mate/Nova」シリーズの発表の度に追加投入を行うだけです。

まとめ

以上でHuaweiが現在発売しているスマホのラインナップ紹介を終わります。

Huaweiのスマホを購入するときは、時期ごとに考えると比較検討が行いやすくなります。

・春夏の時期は、Pシリーズ。

・秋冬の時期は、Mateシリーズ。

またこれらの時期の間に「Nova」シリーズが発売されます。

こちらは上記のシリーズに比べていくつかスペックが落ちますが、その分端末価格が安いのが特長です。そのため

・ハイエンドスマホを求める方は、PとMateシリーズ。

・ある程度ハイエンドかつ安い端末を求める方は、Novaシリーズ。

・単純に安くコスパの良いスマホがほしい方は、いずれかのliteシリーズ。

と棲み分けが出来ています。

良かったら参考にしてみてください。

Huaweiのスマホの特長は、次回の記事まで続く予定です。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

Huaweiのスマホを比較してみた (P,Mate,Nova,HONOR)現在Huaweiが発売しているスマホのラインナップに関して前回お伝えしましたが、今回は、「Huaweiのスマホの特長」や「ハイエンドの端...
Huawei nova 3 レビュー記事まとめ。スマホのラインナップの説明もあります。こちらはファーウェイnova 3に関する記事のまとめです。 今まで投稿してきた記事に、まとめてアクセスできるようになっています。 ...
シャオミ「Miスマートバンド5」とファーウェイ「HUAWEI BAND 4 Pro」の比較画像
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」とファーウェイ「Band 4 Pro」の違い【スペック最高】シャオミ「Miスマートバンド5」と「HUAWEI Band 4 Pro」を比較していきます。 どちらも甲乙つけがたい、素晴らしいウ...
シャオミ「Miスマートバンド5」の画像1
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」と「Mi スマートバンド 4」の違い【5,000円以下】人気のスマートバンド、シャオミ「Miスマートバンド5」と「4」を比較していきます。 2019年12月に発売されたMiスマートバンド...