ガジェット

【比較】ファーウェイ「WATCH FIT」と「Band 6」の違い【スペック差はわずか】

ファーウェイ「WATCH FIT」と「Band 6」の画像

ファーウェイ「WATCH FIT」と「Band 6」の違いを比較していきます。

「Band 6」の方がオススメですが、「WATCH FIT」が好ましい方も存在します。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

2021年、久々にファーウェイのスマートバンドの新製品が発売されました。

その名も「HUAWEI Band 6」です。

同じ1万円を切るモデルとしてはこれまで「Band 4 Pro」がありましたが、

お値段を安くしながら健康管理機能を強化し、

上位モデルの「WATCH FIT」に肉薄したコスパ抜群のスマートバンドになっています。

そのため

・「WATCH FIT」と「Band 6」どちらを買うべきか?

・割高な「WATCH FIT」を買う理由はどこにあるか?

などなど、気になるところをチェックして頂ければと思います。

それでは

ファーウェイ「WATCH FIT」と「Band 6」の比較、

さっそく内容を見ていきましょう。

 

ファーウェイ「HUAWEI WATCH FIT」と「HUAWEI Band 6」の違い

ファーウェイ「 Band 6」の画像1
ファーウェイ「HUAWEI Band 6」の画像
WATCH FITBand 6
サイズ1.6インチ1.47インチ
解像度456 × 280 (326ppi)368 × 194 (282PPI)
画面占有率約70%約64%
ディスプレイ有機EL (AMOLED)有機EL (AMOLED)
バッテリー容量180mAh180mAh
バッテリー持続日数10日 (GPS時12時間)10〜14日
充電時間5分で1日分チャージ5分で2日分チャージ
重量 (本体のみ)21グラム18グラム
46mm43mm
30mm25.4mm
厚み10.7mm10.99mm
素材ポリマー(限定モデルはステンレススチール)ポリマー
Androidでの使用
iOSでの使用
主に「出来る」こと16個15個
プロスポーツモード11種類11種類
カスタムワークアウト85種類85種類
エクササイズ自動検知6種類6種類
文字盤のカスタマイズ100種類以上 (Android)100種類以上 (Android)
心拍モニタリング
睡眠モニタリング
ストレスモニタリング
呼吸エクササイズ
女性向けの健康追跡機能
メッセージアラート
音楽の再生コントロール◯ (Androidのみ)◯ (Androidのみ)
リモート写真撮影△ (自社スマホのみ)△ (自社スマホのみ)
スマホのロック解除△ (自社スマホのみ)△ (自社スマホのみ)
サイドボタン
血中酸素飽和度測定(SpO2)アップデートで対応
ワークアウト動画の視聴×
センサー数5つ3つ
3軸加速度センサー
3軸ジャイロスコープ
PPG(光学式)心拍センサー
装着検知センサー×
環境光センセー×
防水性能5気圧 (水深50m)5気圧 (水深50m)
Bluetooth5.0 BLE5.0 BLE
充電端子磁気磁気
リストバンドから外さず充電
急速充電
GPS (GLONASS,QZSS)×
TruSeen (心拍)Version 4.0Version 4.0
TruSleep (睡眠)Version 2.0Version 2.0
TruRelax (ストレス)
低血中酸素アラート
血中酸素「常時」測定アップデートで対応予定
本体の色銀・金・黒色金・灰色
バンドの色 4種類4種類
発売日2020年10月2021年5月
税込価格1万5,180円8,580円
エレガントエディション1万9,800円

<出典:ファーウェイ

「WATCH FIT」と「HUAWEI Band 6」は、ファーウェイから発売されているウェアラブルバンドです。

ファーウェイのスマートバンドは正確なデータの取得と、それを元にしたアドバイスに定評があります

というのも、ファーウェイはどのようなテクノロジーを元にデータを測定しているかを公開しており、

・睡眠 →ハーバードメディカルスクールCDBセンター

・心拍数 →FIRSTBEAT社

が技術の元となっています。

睡眠に関しては、

4つの段階 (浅い、深い、レム睡眠、目覚めてる時間)を認識し、典型的な睡眠障害を識別。

200以上あるアドバイスの中から、個人にあった睡眠の調整・改善のサポートをしてくれます。

 

きむきむ。
きむきむ。
データも立体的でわかりやすいです。

 

一方心拍数に関しては、

これまで心拍データに関わる研究を20年以上行い、

世界1,000チーム、23,000人以上のスポーツ選手の間で採用されてきた「FIRSTBEAT社」のテクノロジーが使われています。

・心拍数

・VO2max (有酸素運動を測る上で重要な、体内に取り込まれる酸素の最大量)

正確に測定することができるので、

運動を行った後、

有酸素運動や無酸素運動を「それぞれ何分間行ったのか」

その時の「心拍数はどれ位か?」「消費カロリーや時速は?」「休息時間はどれくらい必要か?」

といったデータを計測し、アドバイスしてくれます。

 

きむきむ。
きむきむ。
健康ガチ勢にオススメです。

 

ちなみにこの「FIRSTBEAT社」のテクノロジーは、

米国のNBA(バスケ)やNHL(アイスホッケー)のクラブ。

サッカーだとUEFAチャンピオンズリーグを制覇したバイエルン・ミュンヘンやスペイン代表。

日本だと、日本代表の酒井宏樹選手が在籍していた柏レイソルなどで使用されています。

 

きむきむ。
きむきむ。
欧米の「プロクラブ」や米国の「大学」で主に使用されています。

 

一方で弱点もあり、

・ファーウェイのスマホ

・Androidのスマホ

・iPhone

と下に下がるほど、使える機能が制限されていきます。

例えば

・スマートロック解除 (スマホのロック解除)

・リモートシャッター機能(リモート写真撮影)

ファーウェイのスマホのみ使える機能となっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
動作も速く非常にオススメのデバイスですが、iPhoneを使っている方がApple Watchと悩むのは仕方がないことだと思います。

 

ファーウェイ「WATCH FIT」が向いている人

ファーウェイ「WATCH FIT」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・より大きくて見やすいディスプレイが欲しい (326PPI、画面占有率70%)

・スマートフォンを持ち歩かずに運動したい (GPS内蔵)

・ワークアウト動画を視聴したい (44種類のトレーニング動作デモ)

・ステンレススチールを採用した限定モデルが欲しい (バンドもフルオロエラストマー採用で肌触りさらさら)

ファーウェイ「WATCH FIT」は、1.6インチの有機ELディスプレイを搭載したスマートバンドです。

・心拍

・睡眠

・ストレス

・血中酸素レベル (SpO2)

といた健康管理のためのモニタリング機能は基本的に「Band 6」と同等ですが、

より横長で見やすいディスプレイ

そしてGPS内蔵で、スマホを持ち歩かなくても地図上にログを残すことできます。

 

きむきむ。
きむきむ。
この機能が非常に便利です。

 

例えば初めて利用する道を後から分析した時

3kgの道のりを、時速13kmのペースで23分間歩きました。

その時の消費カロリーは30kcalで、心拍数は120でした。

ちなみにその間、無酸素運動が◯分、有酸素運動が◯分、脂肪が燃焼した時間は◯分でしたと分析が行われています。

 

きむきむ。
きむきむ。
ランニングを行うときはスマホが邪魔になることも多いので、積極的に健康管理を行っていきたい方にオススメです。

 

また面白いのが、44種類のワークアウト動画が収録されている点です。

ファーウェイ「Band 6」の画像2

これはガッツリというよりもスキマ時間に健康的なことを行うためのちょっとしたアイデアになりまして、

・職場でのエクササイズ

・全身のストレッチ

・脚とお尻の引き締め

など、限られたシチュエーションで20秒だけ行うエクササイズなどを提案してくれます。

 

きむきむ。
きむきむ。
テレビのCMや、スマホの広告が流れるちょっとした時間を、有意義なものに変えてくれます。

 

腕にスマートバンドが付いているだけで、両親や子供にパッと見せてすぐに実践できるので、

非常に教育的効果があると私は気に入っています。

 

きむきむ。
きむきむ。
DVD付きのエクササイズ本は数多く発売されていますが、機動力が全然違います。

 

また4月からは、エレガントエディションとして上位モデルが発売。

本体が樹脂ではなく、ステンレススチールを採用し、バンドも肌触りに優れたフルオロエラストマーが採用されていうため、

「高級さ」や「頑丈さ」を兼ね備えたモデルも存在しております。

 

きむきむ。
きむきむ。
お値段は税込1万9,800円とちょっとお高めなのは残念ですけどね

 

ファーウェイ「Band 6」が向いている人

ファーウェイ「Band 6」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・バッテリー持ちが良く、充電も早いデバイスが欲しい。

・コンパクトな装着感が好み (幅5mm短い)

・コスパに優れたモデルが欲しい (「Watch FIT」のほぼ半額)

ファーウェイ「Band 6」は、1.47インチの有機ELディスプレイを搭載したスマートバンドです。

1万円を切る価格で、モニタリング機能はほぼ「WATCH FIT」と同等なことが行えるコスパ抜群のモデルになりまして、

それでいて

・バッテリー性能 (最大14日)

・急速充電 (5分で2日分の充電。「WATCH FITの2倍」)

など、バッテリー周りの使い勝手が改良されています。

 

きむきむ。
きむきむ。
ディスプレイサイズはやや小さいですが、その分「腕の装着感」が軽減されるため、返ってそちらに魅力を感じる方もいると思われます。

 

「WATCH FIT」の税込価格1万5,180円に対し、

「Band 6」はほぼ半額の8,580円。

GPS機能が省かれているものの、ほとんどの方は「Band 6」で満足してしまうはずです。

 

きむきむ。
きむきむ。
安くなってるのに去年の人気モデルを一部上回る、けしからん端末です。

 

まとめ!より健康管理に適した「WATCH FIT」コスパの「Band 6」

ファーウェイ「WATCH FIT」と「Band 6」の画像

以上、ファーウェイ「WATCH FIT」と「Band 6」の違いについてご紹介致しました。

まとめると、

・WATCH FIT → GPS搭載で、エクササイズを本格的に行える(約1万5,000円)

・Band 6 → モニタリング機能はWATCH FIT同等で、バッテリー持ちはそれ以上 (約8,500円)

という内容でした。

ファーウェイ「WATCH FIT」は、スマホを持ち歩かなくても地図上にログが残せるGPS搭載が魅力の商品です。

また「画面サイズ」や「画面占有率」が「Band 6」よりも優れており、

それらに魅力を感じるなら「WATCH FIT」。

画面サイズよりも、バッテリーの持ち具合や急速充電。

価格の安さに感じるなら「Band 6」がオススメです。

 

きむきむ。
きむきむ。
酸素の割合で健康状態をチェックできる「SpO2」には、どちらも対応しています。

 

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

Dell「U2421E」の写真57
【超快適】モニターの縦置きが「最強」な理由。Dellを使えば簡単に作業効率UP【WUXGA】モニターの縦置きにロマンを感じる全国1,000万人の皆様。お待たせ致しました。 モニターの縦置きは、もはやロマンではない。モニターの縦置きは、もはや義務教育。迷ったらDoするのが物欲を満たす肝要です。...
バッファロー「超小型SSD」の写真1
【レビュー】バッファロー 外付け「超小型SSD」が良い感じ。ペットボトルのフタ2個分の小ささ【960GB】バッファローの外付け、超小型「SSD-PSM960U3-B/N」をご紹介致します。 ペットボトル2個分のサイズで重さは15グラム。 安心の日本メーカーでお値段もお求めやすい、魅力的な外付けSSDです。...
Huawei オリジナルグッズがやってきた!(HiCareプレゼント)先日「アンケートに答えてオリジナルグッズを貰おう!」という記事を掲載しましたが、Huaweiから無事プレゼントを受け取ることができました...
BoYata「ノートパソコン PCスタンド」の写真1
【レビュー】iMac風のBoYata 「ノートパソコン PC スタンド」の魅力を語る【腰痛・疲れ目対策】アルミ合金採用でタフネスなだけでなく、無段階高さ調整が可能なBoYata「ノートパソコン  PCスタンド」をご紹介します。 より自然な高さでノートパソコン を利用することができ、身体への負担が減るためリモートワークやデスク作業にぴったりな1台です。...

 

こんな記事はいかがですか?