ガジェット

【Chromebook】画面占有率90%。HPがハイエンドモデルを3種類発表【第10世代CPU】

HPが企業向けにハイエンドの Chromebook を発表致しました。

発表されたのは、

・HP Elite c1030 Chromebook Enterprise

・HP Pro c640 Chromebook Enterprise

・HP Chromebook Enterprise 14 G6

の3種類。

こうした企業向けのChromebookが相次いで発表されたのはリモートワーカーの増加が要因らしく、

「ウェブアプリケーション」や「仮想デスクトップツール」を使って仕事をする人に役立つためのデバイスとして、Chromebookを利用して欲しい狙いがあるそうです。

 

きむきむ。
きむきむ。
HPの調査によると、自宅で仕事をしているユーザーのうち60%近くが個人用のパソコンを使用しているとのことです。

 

実際に他企業のChromebookは、安価なデバイスを中心としてラインナップを構成していますが、HPはハイエンド中心のスペックです。

価格が高ければChromebookではない。

という声もツイッターでちらほらと散見されますが、

HPはそもそもChromebookに対する狙いが異なるようですね。

それでは発表されたデバイスの、気になるスペックを見ていきましょう。

 

HP Elite c1030 Chromebook Enterpriseの主なスペック

HP Elite c1030
OSChrome OS
ディスプレイ13.5インチ (IPS)
解像度3:2
画面占有率90.1%
CPU第10世代 Coreプロセッサ
メモリ最大16GB
ストレージ (PCIe)最大256GB
バッテリー最大12時間
重量1.33kg
ネットワークWi-Fi 6
LTE選択可能
2-in-1
USB-C
USB-A
イヤホンジャック
指紋認証
microSD
MIL規格
価格未定

<出典:HP

HP Elite c1030 Chromebook Enterpriseは、Chromebook 史上最高の画面占有率90.1%を実現させた13.5インチの2-in-1パソコン(360度回転)です。

筐体の75%はリサイクルされたアルミニウムが使用されており、キーボードも50%はリサイクルされたプラスチックが使われています。

強力なインテル第10世代Coreプロセッサが搭載されているのに加え、Wi-Fi 6や

Webカメラを物理的に隠すシャッターや、

ボタンを押すだけで瞬時にディスプレイを非公開にすることができる「HP Sure View Reflect」機能が搭載されているので、まさにビジネスに最適なChromebookと言えます。

 

きむきむ。
きむきむ。
もちろんLTEもオプションとしてあります。

 

 

HP Pro c640 Chromebook Enterpriseの主なスペック

HP Pro c640
OSChrome OS
ディスプレイ14インチ
解像度フルHD?
CPU第10世代Coreプロセッサ
メモリ最大16GB
ストレージ最大128GB
バッテリー12時間
重量1.5kg
ネットワークWi-Fi 6
USB-C
USB-A
HDMI
イヤホンジャック
指紋認証
microSD
MIL規格
価格未定

 

14インチのChromebookとして世界最薄のHP Pro c640は、同時にタフネスさも売りにしたChromebookです。

たとえ350mlの水をこぼしたとしても耐えられるバックライト付きキーボードを搭載されており、筐体はアルミニウム製なのでとてもスタイリッシュです。

Webカメラを物理的に隠すシャッターや指紋認証も搭載するなど仕事で使うための十分な機能が搭載されています。

HDMIポートが搭載されているのはちょっと驚きです。

 

きむきむ。
きむきむ。
ノートパソコンタイプですが、もちろんヒンジは180度開きます。

 

HP Chromebook Enterprise 14 G6の主なスペック

14 G6
OSChrome OS
ディスプレイ14インチ
解像度HD / フルHD?
CPUCelelon
メモリ最大8GB
ストレージ最大128GB
バッテリー13.5時間
重量
ネットワークWi-Fi 6
USB-C
USB-A
HDMI
イヤホンジャック
microSD
MIL規格
指紋認証
価格399ドル

 

ビジネス向けChromebookとして普及モデルがこちらのEnterprise 14 G6です。

HDMIポートなど基本的な拡張性を備えつつ、セキュリティー機能や最大13.5時間使用できるバッテリー性能に特長のある端末です。

今回発表されたモデルの中では唯一価格も公開されており、

気になるお値段は399ドルから。

けして派手なデバイスではないですが、十分不可欠なスペックを兼ね備えています。

 

きむきむ。
きむきむ。
一時的なリモートワークとして機能しそうですね。

 

今後もHPのChromebookには目が離せません...。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!