ガジェット

「Chromebook」のサポート期間が変更。最長「8年」のサポートへ

パソコンを「長い期間使用したい方」に朗報です。

Chromebookの自動更新ポリシーが更新され、端末のサポート期間が最大8年へ延長されました。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです。

 

Chromebookと言えば、

・パソコンのスペックの割に、キビキビ動く

・起動が速い

・しかも安い

3拍子で有名ですが、

タイムセールなどで古すぎるChromebookを買ってしまい、

サポートがすぐに切れてしまった。

というケースをツイッターでたまに見かけます。

 

きむきむ。
きむきむ。
せっかく期待して買ったのに、「安物買いの銭失い」になってしまったらもったいないですよね。

 

でもこれからはご安心です。

2020年以降から発売されたChromebookは、より長い期間の自動アップデートが適用され、

例えば

・Lenovo 10e Chromebook Tablet → 2028年6月まで。

・Acer Chromebook 712 → 2028年6月まで。

といった風に、8年間のサポートが適用されることになります。

 

きむきむ。
きむきむ。
これだけ長期間使えれば、さすがに端末が使用できなくなる前に乗り換えをしそうですね。

 

今日はこちらのニュースについて、お伝えします。

 

Chromebookの自動更新ポリシー

元々Chromebookは、自動更新を行うことによって「セキュリティ」や「動作の安定性」を確保する試みを行ってきました。

初めてChromebookが発売されたときは、その期間が3年。

それから数年して5年、6.5年とその期間を延長し続けてきました

 

きむきむ。
きむきむ。
これまで日本で発売されるモデルは型落ちが多かったので、サポートが残り1年のものが発売されてきました。

 

そして今回、Googleが発表した

Improving 40 million Chromebooks for education」によると、

・自動更新サポートの期間は8年へ延長。

・教育関係者が適切なChromebookを選択できるよう、移行するための期間を多めに確保した。

とのことです。

 

きむきむ。
きむきむ。
Chromebookは教育市場がメインなので、今回の変更で恩恵を1番受けるのは教育関係者です。

 

といっても、基本的に一般向けのChromebookにもサポートは適用されます。

すでに発売されているChromebookの具体的なサポート期間は

Google Chrome Enterprise ヘルプ」からモデルごとに確認できるのでそちらを参照してほしいですが、

これから最新のChromebookを買う人にとって8年のサポートは、非常に心強いかと思います。

 

きむきむ。
きむきむ。
子供用、リモートワーク用、家族用。サブ端末として文句のない存在ですし、最近はパワフルな端末も増えてきたのでメインでもいけます。

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

【Chromebook】予算が3万円なら、ASUS C223NAがオススメ【999グラム】法人・教育機関向けに人気を博していたASUS「C223NA」がAmazonで気軽に購入できるようになっています。 ...
【Amazon】Lenovo 「IdeaPad Duet Chromebook」が3万円台で発売中【値下げ】Amazonで発売されているSurface ライクなChromebook、「IdeaPad Duet Chromebook」が3万円台で...
【税込39,800円】HPが14インチフルHDのChromebookを発売【Amazon】HPが「Amazon限定カラー」となる「HP Chromebook 14a」を発売致しました! ・14インチ ・フルHD...
Samsungが「Galaxy Chromebook」を発表。4K有機EL液晶搭載で999ドルサムスンが世界最大の国際見本市である「CES 2020」にて、新型のChromebookを発表致しました。 サムスンは昨年Arm版...