ガジェット

【比較】グーグル「Pixel 4a with 5G」とソニー「Xperia 5」の違い【約6インチスマホ】

グーグル「Pixel 4a with 5G」とソニー「Xperia 5」の画像

グーグル「Pixel 4a with 5G」とソニー「Xperia 5」の違いを比較していきます。

値段も約1.5万円ほどしか違わないので、優先させたいスペックを決めるのがポイントです。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

5Gに対応しながら、約6.1万円で手に入る気軽なスマートフォン「Pixel 4a with 5G」が登場しました。

ただ5Gのインフラが整っていない現在。

もう1〜2万円出すと、Snapdragon 800番台のハイエンドスマホに手が届いてしまうんですよねぇ...。

 

博士
博士
これはゆゆしき問題ですぞ。

 

スマホに何を求めるかは人それぞれで、

プロセッサが命の人も、ゲームが命の人も、

はたまた新しい「テクノロジー」やメーカーの「遊び心」に魅力を感じる人もいるわけで。

 

きむきむ。
きむきむ。
もちろん安くて「それなりに動けば十分」の人もたくさんいます。

 

そうした価値基準を判断する1つの良いケースが、

今回は比較を行う

グーグル「Pixel 4a with 5G」とソニー「Xperia 5」です。

かたや発表されたばかりのスマートフォン。

かたや去年のハイエンドスマホですが、SIMフリーでついに発売されることになったソニーのスマートフォンです。

一体スマホのどこに魅力を感じているのか、振り返るきっかけにして頂ければ幸いです。

この機会に是非チェックしてみてください。

それではさっそく、内容を見ていきましょう。

 

グーグル「Pixel 4a with 5G」とソニー「Xperia 5」の違い

グーグル「Pixel 4a with 5G」の画像
ソニー「Xperia 5」
Pixel 4a with 5GXperia 5
ディスプレイ6.2インチ (有機EL)6.1インチ(有機EL)
解像度2,340 × 1,0802,520×1,080
画面比率 (アスペクト比)2.17:121:9
画素密度413ppi449ppi
デザインパンチホール縦長クラシック
OSAndroid 11Android 10
SoCSnapdragon 765GSnapdragon 855
GPUAdreno 620
RAM6GB6GB
ストレージ128GB128GB
重量168グラム164グラム
高さ153.9mm158mm
74mm68mm
厚み8.2mm8.2mm
インカメラ8MP (f/2.0)8MP (f/2.0)
アウトカメラ個数2個3個
広角12.2MP (f/1.7)12.2MP (f/1.6)
超広角16MP (f/2.2)12.2MP (f/2.4)
望遠12.2MP (f/2.4)
夜景モード (星空撮影)
ポートレートモード
ポートレートライト
シネマティック撮影
超解像ズーム
デジタルズーム倍率5倍
トップショット / 先読み撮影
Cinema Pro
プレミアムおまかせモード
瞳オートフォーカス
ポートレートセルフィー
4Kの動画撮影60fps
1080pの動画撮影240fps
手ブレ補正 (電子式EIS)静止画・動画静止画・動画
手ブレ補正 (光学式OIS)静止画・動画静止画・動画
バッテリー容量3,885mAh3,140mAh
連続「通話」時間約23時間
連続「待受」時間約380時間
指紋認証背面側面
顔認証
Gorilla GlassVersion 3Version 6
Bluetooth5.05.1
nanoSIM1枚2枚
デュアルSIM (DSDV)
eSIM
Google Play
IEEE 802.11ac
USB Type-C
NFC
Felica (おサイフケータイ)
急速充電 
ステレオスピーカー
HDR10 (広い明るさの幅)
5G 「Sub-6」(サブ6)
5G 「ミリ派」
ヘッドフォンジャック
3年間のOSアップデート
Google One 3ヶ月無料
Titan Mセキュリティモジュール
マイク (2基)
ノイズ抑制
PS4 リモートプレイ
DUALSHOCK 4
防水・防塵 (IPX5・8/IP6X)
microSD
ハイレゾ
Dolby Atmos
ワイヤレス充電
ワンセグ・フルセグ
付属品イヤホン変換ケーブル
カラー黒、白4種類
素材ポリカーボネート
AnTuTuの点数約30万点約42万点
販売キャリアSIMフリー、他複数SIMフリー、他複数
発売日2020年10月2020年8月
税込み価格6万500円7万5,900円

<出典:グーグルソニー

どちらのスマホも

・端末のみの購入 (SIMフリー)

・Google Play

・おサイフケータイ (Felica)

・デュアルSIM

・急速充電

・ステレオスピーカー

・USB Type-C

・メモリ 6GB

・ストレージ 128GB

に対応しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「ワイヤレス充電」や「ワンセグ・フルセグ」には対応していません。

 

グーグル「Pixel 4a with 5G」が向いている人

グーグル「Pixel 4a with 5G」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・5G (第5世代移動通信システム)に興味がある。

・解像度の高い、超広角カメラで写真を撮りたい (1,600万画素)

・背景がボケた写真を撮りたい (多用なポートレートモード)

・指紋認証は「背面」派

・滑らかな動画撮影を行いたい (4K 60fps、1080p 240fps)

・バッテリー持ちを重視する (3,885mAh。最長48時間の使用)

・「eSIM」や「ヘッドフォンジャック」は必須。

・グーグルの世界を堪能したい (OS・セキュリティアップデート 3年保証)

・手頃なスマホが欲しい (約6.1万)

グーグル「Pixel 4a with 5G」は、6.2インチの有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンです。

約6.1万円と安価ながら5G通信に対応しており、

・eSIM

・ヘッドフォンジャック

・最長48時間の利用が可能な「スーパーバッテリーセーバーモード」

・OS,セキュリティアップデート3年保証

など、「Xperia 5」が持っていない機能も存在します。

 

きむきむ。
きむきむ。
もちろん「Xperia 5」はハイエンドスマホなので、プロセッサの処理性能や多機能性では劣ります。ただそこまでスマホに性能を求めない人にとっては、コスパが良いモデルです。

 

「Pixel 4a with 5G」の強みとしては、

「写真」や「動画撮影」に適したカメラの存在が挙げられます。

元々「超解像ズーム」で遠くのものを撮影することはできましたが、今回はそれに加えて超広角カメラが搭載されました。

こちらの超広角カメラが1,600万画素と解像感に優れており、

4眼カメラは便利だけど、「超広角の場合は周辺がぼやけるのよね」という方に向いたカメラとなっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
ソニーの3つのカメラの解像度は、全て1,220万画素と控え目です。

 

また以前から得意としていたポートレートモードも機能が強化されており、

今まででは難しかった

・野外などの暗い場所での「背景をぼかした撮影」

・写真を撮影した後から、「光の当て方」を調整

が出来るようになりました。

動画性能としても、「ロック」「アクティブ」「シネマティックパン」という強力な手ブレ補正が搭載されており、

「1080p 240fps」、「4K 60fps」と滑らかな動画撮影に対応しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
スマホ任せでバンバン写真が撮れるのは快適ですね。

 

 

ソニー「Xperia 5」が向いている人

ソニー「Xperia 5」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・縦長ディスプレイに興味がある (2画面同時表示・映画の視聴・ネット閲覧)

・処理性能の高いスマホが欲しい (Snapdragon 855)

・防水・防塵は必須 (IPX5/8、IP6X、Gorilla Glass 6)

・microSDカードを使いたい

・物理SIMを2枚挿したい (nanoSIM)

・写真や動画を細かく設定したい (Photography Pro、Cinema Pro)

・ソニーのデジタル一眼レフカメラと提携したい(リモート撮影、データの転送等)

・音質にこだわりがある (Dolby Atmos、ハイレゾ、ステレオスピーカー)

ソニー「Xperia 5」は、6.1インチの有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンです。

とはいっても画面比率(アスペクト比)が21:9になっており、

いわゆる縦長スマホとなっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
横幅が狭いので持ちやすく、それでいて縦の情報量が多いのが特長的です。

 

「Xperia 5」はプロセッサにSnapdragon 855を搭載しているハイエンドスマホであり、

処理性能をはかるベンチマークソフト、「AnTuTu」でいうと約42万点 (Pixel 4a with 5Gは約30万点)とかなり良いスマホです。

そのため処理性能はもちろんとして、

この縦長ディスプレイに魅力を感じる人のみ「Xperia 5」を選択するべきです。

 

きむきむ。
きむきむ。
動画を見ながらツイッターする人には最高ですね。

 

「Pixel 4a with 5G」と比較すると、やはり多機能性でいろいろと上回っており、

特に

・防水・防塵 (IPX5/8、IP6X)

・強化ガラス「Gorilla Glass 6」

・microSDカード

・物理SIMを2枚 (nanoSIM)

・優れた音質 (Dolby Atmos、ハイレゾ、ステレオスピーカー)

といったところは、さすがソニーのハイエンドスマホといったところ。

キャリア版だと2019年10月に発売と1年前の製品になりますが、

通信契約なしで手に入るのは喜ばしい限りです。

 

きむきむ。
きむきむ。
ソニーのミラーレスカメラと提携させることもできますし、「5Gいらないから良いスマホを買いたい」という方に向いています。

 

 

まとめ!お手軽な「Pixel 4a with 5G」。安定の「Xperia 5」

以上、グーグル「Pixel 4a with 5G」とソニー「Xperia 5」の違いについてご紹介致しました。

まとめると、

・Pixel 4a with 5G → 5Gに対応したグーグルのスマホ (約6.1万)

・Xperia 5 → ほぼ全部入り。さすがのソニーのスマホ (約7.6万)

という内容でした。

グーグル「Pixel 4a with 5G」は、6.2インチの有機ELディスプレイに、

5G (第5世代移動通信システム)やグーグルの最新ソフトウェア、AIカメラが搭載されたスマートフォンです。

プロセッサの処理能力としても、

「Galaxy S9 (2018年に発売)」に搭載された「Snapdragon 845」に匹敵するパフォーマンスなので、十分パワフルです。

それでいて最長48時間の利用が可能なスーパーバッテリーセーバーも搭載されているので、使い勝手に優れています。

きむきむ。
きむきむ。
また「OS」や「セキュリティー」のサポートが3年保証されているのもGoodです。ソニーは遅くなりがちなので。

 

一方ソニー「Xperia 5」は、縦長ディスプレイを搭載した6.1インチのスマートフォンです。

端末の形を生かし、アプリを2画面同時に表示させたり(マルチタスク)

「Pixel 4a with 5G」が苦手とする「防水・防塵」、「microSDカード」に対応するなどかゆいところに手が届くスマホです。

 

きむきむ。
きむきむ。
不満なのは、「ヘッドフォンジャック」と「ワイヤレス充電」が無い。ちょっと気になるのが「側面」にある指紋認証ボタンと「バッテリー持ち」位ですね。

 

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

 

グーグル「Pixel 4a with 5G」と「Pixel 4a」の画像
【比較】グーグル「Pixel 4a with 5G」と「Pixel 4a」の違い【今年の本命スマホ】グーグル「Pixel 4a with 5G」と「Pixel 4a」の違いを比較していきます。 グーグルの今年のスマホは、こちらの2台に人気が集中しそうです。...
グーグル「Pixel 5」と「Pixel 4a with 5G」の画像
【比較】グーグル「Pixel 5」と「Pixel 4a with 5G」の違い【ついに発表!】グーグル「Pixel 5」と「Pixel 4a with 5G」の違いを比較していきます。 カメラ性能やプロセッサが同じになるなど、まるで兄弟機なPixelシリーズです。...
ソニー「Xperia 5」とOPPO「Reno3 A」比較画像1
【比較】ソニー「Xperia 5」とOPPO「Reno3 A」の違い【遅れてきた主役】ソニー「Xperia 5 」とOPPO「Reno3 A」の違いを比較していきます。 ソニーが「SIMフリー市場」にいよいよ本格参戦...
グーグル「Pixel 4a」とソニー「Xperia 5」の比較画像
【比較】グーグル「Pixel 4a」とソニー「Xperia 5」の違い【どちらも最高】グーグル「Pixel 4a」とソニー「Xperia 5」の違いを比較していきます。 どちらも魅力的でお得なスマホです。 ...

 

こんな記事はいかがですか?