ガジェット

【比較】Apple Watch 「Series 5」と「Series 3」の違い【2020年に買うなら?】

Apple「Apple Watch Series 5と3」の画像

2020年にリニューアルされると言われているApple Watch 「Series 5」と「Series 3」。

新製品の発売の前に、現行モデルの「スペック」や「価格」を振り返ります。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです。

 

2020年、9月16日深夜2時から行われるApple 特別イベント (現地時間15日午前10時)

何でも噂によると、

約2万円のお求めやすい価格で人気を集めた「Apple Watch Series3」の後継機

場合によっては、Apple Watch Series 5の後継機として、

「Apple Watch Pro」の誕生もありえると噂されています。

 

きむきむ。
きむきむ。
ついにApple Watchも「Pro」が現れる時代に!

 

Apple Watchの場合、「ケース」の素材や「バンド」の種類(コラボ)で製品の幅を確保しており、

スペック的には型落ちモデルを併売することによって試しに使ってみたいユーザーにアプローチをかけていました。

 

きむきむ。
きむきむ。
このあたりはソニーの人気コンパクトデジタルカメラ「RX100」を彷彿とさせます。

 

そのためもし今回、Apple Watch 「Series 5」と「Series 3」の後継機が発売となれば、

まさかのフルモデルチェンジということで、より一層注目を集める形になりそうです。

 

きむきむ。
きむきむ。
日本でも「家庭用心電図機能」の解禁が噂されているので、初めてApple Watchを購入するには良いタイミングかもしれません。

 

というわけで今回は、Apple 特別イベントでのApple Watch発表(の予定)を前に、

現行モデルのApple Watchのスペックを確認していきたいと思います。

Apple Watchはまだ新しいカテゴリーの製品だけに、スペックの変化は速いです。

この機会に是非ざっくり機能を把握してみてください。

 

きむきむ。
きむきむ。
それではさっそく、内容を見ていきましょう。

 

Apple Watch 「Series 5」と「Series 3」の違い

Apple Watch 「Series 5」と「Series 3」の主な違いは、下記のようになっています。

Series 5Series 3
ディスプレイ40mm / 44mm38mm / 42mm
プロセッサS5 (64ビット)S3
ワイヤレスチップW3W2
OSwatchOS 6watchOS 6
厚み10.74mm11.4mm
ケース重量30.8〜47.8グラム26.7〜34.9グラム
ストレージストレージ
GPSモデル32GB8GB
GPS + Cellular モデル32GB16GB
耐水性能50メートル50メートル
バッテリー最大18時間最大18時間
Bluetooth5.04.2
光学式心拍センサー第2世代第1世代
加速度センサー最大32G最大16G
環境光センサー
ジャイロスコープ
スピーカー◯ (50%音量向上)
マイクロフォン
Apple Pay
Suica
GPS
磁気充電ケーブル
USB電源アダプタGPS+Cellularのみ
常時表示Retinaディスプレイ
転倒検出
海外における緊急通報
電気心拍センサー
Digital Crownの触覚
コンパス
IEEE802.11ac
iPhoneとのペアリング必要必要
睡眠トラッキング今秋以降今秋以降
素材素材
アルミニウム
ステンレススチール
チタニウム
セラミック
仕上げ仕上げ
Apple Watch Nike
Apple Watch Hermes
発売日2019年9月2017年9月
価格価格
GPSモデル47,080円〜21,780円
GPS + Cellular モデル59,180円〜33,880円〜

<出典:Apple

Apple Watch 「Series 3」よりも、

「Series 5」が優れている点としては、

・ディスプレイの大型化

・常時表示Retinaディスプレイ

・コンパスの搭載

・ケースの新素材「チタニウム」と「セラミック」の復活

・豊富なバンド

が挙げられます。

特に

①ディスプレイの大型化による「視認性の向上」

②ディスプレイが常に表示されることによる「実用性の向上」

→ミーティングなどで、Apple Watchを自然に見られるように。

③コンパスの搭載

→Apple Watchで地図を表示した時に、MAP上で自分がどこを向いているのかわかるようになった。

というのは、割と大きな変化となっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
若干重たくなったものの、薄くなっていますし処理性能やスピーカーの音量、ストレージなども向上しています。

 

一方でApple Watch 「Series 3」の魅力は、

「Series 5」とほぼ同じ機能が使えるのに、約2万で買えるコスパの良さでしょう。

「転倒検出機能」や「電気心拍センサー」は搭載していませんが、

電気心拍センサーを用いた心電図の測定は、現時点で日本では利用することができません

そのためスペック上はいろいろ劣っていますが、

「Series 3」でも十分Apple Watchの世界を楽しむには十分な製品に仕上がっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「Series 5」は、すでにApple Watchに魅力を感じていないと買うのに勇気がいります。またもし買い替えの場合は、より高いセラミックやチタニウム、高級なバンドを選択するのが定番です。

 

2020年にリニューアルされるApple Watchに期待すること

Apple「Apple Watch Series 5」の画像

Apple Watchは、2020年9月の特別イベントで「新製品が発表される」と噂されています。

Apple Watch 「Series 3」と「Series 5」の後継機です。

お手軽な価格で購入できるSeries 3の後継機と、

製品のラインナップを整理する意味合いも含まれる、「Apple Watch Pro」の登場です。

基本的にはこれまで通り、大きくわけて2つのラインナップだと思われますが、

・Series 3 後継機

・Series 6 (5の後継機)

・Pro

あるいは

・Apple Watch (Series 3の後継機)

・Apple Watch Pro (5の後継機)

というシンプルな構成も、十分に考えられます。

 

きむきむ。
きむきむ。
ただ秋にはwatchOS 7リリースで「睡眠トラッキング」を追加するとすでに発表していますし、ハードに対するサプライズはあまり多くはないでしょう。

 

個人的には「Series 3」後継機に、

・ディスプレイの大型化

・常時表示Retinaディスプレイ

・3万円以内の価格

・ステンレススチールの選択

が降りてくれば、万々歳という印象です。

 

きむきむ。
きむきむ。
あるいは機能は同じで良いので、「Series 3」でもステンレススチールを選ばせてください!

 

どんな新しい製品が発表されるか、楽しみですね。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

Apple「AirPods Pro」の写真1
【レビュー】いまさら「AirPods Pro」を購入。今でも買うべき5つの理由【諦めないで】今更ですがAirPods Proを購入することにしました (というか、もう買いました) 今でも買うべき5つの理由をご紹介します。このタイミングで買うのは正直「微妙」だと考えていましたが、そんなことはありませんでした。...
Apple TV 4Kの画像1
【比較】Apple TV 「4K」と「HD」の違い【2020年】リビングで「映画」や「ゲーム」を楽しめる便利なデバイス、Apple TV 「4K」と「HD」を比較していきます。 「Fire TV...
シャオミ「Miスマートバンド5」の画像1
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」と「Mi スマートバンド 4」の違い【5,000円以下】人気のスマートバンド、シャオミ「Miスマートバンド5」と「4」を比較していきます。 2019年12月に発売されたMiスマートバンド...
Apple ジョナサン・アイブ氏がデザインした主な作品集ジョナサン・アイブ氏がデザインした主な作品をご紹介します。 先日退職することを発表したApple最高デザイン責任者のジョナサン・ア...