ガジェット

【比較】モトローラ「moto g8 plus」と無印「moto g8」の違い【高画素カメラ】

モトローラ「moto g8 plus」と「moto g8」の比較画像

モトローラ「moto g8 plus」と無印「moto g8」の違いを比較していきます。

moto g8、3兄弟の「長男」と「末っ子」の対決です。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

「安価なプライス」と「充実な機能」で人気のmoto g8シリーズですが、

その高画素化に対応したモデルがmoto g8 plusです。

モトローラ「moto g8 plus」と無印「moto g8」の比較を通し、

どちらがお買い得かぜひチェックしてみてください。

それではさっそく内容を見ていきましょう。

 

モトローラ「moto g8 plus」と無印「moto g8」の違い

モトローラ「moto g8 plus」の画像
モトローラ「moto g8」の画像
moto g8 plusmoto g8 
ディスプレイ6.3インチ6.4インチ
解像度2,280 × 1,0801,560 × 720
画面占有率82%88%
デザイン水滴ノッチパンチホール
OSAndroid 9Android 10
SoCSnapdragon 665Snapdragon 665
RAM4GB4GB
ストレージ64GB64GB
重量188グラム188グラム
高さ158.3mm161.3mm
75.8mm75.8mm
厚み9.09mm8.95mm
インカメラ25MP (f/2.0)8MP (f/2.0)
アウトカメラ個数3個3個
超広角16MP (f/2.2)8MP (f/2.2)
広角48MP (f/1.7)16MP (f/1.7)
深度測定5MP (f2.2)
TOFカメラ △
マクロ2MP (f/2.2)
アクションカメラ (超広角)
バッテリー容量4,000mAh4,000mAh
バッテリー持続日数最大2日最大2日
指紋認証背面背面
顔認証
Google Play
ヘッドフォンジャック
DSDV
nanoSIM 2枚
microSD
トリプルスロット
USB Type-C
急速充電
防水・防塵 (撥水)
FMラジオ
Bluetooth 5.0
2個のマイク
IEEE802.11ac
NFC
ステレオスピーカー (Dolby)
電子コンパス
ハイレゾ
Felica (おサイフケータイ)
ワイヤレス充電
ワンセグ・フルセグ
カラー青・赤 白・青
税込み価格3万5,800円2万3,800円

<出典:モトローラ

モトローラ「moto g8 plus」と「moto g8」はmoto g8シリーズの兄弟機です。

plusと付いているので「moto g8 plus」の方が全体的にスペックに優れている感じがしますが、

実際はそうではなく、それぞれ長所・短所が見られるスマホとなっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
大きさ的にはどちらも約6.4インチです。

 

機能面の共通点としては、

・Snapdragon 665 (AnTuTu点数、約17万点)

・ヘッドフォンジャック

・DSDV

・microSD

・USB Type-C

・Google Play

・急速充電

・防水・防塵 (撥水)

・ほぼピュアAndroid

といった機能が挙げられます。

 

きむきむ。
きむきむ。
派手さはありませんが、きっちり日本向けの仕様となっており素晴らしいです。

 

モトローラ「moto g8 plus」が向いている人

モトローラ「moto g8 plus」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・高精細なディスプレイが欲しい (2,280 × 1,080)

・解像度の高い写真を撮りたい (インカメ2,500万画素。広角4,800万画素)

・手ブレの少ない動画が撮りたい (ウルトラワイドビデオカム)

・インターネットをサクサク使いたい (11ac)

・スピーカー性能が良い端末が欲しい (dolby デュアルステレオスピーカー)

moto g8 plusは、端末名に「plus」と付いているだけあり、moto g8より一部機能が強化されています。

特に

・ディスプレイ (2,280 × 1,080)

・インターネットの高速化(11ac)

・スピーカー (dolby デュアルステレオスピーカー)

・高画素化したカメラ (インカメ2,500万画素。広角4,800万画素)

の3つです。

キレイなディスプレイで高速なインターネット、そして動画や音楽を楽しむのに向いたスマホとなっています。

また高画素化したカメラは優れた高感度を実現させており、

4つのピクセル(画素)を1つにまとめることで、

暗い環境(夜間撮影)でも明るく、ピントの合った写真の撮影を可能としています。

 

きむきむ。
きむきむ。
ここまではOK。万人に向いたスペックアップです。

 

ただクセがあるのは、

1,600万画素(f/2.2)の超広角カメラの存在。

こちら、実は動画撮影用のカメラとなっており、写真を撮ることができません。

そのためmoto g8 plusには3つのカメラ(超広角・広角・深度測定)が搭載していますが、

写真用カメラの構成は「実質1つ」であると認識しておく必要があります。

 

きむきむ。
きむきむ。
ちなみに、最大8倍のデジタルズームには対応しています。

 

さて、この超広角カメラですが、アクションカメラとして手ブレの少ない動画撮影を実現させてくれます (117°ウルトラワイドビデオカム)

写真用のレンズではなく、動画用のレンズです。

スマホを縦持ちの状態で動画を取ることができるので、横持ちよりも持ちやすく、

下記のような動画が撮影できます。

 

 

ミドルレンジの安価なスマホでありながら、

こうした手ブレ補正を実現しているのは素晴らしく、

moto g8の「パワーアップ版が欲しい」というよりは、

「動画性能」や「高画素カメラ」に魅力を感じる人に向いたカメラとなっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
深度測定用のカメラも搭載しているので、ボケみの効いたポートレート撮影も可能です。

 

 

モトローラ無印「moto g8」が向いている人

モトローラ無印「moto g8」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・超広角やマクロの写真を撮りたい。

・画面占有率88%のおしゃれなスマホが欲しい。

・スマホは安くすませたい。

moto g8 plusと比べると、

moto g8は素直でお買い得なスマホです。

moto g8 plusとほぼ同じ大きさの6.4インチのディスプレイを搭載しつつ、

それでいて画面占有率88%とより現代的なデザインをしたスマホとなっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
moto g8は、moto g8 plusよりもベゼルレスなのが良いところです。

 

レンズ構成も

・超広角

・広角

・マクロ

と3眼カメラの構成で、超広角カメラでも写真撮影が可能です。

 

きむきむ。
きむきむ。
ここは、moto g8 plusとの違いですね。

 

カメラの画素数も控えめなので容量が大きくなく、使いやすいサイズの写真撮影が可能です。

 

きむきむ。
きむきむ。
ディスプレイの解像度が1,560 × 720なのは残念ですが、それ例外は良い感じに仕上がっています。

 

 

まとめ!実はアクションカメラの「moto g8 plus」。コスパの「moto g8」

以上、モトローラ「moto g8 plus」と無印「moto g8」の違いについてご紹介致しました。

まとめると、

・moto g8 plus → 高画素カメラにアクションカメラ搭載 (約3.6万)

・moto g8 → 安くて機能が充実したスマホ (約2.4万)

という内容でした。

moto g8 plusは、moto g8とほぼ同じサイズの6.3インチのディスプレイを搭載し、

3つのカメラを搭載したスマホです。

インカメラやメインとなる広角カメラはそれぞれ2,500万画素と4,800万画素と高画素化しており、

クアッドピクセルとナイトビジョン機能により暗くても明るく写真撮影できるのが特長です。

 

きむきむ。
きむきむ。
レーザーオートフォーカスでピント合わせもOK。

 

また超広角カメラは動画撮影に特化したレンズになっており、スマホ縦持ちで手ブレの少ない動画撮影が可能です。

 

一方moto g8は6.4インチのディスプレイを搭載しており、基本的な機能はほぼ「moto g8 plus」と同じ仕様になっています。

・Snapdragon 665 (Antutu点数、約17万点)

・画面占有率 88%

・ヘッドフォンジャック

・DSDV

・microSD

・USB Type-C

・Google Play

・急速充電 (15分で最大8時間分の充電)

・防水・防塵 (撥水)

・ほぼピュアAndroid

と充実なスペックで、そのほか「超広角カメラ」や「マクロレンズ」での写真撮影が可能です。

これでいてお値段約2.4万円はかなりの充実と言えます。

 

きむきむ。
きむきむ。
実売価格だと、2.1万円台になることもあります。

 

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!