ライフスタイル

【レビュー】Uber Eats「配達バッグ」Amazonで誰でも買える【保温機能付き】

Uber Eats「配達・デリバリーバッグ」の写真12

Uber Eatsの「デリバリーバッグ」は、実は誰でもAmazonで購入できます。

荷物を運んだり、保冷用のカバンを探している方にオススメです。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

実は1年以上紹介できなかった商品がありまして、

それがこちら、Uber Eatsの「配達・デリバリーバッグ」です。

Uber Eatsはすでにご存知の方も多いと思いますが、

自宅にいながらスマホで近隣レストランのメニューを注文することができるサービスです。

 

きむきむ。
きむきむ。
日本では2016年にサービス開始!

 

・サービスが便利。

・配達員としてお金が稼げる。

という2つの観点から注目を集めているサービスですが、

使ったことがない人にとっては、

街中で見かけるあの緑のデカいバッグがとても印象的だと思います。

 

きむきむ。
きむきむ。
最寄駅付近で買い物していると、99%の確率で「配達員の自転車」に遭遇します。

 

で、この配達員さんが使っている「配達バッグ」、実はAmazonで買えちゃいます

 

元々はスタッフとして登録をした後、

デポジットとして4,000〜8,000円を払うとレンタルできる仕組みでしたが、

1年ほど前からAmazonで購入できるようになりました。

・たくさんのものが運べる。

・保冷・保温バッグとして使える。

・防水。

・折り畳める。

・マジックテープ付きで仕切りの取り外しができる。

機能性が十分で、

また何よりもネタとして使えると思い、即ポチってしまいました。

ただおうち時間の開始とともに、計画は事実上の失敗に終わりました。

 

きむきむ。
きむきむ。
人前で「中のお弁当」を取り出して食べるなどして「お前が食べるんかい」と周囲にツッコミを入れてもらう計画でした。

 

そのためこの1年間ほぼ使用する機会がなかったのですが、

モノは中々よかったのでこの機会に紹介したいと思います。

それではさっそく、見ていきましょう。

 

Uber Eats「配達バッグ」の開封

Uber Eats「配達・デリバリーバッグ」の写真1

Uber Eatsの「配達バッグ」を購入して1番初めに驚いたのは、段ボールの大きさ。

ちょっとしたオフィスチェアならそのまま入ってしまう位のべらぼうな大きさで、

 

Uber Eats「配達・デリバリーバッグ」の写真2

正直届いたときドン引きしてしまいました。

 

きむきむ。
きむきむ。
「折りたたみ式の保冷バッグ」なのにこの大きさはおかしいと思います。

 

Uber Eats「配達・デリバリーバッグ」の写真3

中を開けてみると、案の定スカスカでした。

私が購入したのは2020年モデル (4代目)の「配達バッグ」ですが、

2021年モデルはこのあたり改善されていると嬉しいです。

 

きむきむ。
きむきむ。
2020年モデルが「黒色」2021年モデルが「緑色」で仕様はほぼ同じ。視認性とデザインが違います。

 

Uber Eats「配達・デリバリーバッグ」の写真4

Uber Eatsの「配達バッグ」は大容量、かつ折りたたみが可能ですので、

使わない時は収納しやすいのが気に入っています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「ピクニック」や「防災備蓄用」のカバンとして期待しています。

 

パナソニック 「エネループ 単3・4形充電池」の写真9
【レビュー】防災備蓄用の乾電池として「エネループ」を導入【保管もしやすくて便利】乾電池を充電することで「繰り返し使う」ことができる、パナソニック「エネループ(eneloop)」をご紹介します。 10年経っても残容量「70%」を保持できる、素晴らしい乾電池です。...

 

Uber Eats「配達バッグ」の外観

Uber Eats「配達・デリバリーバッグ」の写真5

それではUber Eats「配達カバン」の外観を見ていきましょう。

まず大きさですが、

・幅 → 約45cm

・高さ → 約45cm

・奥行き → 約26〜36 cm

・重量 → 約2.65kg

が目安です。

リュックを肩で背負うためのショルダーハーネスはかなり大きく、

10kg以上の物を運んでも問題はありません。

 

Uber Eats「配達・デリバリーバッグ」の写真6

反対側を見てみると、こちらが一番目にする機会の多い正面部分です。

 

きむきむ。
きむきむ。
折り畳んであるためUber Eatsのロゴは見えません。

 

防水性能を兼ね備えているため雨でも安心。

保冷・保温機能もあるため、ロゴさえ隠せばスーパーの買い出しにも便利です。

 

きむきむ。
きむきむ。
レジ袋でお悩みの方は、エコバッグの代わりにいかがでしょう?

 

スーパー ヤオコー「マイバスケット (買い物かご)」の写真4
【レビュー】ヤオコー「マイ・バスケット (買い物かご)」食品の買い出し(車)で便利!スーパー「ヤオコー」が販売しているマイ・バスケットをご紹介します。 頑丈なのに「約400円」で購入できるので、非常に気に入っていま...

 

Uber Eats「配達・デリバリーバッグ」の写真7

ちなみに「配達バッグ」の下部は突き出るように広げることができます。

そのため「Lサイズのピザ」や「4〜5人前のお寿司」を運ぶ時は、下部を広げてあげましょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
OKストアの「焼き立てピザ」を運ぶのに便利です。

 

Uber Eats「配達・デリバリーバッグ」の写真8

次に、「配達バッグ」の内部を見ていきます。

 

Uber Eats「配達・デリバリーバッグ」の写真9

保冷・保温効果があるバッグになりますが、

中に

・マジックテープ

・仕切り

が付いています。

ただ数が多すぎて、いまだにどのように使うのがベストか最適解を見つけ出せないでいます。

 

きむきむ。
きむきむ。
保冷バッグとしてかなり柔軟性があります。

 

Uber Eats「配達・デリバリーバッグ」の写真10

また、モノを「配達バッグ」に入れる機能もかなり充実しています。

上から入れるのはもちろんですが、

このように真横から収納させることもできます。

 

きむきむ。
きむきむ。
柔軟な仕切りと共に、ベストな使い方を模索する楽しみがあります。

 

まとめ。Uber Eatsの「配達バッグ」は、さすがの業務用鞄

Uber Eats「配達・デリバリーバッグ」の写真11以上、Uber Eatsの「配達・デリバリーバッグ」をご紹介しました。

まとめるとこの「配達バッグ」は、

・たくさんのものが運べる。

・保冷・保温バッグとして使える。

・防水。

・折り畳める。

・マジックテープ付きで仕切りの取り外しができる。

・真横から物を入れられる。

という内容でした。

もちろんカバンの横にペットボトルを入れたり、

ショルダーハーネスのところにスマホを入れるスペースも用意されています。

 

きむきむ。
きむきむ。
まさに「業務用」というスペシャルなカバンです。

 

早く「キャンプ」や「BBQ」で使用したいです。

よかったらぜひお試しください。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

スーパー ヤオコー「マイバスケット (買い物かご)」の写真4
【レビュー】ヤオコー「マイ・バスケット (買い物かご)」食品の買い出し(車)で便利!スーパー「ヤオコー」が販売しているマイ・バスケットをご紹介します。 頑丈なのに「約400円」で購入できるので、非常に気に入っていま...
「オイシックス」と「コープデリ・生協」の比較画像
【比較】オイシックスとコープデリ・生協はどちらが良いか?【メリット・デメリット】食材・食品の宅配サービスとして人気の高い「オイシックス」と「コープ・生協」 私はこの2つを利用し始めてから1年以上経ちますが、せっ...
Amazon「Fire TV Cube」の写真25
【レビュー】Amazon「Fire TV Cube」1度試したら「Fire TV Stick」に戻れない【ストレスフリー】Amazon製品の中で最もパワフルな「Fire TV Cube」をご紹介します。  「Fire TV Stick 4K」や「Apple TV 4K」と悩むところですが、ベストバイはやはり「Fire TV Cube」です。...
エプソンエコタンク 「EW-M630TW」の写真56
【レビュー】エプソン エコタンク 「EW-M630T」の使い心地と初期設定について徹底解説【写真多め】インク代の悩みから解放してくれるエプソン エコタンク「EW-M630T」をご紹介します。 「物理ボタン」が多く、「カラー液晶」なのでキヤノンより使いやすくて気に入っています。...

 

こんな記事はいかがですか?